調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > アイ・コミュニケーション

「アイ・コミュニケーション」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

仕事でのメールについての調査です。

ビジネスメール実態調査2013(平成25年)

「ビジネスメール実態調査2013(平成25年)」発表2013年08月05日更新仕事で嫌われるメールの特徴 文章が失礼(52.20%)、文章が曖昧(36.53%)、言葉遣い(23.83%)「ビジネスメール実態調査2013(平成25年度)」発表 ビジネスメール教育の専門企業であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は2013年8月5日(月曜)に、仕事におけるメールの利用状況と実態を把握した「ビジネスメール実態調査2013(平成25年)」を発表します。仕事でど

保護者対象の調査です。

ママ・パパ・子どものプライベートメール実態調査2013

「ママ・パパ・子どものプライベートメール実態調査2013」発表2013年06月28日更新親の半数以上が「子どものメールを見たことがある」子どものメール利用について決め事がある家庭は42.86%「ママ・パパ・子どものプライベートメール実態調査2013」発表 メール教育の専門企業であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は2013年6月28日(金曜日)に、0歳から18歳までの子どもを持つ保護者のプライベートメール利用実態とその課題を調査した「ママ・パパ・子ど

ビジネスでのメール利用についてのまとまった調査です。

ビジネスメール実態調査2012(平成24年)

「ビジネスメール実態調査2012(平成24年)」発表2012年08月01日更新仕事で受け取った不快なメールワースト3 文章が失礼(47.17%)、文章が曖昧(33.67%)、文章が冷たい(20.83%)「ビジネスメール実態調査2012(平成24年)」発表 ビジネスメール教育の専門企業であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は平成24年8月1日(水曜)に、仕事におけるメールの利用状況と実態を把握した「ビジネスメール実態調査2012(平成24年)」を発表し

ビジネスメールについて調査結果です。

ビジネスメール実態調査 2011

報道関係各位※この資料はご自由にお使いください 2011 年 8 月 1 日(月)配信仕事で受け取った不快なメールワースト 3 文章が失礼(55.8%)、文章が曖昧(38.5%)、文章が冷たい(29.4%) 「ビジネスメール実態調査 2011(平成 23 年)」発表ビジネスメール教育の専門企業であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は平成 23 年 8 月 1 日(月)に、仕事におけるメールの利用状況と実態を把握した「ビジネスメール実態調査 2011(平成 2

企業でのメール利用に関する調査です。

ビジネスメール実態調査2010(平成22年)

ビジネスメール実態調査2010(平成22年)2010年07月21日更新会うよりまずはメール、職場内の主要コミュニケーション手段はメールが95.12% 「ビジネスメール実態調査2010(平成22年)」職場のメールで56.53%が失敗経験、65.57%が不快を感じた経験あり ビジネスメール教育の専門家であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は平成22年7月21日(水曜日)、日本人のビジネスメール利用実態とその課題を調査した「ビジネスメール実態調査2010(

79.1%の人がビジネスメールで顔文字を利用することに不快感

79.1%の人がビジネスメールで顔文字を利用することに不快感2010年04月06日更新 2010年4月6日有限会社アイ・コミュニケーション ビジネスメールでの顔文字利用に関する意識調査 79.1%の人がビジネスメールで顔文字を利用することに不快感 ビジネスメール教育の専門家であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は、自社運営サイト「ビジネスメールの教科書」の閲覧者に対し「ビジネスメールでの顔文字利用に関する意識調査」を実施したのでお知らせします。有効回

退職メール利用に関するアンケート調査

81.1%の人が退職の挨拶をメールで済ませることに違和感がない2010年03月16日更新 2010年3月16日有限会社アイ・コミュニケーション 退職の挨拶をメールで受け取ったら? 81.1%の人が退職の挨拶をメールで済ませることに違和感がない ビジネスメール教育の専門家であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は、自社運営サイト「ビジネスメールの教科書」の閲覧者に対し「退職メール利用に関するアンケート調査」を実施したのでお知らせします。有効回答数は207

年賀状を「メールで受け取ることに違和感がない」が95.3%

年賀状を「メールで受け取ることに違和感がない」が95.3%2010年02月09日更新 2010年2月9日有限会社アイ・コミュニケーション 年賀状をメールで送ることは許せますか? 年賀状を「メールで受け取ることに違和感がない」が95.3%ビジネスでの年賀状メール、3人に1人が「許せる」 ビジネスメール教育の専門家であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は、自社運営サイト「ビジネスメールの教科書」の閲覧者に対し「年賀状メール利用に関するアンケート調査」を実

ビジネスメールの返信タイミングに関するアンケート調査

ビジネスメールの返信タイミングに関するアンケート調査を公開しました2009年12月07日更新 2009年12月7日有限会社アイ・コミュニケーション ビジネスメールの返事はいつまで待てますか?メールの返信を24時間(1日)以内に欲しい人は60%ビジネスメールの返信タイミングに関するアンケート調査 ビジネスメールの返事はいつまで待てますか?ビジネスメールの返信タイミングに関するアンケート調査 ビジネスメール教育の専門家であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)

ビジネスメール実態調査アンケート2009

ビジネスメール実態調査アンケート2009を公開しました2009年06月18日更新過去1年間で、50%以上がメールで失敗、73%がメールで不快な経験あり「ビジネスメール実態調査アンケート2009」不快なメール第1位は「内容(本文)がわかりにくいメール」で44.8%が回答 ビジネスメール教育の専門家であるアイ・コミュニケーション(代表取締役:平野友朗、本社:東京都千代田区)は、「ビジネスメール実態調査アンケート2009」を行いましたので、ここにお知らせいたします。調査方法は、パソコンサイト上

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ