「boe」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:

米国・欧州主要国の景気概況(2014年9月)

...I.米国経済【景気概況】 緩やかな景気拡大が続く【トピック】 強まる家計の信用依存をどう評価するか【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 持ち直しが一服する中でECBは追加緩和を実施【トピック】 ユーロ圏経済の痛手になるロシア景気の悪化【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気拡大は続くがBOEは利上げに慎重【英国の主要経済指標】...

米国・欧州主要国の景気概況(2014年2月)

...I.米国経済【景気概況】 13年10~12月期の実質GDPは前期比年率+3.2%【トピック】 テーパリングと新興国通貨不安【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 景気が緩やかに持ち直す中で債務膨張に歯止め【トピック】 南欧に回帰する国際資本【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中で利上げ観測を牽制するBOE【英国の主要経済指標】...

米国・欧州主要国の景気概況(2013年12月)

...I.米国経済【景気概況】 緩やかな拡大が続く米国景気【トピック】 回復の動きが頭打ちになる米国の中古住宅市場【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 7~9月期実質GDPは前期比+0.1%に成長鈍化【トピック】 ドイツは本当に「独り勝ち」なのか?【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中で注目が集まるBOEの出口戦略【英国の主要経済指標】...

2013年11月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

失業率7%後の世界は謎に包まれたまま ~見通しはタカ派でも、利上げ時期を巡る方針は中立~

...EU Trends失業率7%後の世界は謎に包まれたまま発表日:2013年11月14日(木)~見通しはタカ派でも、利上げ時期を巡る方針は中立~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ このところの景気上振れ・物価下振れを受け、BOEは経済成長率の見通しを上方修正した一方、物価見通しを下方修正した。失業率が利上げを判断する閾値である7%に低下する時期も、市場参加者の政策金利の見通しを前提とした場合で2015年7-9月期に、政策...

英国の景気回復はサステナブルなのか?

...による購入刺激策や中央銀行であるイングランド銀行(BOE)による貸出促進策が需要を刺激した結果であると考えられる。したがって、金融・不動産部門の回復は、調整を終えた結果の自律的なものとは評価しえない。○次に、需要サイドの中心である個人消費に関して、それを取り巻く環境の現状に注目すると、実質賃金の減少が続くなかで、リーマン・ショック以降は住宅価格の上昇がかつてのように消費の増加につながっていない可能性が指摘できる。規制強化の流れなどから金融機関がリスク回避的となり、リモーゲージの拡大が抑制されているため、住宅...

米国・欧州主要国の景気概況(2014年3月)

...I.米国経済【景気概況】 寒波の影響を受けて減速した米国景気【トピック】 国内要因から国際要因にスイッチした米国景気の下押しリスク【主要経済指標】II.欧州経済【ユーロ圏の景気概況】 13年10~12月期実質GDPは前期比+0.3%【トピック】 過熱感が高まるドイツの住宅価格【ユーロ圏の主要経済指標】【英国の景気概況】 景気回復が続く中でBOEは時間軸の修正に着手【英国の主要経済指標】【その他のトピック】 激しさを増すウクライナをめぐるグレートゲーム...

2014年6月20日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し 格差広がるユーロ圏と英国金融緩和のアクセルを踏んだECB、ブレーキを意識したBOE ◆ECB(欧州中央銀行)は6月5日の金融政策理事会で予想通り複数の追加緩和策を発表した。その目的は2つあり、1つはユーロ高でECBの意図に反した金融引き締め効果が出ることを阻止すること、もう1つはECBによる金融緩和を民間部門に伝達する銀行部門の機能再生である。なお、国債買取を通じた量的緩和策(QE...

2014年8月13日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 遂に住宅バブル対策に本気になり始めたBOE 差し迫る金利引き上げに怯えるスクイーズドミドル 2014年8月12日ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト 菅野 泰夫◆英国中央銀行(BOE)カーニー総裁は、7月15日の議会証言で、過熱する英国の住宅市場に対して「(各金融機関の)住宅ローン審査が甘く、無理に許容度を超えて貸し出しすることを懸念している」と発言し、リス...

2013年12月5日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:7-9月期英国FLS利用状況 ~そろそろ住宅市況にブレーキを~

...度の運営開始後も参加行の貸出減少が続き、当初、効果は限定的との見方が大半だったが、景気回復による資金需要の増加とともに貸出促進に寄与し始めた。・ BOEと財務省は11月28日に、2014年1月以降のFLS利用は住宅ローンを対象外にすることを発表。既に住宅市況の一部に過熱感があるなか、さらなる政策支援は不要と判断した(担保不足を補完するHelp to Buy制度による住宅購入支援は継続する)。■FLS参加行の家計・非金融企業向け融資残高■FLS参加行の家計・非金融企業向け融資残高(2012年6月末対比の変化率、%)(億ポ...

2014年8月22日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

英国:利上げ派始動 ~7対2が意味するもの~

...EU Trends英国:利上げ派始動発表日:2014年8月21日(木)~7対2が意味するもの~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527◇ 8月のMPC議事録では、利上げを主張した委員が2名いたことが判明。約3年振りに全会一致の政策決定が崩れたが、過去を振り返るとBOEの投票結果が割れることはそれほど珍しいことではない。◇ 利上げ派と据え置き派の間では、スラックの大きさとインフレ圧力の認識に大きな隔たりがある。年内の利上げ開始観測も浮上しているが、MPC...

2015年4月30日日本総研フィードバック数:0社会/政治

【特集 金融と税財政の将来を考える】「出口」局面に向けての非伝統的金融政策運営をめぐる課題

...模な資産買い入れ)を停止したほか、イングランド銀行(BOE)は2012年末をもってすでにLSAPを停止している。このように、日銀と米英の中央銀行の政策運営の方向性が逆となるなかで、LSAPからの「出口」ないし「正常化」局面において、政策運営上、いかなる課題があるのかを検討する。2.LSAPを実施してきた各中央銀行のバランス・シートの規模は、すでに相当に膨張しているが、LSAP実施以前の従来の金融政策運営への「正常化」に向けて、その資産を緩和拡大時とは逆の「売りオペ」によって落としていくことは、市場...

2014年4月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:4月英国労働統計 ~スラック縮小~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:4月英国労働統計発表日:2014年4月16日(水)~スラック縮小~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 昨年12月~今年2月平均の英国の失業率(労働力調査)は6.9%と前月(11-1月平均)の7.2%から大幅に低下。BOEが昨年8月のフォワードガイダンスで利上げを開始しない閾値に設定した7%を割り込んだ。月次計数は11月:7.4%→12月:7.2%→1月:6.9%→2月:6.6%。平均...

2013年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 欧州経済見通し よちよち歩きの景気回復ECB、BOEは揃って緩和的な金融政策の長期化を表明 ◆ユーロ圏経済は4-6月期に7四半期ぶりの前期比プラス成長となったあと、7-9月期も同+0.1%とかろうじてプラス成長となった。7-9月期は内需中心の回復で、外需は貢献しなかったと推測されるが、牽引役のドイツで輸出向け受注が改善してきており、今後は輸出の持ち直しが期待される。一方、ユー...

2014年2月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 追加緩和の可能性高まる

...ンフレターゲットの中心値を下回った。BOE(英中銀)は現状の英国経済はまだ余剰生産能力があるとして、インフレは懸念材料ではなく、金融緩和政策を継続するとの方針を示している。景気加速と低インフレの中で金融緩和政策の出口のタイミングを探るBOEの姿は米国のFRBに重なるが、BOEの利上げ開始のタイミングは2015年初めになるのではないかとみている。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポート検索すべてのレポートをフリーワードで検索いただけます。 PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®が必...

2014年5月23日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:4月英国消費者物価 ~英国紳士もエッグハントがお好き~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:4月英国消費者物価発表日:2014年5月21日(水)~英国紳士もエッグハントがお好き~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 20日に発表された4月の英国の消費者物価は前年比+1.8%。年明け以降、BOEの物価目標(2%)を下回って推移しているが、過去2ヶ月(2月が同+1.7%、3月が同+1.6%)と比べてやや水準を切り上げた。再加速の主因はコア物価で、前月:同+1.6%→今月:同+2.0%に上...

イングランド銀行のフォワード・ガイダンス-失業率7%が超低金利政策解除の目処-

...イングランド銀行のフォワード・ガイダンス-失業率7%が超低金利政策解除の目処- | ニッセイ基礎研究所 イングランド銀行のフォワード・ガイダンス-失業率7%が超低金利政策解除の目処- 経済研究部 主席研究員 伊藤 さゆり基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!ご登録はこちら イングランド銀行(BOE)が「失業率が7%を下回るまで超低金利政策を継続する」フォワード・ガイ...

欧州経済見通し~改善するユーロ圏債務危機国の評価と台頭するデフレ懸念~

...フレ率は14年が1.1%、15年も1.4%でエネルギー価格の押し下げ効果の残存、債務危機国の賃金・物価下落による競争力回復(内的減価)の影響による低インフレが続く。英国の13年の成長率は世界金融危機以降で最も高い1.8%となった。14年~15年は2%台の成長を維持、インフレ率はBOEの目標近辺で推移しよう。BOEは、利上げ開始前に解消すべき生産能力の余剰があると判断している。利上げの開始は15年後半となろう。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険...

試行錯誤のフォワード・ガイダンス~修正を迫られる米英、追加策を求められる日欧~

...ダンスの新規導入や修正に動いたが、数値基準によるガイダンスを導入したイングランド銀行(BOE)は今月12日に修正、米連邦準備制度理事会(FRB)も3月の連邦公開市場委員会(FOMC)で修正に動く可能性が高まっている。BOEの修正ガイダンスは、失業率を含む幅広い指標から把握した生産能力の余剰を政策金利決定の判断基準とし、余剰の解消には2~3年を要する、利上げ開始前に解消すべき余剰がある、など5つの方針を示した。景気回復テンポの加速で早期利上げ観測が強まり、緩和効果が途切れることを抑制しようとの意図が明確である。ECBは昨年7月に...

2014年7月15日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

ポルトガル・ショックで銀行規制強化が再燃か?

...諸国の銀行の構造的な問題が解決したわけではない。◆BSE株価の急落の翌日に、英国中央銀行(BOE)は、金融行政委員会の市中協議文書の中で、銀行規制の新たな強化策の検討に入ったことを発表した。今回の市中協議では、英国の大手行に対しては、レバレッジ比率の早期導入を促すと同時に、基本となる3%を上回る補完的な水準を求めることを検討している。既に、昨年11月にBOEが発表した資料の中にも、2014年1月の段階でレバレッジ比率を3%にすることを指導しており、それに続く具体的な強化策ともいえる。◆ECBはあくまで銀行検査の統合にこだわる姿勢を示しているが、現状...

2013年7月31日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年7月号

...みずほ欧州経済情報2013年7月号[欧州経済の概況][トピック:欧州における「フォワード・ガイダンス」の難しさ]◆BOEとECBは共にフォワード・ガイダンスの導入方針を打ち出した。BOEは来月に詳細を発表するようだが、高めのインフレ率が続く中、どのようなガイダンスを打ち出すのかが注目される。◆ECBは「長期間に渡り政策金利を現状水準以下とする」と、追加利下げ含みのガイダンスを示した。しかし、タカ派が利下げに強く反対しているようであり、今後の追加利下げのハードルは高いと予想される。◆「市場...

2014年7月6日財務省フィードバック数:0社会/政治

金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―

...-4111 (内線 5489)金融市場に対する非伝統的な金融緩和政策の影響 1―日米英の中央銀行の国債買入政策に関する分析―磯部昌吾 2・中澤正彦 3・米田泰隆 4要旨中央銀行による国債買入は、非伝統的な金融緩和政策の実施手段の 1 つである。日米英の中央銀行の国債保有残高は、2013 年 12 月までに、日本銀行では 96.7 兆円、米国連邦準備理事会(FRB)では 1.7 兆ドル、イングランド銀行(BOE)では 3,750 億ポンド増加している 5。中央銀行による国債買入の効果については、既に...

2014年2月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2014年2月号

...での経済見通しを発表する予定であり、ガイダンスを強化すると見込まれる。同時に、追加緩和に踏み切ることが予想される。[英国経済]◆10~12月期の英経済は内外需のバランスのとれた高成長となった。BOEは失業率の急低下を受けてフォワード・ガイダンスを見直し、失業率の閾値を撤回する等の変更を行った。市場では早期利上げ観測が高まっている。2014年 2月 2 7 日発行市場調査部シニアエコノミスト 中村正嗣03-3591-1265 masashi .nakamura @mizuho-r i.co.jp市場調査部シニアエコノミスト 松本 惇...

欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差-

....8%と低成長が見込まれる。BOEの追加緩和期待からポンド安基調も続きそうだ。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェロントロジー(高齢社会総合研究)注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アクセスランキング 【欧州経済見通し-中核国にも広がる景気格差-】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジ...

2013年10月18日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計 ~来月発表分は低下トレンドが小休止~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計発表日:2013年10月17日(木)~来月発表分は低下トレンドが小休止~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 英国の労働力調査基準の失業率(3ヶ月移動平均、BOEのフォワード・ガイダンスの閾値)は、6-8月に7.7%と5-7月から横ばい(左図)。振れの大きい月次計数は6月:7.4%→7月:7.7%→8月:8.0%と上昇し、これ...

2014年1月17日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:12月英国消費者物価 ~祝・物価目標達成~

...EU Indicators欧州経済指標コメント:12月英国消費者物価発表日:2014年1月15日(水)~祝・物価目標達成~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 14日に発表された昨年12月の英国の消費者物価は前年比+2.0%と前月(同+2.1%)から上昇率が一段と縮小した。BOEの物価目標(2%)を上回らなかったのは約4年振り。内訳は、エネルギー価格の上昇率が加速(前月:同+1.6%→今月:同+3.3%)した一方、食料品の上昇率が縮小(同+2.8...

2013年8月19日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済指標コメント:英国労働統計・MPC議事録 ~縮まる利上げへの距離感~田中

...EU Indicators欧州経済指標コメント:英国労働統計・MPC議事録発表日:2013年8月15日(木)~縮まる利上げへの距離感~第一生命経済研究所 経済調査部主席エコノミスト 田中 理03-5221-4527・ 14日に発表された4~6月平均の英国の失業率(労働力調査基準)は7.8%と前月(3~5月平均)から横ばい。同計数はBOEが新たに導入したフォワード・ガイダンスの閾値。失業率が7%を下回るまでは、政策金利の引き上げや資産購入プログラムの規模縮小を行わない方針。・ BOEが判...

2014年4月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し リスクは過度な通貨高

...ンスを中心に欧州の政治動向が注目されやすくなるのではないかと予想している。◆英国では最新(2013年12月-2014年2月の平均)の失業率が6.9%となり、5年ぶりに7.0%を下回った。就業者数も引き続き拡大傾向にあるため、内需主導の経済成長が続くと見込まれる。ただ、同時期の賃金上昇率は前年比+1.7%となり、4年ぶりにようやく消費者物価上昇率を上回ったばかりである。他方で住宅価格の上昇はこのところ加速が見られ、これが英中銀(BOE)がユーロ圏はむろんのこと、米国にも先んじて利上げに踏み切るのではないかという観測を呼んでいる。ただ、BOEは住宅市場の過熱に対して、利上...

2013年10月10日大和総研フィードバック数:0社会/政治

超低金利政策が引き起こす英国の不動産バブル

...層都市であったロンドンも建築物が高層化する傾向にある。金融街シティでは不動産再開発が加速しており、高層ビルの建設が至る所に目立つようになった。◆急激に不動産価格が上昇している要因としては、超低金利政策の継続によるものが大きい。2009年3月以降、英国中央銀行(BOE)は、政策金利を設立以来最低水準となる0.5%に据え置くと同時に、量的緩和政策による国債の買い入れも実施している。8月にBOEが導入したフォワード・ガイダンスも、更なる不動産価格の上昇を促すといわれている。◆さらに最も不動産価格の上昇を助長させているのは、今年...

2014年8月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 4-6月期の失速は一時的

...成長率を前回予想の+2.9%から+3.1%へ、2015年を同+2.3%から+2.5%へ上方修正する。内需好調にもかかわらず、物価上昇圧力は今のところ限定的である。英中銀(BOE)は8月のインフレーション・レポートでその原因は平均賃金上昇率が抑制されているためとし、同指数を今後の注目指標とした。金融市場は利上げ開始時期が先送りされると受け止め、長短金利は急低下したが、実はBOEも英国の景気の強さと、賃金上昇率の低さの乖離をどう判断するべきか迷っていると見受けられる。今後の景気、イン...

英国総選挙後の英ポンドの見通しについて

...の選挙で勢力を大幅に拡大したスコットランド民族党への対応も課題となるでしょう。ただし、EU脱退に係る国民投票の実施は2年後であり、スコットランドの独立運動も直ちに先鋭化するとも思えないため、当面は英ポンドの重しとなる可能性は低いと考えられます。<BOEの利上げ見通しと英ポンド高>結局のところ、当面の英ポンド相場を決定する最大の要因は、英国の景気と英国の金融政策です。前述の安定的な成長見通しの下、利上げを視野に入れたBOE(イングランド銀行)と、量的緩和を開始したばかりのECB(欧州中央銀行)や、物価...

2014年12月19日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

2015年の欧州経済見通し

...大和総研グループはリサーチ、コンサルティング、システム機能を兼ね備えた総合シンクタンクです。 2015年の欧州経済見通し追加緩和に踏み込むECB、利上げ開始時期を探るBOE ◆2015年のユーロ圏経済は低空飛行を続け、GDP成長率は2014年の+0.8%(推定値)とほぼ同水準の+0.9%程度にとどまると予想する。原油価格下落とユーロ安が追い風となって、個人消費と輸出の緩やかな回復が続くと予想するが、投資の持ち直しは限定的となろう。2014年年央の景気停滞の主因だったドイツ、フランス、イタ...

2014年9月18日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 景気停滞打破の切り札は?

...などイノベーション促進のための投資の必要性は認めている。また、EU域内のエネルギー、通信、交通などのネットワーク構築にEUとその資金が貢献することには異論はない模様である。年末にかけて策定される各国の2015年予算、11月発足の新体制の欧州委員会が打ち出す投資促進基金などの議論の行方が注目される。◆英国の注目点はいつ利上げが開始されるかである。8月に続き、9月の英中銀(BOE)の金融政策理事会でも9人中2人の理事が0.25%の利上げを支持した。内需が牽引する英国経済は前期比+0.7%~0.8%の高成長が続き、5-7月平均の失業率は6.2%に低...

2013年8月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2013年8月号

...経済]◆BOEは失業率に閾値を設定したフォワード・ガイダンスを打ち出し、2016年まで政策金利を引き上げない方針を示した。同時に、インフレ抑制に向けて、ガイダンスには3つの停止条件も盛り込まれた。2013年 8月 3 0 日発行市場調査部シニアエコノミスト 中村正嗣03-3591-1265 masashi .nakamura @mizuho-r i.co.jp市場調査部シニアエコノミスト 松本 惇03-3591-1199 atsushi .matsumot o@mizuho- ri.co.jp●当レ...

2013年5月7日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年5月6日~5月10日)

...コンセンサス、予想市場予想レンジ2.75% - +2.2% +2.2%(+2.1~2.8%)前月値(前回値)前回値)2.75%10:30 (中国)4 月生産者物価(前年比)▲2.0% ▲2.0%(▲2.3~▲1.8%)▲1.9%▲0.4% - -+1.0%3.00 - -3.00%+2.1%17:00 (ユーロ)ECB月報17:30 (英)3 月鉱工業生産(前月比)19:00 (マレーシア)金融政策委員会20:00 (英)BOE・政策金利BOE・政策金利20:00 (英)BOE・資産購入目標BOE・資産...

2013年8月28日三菱東京UFJ銀行フィードバック数:0社会/政治海外

平成25年8月(西欧経済の見通し)

...輸出とユーロ圏製造業 PMI232029602529402729202929003128803315E10U向 5け輸 0出-5雇用者数2860200820092010201120122013y = 0.9789x - 49.428R2 = 0.6589X軸切片:50.5-1035失業保険申請者数〈右軸・逆目盛〉2840(前年比、%)-1537-20(年)3040455055ユーロ圏製造業PMI(3ヵ月先行)(資料)ONS、Markitより三菱東京UFJ銀行経済調査室作成(注)失業保険申請者数は4ヵ月先行。(資料)ONSより三菱東京UFJ銀行経済調査室作成356065(3)BOE はフォワード・ガイ...

2013年8月12日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

GlobalMarket Outlook 10月緩和説は後退

...り作成。1113(年)本資料は情報提供を目的として作成されたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。作成時点で、第一生命経済研究所経済調査部が信ずるに足ると判断した情報に基づき作成していますが、その正確性、完全性に対する責任は負いません。見通しは予告なく変更されることがあります。また、記載された内容は、第一生命ないしはその関連会社の投資方針と常に整合的であるとは限りません。1【外国為替相場・債券市場】~BOEフォワードガイダンス~7-8日の海外市場は、主要通貨に対するドル売りが継続。ドル円は一時1...

2013年12月27日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2013年12月30日~2014年1月10日

...,500 - -19:00 (ユーロ)12 月経済信頼感99.0 99.0(99.0~99.4)19:00 (ユーロ)12 月消費者信頼感▲13.6 - -19:00 (ユーロ)12 月鉱工業信頼感▲3.5 ▲3.3(▲3.5~▲3.0)20:00 (独)11 月鉱工業生産(前月比)+1.6% +1.5%(+1.0~+2.8%)21:00 (英)BOE・MPC(BOE・MPC(政策金利)政策金利)0.50% 0.50%(0.50~0.50%)21:00 (英)BOE資産購入BOE資産...

2014年1月24日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治海外

海外 経済指標予測とイベント予定(2014年1月25日~2月2日)

...ス会議 )(22)(22~25 日、ダボス)日、ダボス)2:00 (ユーロ)ユーロ)ドラギECB総裁挨拶(ドラギECB総裁挨拶(ダボス)ダボス)22:00 (ユーロ)ユーロ)ドラギECB総裁パネリスト(ドラギECB総裁パネリスト(ダボス)ダボス)22:00 (英)カーニーBOE総裁パネリスト(カーニーBOE総裁パネリスト(ダボス)ダボス)22:00 (日)黒田日銀総裁パネリスト(黒田日銀総裁パネリスト(ダボス)ダボス)1.27(豪)休場:オーストラリアデー(建国記念日)(月)※ (英)1 月ネ...

株価上昇期待高まる英国株式市場

...株価上昇期待高まる英国株式市場2014年7月4日<回復軌道にある英国経済>6月の英国株式市場はBOE(イングランド銀行)総裁が、上昇ペースを速めるロンドンの不動産価格などを背景に、早期利上げの可能性に言及したことなどから、投資家に金融引き締めへの警戒感が広がり、おおむね軟調に推移しました。不動産市況についてはロンドンの一部地域では過熱感も見られますが、英国全体では経済成長を反映した適正な範囲での価格推移が続いており、過度な上昇は見受けられません。今後、銀行が貸出基準を過度に緩和したり、投資...

2014年12月17日扶桑社フィードバック数:0大型消費/投資

個人投資家250人アンケートでわかった[儲けた人]の肖像

...ほど翌日の準備をするのが日課だという。― アベノミクスで[儲けた人]の肖像【1】 ― ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社扶桑社は一切の責任を負いません 昨日のドル円は、東京市場が休場で閑散のなか、衆議院解散、総選挙の報道を受けて円売りが先行の展開となりました。欧米市場では、カーニー英中銀(BOE)総裁が講演で「BOEの利上げは限定的かつ緩やかになるだろう」「見通しに著しいリスクがある」と述...

2014年1月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ欧州経済情報]2014年1月号

...経済]◆英国では堅調な景気回復が続いており、失業率はBOEの想定以上のペースで改善している。しかし、BOEは引き締めには時期尚早と考えており、来月にも新たなガイダンスが示されると予想される。2014年 1月 2 9 日発行市場調査部シニアエコノミスト 中村正嗣03-3591-1265 masashi .nakamura @mizuho-r i.co.jp市場調査部シニアエコノミスト 松本 惇03-3591-1199 atsushi .matsumot o@mizuho- ri.co.jp●当レ...

2015年6月9日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し~ユーロ圏:回復の裾野は広がりつつある/英国:回復は続く、利上げ開始は16年~

...ルギー価格の影響で15年末から16年初にかけて伸びを高めるが、内生的なインフレ圧力が弱く、16年後半の段階でも「2%以下でその近辺」のレンジを下回る。ECBは少なくとも16年9月まで量的緩和を継続する。長期金利は、今後も、大きく動く場面がありそうだが、ならしてみれば、低い水準に維持されよう。英国経済の1~3月期の実質GDPは純輸出の下押しで前期比0.3%に鈍化したが、雇用所得環境の改善は続いており、底堅さを増している。足もとマイナスのインフレ率も徐々に伸びを高める見通し。BOEは16年入...

2013年2月21日日本銀行フィードバック数:0社会/政治

(論文)マクロプルーデンス政策が経済に与える影響

...ロプルーデンス政策手段については、経済の振幅を抑制する効果がある一方、平均的な経済成長を抑制する可能性もあること、マクロプルーデンス政策手段間で政策効果が大きく異なること、経済状態に対する認識のラグなどによっても政策効果が大きく変化することが明らかとなった。また、マクロプルーデンス政策手段の導入が、金融システムのリスク耐性を高めることで、安定した金融仲介の実現に寄与し得ることが示唆された。本稿の作成過程で、ECB、BOE、IMF、FRB、OFRでのセミナー、RIEBワークショップの参加者、日本...

2013年5月23日第一生命保険フィードバック数:1社会/政治海外

欧州経済指標コメント:4月英国消費者物価 ~イースター休暇要因による物価下振れ~

...物価の構成品目の中では、履物、家賃、家財道具、車維持費、航空運賃、宿泊費などの上昇率が縮小もしくは下落率が加速した(右図)。このうち、航空運賃と宿泊費は、既報の欧州圏全般の物価計数の下振れと同様に、イースター休暇の時期が例年と異なったことによる下振れと考えられる。・ 物価指標の安定は景気再悪化時の追加緩和を可能にする。ただ、目先の物価はイースター休暇要因が剥落することに加えて、エネルギー価格が前年比の“裏”で高めに出やすいことから、上昇率が最加速する可能性が高い。BOEは15日に発表した物価レポートで、緩や...

2013年7月1日第一生命保険フィードバック数:0社会/政治

主要経済指標予定(2013年7月1日~7月5日)

...観業種別計数及び調査全 (米)ISM非製造業景気指数容(8:50)(米)5月貿易収支6月マネタリーベース(8:50)(欧・独・仏)6月サービス業5月毎月勤労統計(10:30)PMI(確)10年利付国債(欧)5月小売売上高2木曜日金曜日45黒田日銀総裁挨拶30年利付国債5月家計消費状況調査(14:00)5月景気動向指数(14:00)(欧)ECB理事会(英)BOE金融政策決定会合(米)6月雇用統計(独)5月製造業受注(仏)5月貿易収支1112(米)5月製造業受注(米)6月自動車販売台数(豪州)金融政策委員会895月国...

欧州経済見通し~ユーロ圏:構造調整の圧力はフランス、イタリアに/英国:景気・雇用回復も賃金は伸び悩む~

...緊縮圧力の緩和と強化された金融緩和策に支えられた緩やかな回復が続く見込みである。実質GDP成長率は、14年は0.7%、15年は1.2%と予測する。インフレ率は同0.6%、同1.0%と安定水準を大きく下回る推移が続く見通しである。英国では、長期平均を上回る回復が続き、住宅価格は高騰、失業率は急低下しているが、賃金の伸びはインフレ率を下回ったままだ。BOEのカーニー総裁は8月「インフレ報告」公表時に賃金の伸びを重視する方針を示し、早期利上げ観測を牽制した。14年の成長率は3.2%、15年5月利上げ開始を予測するが、賃金動向、ユーロ圏の停滞とECBの政策の余波、スコ...

2013年8月7日ニッセイ基礎研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し-問われる雇用の危機への対応力

...ロ圏が世界的な金融混乱の引き金となるリスクは大きく後退しているが、外部環境の悪化に対して脆弱である。イギリスでは、個人消費の緩やかな拡大の半面、投資減少は続き、輸出も伸び悩んでいる。今後の回復も緩慢なペースに留まる見通しだ。ポンド安、インフレへの警戒も必要なため、カーニー新総裁誕生後のBOEがさらに異次元の緩和に踏み込む可能性は低い。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェロントロジー(高齢社会総合研究)注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アク...

欧州経済見通し~ユーロ圏:強まるデフレ懸念。政策対応を強化/英国:GDPギャップ解消へ~

...低下するが、16年はその反動とGDPギャップの縮小で1.6%まで回復しよう。英国は内需主導で回復しているが、インフレ率は輸入物価の影響で鈍化しており、実質賃金のプラス転化が視野に入ってきた。15年の成長率は14年の3%を下回るものの、潜在成長率を上回り、GDPギャップの解消が見込まれる。BOEは7~9月期に利上げを開始、5月総選挙は二大政党離れ、EU離脱問題で市場の関心を集めよう。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮ら...

2014年11月21日大和総研フィードバック数:0社会/政治海外

欧州経済見通し 3大国の景気に懸念

...以降も雇用改善を背景に個人消費が牽引役となった景気回復が続くだろう。ただ、住宅価格上昇を受けて、奨励策打ち切りなどが実施された結果、住宅市場には減速感がみられる。英国経済は2015年にかけて前期比+0.5%前後へ成長率がやや減速すると予想される。なお、消費者物価上昇率は10月は前年比+1.3%と9月の同+1.2%からは若干加速したが、引き続き低水準にある。賃金上昇率に反転の兆しが出てきたことは、今後大いに注目されるが、それでもBOEが利上げを検討できるのは2015年半ば以降と予想される。 この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。 レポ...

欧州経済見通し-債務危機国は下げ止まりも、全体の回復ペースは緩やか-

...消費主導で回復が加速、14年の成長率は2.3%、15年は2.0%と世界金融危機後で始めて2%台を回復する見通しである。イングランド銀行(BOE)は、成長加速でも余剰生産能力の解消には時間を要すると見ており、利上げを開始するのは15年後半となろう。 レポート研究領域経済 金融・為替 アセットマネジメント 年金 社会保障制度 保険 不動産 経営・ビジネス 暮らし ジェロントロジー(高齢社会総合研究)注目テーマ・キーワード 統計・指標・重要イベント 媒体 アクセスランキング 【欧州経済見通し-債務...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ