「もしも」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月23日もしもフィードバック数:0キャリアとスキル

「新社会人の働き方」について調査

副業を当たり前と考える”副業ネイティブ世代” 今年の新社会人、2人に1人がネット副業経験有り2017年03月15日 株式会社もしも インターネットで収益をあげる働き方の調査機関「フリーキャリア総研」を運営する株式会社もしもは、インターネットで収益をあげる働き方“フリーキャリア”に関する調査の第8回目として、「新社会人の働き方」について調査を実施しました。調査結果の詳細は下記の通りです。●調査方法:インターネット調査(調査機関依頼) ●調査期間:2017年2月10日(金)~2月17日(金) ●有効

2016年10月25日もしも★フィードバック数:0マーケティング

「ネット副業サービスの認知度&利用意向」に関する調査

“ネット副業” 平成生まれの2人に1人が利用意向示す ~企業の兼業解禁に向けて。ネット副業サービスの認知度&利用意向を1058人に調査~2016年10月19日 株式会社もしも インターネットで収益をあげる働き方の調査機関「フリーキャリア総研」を運営する株式会社もしも(本社:東京都新宿区、代表取締役:実藤裕史)は、インターネットで収益をあげる働き方“フリーキャリア”に関する調査の第7回目として、「ネット副業サービスの認知度&利用意向」に関する調査を実施しました。調査結果の詳細は下記の通りです。●調

2016年5月20日もしも★フィードバック数:0キャリアとスキル

副業促進の動きに73%が「賛成」と回答!

フリーキャリア総研 menu副業促進の動きに73%が「賛成」と回答!昨今、副業を容認する企業が増えており「副業促進」の活動が高まっています。世論ではどのような意見があるのか調査を実施しました。2016年5月に政府が閣議決定する「ニッポン1億総活躍プラン」に、同一労働・同一賃金についても盛り込まれる方針で社会全体として副業をしやすくなる動きが見受けられます。これまでの終身雇用が崩壊しつつある現状に対して、世論の様々な声を伺うことができました。全体の7割以上が副業促進の動きについて「賛成」と回答 「

2016年3月18日もしも★★フィードバック数:0キャリアとスキル

新社会人の働き方意識調査

フリーキャリア総研 menu2016年度の新社会人の4人に1人が「会社員+外部活動」を希望!2016年4月から働き始める新社会人を対象に、働き方意識について調査を実施しました。ゆとり世代である彼らがプライベートを重視している理由が見えてきました。 幼少期からインターネットに触れ、不景気の中育った今年の新社会人。プライベート重視でマイペースと言われる彼らが考える働き方とは一体どのようなものなのか。2016年度新社会人が考える10年後の働き方を深堀したところ時間への意識が高いことが見えてきました。

2015年10月28日もしも★フィードバック数:0社会/政治

マイナンバー導入で副業が発覚? フリーキャリア活動を副業で行っている人向け資料

フリーキャリア総研 menuマイナンバー導入で副業が発覚? フリーキャリア活動を副業で行っている人向け資料マイナンバー制度について理解している人は46%。残り半数以上は「理解できていない」との結果が。フリーキャリア活動を行っている人向けにマイナンバー制度に関する疑問を資料にまとめました。2015年10月にマイナンバーの通知が始まりました。今回は「マイナンバー制度の導入で副業が会社に発覚する?」を軸にフリーキャリア活動を副業で行っている人を対象にした資料をまとめました。確定申告や住民税の流れ、さら

2015年8月28日もしも★フィードバック数:0大型消費/投資

”出産後の働き方に備えあり”と女性の3割が回答

フリーキャリア総研 menu”出産後の働き方に備えあり”と女性の3割が回答女性の働き方が注目される中、特に出産後の働き方について様々な意見が交わされています。出産前・結婚前から、出産後の働き方の備えをしている女性がいることが見えてきました。1年の中で最も出生数が多いのは8月。これは厚生労働省の人口動態調査で発表されている過去4年の統計に基づき算出した結果です。女性はキャリアプランとライフプランの2つを持ち合わせていく上で出産は人生の岐路の1つとも言えるでしょう。そこで今回は出産未経験女性たちは、

2015年8月16日もしも★フィードバック数:0キャリアとスキル

今年はネット元年から20年目!ネットで働く860万人

フリーキャリア総研 menu今年はネット元年から20年目!ネットで働く860万人フリーキャリアと呼ばれる、ネットを使って収益をあげる働き方の詳細について調査を実施しました。ネット元年と呼ばれた1995年から20年。インターネットの使われ方に大きな変化が起こっています。雑誌Ambitisous協力のもと、フリーキャリアに関する情報をインフォグラフィックにまとめた【ネットで働く新時代、知ってる? 860万人のフリーキャリア】を公開しました。2人に1人は働き方を変えたいと考える時代。増税による副業需要

2015年5月21日もしもフィードバック数:0キャリアとスキル

5人のうち1人が働き方を変えるために”ネット副業”をしたいと考える

フリーキャリア総研 menu2人のうち1人が働き方を変えるために”ネット副業”をしたいと考える働き方について「企業」の調査は良く実施されているため、今回フリーキャリア総研は「個人」に特化をし調査しました。社会のトレンドが働き方にも変化をもたらしていることが見えてきました。「働き方改革」が大きく動き出している現在の日本。自治体・企業での働き方の見直しが加速しています。さらに政府は国家公務員を対象に来年4月よりフレックスタイム制の導入を発表し、ますます「働き方」について活気づいています。今回は“個人

2015年4月14日もしもフィードバック数:0大型消費/投資

パートナーに求める家事力と稼ぎ力

フリーキャリア総研:家事力と稼ぎ力のバランスをとるには「収入の増加」が1位!2位以下は?2015年04月14日 株式会社もしも 国内最大級のドロップシッピングサービスとアフィリエイトサービスを運営する株式会社もしも(代表取締役:実藤裕史。以下、もしも)は、フリーキャリアの人たちの実態調査を行う調査期間「フリーキャリア総研」を2015年4月14日に公開しました。第1回目は「パートナーに求める家事力と稼ぎ力」について調査を行い、これからの働き方について探りました。詳細な調査結果は下記の通りです。●調

2014年10月1日もしもフィードバック数:0ライフスタイル

急成長ハロウィンコスプレ市場!衣装はスマホ購入が半数以上

急成長ハロウィンコスプレ市場!衣装はスマホ購入が半数以上2014年10月01日 株式会社もしも ~株式会社もしも、コスプレ関連商品取扱い7,000点突破~国内最大級のドロップシッピングサービスを運営する株式会社もしも(代表:実藤裕史。以下もしも)は、ドロップシッピングシステムを活用したネット通販事業において、コスプレ関連商品の取り扱いが7,000点を突破したことを本日発表します。これに伴いハロウィンコスプレの売上データを調査したところ2013年度の売上が前年比148%超えを記録し、今年度はさら

2014年9月10日もしもフィードバック数:0キャリアとスキル

フリーキャリアに関するアンケート調査

6人に1人が会社に内緒で副業している!フリーキャリア志向が増加2014年09月09日 株式会社もしも 国内最大級のドロップシッピングサービスを運営する株式会社もしも(代表:実藤裕史。以下もしも)は、10代~80代の男女を対象に「フリーキャリアに関するアンケート調査」を実施致しました。調査結果では、会社での副業が禁止にも関わらず6人に1人が内緒で副業をしている人がいることが解りました。本業の稼ぎが不十分と感じている人が多く、会社に在籍をしながらも、会社以外の仕事を持つ“フリーキャリア”志向の人が増

2014年7月31日もしもフィードバック数:0マーケティング

「ネットショップ運営」に関する実態調査

ネットショップの売上増加施策1位「商品数拡大」、2位「サイト改善」2014年07月31日 株式会社もしも 株式会社もしも(代表:実藤裕史。以下もしも)は、ドロップシッピングサービス『TopSeller』有料化3ヶ月で420店舗を突破したことを機に、インターネット通販を行っている法人・個人事業主を対象に「ネットショップ運営」に関する実態調査を実施しました。調査結果では、ネットショップ運営者にとって売上を伸ばす大きな施策は「商品数拡大」でありながら、「商品掲載・更新」の作業に手間がかかっているという

2013年8月7日もしもフィードバック数:0マーケティング

“ドロップシッピングで自転車2個売れば海外で暮らせる!?“インフォグラフィック

会社概要運営会社についてニュースリリース採用情報その他サービスTopSellerもしもアフィリエイトアフィリエイトチャレンジ

2013年6月18日もしもフィードバック数:2マーケティング

アフィリエイト市場規模の成長に関する予測

アフィリエイターは2016年延べ500万人超えに〜さらに成長し続けるアフィリエイト市場をサポート〜アフィリエイターのための通信教育サービス「アフィリエイトチャレンジ」を提供する株式会社もしも(本社:東京都渋谷区、代表取締役:実藤裕史。以下、もしも)は、アフィリエイト市場規模の成長に関する予測を公開しました。1ヶ月で2万人増え続け、アフィリエイト市場はさらに活性化現在アフィリエイター人口は延べ387万人以上と推測しています。独自の推測調査の結果、今後は毎月2万人ずつアフィリエイターが増え続け、20

2012年10月26日もしもフィードバック数:6キャリアとスキル

自分で収入を作る副業意識の調査

このページの内容はアフィチャレコミュニティに登録されているプロフィール情報をデータ元としていますアフィリエイトチャレンジを受講しているが、アフィチャレコミュニティに参加していない、プロフィール情報が入力されていない人の分は反映されていませんこのページの内容は2012年9月30日に調査したデータです アフィチャレコミュニティでは情報商材(塾やスクール含む)の販売、紹介を禁止しています。

2012年6月5日もしも★フィードバック数:49マーケティング

日本のアフィリエイトの実態と歴史をまとめています。

日本のアフィリエイト業界のすべて インフォグラフィックス

「【個人がネットで収益をあげる】日本のアフィリエイト業界のすべて」インフォグラフィックはアフィリエイトの業界団体、ASP、矢野経済研究所、信頼できる情報サイトによってWEB上に公開されている情報を基に作成されています。ただし、根拠データを見つけられなかった部分は当インフォグラフィック作成のアフィリエイトチャレンジの経験則に基づき、以下の仮定にて試算しています1アフィリエイターあたり平均2サイトを作成していると仮定1アフィリエイターあたり平均2ASPに登録していると仮定1広告主あたり平均1.5AS

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ