「UNFCCC事務局」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2014年8月14日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業(排出量取引等に係る排出枠の効率的管理に関する調査研究)

...フラとして排出削減クレジットの発行・移 転等を管理する「クレジット管理システム」を構築し、適切に運用すること が極めて重要となる。 一方、京都議定書に関する登録簿システムにおいて我が国は、2007 年 11 月 15 日 に 気 候 変 動 枠 組 条 約 事 務 局 ( United Nations Framework Convention on Climate Change:以下、UNFCCC 事務局)が管理する国際 取引ログ (ITL) と接続した。我が国は、先行的に登録簿システムの開発に着 手し...

「2013年比26%削減」は本当に「国際的に遜色ない水準」か?

...で開催される国連気候変動枠組条約(UNFCCC)第21回締約国会議(COP21)において2020年以降の国際枠組みに合意すべく、締約国は2015年のできるだけ早い時期に2020年以降の温室効果ガス(GHG)排出削減目標案(INDC)をUNFCCC事務局に提出するよう要請されている。EUや米国は3月末に削減目標を提出している(*1,*2)、 一方、日本はエネルギーミックスの議論が続いていたことから未だに提出していない。しかし、6月2日に開催された温暖化対策推進本部の会合において、削減目標案を「2030年に2013年比26%(2005年比25...

2015年6月23日国立環境研究★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度のデータです。

わが国の2013年度(平成25年度)の温室効果ガス排出量について

...,000万トン(4,740万トンの増加)と再評価されています。 吸収源活動の排出・吸収量わが国は京都議定書に基づく吸収源活動の排出・吸収量についても算定を行い、インベントリの補足情報としてUNFCCC事務局に提出しています。第二約束期間においては、京都議定書で規定されるすべての吸収源活動(「新規植林」「再植林」「森林減少」「森林経営」「農地管理」「牧草地管理」及び「植生回復」)について報告しています。わが国では「新規植林」「再植林」「森林減少」及び「森林経営」における吸収源活動を「森林吸収源対策」と...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ