調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > みずほ情報総研

「みずほ情報総研」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月7日みずほ情報総研★フィードバック数:0ライフスタイル

節電に対する生活者の行動・意識に関する調査

年代が下がるにつれ節電行動、情報収集も低下、20-30代の46%は情報を読まない節電に対する生活者の行動・意識に関する調査を発表2016年3月29日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤順一)は、2015年10月10日~10月12日の期間、東京電力管内の20歳以上の男女(953名)を対象に「節電に対する生活者の行動・意識に関する調査」を実施し、東日本大震災以降の節電に関する生活者の考え方について、調査結果をレポートとしてまとめましたのでご案内

2015年8月28日みずほ情報総研フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

IoTに関する産業・社会の動向調査

調査レポート『IoT(Internet of Things)の現状と展望 ―IoTと人工知能に関する調査を踏まえて―』を刊行IoTに関する産業・社会の動向調査結果を公表2015年8月28日 みずほ情報総研株式会社株式会社みずほ銀行 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)と株式会社みずほ銀行(本店:東京都千代田区、頭取:林 信秀)は、IoT(※)と人工知能に関する産業・社会の動向調査を行い、このたび「みずほ産業調査『IoT(Internet of Things)

2015年6月18日みずほ情報総研★フィードバック数:0社会/政治

厚労省の委託調査です。

平成26年度支給決定・計画作成マネジメント調査事業 報告書

厚生労働省 補助金事業平成26年度支給決定・計画作成マネジメント調査事業 報告書 当社が厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部より受託した「平成26年度支給決定・計画作成マネジメント調査事業」の結果を公表いたします。概要 障害福祉の分野では、障害児・者に係る相談支援の量的確保に加え、障害福祉サービス等の利用者に係るアセスメント・計画作成手法の確立・標準化(質の向上)等を図ることが求められています。 また、平成25年4月に施行された障害者総合支援法では、法律の施行後3年を目途として、「障害支援区

2015年6月11日みずほ情報総研★フィードバック数:0キャリアとスキル

労働者のジョブ意識の調査です。

ジョブ型・メンバーシップ型に関する労働者の意識調査

仕事への満足は「ジョブ(職種)型」が最も高く、人事担当者は「ジョブ(職種)型」人材の採用を重視ジョブ型・メンバーシップ型に関する労働者の意識調査結果を発表2015年6月10日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西澤 順一)は、2015年2月および4月に、大卒正社員の労働者1,030人と、企業の人事担当者429人を対象に、「ジョブ型・メンバーシップ型に関する意識調査」を行い、このたび調査報告書としてまとめましたのでご案内いたします。 近年、我が国では少子

2015年6月9日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年4月の自由化を前にした調査です。

電力自由化に向けての消費者の電力小売企業・サービス選択基準に関する意識調査

8割超の消費者が「電気料金が現在より低ければ、電力供給会社を乗り換えたい」と回答「電力自由化に向けての消費者の電力小売企業・サービス選択基準に関する意識調査」調査結果を発表2015年6月8日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西澤 順一)は、2015年2月10日火曜日から2015年2月23日月曜日の期間、全国の20歳以上の男女3,500名を対象に「電力自由化に向けての消費者の電力小売企業・サービス選択基準に関する意識調査」を実施しました。このたび、消費者

2015年6月2日みずほ情報総研フィードバック数:0キャリアとスキル

職務限定正社員の行く末について考える

日本型雇用慣行になじませるには職務限定正社員の行く末について考える 2015年6月1日 社会政策コンサルティング部 小曽根 由実 企業における人材不足が本格化してきた。さまざまな企業の人事担当者と話す機会があるが、「人材を募集してもなかなか応募がない」「応募があっても思うような人材を採用できない」という声が以前よりも頻繁に聞かれるようになった。実際、2015年版中小企業白書では「中小企業・小規模事業者は人材を十分に確保できていない状況」であると指摘している。また、今春卒業した大学生の就職率はリ

2015年5月28日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

シニアの節電です。

「シニア層の節電実態」に関する調査

年代が上がるにつれて節電行動を多く行っている一方で、電気代も高いことが判明「シニア層の節電実態」に関する調査結果を発表2015年5月26日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西澤 順一)は、2014年10月20日月曜日~10月23日木曜日の期間に実施した、東京電力管内の20歳以上の男女(約1,000名)を対象とした「節電に対する生活者の行動・意識に関する調査」に関し、このたび、第2弾として「シニア層(60歳以上)の節電実態」についての調査結果を発表いたし

2015年5月12日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成26年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査

ホーム事例・実績紹介調査・研究事例の紹介千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成26年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について― 花と緑のパワー ―千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成26年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について 2015年3月 当社が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「平成26年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の結果を公

2015年5月12日みずほ情報総研★フィードバック数:0社会/政治

厚労省委託の調査です。

自立相談支援機関のケースデータを用いた支援実績及び対象者像に関する調査研究 報告書

厚生労働省平成26年度セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)自立相談支援機関のケースデータを用いた支援実績及び対象者像に関する調査研究 報告書厚生労働省では、社会福祉の発展、改善等に寄与するため、地域社会における今日的課題に対する先駆的・試行的取組に対し、「セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)」として助成を行っています。 当社は、従来から社会福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、「平成26年度セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)」と

2015年5月12日みずほ情報総研フィードバック数:0社会/政治

自立相談支援事業における使用標準様式の実用化に向けた調査研究 報告書

厚生労働省平成26年度セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)自立相談支援事業における使用標準様式の実用化に向けた調査研究 報告書 厚生労働省では、社会福祉の発展、改善等に寄与するため、地域社会における今日的課題に対する先駆的・試行的取組に対し、「セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)」として助成を行っています。 当社は、従来から社会福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、「平成26年度セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)」として、平成2

2015年3月18日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

患者満足度調査より―アンケートの自由記述を分析する

患者満足度調査よりアンケートの自由記述を分析する 2015年3月17日 社会政策コンサルティング部 田中 宗明 数は少なくとも重要な「自由記述」 多くの方は、アンケートで「意見や感想などを御自由にお書きください」という質問を見たことがあるだろう。アンケートの質問には、大きく分けて2種類の形式がある。複数の選択肢から当てはまるものを選ぶ「選択肢形式」と、思ったことを自由に記述する「自由記述形式」である。 選択肢形式に比べて、自由記述形式の質問に回答するのは面倒であり、何も書かずに提出する方も多い

2015年3月10日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

節電についての調査です。

節電に対する生活者の行動・意識に関する調査

4人に3人が「世間の節電ムードの希薄化」を実感「節電に対する生活者の行動・意識に関する調査」調査結果を発表2015年3月9日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西澤 順一)は、2014年10月20日月曜日~10月23日木曜日の期間、東京電力管内の20歳以上の男女(約1,000名)を対象に「節電に対する生活者の行動・意識に関する調査」を実施し、東日本大震災以降の生活者の節電行動の実態について、調査結果をレポートとしてまとめましたのでご案内いたします。なお、

2015年1月28日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

東京、ロンドン、ニューヨーク、上海、ムンバイでの調査です。

世界5都市対象「地球温暖化に関する意識調査」

東京の地球温暖化の影響に備える意識の低さが顕著に世界5都市対象「地球温暖化に関する意識調査」調査結果を発表2015年1月27日 みずほ情報総研株式会社みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:西澤 順一)は、2014年10月1日~10月20日の期間、東京、ニューヨーク、ロンドン、上海、ムンバイの20歳以上の男女(各都市318名)を対象とした「地球温暖化に関する意識調査」を実施し、地球温暖化やその影響、そして対策に関する各国市民の考え方について、調査結果をレポートとしてまとめましたのでご

2014年12月2日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素利用エネルギー社会に向けた燃料電池自動車と水素発電技術の現状と課題

技術動向レポート 水素利用エネルギー社会に向けた燃料電池自動車と水素発電技術の現状と課題(1/2) サイエンスソリューション部次長 米田 雅一 コンサルタント 茂木 春樹 コンサルタント 仮屋 夏樹 2009年に家庭用燃料電池「エネファーム」が市場投入され、販売台数が順調に増加しているなか、本年度には燃料電池自動車(FCV)の市場投入が予定され、水素利用社会の新たな幕開けを迎えようとしている。また、大規模な水素需要が期待される技術として水素発電の導入検討も本格化してきた。ここでは、燃料電池自動

2014年11月14日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素社会についての調査です。

国内における一般市民の水素社会受容性

社会調査から得られた示唆国内における一般市民の水素社会受容性(1/2)本稿は、『水素エネルギーシステム』2014年、Vol.39、No.3 (発行:一般社団法人水素エネルギー協会、2014年9月30日発行)に掲載されたものを、同編集部の承諾のもと掲載しております。みずほ情報総研 環境エネルギー第2部 チーフコンサルタント 齋藤 文 1.背景・目的 水素は今日まで、一般市民にとって身近な物質ではなかった。日常生活において水素そのものを目にする、または触れる機会はほとんどなく、多くの人が持つ水素のイ

2014年11月14日みずほ情報総研★★フィードバック数:0ライフスタイル

医療機器産業についてのレポートです。

日本の医療機器産業が世界市場で勝ち抜くためには

社会動向レポート 日本の医療機器産業が世界市場で勝ち抜くためには(1/2) 社会政策コンサルティング部 コンサルタント 日諸 恵利 わが国の医療機器産業が政府から成長牽引役と目されて久しいが、世界市場における日系企業の立ち位置に鑑みれば、その成長性については楽観視しがたいものがある。 現在、世界市場の拡大に寄与しているのは発展途上国の経済成長である。この発展途上国市場を獲得するためには、現在は大きく引き離された欧米の医療機器メーカーに対抗しうるだけの販路開拓戦略が必要である。その有効な打ち手

2014年8月10日みずほ情報総研フィードバック数:0社会/政治

未婚化で急増する高齢単身世帯 社会の制度設計見直しが不可避

未婚化で急増する高齢単身世帯 社会の制度設計見直しが不可避本稿は、『週刊エコノミスト』 2014年7月15日号(発行:毎日新聞社)に掲載されたものを、同編集部の承諾のもと掲載しております。 おひとりさまが増えている。若者の一人暮らしだけではない。配偶者と死別した高齢者や、未婚の中高年男性の一人暮らしが急増している。 結婚をして同居家族がいることを「標準」としてきた日本社会において、単身世帯の急増は衝撃であろう。しかし、これは個人の生き方や家族のあり方が多様化していることの象徴でもある。一方、こ

2014年6月17日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

特別養護老人ホーム等を経営する社会福祉法人のガバナンスの強化方策に関する調査研究事業

特別養護老人ホーム等を経営する社会福祉法人のガバナンスの強化方策に関する調査研究事業

2014年6月17日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

介護予防を推進する地域づくりの効果的手法に関する調査研究事業

介護予防を推進する地域づくりの効果的手法に関する調査研究事業

2014年6月17日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

介護予防・日常生活支援総合事業の実施効果に関する調査研究事業

介護予防・日常生活支援総合事業の実施効果に関する調査研究事業

2014年6月17日みずほ情報総研★フィードバック数:0ライフスタイル

みずほ情報総研のレポートです。

長期療養高齢者の看取りの実態に関する横断調査事業

長期療養高齢者の看取りの実態に関する横断調査事業

2014年6月17日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

効果的なユニットケアと施設の整備規模に関する調査研究事業

効果的なユニットケアと施設の整備規模に関する調査研究事業

2014年6月17日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

介護サービス事業者の海外進出に関する調査研究事業

介護サービス事業者の海外進出に関する調査研究事業

2014年5月20日みずほ情報総研フィードバック数:0社会/政治

後期高齢者化、単身世帯化、未婚化への対応が急務

日本の人口・世帯「将来推計」後期高齢者化、単身世帯化、未婚化への対応が急務本稿は、『週刊エコノミスト』 2014年4月29日号(発行:毎日新聞社)に掲載されたものを、同編集部の承諾のもと掲載しております。 国立社会保障・人口問題研究所は4月11日、「日本の世帯数の将来推計(都道府県別推計)」を発表した。これにより「2010年国勢調査」を基準にした人口と世帯数の将来推計が、全国と都道府県別で出そろった。 これらの将来推計から注目されるのは、日本の高齢化は単に65歳以上人口が増えるだけでなく、「後

2014年4月15日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

医療における環境変化の潮流と医療経営

社会動向レポート 医療における環境変化の潮流と医療経営(1/3) 社会政策コンサルティング部 コンサルタント 高橋 正樹 社会保障の一翼を担う医療の潮流は、国民の最も関心のある動向の一つと言える。今後の超高齢化社会を迎えるにあたり、どのような医療経営環境の変化が起こるのか、過去に起こった事象および事例を基に、今後必要となる医療経営について考察した。 はじめに 超高齢化社会(人口減少・少子高齢化社会)の波が、「既に起こった未来」(1)として押し寄せようとしている。医療経営環境もその波によって大きく

2014年3月30日みずほ情報総研フィードバック数:0キャリアとスキル

社会福祉施設職員の退職金の在り方に関する調査研究

厚生労働省平成24年度セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)社会福祉法人の経営及び社会福祉事業に関する調査・研究事業 「社会福祉施設職員の退職金の在り方に関する調査研究」報告書の公表について 厚生労働省では、社会福祉の発展、改善等に寄与するため、地域社会における今日的課題に対する先駆的・試行的取り組みに対し、「セーフティネット支援対策等事業(社会福祉推進事業)」として助成を行っています。 当社は、上記事業の採択を受け、社会福祉施設職員の退職金の在り方に関する調査研究を実施いたしまし

2014年3月23日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成25年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果

ホーム事例・実績調査・研究事例の紹介千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成25年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について花と緑のパワー千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成25年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について 2014年3月 当社が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「平成25年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の結果を公表いたします

2014年3月14日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

震災前からの推移が見られます。

節電に対する生活者の行動・意識に関する追跡調査

生活者の節電行動に定着のきざし、東京電力管内では多くの取り組みが震災前を上回る水準で継続「節電に対する生活者の行動・意識に関する追跡調査」調査結果を発表2014年3月13日 みずほ情報総研株式会社みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)は、生活者の夏の節電行動の実態を把握するため、2013年9月に「節電に対する生活者の行動・意識調査(追跡調査)」を行い、このたび調査結果をレポートとしてまとめましたのでご案内いたします。 みずほ情報総研では、東日本大震災以降、東

2014年2月14日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

消費者調査です。

地球温暖化への適応に関するアンケート調査

7割の人が日頃から健康、防災に関する取り組みを実施地球温暖化への適応に関するアンケート調査を実施2014年2月13日 みずほ情報総研株式会社みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)は、地球温暖化の影響や適応策について国民の関心度や理解度を把握するため、2013年12月に、全国の成人男女を対象とした「地球温暖化への適応に関するアンケート調査」を行い、このたび調査結果をレポートとしてまとめましたのでご案内いたします。 地球温暖化は、さまざまな気象災害の強度や頻度に

2013年12月26日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

水素エネルギーの活用に向けた日本の取組みと将来展望

技術動向レポート 水素エネルギーの活用に向けた日本の取組みと将来展望(1/2) 環境エネルギー第2部 エネルギーチーム チーフコンサルタント 齋藤 文 今後、身近に利用できるようになる新しいエネルギー「水素」について、水素利用の意義や日本の取組み、将来の水素エネルギーの利用について、現時点での展望をまとめた。 はじめに 最近「水素」という言葉を耳にする機会が増えてきた。「水素」といえば「理科の実験」というイメージがあるという人も多いのではないだろうか。水の電気分解で陰極(マイナス極)に発生する、

2013年11月13日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年夏の生活者の節電行動

2013年夏の生活者の節電行動2013年11月12日 環境エネルギー第1部 藤原和也 東日本大震災から2年8カ月が経った。震災直後に深刻だった電力需給のひっ迫も徐々に解消され、今夏の節電要請は、いずれの電力会社管内でも数値目標を伴わない控えめなものであった。電力需給が安定化した理由として、電力各社の供給力が強化されたことに加え、全国の家庭や企業において節電が行われたことが挙げられる。 そのうち、家庭における節電の取り組みについて、当社では震災直後から継続的にアンケート調査を実施してきた(*1

2013年11月8日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

企業の知的財産戦略の新たな潮流に関するアンケート調査

― 新興国の需要拡大や技術の質の変化を背景に重要領域への選択と集中が進展、オープンな知財活用による自前主義の克服が課題 ―企業の知的財産戦略の新たな潮流に関するアンケート調査を実施2013年11月7日 みずほ情報総研株式会社 みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)は、企業の知的財産戦略の変化の実態とその背景、今後の課題を把握するため、2013年10月に、建設業、製造業、情報サービス業の売上高上位の企業10,000社を対象とした「知的財産戦略の新たな潮流と課題に

2013年10月20日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

地球温暖化影響に関するアンケート調査

国民は地球温暖化の影響をどのように捉えているのか地球温暖化影響に関するアンケート調査を実施2013年9月5日 みずほ情報総研株式会社みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:西澤 順一)は、地球温暖化に関する国民の関心度や理解度を把握するため、「地球温暖化影響に関するアンケート調査」を行い、このたびレポートとしてまとめましたのでご案内いたします。 近年、地球温暖化の影響については国内でも数多くの研究が行われている一方で、温暖化の影響に関する国民の関心度や理解度を把握した事例は

2013年10月20日みずほ情報総研フィードバック数:0社会/政治

生活困窮者への就労支援の投資効果について

生活困窮者への就労支援の投資効果について本稿は、『消費者法ニュース』 No.96 (消費者法ニュース発行会議、2013年7月)に掲載されたものを、同編集部の承諾のもと掲載しております。 はじめに 生活保護受給者が過去最多の215万5000人(2013年2月、速報値)となる中で、受給者に対する人々の視線が厳しくなっている。また、生活困窮者に対して、公費を使って支援をすることに抵抗感をもつ国民も少なくない。 しかし、生活困窮者の置かれている状況を放置すれば、生活保護を長期に受給する人々の増加や治安

2013年9月6日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

温暖化についての意識調査です。

地球温暖化影響に関するアンケート調査

地球温暖化影響に関するアンケート調査調査の背景と目的気候変動に関する政府間パネル(IPCC)*1 では、2013年9月から2014年にかけて第5次評価報告書(AR5)を公表予定であり、地球温暖化影響についての最新情報が整理・提供される見込み。地球温暖化対策は社会の大きな変革を必要としており、その推進のためには地球温暖化の影響について国民各層の適切な理解を促し、国の温暖化政策への受容性を高めることが不可欠と考えられる。国民に対して地球温暖化の影響についての効果的な情報提供を行うには、国民の関心度や

2013年8月21日みずほ情報総研フィードバック数:0キャリアとスキル

子どもの憧れの職業である看護師、そしてその労働環境

子どもの憧れの職業である看護師、そしてその労働環境 2013年8月20日 経営・ITコンサルティング部 角本 哉 お盆休みに帰省されたり、旅行に出かけられた方も多いかと思う。日頃の仕事や勉強からひととき離れ、英気を養うことができただろうか。一方、お盆休みもなく、24時間365日、休むことなく動き続ける職場もある。コンビニエンスストアや警察署・消防署などは交替で動き続ける職場の代表例だ。そして、入院患者や急患を受け入れる病院も休みなく動き続ける職場の一つである。本コラムでは、病院で働く看護師の労

2013年6月9日みずほ情報総研フィードバック数:0ライフスタイル

平成24年度老人保健健康増進等事業の事業報告書

平成24年度老人保健健康増進等事業の事業報告書 厚生労働省では高齢者の介護、介護予防、生活支援、老人保健及び健康増進等に関わる先駆的、試行的な事業等に対し、老人保健健康増進等事業として助成を行っています。 当社は、従来から、高齢者の介護・福祉分野における調査研究を積極的に提案・実施してきましたが、平成24年度老人保健健康増進等事業として、喫緊の政策課題となっている介護予防、複合型サービス、施設入所者に対する栄養ケア等の今後のあり方の検討に資する下記の6事業を実施いたしましたので、各事業報告書を

2013年4月2日みずほ情報総研★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

節電についての意識調査です。

節電ムーブメントのその後

節電ムーブメントのその後

2013年4月2日みずほ情報総研フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

日本の省エネルギー政策の最新動向と今後求められる方向性

日本の省エネルギー政策の最新動向と今後求められる方向性

2013年4月2日みずほ情報総研★フィードバック数:7社会/政治

障がい者のネットやモバイルの利用についての調査です。

障がい者のICT利用の現状と課題

障がい者のICT利用の現状と課題

2013年4月2日みずほ情報総研フィードバック数:1ライフスタイル

“働く世代のがん”の現状

“働く世代のがん”の現状

2013年3月28日みずほ情報総研★フィードバック数:2ライフスタイル

企業での観葉植物の設置について聞いています。

「平成24年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果

ホーム事例・実績調査・研究事例の紹介千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成24年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について花と緑の「調整パワー」を知っていますか?千葉大学環境健康フィールド科学センター(自然セラピープロジェクト)による「平成24年度花きに対する正しい知識の検証・普及事業」の調査結果について 2013年3月 当社が国立大学法人千葉大学環境健康フィールド科学センターより受託した「平成24年度花きに対する正しい知識の検証・普及事

2013年3月28日みずほ情報総研フィードバック数:4製造業/エレクトロニクス

節電に対する生活者の行動・意識に関する追跡調査

東電管内の節電行動は後退傾向で、非節電型ライフスタイルに回帰 節電に対する生活者の行動・意識に関する追跡調査を実施2013年3月12日 みずほ情報総研株式会社みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長: 井上 直美)は、生活者の夏の節電行動の実態を把握するため、「節電に対する生活者の行動・意識調査(追跡調査)」を行い、このたびレポートとしてまとめましたのでご案内いたします。 当社では東日本大震災以降、東京電力管内に居住する生活者を対象に、節電に対する意識や行動を継続的に調査してきました

2012年9月6日みずほ情報総研フィードバック数:1キャリアとスキル

情報システム部門における技能継承に関する調査

回答企業の約9割が、技能継承の重要性を認識情報システム部門における技能継承に関する調査を実施2012年9月6日 みずほ情報総研株式会社みずほ情報総研株式会社(本社:東京都千代田区、社長:井上 直美)は、企業の情報システム部門における技能やノウハウの継承状況を把握するため、「情報システム部門の技能継承に関するアンケート調査」を行い、このたび報告書としてまとめましたのでご案内いたします。 近年、団塊世代の引退により、熟練技術者の持つ技能やノウハウが途絶えるという問題が取りざたされています。企業の情報

2010年5月17日みずほ情報総研★フィードバック数:6デジタル家電

みずほ情報総研が3Dテレビに関する調査結果を発表しました。

3Dテレビに関するアンケート

3Dテレビに関するアンケート

2010年4月26日みずほ情報総研★フィードバック数:5デジタル家電

3Dテレビに関するまとまった調査結果が発表されました。

3Dテレビに関するアンケート

「3Dテレビに関するアンケート」調査結果から 3Dテレビに対する購入意向およびその特性と普及要件 調査項目回答者プロフィール3D映画について鑑賞経験・意向、鑑賞作品、鑑賞方式(アクティブシャッター、偏光、波長分光)、鑑賞場所、 評価(全般、立体感、臨場感・没入感、迫力・圧倒感、映像美、演出・字幕など)、 良かった点、悪かった点、3D対応映画館利用意向、鑑賞理由、非鑑賞理由 自宅のテレビについて所有テレビ(サイズ、購入時期、台数)、購入希望テレビ(サイズ、購入時期、重視点)、 視聴ジャンル、有料コ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ