「アイシェア」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2013年11月21日アイシェア★フィードバック数:0モバイル

経営層を対象とした調査です。

現代企業のスマートデバイスの業務活用実情調査

[株式会社アイシェア] ,セキュリティ コスト 経営者 MDM リテラシー クラウド スマートデバイス スマートフォン 成長企業 WEB電話帳

2013年8月1日アイシェアフィードバック数:3ビジネス

業務環境に関する意識調査

[株式会社アイシェア] ,ストレス モチベーション パワハラ 離職率 携帯自腹 業務環境 間接的パワハラ 経費自腹 接待代自腹

2012年3月30日アイシェアフィードバック数:6ライフスタイル

親バカ・イクメンに関する意識調査

イクメンの親バカ行動1位は ~「子どもの写真を携帯の待受画面にしている」 親バカ・イクメンに関する意識調査現在では一般的に浸透してきている“イクメン”という言葉。“育児を積極的に行う男性(メンズ)”や“子育てを楽しみ自分自身も成長する男性”を指すものだ。育児・介護休業法の改正で男性の育児休業取得が以前より容易になったことで、育児関与を希望する男性が増えているという。このような背景から厚生労働省の雇用均等・児童家庭局でも、制度の見直しと男性の積極的な育児関与へ向けた一大ムーブメント実現を目的とした

2012年2月15日アイシェアフィードバック数:5ライフスタイル

鼻づまりに関する意識調査

鼻づまりは大損?「クチがポカン」で魅力50%以上ダウン 鼻づまりに関する意識調査今年もまもなく花粉飛散のピークがやってくる。花粉症で毎年鼻づまりとの戦いに苦慮している人も少なくないのではないだろうか。そこで、鼻づまりが仕事の効率や見た目の印象にどのように関与しているのか、株式会社アイシェアが調査を実施。20代から40代の有職者である男女1086名から回答を得た。|| 鼻づまりは仕事の敵?半数以上が「パフォーマンス70%未満」に回答者に1年のうち鼻づまりを感じる期間がどのくらいあるか尋ねたところ、

2012年2月14日アイシェアフィードバック数:8社会/政治

平日の家族コミュニケーションに関する意識調査

平日の子どもとのコミュニケーション「不充分」63.5% ~心配ごと1位は「成長過程を見逃してしまう」 平日の家族コミュニケーションに関する意識調査平日における、配偶者や子どもとのコミュニケーションについて『不充分』と感じている人が多いようだ。この結果は、株式会社ロジクール(東京都港区、代表取締役社長:竹田芳浩)と株式会社アイシェア(東京都渋谷区、代表取締役社長:井桁祐樹)が、ワイドスクリーンHD(high definition)1080p画質のWebカメラ「ロジクール HD プロ ウェブカム c

2012年2月7日アイシェアフィードバック数:4大型消費/投資

長期休暇時の家族コミュニケーションに関する意識調査

長期休暇の帰省は「しんどい」 ~ビデオ通話が解決の鍵!? 長期休暇時の家族コミュニケーションに関する意識調査長期休暇の帰省を“しんどい”と感じている人が多いようだ。お盆や正月の帰省は日本人の昔ながらの習慣だが、家庭でのインターネット利用の定着により電話やメールだけでなく、Webカメラを使ったビデオ通話など、離れていても簡単にコミュニケーションを取れる手段が豊富な時代となった。このような中、長期休暇時における家族とのコミュニケーションはどのように行われているか、その実態を調査した。この調査は株式会

2011年12月28日アイシェア★フィードバック数:4デジタル家電

携帯型ゲームについての調査結果です。

携帯ゲーム機に関する意識調査

携帯ゲーム機に関する意識調査2011年の年の瀬に合わせ、新端末や人気ソフトの新タイトルが続々と登場している携帯ゲーム機。楽しむには絶好の機会である年末年始を控えた今、最も注目されているのはどの端末なのか株式会社アイシェアが調査を実施。20代から40代の男女714名から回答を得た(携帯ゲーム機所有・ガジェットに興味のある人が対象)。スマートフォン・タブレット端末を含め、回答者が所有している携帯ゲーム機の上位は「ニンテンドーDS(83.5%)」「PSP(48.9%)」「ニンテンドーDS Lite(3

2011年12月15日アイシェア★フィードバック数:3デジタル家電

レコーダーについての調査です。

2011年テレビレコーダー事情に関する意識調査

テレビレコーダー・録画の不満1位は「一度に録画できる番組数が少ない」 ~録画忘れ・見逃しなし!「全録」が主流の時代に? 2011年テレビレコーダー事情に関する意識調査2011年7月24日のアナログ放送終了(一部地域を除く)に伴い、急速に買い替えが進んだ地上デジタル放送対応テレビとレコーダー。テレビ視聴の大きな転機を迎えている今、テレビ視聴状況やレコーダーの利用状況はどのようになっているのか、またそれらに対する不満や理想はあるのか、株式会社アイシェアが調査を実施。回答者は20代から60代の男女83

2011年11月30日アイシェアフィードバック数:2ライフスタイル

自宅用飲料水の対策に関する意識調査

「美味しい水」より「安全な水」派が8割に! ~自宅用飲料水に対する意識と対策の実態調査結果~ 自宅用飲料水の対策に関する意識調査水の安全性に対する意識が急速に高まっている中、“安全な水”を確保するために様々な対策を行う家庭が増えている。市販のミネラルウォーター購入から、家庭用ウォーターサーバーや浄水器の設置、スーパーなどに設置されているミネラルウォーター給水サービスなど対策はさまざまだ。オフィス需要を中心に拡がってきたウォーターサーバーでは、エリア限定のものも含め事業者が40社を超え、一般家庭に

2011年11月10日アイシェアフィードバック数:7ライフスタイル

現代人のアレルギーに関する意識調査

現代人の3人に1人が「アレルギー保有」 ~「10代」で発症が最多 現代人のアレルギーに関する意識調査11月12日の“皮膚の日”にちなんで、前回はストレスと皮膚病に関する意識調査を発表した。このストレスと同様に、近年アレルギー保有者も増加傾向にあるという。アレルギーに伴う皮膚疾患を抱える人も多いというが実態はどのようになっているのか、今回は現在人のアレルギーにフォーカスを合わせてサノフィ・アベンティス株式会社と株式会社アイシェアが、日本臨床皮膚科医会の協力を得て調査を実施。10代から60代の男女3

2011年11月7日アイシェアフィードバック数:2ライフスタイル

ストレスと皮膚病に関する意識調査

肌に最も悪影響な仕事のストレスは!? ~「将来的な保障に対する不安」4割半がストレスに ストレスと皮膚病に関する意識調査11月12日は“皮膚の日”だということをご存じだろうか。1112を“いいひふ”と読むところから来ており、日本臨床皮膚科医会が1989年に制定したものだ。毎年この日の前後には、日本全国で一般に向けた講演会や皮膚検診、相談会が多数開催されている。体の一部として誰もが日々付き合っている皮膚だが、外的要因はもちろん、食生活やストレスにより状態が変化するという。そこで“皮膚の日”を前に、

2011年10月27日アイシェアフィードバック数:5モバイル

スマートフォン利用者の通話に関する意識調査

プライベートの電話欲求「21時台」が最高に―課題は電話料金 スマートフォン利用者の通話に関する意識調査キャリア各社の冬モデルが発表され、SoftBankとKDDIの両社による“iPhone 4S”の発売が話題になるなど、勢いを増すスマートフォン市場。人気のスマートフォンも元々は通話がメイン機能である“携帯電話”だが、ユーザー達のプライベートでの通話実態はどのようになっているのだろうか。20代から30代のスマートフォンユーザーを対象に調査を実施した。回答者は1,209名。回答者の属性は「既婚」が5

2011年9月8日アイシェア★フィードバック数:79モバイル

スマートフォンのユーザー特性についての比較です。

グロスマ・ガラスマのユーザー特性に関する意識調査

グロスマVSガラスマ!ユーザー満足度は「グロスマ」が圧倒的勝利 ~満足度「80点以上」、グロスマ64.4%、ガラスマ36.7%と27.7ポイントもの差 グロスマ・ガラスマのユーザー特性に関する意識調査メーカー各社が相次いで新機種を発売し、急速に普及しているスマートフォン。最近では「グローバルスマートフォン(以降、グロスマ)」と「ガラパゴススマートフォン(以降、ガラスマ)」に端末傾向が2極化されてきている。「グロスマ」は「海外メーカー製で、日本独自の機能が付属していない、ガラスマに比べ反応速度が速

2011年9月7日アイシェアフィードバック数:60ライフスタイル

バストの大きさと外見に関する意識調査

「バストを小さく見せたい」女性の6割! ~バストDカップ以上の女性の本音~ バストの大きさと外見に関する意識調査今年の夏は気候の変化が激しいこともあり、9月に入ってからも気温・湿度が高く、男女を問わず肌の露出が多い日が続いている。夏場のファッションは体型がわかりやすい分“見た目”を気にする女性は多いだろう。そのような女性の思いを汲んだ、バストを“小さく見せるブラ”という商品があることをご存じだろうか。株式会社ワコール(以下、ワコール)が読んで字のごとく、バストの大きな女性のために、バストを小さく

2011年8月5日アイシェア★フィードバック数:6モバイル

商用スマートフォンアプリの利用についての調査結果です。

企業アプリ利用に関する意識調査

「アプリきっかけで商品・サービス利用」企業アプリ利用者の4割半 企業アプリ利用に関する意識調査スマートフォンの普及とともにすっかり定着したアプリの利用。現在ではアプリデベロッパーだけでなく、大手ファストフードチェーンや旅行情報サイト運営企業など、多くの企業がアプリをリリースしている。では、これら企業提供アプリはどのくらい利用されているのだろうか。調査を実施し、男女1,871名の回答を集計した。回答者の属性は、20代から50代で、スマートフォン・タブレット端末を問わず所有端末でのアプリダウンロード

2011年7月19日アイシェア★フィードバック数:4キャリアとスキル

通信教育についてのユーザー調査です。

通信講座での継続勉強に関する意識調査

通信講座「1ヶ月以内に挫折」6割以上 ~10人に1人は「決意のみで終わった」 通信講座での継続勉強に関する意識調査企業のグローバル化に伴い、英語力や専門知識など、より多くの現場で活躍できるスキルとキャリアを若手社員や採用学生に求める企業が増えてきている。このような中、新たなスキル習得の学習方法として、好きな時間に学べる “通信講座”への注目度が近年急速に高まっている。その半面、本業である学校や仕事以外で勉強の時間を確保し、目的を達成することは難しいと考える人も多いだろう。では、実際に通信講座を利

2011年6月28日アイシェア★フィードバック数:20モバイル

女性のスマートフォン選びについての調査結果です。

女性のスマートフォン選定基準に関する意識調査

女性のスマートフォン選択基準に関する意識調査要チェック! 女性スマホ利用者の本音 64.2%が「使用頻度が少ない機能までついている」 一方、アクセサリ購入者の20.8%が金額「5000円超」携帯電話キャリア各社から発表された2011年夏の新機種。なかでもスマートフォンが大々的に取り上げられ、注目を集めている。最近では女性のスマートフォンユーザーも見かけるようになったが、その使い勝手はどうなのだろうか。女性スマートフォンユーザーの経験を軸に、実際の利用や購入に関する調査を実施した。20代から40代

2011年6月24日アイシェアフィードバック数:3社会/政治

乳幼児の飲用水に関する意識調査

震災後、乳幼児家庭の7割が「国産水を備蓄」 乳幼児の飲用水に関する意識調査震災後、乳幼児家庭の7割が「国産水を備蓄」 ~親の7割以上が水道水に不安 乳幼児に与える飲用水を震災後に替えた親は4割以上、乳児用ミルクには軟水が最適との認識、高く東日本大震災をきっかけとした福島原発の事故により、農産物や水道水で放射性物質が検出されるようになった現在、食や飲用水の安全に対する注目度が急激に高まっている。放射性物質は大人より子どもへの影響が大きいとされているが、親は子どもに与える“水”に関してどのように対応

2011年6月23日アイシェアフィードバック数:6社会/政治

震災後の生活スタイル変化に関する意識調査

震災以降「スマート」な価値観が急浸透 ~「食」にもスマートさ、「スマートフード」が求められる兆し~ 震災後の生活スタイル変化に関する意識調査スマートフォン、スマートグリッドなど「スマート」という言葉を近頃よく耳にするようになった。3月11日の東日本大震災をきっかけに日本人の意識は大きく変わり、節電や節約を心がけるなど、言葉だけでなく“無駄なく合理的に”という「スマート」な価値観が急速に広まっているようだ。では震災後、生活の価値観は具体的にどのように変化したのか、20代から40代の男女を対象に調査

2011年6月15日アイシェアフィードバック数:4社会/政治

父の日・現代の夫像に関する意識調査

あなたの夫はイケダン? 妻の4割が自分の夫を「イケてる」と評価 ~ポイントはルックスより行動~ 父の日・現代の夫像に関する意識調査今年の父の日は6月19日ともう間近。父親と言えば一家の大黒柱であり、妻にとっては“夫”という一生をともにするパートナーだが、妻から見た“現代の夫”はどのように映っているのだろうか。被災地域を除く20代から40代の既婚者に調査を実施し、合計1,343名から回答を得た。妻(女性)は夫のことを、夫(男性)は自身のことをどう評価しているか尋ねたところ、現在の夫の収入について「

2011年5月25日アイシェアフィードバック数:4社会/政治

政府の原発関連情報に関する意識調査

政府の原発関連情報「信用できない」7割半 政府の原発関連情報に関する意識調査東日本大震災がきっかけで起きた福島原発の事故。いまだ危険な状況が続いているが、これら原発関連情報に関する政府からの発表タイミングはどのように捉えられているのだろうか。20代から40代のインターネットユーザー(被災地域を除く)を対象に調査を実施。調査日は2011年4月15日。福島原発の事故に関する政府からの情報発表タイミングについてどのように思うか尋ねたところ、「早い」としたのはわずか1.8%。「ちょうどいい」も16.3%

2011年5月16日アイシェアフィードバック数:2社会/政治

東日本大震災の関連情報に関する意識調査

通常放送切り替え後―6割が震災関連情報「十分に得られていない」 東日本大震災の関連情報に関する意識調査東日本大震災発生直後、民放各社は震災関連の特別番組を放送していた。しかし、3月12日のテレビ東京を皮切りに通常放送への切り替えが進み、現在では番組内容の変更はあるものの各社が通常放送に戻っている。通常放送に戻った現在、震災関連情報は十分に得られているのか、インターネットユーザー(被災地域を除く)を対象に調査を実施。20代から40代の男女1,193名の回答を集計した。調査実施日は4月15日。震災発

2011年5月9日アイシェアフィードバック数:1マーケティング

Webサービスの非常時利用に関する意識調査

8割が利用意向!Webサービスでの非常時連絡 Webサービスの非常時利用に関する意識調査東日本大震災発生後、電話回線の混雑から通話規制がかかり、すぐに利用できないという事態が起こった。一方、インターネット電話やボイスチャットなどの“Webサービス”では連絡が取れたというが、利用者はどのくらいいたのだろうか。今後の利用意向についても合わせて調査を実施。回答者は被災地域を除く20代から40代のインターネットユーザー1,193名。調査実施日は4月15日。インターネット回線を利用して、他者と連絡可能なW

2011年5月2日アイシェアフィードバック数:1社会/政治

東日本大震災による経済影響に関する意識調査

震災で仕事へ悪影響―大半が収まる「見通しが立っていない」 東日本大震災による経済影響に関する意識調査東日本大震災から約1カ月半。その爪痕は色濃く、被災地をはじめとした日本全体へ多大な影響を及ぼしている。実際に仕事への経済的な悪影響が出ている人はどのくらいいるのか、インターネットユーザー(被災地域を除く)を対象に調査を実施。パート、アルバイト、自営業を含む有職者761名の回答を集計した。調査期間は2011年4月8日から11日。東日本大震災がきっかけで、以前より売り上げや受注が減るなど仕事での悪影響

2011年4月25日アイシェアフィードバック数:8ビジネス

在宅勤務に関する意識調査

在宅勤務できる環境は“必要”―非在宅勤務者の8割 在宅勤務に関する意識調査関東・東北地方では今なお強い余震が続いている。自宅から職場へ通勤する必要がある人は、今後も余震の影響で交通網が乱れ、再び通勤困難となる可能性は少なくない。そのような事態に備え、自宅のパソコンから職場内のシステムへ接続し、メール受信やソフトウエアが使えるようにしたり、ネットを通じた会議を行えるようにしたりするなど、在宅勤務ができる環境を必要としている人はどのくらいいるだろうか?被災地を除くインターネットユーザーに意識調査を実

2011年4月21日アイシェアフィードバック数:1製造業/エレクトロニクス

計画停電の行方に関する意識調査

計画停電の行方は?―4月末の計画停電打ち切り「賛成」8割半 計画停電の行方に関する意識調査東日本大震災以降、電力供給以上に電力需要が生じることで起きる可能性がある大規模停電を避けることを目的に、関東圏で実施された計画停電。しかし、計画停電の実施を見送っている2011年3月29日以降、ピーク時の最大需要は供給能力を大きく下回って余裕があり、今後も電力のかかる暖房需要は増えないとみられることから、経済産業省と東京電力株式会社は2011年4月末でいったん計画停電を打ち切る方針を固めた。この計画停電の打

2011年4月18日アイシェアフィードバック数:1社会/政治

救命講習に関する意識調査

救命講習で最も知りたいこと1位は「心肺蘇生法」 救命講習に関する意識調査命に関わる事故や災害に遭遇した時、命を救うには救急車が到着するまでの間に、一刻も早い救命措置を取ることが不可欠だ。では、救命方法を学ぶための救命講習を受けておきたいと思う人はどのくらいいるだろうか?被災地を除くインターネットユーザに意識調査を実施し、男女922名の回答を集計した。救命講習を受けられる場所がわかれば、受けてみたいと思うか、過去の受講経験を問わず聞いたところ、「ぜひ受けてみたい(10.2%)」「機会をみて受けてみ

2011年4月14日アイシェアフィードバック数:2社会/政治

復興へのアクションに関する意識調査

復興へのアクションに関する意識調査東日本大震災発生から1カ月。いまだ余震が続いている状態ではあるが、募金活動やチャリティーイベントなど、復興のためのアクションが各所で起こっている。では実際にどのようなアクションを起こした人が多いのか、インターネットユーザー(被災地域を除く)を対象に調査を実施。20代から40代の男女853名の回答を集計した。調査実施日は2011年4月1日。3月11日以降(4月1日までの間)に、東日本大震災からの復興のために募金や献血など何かアクションを起こしたか尋ねたところ、63

2011年4月11日アイシェアフィードバック数:3社会/政治

デジタル募金に関する意識調査

デジタル募金に関する意識調査募金といえば、街頭募金やコンビニやスーパーに設置されている募金箱に現金で募金をするのが一般的だ。しかし、東日本大震災で行われた募金活動では、T-ポイントや楽天ポイントや、マイレージなどポイントを利用して募金する“ポイント募金”や、インターネットで壁紙やゲームのアイテムなどデジタルアイテムを購入して募金する“マッチングギフト募金”といったデジタル募金が注目を集めている。これらを利用して募金したことがある人はどのくらいいるのだろうか?東日本大震災の被災地を除くインターネッ

2011年4月7日アイシェアフィードバック数:4社会/政治

徒歩帰宅に関する意識調査

いざという時の徒歩帰宅訓練「受けたい」5割 徒歩帰宅に関する意識調査東日本大震災の発生時、首都圏では公共交通機関が動かず徒歩帰宅を余儀なくされた帰宅困難者が多数見られた。では、徒歩帰宅となった場合、職場や学校から自宅までの安全に歩いて帰れるルートや支援施設を把握している人はどのくらいいるのだろうか。また、徒歩帰宅訓練を受けてみたいと思う人はどれくらいいるだろうか。インターネットユーザー(被災地域を除く)に意識調査を実施し、男女1,697名の回答を集計した。まず、「有職・学生(非在宅)」の1,02

2011年4月4日アイシェアフィードバック数:2製造業/エレクトロニクス

節電に関する意識調査

計画停電の影響は今―7割半が「節電している」 節電に関する意識調査東日本大震災発生後、原子力発電所や火力発電所の停止による電力不足から行われている計画停電。供給可能な電力が不足していることから節電が呼び掛けられているが、実際の実施状況はどうなのだろうか。20代から40代のネットユーザー(被災地域を除く)を対象に調査を実施し、男女1,697名の回答を得た。このうち、計画停電地域の在住者は25.0%、対象地域外の在住者は75.0%。3月14日の計画停電開始前から節電に気を使って生活していたか尋ねたと

2011年3月28日アイシェアフィードバック数:8マーケティング

ポイントサービス利用に関する意識調査

サービス増加が原因?86.5%が「ポイント疲れ」 ポイントサービス利用に関する意識調査サービス増加が原因?86.5%が「ポイント疲れ」~ネットポイント、サービス利用者の8割が使用ポイントサービスが利用できる場所は実店舗の他、インターネット上にも存在する。また、ポイント付与の条件も、購買、来店、ゲームへの参加と、その数は膨大だ。これだけポイントサービスが乱立していると混乱してしまう人もいるのではないだろうか。ポイントサービスの利用状況について20代から40代の有職者でポイントサービスを利用している

2011年3月25日アイシェアフィードバック数:2社会/政治

備えに関する意識調査

地震後も家族と「万一の時の連絡方法」決めず 備えに関する意識調査地震後も家族と「万一の時の連絡方法」決めず~防災グッズなど「万一の備え」地震前では1割未満東北地方太平洋沖地震の発生から2週間が経った。いまだ余震が続いている状態だが、これらの非常事態について各家庭でどのくらい対策がなされていたのだろうか。現在の対策についても合わせて調査を実施(被災地域を除く)。有効回答者数は男女合計1,733名、調査期間は3月23日から24日。3月10日以前(地震発生以前)に、防災グッズや非常食などの“万一の備え

2011年3月10日アイシェアフィードバック数:2ライフスタイル

スイッチOTC薬に関する意識調査

スイッチOTC薬に関する意識調査望まれる「スイッチOTC薬」の増加~安易な利用や副作用に懸念の声も生活スタイルの変化により、様々な病が見られるようになった現代。近年では、これまで医師の判断でしか処方できなかった医療用医薬品(以下、医療薬)を、一般用医薬品(以下、市販薬)として販売できるよう認めた“スイッチOTC薬”が多数登場している。最近発売されたものでは、スイッチOTC薬として初めて医療用消炎鎮痛成分のロキソプロフェンナトリウム水和物を含有した、第一三共ヘルスケア株式会社の解熱鎮痛薬“ロキソニ

2011年3月3日アイシェアフィードバック数:2社会/政治

初めての運転事故に関する意識調査

初めての運転事故に関する意識調査初めての運転事故は免許取得から「1年以上」経過後が1位~その時冷静な事故対応が『できなかった』……女性免許所持者の5割半冬も少しずつ終わりを迎え、自動車の運転がスムーズになりつつある。しかし、ついスピードを出してしまい、ついには事故に……というニュースも聞かれるが、普通運転免許(以下、運転免許)を取得してから、初めて運転事故を起こしたのはいつ頃だっただろうか?20代~40代のインターネットユーザーに調査を実施。回答者641名のうち、運転免許所持者481名に初めての

2011年2月14日アイシェアフィードバック数:2エンタテインメント

シネコン映画入場料に関する意識調査

シネコン映画入場料、値下げ「賛成」!9割半 シネコン映画入場料に関する意識調査「賛成」派は歓迎ムードの一方「もっと値下げを」の声も~「反対」派では映画界全体への影響を懸念同一の施設に複数のスクリーンがあるシネマコンプレックス、いわゆるシネコンの経営最大手であるTOHOシネマズが、2011年3月以降、映画入場料を18歳以上で1,500円に統一することを決定した。シネコンの映画入場料は大人1,800円が一般的だが、この映画入場料の値下げをネットユーザーはどのように感じているのだろうか?20代~40代

2011年2月10日アイシェアフィードバック数:3ライフスタイル

花粉症(3回目)に関する意識調査

花粉症(3回目)に関する意識調査まだ間に合う!今年の花粉症対策~専門家から学ぶ花粉症情報環境省が実施している調査研究報告(第1報)によると、2011年は昨シーズンに比べ10倍以上の花粉の総飛散量になる地域もあるという。そこでアイシェアは花粉症に関する意識調査を3回にわたり実施。1回目は花粉症だと困ると思う職業を、2回目は花粉症が原因で起きた受験や仕事の失敗談についての調査を行った。シリーズ最終回の今回は花粉症の人が実際に行っている花粉症対策について調査を実施。20代から40代のネットユーザー男女

2011年2月8日アイシェアフィードバック数:2ライフスタイル

花粉症(2回目)に関する意識調査

花粉症(2回目)に関する意識調査職業別花粉症の失敗談~恥ずかしいだけじゃない?花粉症の恐怖環境省が実施している調査研究報告(第1報)によると、2011年春のスギ・ヒノキ科花粉総飛散量は、昨シーズンと比較すると、全国的に多くなると予測されている。それに伴い行った前回の花粉症に関する意識調査1回目では、花粉症だと困る職業は何かを調査した。今回は、花粉症が原因でしてしまった失敗について、軽度から重度の花粉症を持つ20代から40代のネットユーザー男女1,046名の回答を集計した。花粉症が原因で仕事を失敗

2011年2月4日アイシェアフィードバック数:4ライフスタイル

ご飯の敵‐調味料編‐に関する意識調査

ご飯の敵‐調味料編‐に関する意識調査「ご飯の敵」調味料編・1位は「砂糖」~意外?2位はブームにもなった「マヨネーズ」マヨネーズをご飯やおかずにかけて食べる「マヨラー」や、2010年の「食べるラー油」ブームなど、調味料をご飯にかけて食べる人は少なくない。しかし、調味料によっては「絶対ご飯(お米)には合わない!」と思う人もいるだろう。そこで、ご飯に合わない調味料は何か、ネットユーザーに調査を実施。20代~40代の男女413名の回答を集計した。最も「ご飯と合わせて食べるのは許せない!」と思う調味料を聞

2011年1月31日アイシェアフィードバック数:4ライフスタイル

花粉症(1回目)に関する意識調査

もしも花粉症だったら大変だと思う職業ランキング 花粉症(1回目)に関する意識調査もしも花粉症だったら大変だと思う職業ランキング~2011年花粉大量飛散特集環境省が実施している調査研究報告(第1報)によると、2011年春のスギ・ヒノキ科花粉総飛散量は、例年に比べ非常に少なかった2010年春(昨シーズン)と比較すると全国的に多くなると予測されている。そんな“花粉症非常事態”とも呼べる中、もし花粉症だったら困る職業にはどのようなものがあるだろうか?アイシェアが意識調査を実施。20代から40代のネットユ

2011年1月31日アイシェアフィードバック数:5キャリアとスキル

英語力と子どもの英語学習に関する意識調査

9割が予測!未来は「英語力必要の社会」に 英語力と子どもの英語学習に関する意識調査9割が予測!未来は「英語力必要の社会」に子どもの頃にもっと勉強しておきたかった教科1位は英語=65.5%英語を教える先生の数が十分ではない=85.7%2011年度より、小学校5・6年生で週1コマ“外国語活動”として英語学習が必修となる。また、2010年には株式会社ユニクロや楽天株式会社などの大手企業が英語の公用語化を発表するなど、英語力強化を制度として積極的に取り入れる動きが強くなってきた。このような状況の中、自身

2011年1月25日アイシェアフィードバック数:3大型消費/投資

独身ビジネスパーソンの住まいに関する意識調査

独身ビジネスパーソンの住まいに関する意識調査独身ビジネスパーソン「住まいの断捨離」~「自分の生活に必要な広さと機能のみを備えた物件を選ぶ」47.9%男女を問わず年々増え続けていると言われるシングル層。厚生労働省が2011年1月7日に公表している「平成22年人口動態統計」の「人口動態総覧、対前年比較」(※1)によると、平成22年の婚姻数はピークだった1972年以降で最低数値となったことからもその様子がうかがえる。また、株式会社不動産経済研究所が2011年1月19日に発表した「首都圏マンション市場動

2011年1月21日アイシェアフィードバック数:7エンタテインメント

2011年漫画の流行に関する意識調査

2011年漫画の流行に関する意識調査2011年はどんな漫画が流行る?~男性向け漫画「面白い」女性の9割以上大人でも漫画を読む人は多いが、今、求められているのはどのような作品だろうか?また、2011年にはどのような漫画が流行るのだろうか?1月21日、月刊コミック@バンチを創刊した株式会社新潮社とアイシェアが共同で調査を実施。漫画好きの男女1,205名の回答を集計した。回答者の漫画を読む頻度は『週に2回以上』(「ほぼ毎日」、「週に4~5回」、「週に2~3回」の合算)が36.8%、『週に2回未満』(「

2011年1月20日アイシェアフィードバック数:2ライフスタイル

シャンプーの実態に関する意識調査

女性はシャンプー難民? 「自分に合った方法を知りたい」78.0% シャンプーの実態に関する意識調査女性はシャンプー難民? 「自分に合った方法を知りたい」78.0%~毎日のシャンプー、髪の傷みが「不安」な女性2月6日は風呂の日。各地の銭湯でイベントも行われる。2011年の今年は、日本で商品名に“シャンプー”という言葉がはじめて使われてから80周年にあたる。シャンプーの歴史については諸説あるが、80年前の1931年、レート本舗が“何でも洗えるシャンプー”を発売。“シャンプー”という言葉が日用語として

2011年1月12日アイシェアフィードバック数:3社会/政治

親離れ・子離れどっちが早い?

親離れ・子離れに関する意識調査親離れ・子離れどっちが早い?~子どもが喜んで家族と出かける年齢とは冬休みなどの長期休みになると親と子どもが一緒に過ごす時間が増えるが、子どもは何歳くらいまで親と喜んで出かけるのだろうか?また、親の子離れと子の親離れはどちらが早いだろうか?アメリカンホーム保険会社と株式会社アイシェアが共同で意識調査を実施。15歳以下の子どもを持つ30代から50代の男女1,088名の回答を集計した。まず普段の休日について家族そろって出かけることがあるとした972名に、どこへ行くことが多

2010年12月28日アイシェアフィードバック数:1エンタテインメント

紅白歌合戦VSアニソン紅白‐2010年版‐に関する意識調査

紅白歌合戦VSアニソン紅白‐2010年版‐に関する意識調査今年は歌謡?アニソン?紅白歌合戦対決~アニソン人気も健在!2割半が今年の「アニソン紅白」見たい大晦日恒例の「NHK紅白歌合戦」だが、昨年「NHK紅白歌合戦」を見た人や、今年は見るという人はどれくらいいるのだろうか。また、昨年に続き放送される「キングラン アニソン紅白」に興味がある人はどれくらいいるだろうか。ネットユーザーに調査を実施し、20代から40代の男女917名から回答を得た。昨年「第60回NHK紅白歌合戦」を『見た』人は46.6%。

2010年12月28日アイシェアフィードバック数:21ライフスタイル

現代女性の癒しに関する意識調査

ガンバル女子を癒すのは「クリーミー系男子」? 現代女性の癒しに関する意識調査ガンバル女子を癒すのは「クリーミー系男子」?~癒されたい有名人1位は「向井理」師走に入り、仕事に家事にと大忙しの女性も多いだろう。忙しい日々の中で現代女性たちはどのような癒しを求めているのか、株式会社アイシェア(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:井桁祐樹)は、20代から40代のネットユーザーの女性を対象に調査を実施。回答者は1,149名。今回はこれら女性たちの回答を、恋愛に関する多数の作品を持つ作家、島田佳奈氏の目線で

2010年12月21日アイシェアフィードバック数:3エンタテインメント

スキー場の危険に関する意識調査

スキー場の危険に関する意識調査スキー場に行って1000万円の支払い!?~100周年を迎えたスキーのトレンド調査から見る、スキー場に潜む危険2011年は日本スキー発祥100周年の年。そこで、スキー場レジャー今シーズンのトレンドや、スキー場で経験したアクシデントについて株式会社アイシェアがネットユーザーを対象に意識調査を実施。20代から50代の男女1,476名の回答を集計した。回答者で、過去スキー場に行った経験を持つのは71.8%。以下の設問は、スキー場に行ったことがある人に答えてもらった。最後にス

2010年12月21日アイシェアフィードバック数:5大型消費/投資

家計管理に関する意識調査

家計管理に関する意識調査お金に関する夫婦ゲンカ1位『生活費の使い方』=58.3% 2位『お小遣いの金額』=28.5%女性3位に『借金の発覚』=22.7%働く女性の姿がすっかり定着した現代。“男女行動参画白書 平成20年版(内閣府)(※1)”では、1997年に共働き世帯数が男性雇用者のみの世帯を上回って以来、年々その差が開いている。一世帯に入金口が複数ある家庭が多いことになるが、現在はどのような家計管理がなされているのだろうか。また、今年の9月に総務省統計局から発表された“平成21年全国消費実態調

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ