調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > とうほう地域総合研究所

「とうほう地域総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

福島県での調査です。

「平成27年夏季ボーナス及び暮らし向き」アンケート調査

「平成27年夏季ボーナス及び暮らし向き」アンケート調査

県内の平成27年夏季ボーナス支給額推計

県内の平成27年夏季ボーナス支給額推計

福島県の復興状況です。

震災後4年を経過した県内の復興状況について

調 査震災後4年を経過した県内の復興状況について< 要 旨 >1.福島県の復興の現状⑴ 人  口  震災後の本県の人口動態をみると、震災直後から減少を続けていた人口は県外避難者の帰還、復興事業関係者等の流入により落ち着きを見せている。⑵ 経済状況・産業 ・農業産出額や農産物価格は改善しているものの、風評被害の影響を受け震災前の水準を下回ったままである。 ・観光業は大河ドラマ「八重の桜」効果や復興支援イベント開催などにより観光客入込数は改善しているが、修学旅行など教育旅行は震災前の6割程度にとどま

福島の観光です。

大河ドラマ後の観光動向について ~「八重の桜」後の福島観光を考える~

大河ドラマ後の観光動向について ~「八重の桜」後の福島観光を考える~

福島県の消費動向です。

消費税率引き上げ後における本県消費動向の現状分析について ~震災特需を背景に高水準を維持する本県の消費支出~

調 査消費税率引き上げ後における本県消費動向の現状分析について∼震災特需を背景に高水準を維持する本県の消費支出∼<要 旨>1.消費税率引き上げを含む物価上昇による消費支出への影響度⑴ 消費支出減少率 福島県内における消費税率引き上げを含む消費者物価指数上昇率は3.06%、このうち消費税率引き上げで2.41%、消費税率引き上げ以外の要因で0.65%と試算される。こうしたことから、実質可処分所得減少率と所得弾力性から求めた消費支出減少率は合計で▲2.94%、このうち消費税率引き上げで▲2.31%、消

bjリーグ参戦の経済効果です。

福島ファイヤーボンズの経済波及効果について

調 査チームロゴ福島ファイヤーボンズの経済波及効果について<要 旨> 福島ファイヤーボンズの2014−15年シーズン新規参戦が福島県内に及ぼす経済波及効果は、チーム運営費の支出による効果と来場者の消費支出による効果を合わせ、合計5億10百万円に上るものと推計される。   チーム運営費の支出による効果    82百万円   来場者の消費支出による効果   4億28百万円     総合効果            5億10百万円はじめに 「ブースター ※イベント、スクール・クリニック等、選手も参加する

福島県の鉄道事情です。

福島県内における地域鉄道利用状況の現状について

調 査福島県内における地域鉄道利用状況の現状について<要 旨>1.県内の鉄道会社概要  本県には JR のほかに4社の旅客鉄道があり、通勤・通学や観光など様々な役割を担っている。2.乗車人員の推移  乗車人員は4社合計で20年前に比べ約4割減少している。3.県民の通勤・通学手段  本県の通勤者の約8割が自家用車利用であり、鉄道利用は2.4%にとどまる。4.本県の自家用自動車台数  本県の1世帯あたり自家用自動車台数は全国第9位と全国上位にある。5.各社の利用促進への取り組み  福島交通と阿武隈急

「八重の桜」効果が会津若松市に及ぼした経済波及効果について

「八重の桜」効果が会津若松市に及ぼした経済波及効果について

観光立国に向けて ~2013年訪日外国人数初めて1,000万人突破~

トピックス観光立国に向けて∼2013年訪日外国人数初めて1,000万人突破∼ 日本政府観光局(JNTO、正式名称:独立行政法人国際観光振興機構)は1月17日、2013年に日本を訪れた外国人客数が前年比24%増の1,036万人(推計値)であったと発表しました。これまでの過去最高だった2010年の861万人を20%上回り、2003年に政府が「観光立国」宣言をして以降、1,000万人の大台を初めて突破しました(図表1)。 要因としては、円安の進行による日本への旅行費用の割安感が増したこと、7月より開始

震災後の福島県です。

復興に向けた福島県経済の現状と課題について

調 査復興に向けた福島県経済の現状と課題について<要 旨>1.福島県経済の現状本県経済は、生産活動を除いて震災前の水準を上回って推移しており、復興に向けた着実な動きを確認することができる。好調な分野をみると、除染事業などの災害復旧事業を下支えとした公共投資、企業誘致などによる設備投資、被災者の建て替えを中心とした住宅投資については、足元で増勢基調を強めており、当面は本県経済を下支えすることが期待される。低調な分野をみると、生産活動は、現状で震災による影響をほとんど受けていないものの、海外景気など

市場データです。

コンビニエンスストアの動向について

調 査コンビニエンスストアの動向について<要 旨>国内のコンビニ市場 平成25年8月現在、コンビニ10社の国内店舗数は5万店を超え、この3年半の間に5,957店が増加した。また売上高(全店ベース)は年間10兆円に迫る水準まで拡大している。県内のコンビニ市場県内の店舗数は新潟・栃木県などに近い。一方、人口10万人当たりの店舗数は全国平均を下回っている。震災前と比較した店舗増加率では本県が全国で最も低い結果となった。店別ではセブン-イレブンが5割以上を占める。方部別では人口構成比と同様、広範囲に分布

福島県における「サービス付き高齢者向け住宅」の現状について

調 査福島県における「サービス付き高齢者向け住宅」の現状について<要 旨> 加速する高齢化社会において、社会全体で高齢者を支えるために、よりサービスの充実した施設の増加が望まれる。 本県においては、原発事故により県外に家族が避難した高齢者も多く、今後、高齢者が自立した日常生活を送るにあたって、サービス付き高齢者住宅(サ高住)は有力な選択肢の一つとなるものと思われる。サ高住をめぐる背景 現在福島県において、県民のおよそ4人に1人が65歳以上の高齢者である。今後も高齢者の割合は増加していく。本県の要

福島県の統計まとめです。

統計からみた福島県の姿

調 査統計からみた福島県の姿<要 旨> 本稿は、「統計でみる都道府県のすがた」(総務省統計局)などから福島県のデータを抜粋し、人口、産業、経済、社会基盤などの各種指標から福島県の姿をまとめたものである。1.人 口 人口構成比は、老年人口割合が全国値を上回り、全国に比べ高齢化が進んでいる。  世帯構成としては、本県は65歳以上の親族がいる世帯割合が高く、高齢の親の面倒をみるケースが全国に比べ多いとみられる。2.経済基盤 県内総生産は全国18位と中位にあり、第3次産業が全体の約7割を占める。 事業所

平成25年冬季ボーナス支給額推計

平成 25 年 12 月 2 日報道機関各位一般財団法人 とうほう地域総合研究所理事長 阿部 隆彦平成 25 年冬季ボーナス支給額推計について○平成 25 年冬季の県内ボーナス支給総額は 2,406 億 77 百万円(前年比+28 億 76 百万円、同+1.2%)と 2 年連続で増加するものと推計される。○民間企業の総支給額は前年比+1.9%、1 人当たり支給額は同+1.8%と、前年に引き続き 2 年連続で増加する見込みである。○対象人員の増加に加え、復興関連事業などの効果による景気の持ち直しや

家計調査からみた福島市の世帯における消費行動

家計調査からみた福島市の世帯における消費行動

福島県の最近の地価動向について

福島県の最近の地価動向について

高齢化社会における福島県医療サービスの現状と見通しについて~10年後における患者数の推計結果から~

高齢化社会における福島県医療サービスの現状と見通しについて~10年後における患者数の推計結果から~

福島県の製造業 ~全国の中での本県製造業~

福島県の製造業 ~全国の中での本県製造業~

統計からみた福島県の花卉農業について

統計からみた福島県の花卉農業について

福島県における建設業の動向について

福島県における建設業の動向について

統計からみた福島県の野菜農業について

統計からみた福島県の野菜農業について

福島県内における電子マネーの利用状況について

福島県内における電子マネーの利用状況について

「平成25年夏季ボーナス及び暮らし向き」アンケート調査(福島県)

調査夏のボーナス動向と暮らし向きについて∼「平成25年夏季ボーナス及び暮らし向き」アンケート調査から∼<要旨>1.夏季ボーナスについてÉ¡NÌÄÌ{[iXÉ¢ÄÍAóæzªuÏíçÈ¢vÆ·éñšªÅར†AðNÆä×u¦év̄‡ªÁAu¸év̄‡ª¸­·é®«ª©çê½BÉêl–½èÌó橞zÍuD@œ~ÈãF@œ~¢žvƷ鄇ªÅà‚­ASÌÌR„ðèß½BÉ{[iXÌg¢¹É¢ÄÍáN¯lu™~vÌñšªÅà‚­AU„𴦽B2.暮らし向きについてÉ¡ãPNÔÌéçµ

「八重の桜」で盛り上がる会津若松市の観光動向について

「八重の桜」で盛り上がる会津若松市の観光動向について

統計からみた福島県の畜産業について

統計からみた福島県の畜産業について

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ