「USDJPY」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

時間帯分析です。

円安になりやすい時間帯は存在するか?(3)-円安に対する米ドル高の影響を検証してみる

...とリーマンショック時のボラタイルな動きを含む「2007年9月3日~2014年12月31日」の約7年間において、主要7通貨ペア(豪ドル/米ドル(AUDUSD)、ユーロ/米ドル(EURUSD)、ボンド/米ドル(GBPUSD)、豪ドル/円(AUD/JPY)、ユーロ/円(EURJPY)、英ポンド/円(GBPJPY)、米ドル/円(USDJPY))に関して、前回と同様の方法で4時間毎の終値の差分を足し上げたものである。対米ドル通貨ペア(豪ドル/米ドル(AUDUSD)、ユーロ/米ドル(EURUSD)、英ポンド/米ドル(GBPUSD))と対円通貨ペア(豪ドル/円...

2015年6月9日野村総合研究所★★★フィードバック数:0大型消費/投資

市場データです。

日本の不動産投資市場2015

... Research Institute, Ltd. All rights reserved.13日本のマクロ経済環境急速に進んだ円安の動きは一服したものの、依然として円安傾向にある アベノミクスによる異次元の金融緩和などにより、 2012年末から現在までに大幅に円安が進んだ。 日本の貿易収支の悪化や米国の金融緩和縮小などが、円安要因となっている。ドル円為替相場(各月末)の推移(USDJPY=X)130120110100908070出所:Bloombergより野村総合研究所作成Copyright(C...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ