調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > しがぎん経済文化センター

「しがぎん経済文化センター」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

滋賀県での調査です。

2015年 新入社員意識調査

2015年 新入社員意識調査

15年1-3月期特別項目結果~設備投資動向について~

15年1-3月期特別項目結果~設備投資動向について~

消費増税は5割以上の企業に悪影響(滋賀県内企業動向調査 特別項目)

消費増税は5割以上の企業に悪影響(滋賀県内企業動向調査 特別項目)

滋賀県内の延べ宿泊者数について~宿泊旅行統計調査より~

滋賀県内の延べ宿泊者数について~宿泊旅行統計調査より~

滋賀県・全国の主要経済指標 2014年12月

滋賀県・全国の主要経済指標 2014年12月

滋賀県内の在留外国人について~在留外国人統計より~

滋賀県内の在留外国人について~在留外国人統計より~

滋賀県での人手不足の状況です。

14年7-9月期特別項目結果~現在の雇用人員について~

「滋賀県内企業動向調査2014 年7-9月期特別項目結果」2014 年 10 月滋賀県内企業動向調査 特別アンケート~現在の雇用人員について~5割以上の企業で不足感【調査趣旨】大企業を中心に企業業績の回復がすすむなか、全国的に「人手不足」が大きな経営課題となっている。当社では滋賀県内経済の動きをより的確に把握するため、「滋賀県内企業動向調査(2014 年7-9月期)」の中で、現在の雇用人員についての調査を実施した。【調査概要】・調 査 名:「滋賀県内企業動向調査(特別アンケート)」・調 査 対

暮らし向きは3年ぶりに悪化、世帯収入は小幅改善(物価と消費に関するアンケート)

暮らし向きは3年ぶりに悪化、世帯収入は小幅改善(物価と消費に関するアンケート)

宿泊旅行統計調査

リレ ー エ ッセ イ着 眼大局滋賀銀行 常務取締役奥 博「ビッグ デ ータ」 ミニマムスタンダードの経済情報を得る毎朝の新聞に「ビッグデーの経験を基に多くても約500個のパラメータを設定し、ロジカルに数タ」「クラウドサービス」「スマートホン」「タブレット」等のICT※ 関連の手先を読むという従来の「人間的思考法」ではなく、過去の「勝ち用語が載らない日はありません。ICTが経済活動や暮らしの中に「なパターンの大量棋譜データ」から勝利するための「次の一手」を選くてはならないもの」として、浸透してき

ベースアップを実施する企業は全体の4分の1(県内企業動向調査 特別項目)

ベースアップを実施する企業は全体の4分の1(県内企業動向調査 特別項目)

「物価と消費に関するアンケート」(滋賀県内在住者)

しがぎん経済文化センター 「2014 年夏季、物価と消費に関するアンケート」(県内在住者)2014 年7月「物価と消費に関するアンケート」結果暮らし向きは3年ぶりに悪化、世帯収入は小幅改善物価は連続上昇、今後も高い水準が続く見通し円安による輸入価格の上昇や燃料・光熱費の上昇、消費税増税も相まって物価は大幅に上昇している。このような状況が、家計や個人消費の動向にどのような影響を及ぼしているのかを調査するため、県内の滋賀銀行店頭にご来店の女性を対象に「2014 年夏季、物価と消費に関するアンケート」

新入社員調査です。

2014年度「新入社員意識調査」

2014年度「新入社員意識調査」

滋賀県人口の社会増減について~住民基本台帳人口報告より~

KEIBUN調査研究レポート「滋賀県人口の社会増減について~住民基本台帳人口移動報告より~」滋賀県人口の社会増減について~住民基本台帳人口移動報告(平成 25 年結果)より~平成 26 年3月㈱しがぎん経済文化センター経済リサーチ部 中村滋賀県は、出産が死亡を上回る自然増加とともに他都道府県からの転入が転出を上回る社会増加により、全国的に数少ない“人口増加県”として平成 27 年頃までの増加が続くとみられている。しかし、平成 26 年1月に総務省より公表された「住民基本台帳人口移動報告平成 25

物価と消費に関するアンケート

しがぎん経済文化センター 「2013 年冬季、物価と消費に関するアンケート」(県内在住者)2014 年 2 月「物価と消費に関するアンケート」結果暮らし向きは回復するも、半年後は悪化の見通し消費税率引き上げ前の駆け込み購入は、3割が「家電製品」。消費税率引き上げ後は、「外食費」「衣料費」「食料費」を節約。「アベノミクス」効果により、株価の上昇や消費マインドの改善が進んでいる。一方、円安や光熱費の上昇に伴い食料品の値上げなどが続いており、さらに今年4月1日以降、消費税率が8%に引き上げられることが

高齢者には「60歳時までと同じ業務を任せる」が8割(滋賀県内企業動向調査特別アンケート)

高齢者には「60歳時までと同じ業務を任せる」が8割(滋賀県内企業動向調査特別アンケート)

滋賀県内企業の4割以上で駆け込み需要が発生へ

滋賀県内企業の4割以上で駆け込み需要が発生へ

軽乗用車の1世帯あたり普及台数(滋賀県)

軽乗用車の1世帯あたり普及台数(滋賀県)

「どんな仕事でも一生懸命に」前向きな姿勢(「13年新入社員意識調査」より)

「どんな仕事でも一生懸命に」前向きな姿勢(「13年新入社員意識調査」より)

エコカー補助金が及ぼした販売効果について(滋賀)

エコカー補助金が及ぼした販売効果について(滋賀)

今年の花粉飛散量と花粉症対策について(滋賀)

今年の花粉飛散量と花粉症対策について(滋賀)

滋賀県を中心としたデータです。

スポーツ行動者率と健康、長寿について(滋賀)

スポーツ行動者率と健康、長寿について世界有数の長寿国であるわが国において、滋賀県は上位の長寿県である。食習慣による栄養状態や高水準の医療技術などのさまざまな要因が考えられるが、今回はスポーツと健康、長寿についてみてみたい。1.スポーツ行動者率各県民がどれだけスポーツを行っているかの統計として、「スポーツ行動者率(10 歳以上で、過去1年間にスポーツをした人の割合)」という指標がある。そこで、地域別と年齢別に「スポーツ行動者率」について分析する。(1)67.9%で、全国2位(男は1位、女は5位)総

環境こだわり農業への取組が積極的な滋賀県

環境こだわり農業への取り組みが積極的な滋賀県現在、日本の農業を取り巻く環境は大きく変化しようとしている。食料の安全性の確保、農業ビジネスによる産業振興などに注目が集まるなか、環境負荷の少ない農業を実践する農業者の認定制度「エコファーマー制度」から、滋賀県の環境へこだわった農業への取り組みをみてみたい。1.「エコファーマー制度」とは「エコファーマー制度」とは、平成 11 年7月に制定された「持続性の高い農業生産方式の導入の促進に関する法律」に基づき、農業者が「土づくり技術」、「化学肥料低減技術」、

学生の内定率の推移について(滋賀)

学生の内定率の推移について(滋賀)

中高年層は「旅行・行楽」に注目(シニア消費に関するアンケート)

県内経済情報シニア消費に関するアンケート中高年層は「旅行・行楽」に注目Text by しがぎん経済文化センター 山西 麻美少子高齢化が進む昨今、全国では4人に1人、県内でも5人に1人は65歳以上といわれている。また、時間に余裕があり、何事にも意欲的な中高年層の消費活動に注目が集まっている。そうした消費の動向を調査するために、滋賀銀行の店頭にご来店の50歳以上のお客さまを対象に「シニア消費に関するアンケート」を行った。「旅行・行楽」や「絵画、写真、書道」などが人気 「今後、さらにお金や時間をかけた

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ