「mol」の検索結果 | 調査のチカラ

分類の限定

登録日の限定

日 以降のデータに限定
日 以前のデータに限定

タグの限定

のタグが付いているデータに限定

会社名の限定

の会社名のデータに限定

  • ソート条件:
  • 表示件数   :
  • 表示項目   :
  • 検索対象   :
  • 注目レベル:
2013年12月6日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

最終報告書平成24年度環境対応技術開発等「3次元培養ヒト皮膚モデルを用いた化学物質の皮膚曝露試験法の確立に関する研究」

... ニコチン酸エチルの皮膚透過性 Figure 1 にヘアレスラット皮膚、ヒト皮膚、および EpiDerm を介したEN と NA の透過プロファイルを示す。この結果より、それぞれの皮膚で、代謝物の量の皮膚透過量が異なることがわかった。Amount of EN and NA permeated (µmol/cm2)Hairless rat skinHuman skin30EpiDerm20121591065320100000Figure 11202403600120240Time (min...

2013年7月20日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度産業技術研究開発(有害化学物質代替技術開発)成果報告書

...−(x+y)/2 の合成を行い、7その色彩も評価した。試料の合成及び評価は以下のようにして行った。3.0 mol dm−3 の硝酸水溶液 30 cm3 に NH4VO31.08 g を溶解させた後、0.5 mol dm−3 の Bi(NO3)3 水溶液、0.1 mol dm−3 の Ca(NO3)2 水溶液、及び 0.1mol dm−3 の Zn(NO3)2 水溶液を化学量論比で混合し、室温で 1 時間撹拌した。撹拌後、5 倍希釈のアンモニア水を加えて pH を 6.5 に調整し、180 °C で溶...

2015年5月19日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年度化学物質安全対策(消費者製品からの準揮発性有機化合物の放散量測定法の開発と個人暴露量推定に関する調査)調査報告書

...-90.0650.58DBP30%4.0×10-90.908.0DEHP15%5.0×10-90.0090.057DEHP30%5.0×10-90.0170.11DEHP595.0×10-90.0750.48物性値DEP; MW = 222.24 g/mol, Psat = 0.22 Pa (298.15 K)DBP; MW = 278.35 g/mol, Psat = 0.0059 Pa (298.15 K)DEHP; MW = 390.62 g/mol, Psat = 0.000034 Pa...

2014年5月13日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度化学物質安全対策(ポリ塩化ビフェニルの代謝に関する調査)

...反応ヒトの肝ミクロソーム溶液(2 mg protein/mL) 0.5mL に被験物質(PCBs)標準溶液(100 mol/L)0.01mL を添加し(反応液中濃度:2 M)、これを 0.05mL ずつサンプリングした。反応 0min 以外のサンプルに NADPH 溶液(SolutionA:SolutionB=5:1) (BD Biosciences, NU, USA)0.05mL を添加し、37°C で 15min、30min、60min 及び 120min 代謝させた。一定時間反応後、メタノール 0.4mLを加...

2013年2月1日日本総研フィードバック数:5社会/政治海外

賃金上昇が続くタイ

...最低賃金(資料)MOL、BOT(資料)JETRO「在アジア・オセアニア日系企業活動実態調査」大きい。こうした状況下、企業は資本投入よりも相対的に安い労働投入を拡大させる形で生産増図表11 生産年齢人口増加率と15 ~ 29歳人口の対生産年齢人口比率(%)加に対応したと考えられる。なお、最低賃金3.0が長らく低水準に抑えられてきた要因として2.5は、アジア危機後の景気悪化に対して政府が2.0企業サイドに強く配慮してきたことと、低賃金産業の労働生産性の上昇がほとんど見られなかったことが指摘出来る(稿末BOX 1...

2013年6月21日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度石油精製業保安対策事業(石油精製プラント等の事故情報調査)石油精製プラント等の事故情報調査に関する報告書

...酸素を反応器に供給し、塩化銅触媒により、気相のオキシクロリネーション反応によって、塩化ビニルモノマー(VCM)の中間原料となる 1,2-二塩化エタン(EDC)を生成する。反応式 C2H4 + 2HCl + 1/2O2 → C2H4Cl2(EDC) + H2O + 239kJ/mol○EDC は、洗浄、精製、分解工程を経て、VCM を生成し、塩酸塔、塩ビ塔で蒸留分離して、製品 VCM を精製する。反応式 C2H4Cl2(EDC) → C2H3Cl(VCM) + HCl - 79.4kJ/mol図 塩化...

2015年4月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

外航海運業の現状と課題

...の主要外航海運企業に比べて特定船種に特化する傾向が強い,ということである。9) 商船三井「アニュアルレポート2013」(http://www.mol.co.jp/ir-j/data_j/pdf/annual/ar-j 2013 .pdf)p. 24参照。14 . 4108 運輸と経済 第 74 巻 第 4 号 ’ 日本以外の船社でもっとも有名な船社はデンマ降,中国の急速な経済成長を反映した資源輸入増ークのマースク10)である。コンテナ船では世界のや米国の住宅バブルをきっかけに海上輸送量が大2割近いシェアを持ち,世界で売上高の高い500きく増加し,それ...

対ロ制裁下で進むロシア中国のエネルギー協力

...船三井(MOL)の合弁船主会社が担当することになり、韓国大宇造船海洋(DSME)との間で砕氷 LNG 船(ロシア船級 ARC7)3 隻の造船契約を締結している。11JPEC レポート2.6. その他これまでも CNPC は、1)Rosneft の株式 5 億ドル分購入、2)Rosneft と合弁のロシア国内の探鉱開発を行う Vostok Energy 設立、3)Rosneft の Yukos 資産買収に伴う 60 億ドルの融資、4)Rosneft とのロシアの陸上油ガス鉱区と大陸棚油ガス海洋鉱区、バレ...

2014年4月22日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成25年度化学物質安全対策(in vitro簡易有害性試験法の利用促進調査)報告書

.... et al )心筋の活動電位を指標とした分化阻害効果の定量化(J Toxicol Sci. 2010 : p899-909 Koseki N. et al)・神経および骨細胞分化誘導の導入Toxicol Appl Pharmacol. 2012 262(3): p330-40Methods Mol Biol. 2012 889: p147-79.Theunissen PT. et alKuske B. et alしかしながら、何れ...

2014年4月29日経済産業省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成22年度 放射性廃棄物共通技術調査等 放射性廃棄物重要基礎技術研究調査 報告書

...ギーでは処分サイトは、研究開発は、以下に示す母岩及びサイトを対象として、1974~1988年までの第1段階、1989~2000年までの第2段階、そして現在進行中の第3 段階で実施されている。・Boom粘土層をレファレンス母岩層、Mol-Dessel原子力施設区域をBoom粘土層に関する方法論的研究のためのレファレンス・サイト・Ypresian粘土層を代替母岩層、Doel原子力施設区域をYpresian粘土層に関する方法論的研究のため代替サイトONDRAF/NIRASは、第2 段階の研究成果を基に、2001 年に...

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ