調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > みずほ総合研究所

「みずほ総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2015年6月調査)~製造業の設備投資がいよいよ本格化か

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2015年6月調査)~製造業の設備投資がいよいよ本格化か

2015年7月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2015年7月号

[みずほリサーチ]2015年7月号

2015年6月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

指標が語る米景気の持ち直し~CSI(サプライズ指数)、GDP Nowとベージュブック~

みずほインサイト米 州2015 年 6 月 30 日指標が語る米景気の持ち直し欧米調査部主席研究員CSI(サプライズ指数)、GDP Now とベージュブック03-3591-1219小野亮makoto.ono@mizuho-ri.co.jp○ みずほ総合研究所が作成しているCSI(サプライズ指数)は、この1カ月で大きく改善した。米国の経済指標が相次いで市場予想を超える良好な結果を示すようになったためだ。○ 1~3月期の実質GDP成長率(速報値)を正確に予測して注目を集めた「GDP Now」(アトラ

2015年6月30日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

交渉決裂で高まるGrexitのリスク~ギリシャ支援協議の現状と展望~

交渉決裂で高まるGrexitのリスク~ギリシャ支援協議の現状と展望~

2015年6月29日みずほ総合研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造業についてのレポートです。

製造業の国内回帰シリーズ(1)~円安によって国内回帰は進むか?~

みずほインサイト日本経済2015 年 6 月 29 日製造業の国内回帰シリーズ①みずほ総合研究所調査本部円安によって国内回帰は進むか?経済調査部03-3591-1298○ 2015年入り後から国内回帰の事例が増加している。家電や自動車、電子部品などの分野で、国内への生産移管や国産部品の調達増などの動きが出ている○ 生産コストを国際比較すると、人件費は依然新興国との間に大きな開きがある。一方、中間投入コストまで含めると、新興国とのコスト差は円安によってある程度縮小した模様である○ ただし、立地拠点

2015年6月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

株価下落が中国経済に与える影響~個人消費の冷え込みと不良債権の拡大加速に注意~

株価下落が中国経済に与える影響~個人消費の冷え込みと不良債権の拡大加速に注意~

2015年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

TPA決着後の米国政治~民主党のティー・パーティー化とクリントンの限界~

TPA決着後の米国政治~民主党のティー・パーティー化とクリントンの限界~

2015年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国のインフラ投資は加速するか~資金不足問題への対応が進むも、残る先行き不安~

中国のインフラ投資は加速するか~資金不足問題への対応が進むも、残る先行き不安~

2015年6月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

増税後の消費停滞要因を探る~見逃せない高所得者層での購買意欲の変化~

みずほインサイト日本経済2015 年 6 月 26 日増税後の消費停滞要因を探る経済調査部エコノミスト見逃せない高所得者層での購買意欲の変化03-3591-1435松浦大将hiromasa.matsuura@mizuho-ri.co.jp○ 2014年度の個人消費は統計を遡ることができる1956年度以降で最大の減少。消費増税に伴う反動減からの持ち直しは緩慢○ 個人消費の停滞には、実質所得の減少に加え、高所得者層を中心とした消費性向の低下も影響。高所得者層では、特に耐久財の購買意欲の悪化が消費性向

2015年6月24日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

プレミアム付商品券の経済効果~商品券等発行による消費押し上げ効果は640億円~

プレミアム付商品券の経済効果~商品券等発行による消費押し上げ効果は640億円~

2015年6月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年6月号

[みずほ米国経済情報]2015年6月号

2015年6月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

住宅市場の動向と見通し~2015年度は回復、2016年度は再び駆け込みへ~

住宅市場の動向と見通し~2015年度は回復、2016年度は再び駆け込みへ~

2015年6月23日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ギリシャ問題の本質的解決は無理、欧州への政治不満連鎖

ギリシャ問題の本質的解決は無理、欧州への政治不満連鎖

2015年6月22日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目

海外投資家は成長戦略よりコーポレートガバナンスに注目

2015年6月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

消費改善の3要因、実質賃金、実質年金改定率、株高

消費改善の3要因、実質賃金、実質年金改定率、株高

2015年6月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

原油安・米利上げとメキシコ経済~逆風受けつつも製造業主導の成長が続く~

原油安・米利上げとメキシコ経済~逆風受けつつも製造業主導の成長が続く~

2015年6月19日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

MERS問題で窮地に陥る韓国朴政権~レイムダック化が加速し景気停滞が長引くおそれ~

MERS問題で窮地に陥る韓国朴政権~レイムダック化が加速し景気停滞が長引くおそれ~

2015年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2015年6月調査)予測

[日銀短観予測・解説]日銀短観(2015年6月調査)予測

2015年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アジアは回復期待ながら、中国株や米国利上げの不安も

アジアは回復期待ながら、中国株や米国利上げの不安も

2015年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

2倍議決権を義務づけたフランス~株主議決権拡大の裏側にある政府の思惑~

2倍議決権を義務づけたフランス~株主議決権拡大の裏側にある政府の思惑~

2015年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

PB黒字化未達でも国債暴落はないが良い金利上昇はある

リサーチ TODAY2015 年 6 月 18 日PB 黒字化未達でも国債暴落はないが良い金利上昇はある常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表は日本国債のCDSプレミアムの推移を示したものである。その水準は2009年頃までは欧米と同等の水準にあったものの、2011年3月の東日本大震災以降は、欧米より高めとなっている。このところ日本のCDSプレミアムに若干上昇の気配はあるが、基本的には落ち着いた水準にある。昨年末に、消費税率引上げが2017年4月まで先送りされたので、財政規律への不安

2015年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

特色が分かれるメコン圏直接投資~投資拡大のカギを握るタイプラスワンの成否~

特色が分かれるメコン圏直接投資~投資拡大のカギを握るタイプラスワンの成否~

2015年6月18日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

ギリシャ危機の波及はあるのか?~警戒すべき政治面での波及リスク~

ギリシャ危機の波及はあるのか?~警戒すべき政治面での波及リスク~

2015年6月15日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

人口減少と地域金融機関の収益低下にどう対処するか

人口減少と地域金融機関の収益低下にどう対処するか

2015年6月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

欧州債務危機の後遺症はGrexitと欧州各地の政治不安

欧州債務危機の後遺症はGrexitと欧州各地の政治不安

2015年6月11日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国6月回復、「テイパー・タントラム」再来でドル高か

リサーチ TODAY2015 年 6 月 10 日米国6月回復、「テイパー・タントラム」再来でドル高か常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創下記の図表はみずほ総合研究所が独自に作成・公表しているCSI(Cumulative Surprise Index)である。5月の米国経済の定期リポート1で、1~3月期は景気の踊り場だが、4~6月期は持ち直しと展望した。振り返れば、1~3月期、世界経済のけん引役の役割を担うはずの米国経済に変調がみられ、米国の経済指標は相次いで期待外れの結果に終わっていた。

2015年6月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資海外

調整局面を脱する中国不動産市場~ただし回復のペースは緩慢となる見込み~

システムメンテナンスのため、下記の通り、ウェブサービスを一時停止しております。ご利用の皆さまにはご迷惑をおかけしますが、今しばらくお待ち下さい。<停止期間>5月2日(火)20:00 ~ 5月3日(水)12:00(予定)

2015年6月9日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

TPAは党派対立で僅差の争いに~尾を引きかねない民主党の保護主義化~

みずほインサイト米 州2015 年 6 月 9 日TPAは党派対立で僅差の争いに欧米調査部長尾を引きかねない民主党の保護主義化03-3591-1307安井明彦akihiko.yasui@mizuho-ri.co.jp○ 米議会で、TPA(貿易促進権限)法案の審議が大詰めを迎えている。下院での採決は、僅差が予想されている○ 僅差が予想される背景には、党派間で通商問題を巡る対立が鮮明化しているという事情がある。米国では、民主党の保護主義化が進んでおり、通商関連法案の成立が難しくなっている○ 米国の世

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

現実を踏まえた財政健全化計画を~PB黒字化に向けた社会保障制度改革の効果~

現実を踏まえた財政健全化計画を~PB黒字化に向けた社会保障制度改革の効果~

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

残存季節性で歪む米国の成長率~1~3月期はマイナス成長ではなかった可能性も~

残存季節性で歪む米国の成長率~1~3月期はマイナス成長ではなかった可能性も~

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[内外経済見通し]2015・16年度 内外経済見通し~米国を下方修正するも、4~6月期以降回復の見方は不変~(2015年1~3月期GDP2次速報後改訂)

2015年1-3月期GDP2次速報後改 訂2015・16年度 内外経済見通し~ 米国を下方修正するも、4~6月期以降回復の見方は不変 ~2015.6.8Copyright Mizuho Research Institute Ltd. All Rights Reserved.日本経済 ~ 「トリプルメリット」の追い風の下、徐々に景気回復の勢いが強まる見通し○ 2015年1~3月期は2四半期連続のプラス成長。個人消費や輸出が回復基調を維持し、設備投資も持ち直し。2014年度通年では、年度前半の落ち込

2015年6月8日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期2次QE概要

Q E 解 説2015 年 6 月 8 日2015 年 1~3 月期 2 次QE概要経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1~3月期の実質GDP(2次速報)は前期比+1.0%(年率+3.9%)に上方修正(1次速報前期比+0.6%、年率+2.4%)。設備投資と在庫投資の上方修正が主因○ 設備投資と在庫投資が上方修正されたことで、民間需要の寄与度が上振れ(+0.8%Pt⇒+1.2%Pt)。公的需要は小幅に

2015年6月4日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国は金融・財政政策を総動員するほど危機意識があるか

中国は金融・財政政策を総動員するほど危機意識があるか

2015年6月3日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

原油安はもう終わったのか

リサーチ TODAY2015 年 6 月 3 日原油安はもう終わったのか常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創ECBの量的緩和やギリシャの資金繰り問題を背景に、1ユーロ=1.10ドルを割るドル高ユーロ安となっていたユーロ/ドル相場が、4月下旬以降はユーロ高方向に振れる展開となった。それまでの急速な債券高に対する巻き戻しによって、ドイツの長期金利が急上昇したことでユーロ高圧力が高まったためである。こうした一連の動きの背景には、下記の図表に示されるように、折からの原油相場の反発によってインフレ期

2015年6月2日みずほ総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

経済レポートです。

「○○年振り」10事例が示す歴史的転換の兆し

リサーチ TODAY2015 年 6 月 2 日「○○年振り」10事例が示す歴史的転換の兆し常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創日経平均株価が本年6月1日で、12日続伸となった。これは、1988年2月の13日続伸以来、27年振りのことである。「5月に売れ」のアノマリーに今年は当てはまらなかった。単に偶然との見方もあるが、過去にこれだけ続伸が続いた期間は相応の大相場時期であったことから、今回も戦後の歴史のなかで重要な転換期となる可能性をもつ。■図表:日経平均株価の続伸記録日数141312開始

2015年6月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[みずほリサーチ]2015年6月号

[みずほリサーチ]2015年6月号

2015年6月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

LED戦略、ポートフォリオリバランスはまず外人、漸く日本に

LED戦略、ポートフォリオリバランスはまず外人、漸く日本に

2015年6月1日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

[QE予測・解説]2015年1~3月期2次QE予測

Q E 予 測2015 年 6 月 1 日2015 年 1~3 月期 2 次QE予測経済調査部主任エコノミスト徳田秀信03-3591-1298hidenobu.tokuda@mizuho-ri.co.jp○ 2015年1~3月期の実質GDP成長率は前期比+0.9%(年率+3.7%Pt)と、1次速報の前期比+0.6%(年率+2.4%)から上方修正される見通し○在庫投資が下方修正される一方、設備投資が大幅に上方修正されると予測。設備投資が大幅な増加(前期比+3.8%)となることで、企業の投資意欲の回

2015年5月29日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ロシアの長い冬、ロシア経済の悪化は続く

ロシアの長い冬、ロシア経済の悪化は続く

2015年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0ビジネス

15年みずほアジアビジネスアンケート、アジアの賃上げに懸念

リサーチ TODAY2015 年 5 月 28 日15年みずほアジアビジネスアンケート、アジアの賃上げに懸念常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は2015年2月にアジアビジネスアンケートを実施した1。下記の図表はその結果の一つである「今後最も力を入れていく予定の地域」を時系列でみたものである。1999年の第一回調査から中国が一貫してトップを続けていたが、2012年に初の首位陥落となり、代わってASEANがトップに躍り出たが、今回はASEANの比率も頭打ちになった。これは、A

2015年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経常黒字国の通貨安、赤字国の通貨高、どこかおかしい世界

リサーチ TODAY2015 年 5 月 27 日経常黒字国の通貨安、赤字国の通貨高、どこかおかしい世界常務執行役員 チーフエコノミスト 高田 創みずほ総合研究所は『内外経済見通し』を発表した1。そのなかで、グローバルな金融・財政政策の枠組みに注目した。2007年のサブプライム問題・2008年のリーマンショックにより世界が同時にバランスシート調整に入って以降、日米欧は当初、金融・財政政策共に緩和政策をとった。しかし、欧州債務危機を経て、先進各国は金融緩和・財政緊縮の流れに大きく舵を切った。このよ

2015年5月28日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

[みずほ米国経済情報]2015年5月号

[みずほ米国経済情報]2015年5月号

2015年5月26日みずほ総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外客が変える日本のビジネスモデル、第三の開国だ

訪日外客が変える日本のビジネスモデル、第三の開国だ

2015年5月25日みずほ総合研究所★★★フィードバック数:0ビジネス

アジアでのビジネスについての企業調査です。

アジアの人件費高・景気減速を懸念する日本企業~2015年2月アジアビジネスアンケート調査結果~

アジアの人件費高・景気減速を懸念する日本企業~2015年2月アジアビジネスアンケート調査結果~

2015年5月25日みずほ総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ブラジルはレアル安でも耐性はある

ブラジルはレアル安でも耐性はある

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ