調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > ゆうちょ財団

「ゆうちょ財団」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年5月31日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年5月号

2015年5月号ファンダメンタル・アナリシス ……………………………………………………… 1  回復の持続が見込まれる日本の輸出      野村證券株式会社 金融経済研究所 チーフエコノミスト 木下 智夫マーケット・アウトルック(1) …………………………………………………… 7「出口政策」への警戒感から波乱を強いられる長期金利動向三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社       チーフ債券ストラテジスト 石井  純マーケット・アウトルック(2) ……………………………………………………

2015年4月1日ゆうちょ財団フィードバック数:0社会/政治

ゆうちょ資産研レポート 2015年3月号

2015年3月号ファンダメンタル・アナリシス(1) ……………………………………………… 1日本経済見通し-2014年度の回顧と2015年度の展望      SMBC日興証券株式会社 金融経済調査部      シニア債券エコノミスト 嶋津 洋樹ファンダメンタル・アナリシス(2) ……………………………………………… 72015年経済見通し:景気は底打ちしたが、「停滞」に近い状況が続く大和証券株式会社 チーフエコノミスト 永井 靖敏マーケット・アウトルック ……………………………………………………

2015年3月13日ゆうちょ財団★★★フィードバック数:0大型消費/投資

ゆうちょ財団の調査です。

第2回 くらしと生活設計に関する調査

「第2回 くらしと生活設計に関する調査」結果の概要ゆうちょ財団では、個人の生活設計や暮らしむきに関する考え方を調査することにより、個人金融に関する調査・研究に役立てることを目的として、平成26年8〜9月に「第2回 くらしと生活設計に関する調査」を実施しました。 調査研究

2014年10月5日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

「ゆうちょ銀行 VS 民間預金取扱金融機関」の店舗展開の決定要因:全国市区町村データを用いた実証研究

「ゆうちょ銀行 VS 民間預金取扱金融機関」の店舗展開の決定要因:全国市区町村データを用いた実証研究

2014年10月5日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

複雑な金融商品の評価に伴う外部専門家の利用に関する国際比較研究

複雑な金融商品の評価に伴う外部専門家の利用に関する国際比較研究調査研究レジュメ岡本紀明(流通経済大学)金融工学の発展により、デリバティブや証券化商品が金融市場に登場して以降、金融商品は複雑化の一途を辿ってきた。その中には、例えばクオンツ・アナリストのような限られた専門家しか価値を評価できない金融商品も含まれ、近年の金融危機の要因の一端として問題視されたもの(例えばクレジット・デフォルト・スワップなど)もある。本研究は、主としてこのような複雑な金融商品の評価実務に焦点を当てるとともに、その複雑化及

2014年10月5日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資海外

ニュージーランドの住宅取引及び住宅金融に関する調査分析

ニュージーランドの住宅取引及び住宅金融に関する調査分析

2014年10月5日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

最適貯蓄計画の数値解析手法の開発と経済実験による検証

最適貯蓄計画の数値解析手法の開発と経済実験による検証

2014年10月5日ゆうちょ財団フィードバック数:0ビジネス

銀行救済における公的資金の最適資金配分問題とその経済効果

銀行救済における公的資金の最適資金配分問題とその経済効果

2014年4月20日ゆうちょ財団★★★フィードバック数:0大型消費/投資

生活と貯蓄、資産についての調査です。

家計と貯蓄に関する調査

「第1回 家計と貯蓄に関する調査」結果の概要ゆうちょ財団では、家計の貯蓄の実態や生活に関する考え方を調査することにより、家計の金融に関する調査・研究に役立てることを目的として、平成25年11月〜12月に「家計と貯蓄に関する調査」を実施しました。 調査研究

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

リテールバンキングの変容と金融機関行動の研究 -日米英の住宅金融を中心に-

リテール・バンキングの変容と金融機関行動の研究―日英米の住宅金融を中心に―和歌山大学簗田優要旨近年、金融機関にとってリテール・バンキングの重要性は極めて高いものとなっている。なかでも、リテール層向けとしては貸付額が大きい住宅金融(住宅ローン)にはとくに高い関心が集まっている。ところが、リテール・バンキングを取り巻く環境には近年変化が生じている。大きくは2点あり、ひとつは借手側の変化で、リテール層における不安定性が拡大していることである。すなわち、とくに個人における格差の拡大や雇用形態の不安定化(

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

世界金融危機下の日中米株式市場の比較分析

世界金融危機下の日中米株式市場の比較分析張艶(福岡女子大学)劉振涛(厦門大学)本論文では、世界金融危機が日本・中国・アメリカの株式市場に与えた影響に注目しながら、日中米の株価ボラティリティと連動性について分析するとともに、各国のマクロ経済変数(実体経済変数と金融政策変数)と株価ボラティリティの関係について分析した。EGARCH モデルの推定結果から、中国の株価変動は日本とアメリカに比べはるかに激しいが、2007 年の世界金融危機から受けた影響は、両国に比べ比較的小さかったことが分かった。また、中

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

長期不況下における郵便貯金の資金的役割 -定期貯金満期資金をめぐって-

長期不況下における郵便貯金の資金的役割――定額貯金満期資金をめぐって――伊藤真利子(青山学院大学)【要旨】本稿の課題は、経済史的アプローチにより、1990 年代、長期不況下における郵便貯金の動向とその運用のあり方を、郵政民営化に至る民間金融機関と郵便貯金との競合、あるいは証券市場の動向なども踏まえ、この時期の郵便貯金の持つ問題点と特質を明らかにすることである。90 年代の郵便貯金は、前半におけるバブル崩壊にともなう証券市場の惨落と長期不況、後半における戦後初めての本格的金融危機や銀行破綻、事実上

2013年9月20日ゆうちょ財団フィードバック数:0大型消費/投資

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析

家計調査資料を用いた日韓貯蓄行動に関する比較分析∗横浜市立大学国際総合科学部教授鞠 重鎬(クック ジュンホ)要旨総務省統計局の『家計調査年報』と韓国統計庁の『家計動向調査』資料に基づき、日韓両国の貯蓄行動に関する比較分析を行う。日本のマクロ家計貯蓄率は石油危機直後の 1974年には 23.2%にも達していたが、2012 年には 1.9%にまで落ちた。マクロ貯蓄率の下落とともに、経済成長率も下落してきたし、ミクロの家計貯蓄率も低下してきた。本稿では、両国の階層別の所得分布について議論した後、実態

2013年6月23日ゆうちょ財団★フィードバック数:1大型消費/投資

お金についてのまとまった調査です。

くらしと生活設計に関する調査

「第1回 くらしと生活設計に関する調査」結果の概要ゆうちょ財団では、個人の生活設計や暮らしむきに関する考え方を調査することにより、個人金融に関する調査・研究に役立てることを目的として、平成25年3月に「第1回 くらしと生活設計に関する調査」を実施しました。 調査研究

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ