調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > アジア太平洋研究所

「アジア太平洋研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀>

日米経済(週次)予測(2015年6月22日)<日本:民間消費の停滞に加え、純輸出も縮小。4-6 月期成長率予測は3 週連続で低下し0%へ><米国:フォワードガイダンスによる金融政策を排除したが、data-dependentな金融政策に戻れないYellen連銀>2015-06-22 関連論文第112回景気分析と予測<着実な回復を予測するが、リスクは輸出の停滞とインフレの加速> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超

Kansai Economic Insight Monthly Vol.26

・ 4月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から低下。一方、5月の実質輸出は2カ月連続で同減少していることから、5月の生産はマイナスの伸びが予想される。・ 5月の貿易は、輸出は27カ月連続で前年比増加。輸入は3カ月連続で減少。結果、貿易収支は3カ月連続の黒字。・ 5月の消費者態度指数、景気ウォッチャー現状判断DIはともに悪化。先行きも悪化しており、円安による物価上昇や原材料コスト増加、電気料金値上げに対する懸念が大きい。・ 2月の関西2府4県の現金給与総額の伸びは前月から減速。3月の関西コアの伸び

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:消費増税1年経過も停滞する民間消費、一方明るさ見える企業設備><米国:連銀が金融政策をdata-dependentと本当に信じているならば、6月のFOMCミーティングで政策金利引き上げを決定すべき>

日米経済(週次)予測(2015年6月15日)<日本:消費増税1年経過も停滞する民間消費、一方明るさ見える企業設備><米国:連銀が金融政策をdata-dependentと本当に信じているならば、6月のFOMCミーティングで政策金利引き上げを決定すべき>2015-06-16 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:-3月期GDP2次速報値、民間企業設備と在庫増加の貢献により大幅上方修正><米国:役に立たなかったカレンダーベースのフォワードガイダンスの終結、むしろ弊害だった>

日米経済(週次)予測(2015年6月9日)<日本:-3月期GDP2次速報値、民間企業設備と在庫増加の貢献により大幅上方修正><米国:役に立たなかったカレンダーベースのフォワードガイダンスの終結、むしろ弊害だった>2015-06-09 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、

2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>

日米経済(月次)予測(2015年5月)<日本:4-6 月期生産は緩やかな回復だが消費の基調は弱い><米国:2016 年大統領選動向: スキャンダルにも崩れないHillary の 支持率、失言でつまずいたBush、Rubio にチャンスか?>2015-06-01 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を

2015年6月7日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No.49<長期停滞仮説論争>

関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern regime, demographic transformation This paper intro

景気分析です。

第104回景気分析と予測

〈予測のハイライト〉GDP1次速報値によれば、1-3月期実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)と2期連続のプラス。市場コンセンサスを上回る回復となった。しかし、2014年度でみると消費増税の影響が大きく実質成長率は-1.0%のマイナスとなり、前回増税時(+0.1%)と比較して大きく下回った。1-3月期実質GDP成長率への寄与度を見ると、内需は+3.0%ポイント増加し2期連続のプラス。一方、純輸出は-0.7%ポイント減少し4期ぶりのマイナスとなった。内需のうち、実質民間在庫品増

Kansai Economic Insight Monthly Vol.25

3月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに上昇した。結果、2014年度は前年比+6.2%と2年連続の増産であり、前年(同+1.3%)から加速した。4月の貿易は、輸出は26カ月連続で前年比増加し、単月過去最高額を更新。輸入は2カ月連続で減少。結果、貿易収支は2カ月連続の黒字。4月の消費者態度指数は5カ月ぶりに悪化。一方で、景気ウォッチャー現状判断DI、先行き判断ともに改善しており、先行きは不透明。2月の現金給与総額(関西コア)の伸びは横ばい。プラスの伸びを維持したものの、賃金上昇は一服している。3

Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献>

Kansai Economic Insight Quarterly No.26 <2013-14年度の関西2府4県のGDP早期推計結果を公表 14年度は大阪府・京都府が成長に貢献>2015-05-29 2015年5月20日に公表された2015年1-3月期のGDP1次速報によると、実質GDP成長率は前期比年率+2.4%(前期比+0.6%)と、2四半期連続のプラス成長となった。市場コンセンサスを上回る回復となったものの、成長に最も貢献した需要項目は民間在庫品増加で、中身に乏しい結果となった。201

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁>

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期実質GDP成長率は2期連続のプラスだが、中身に乏しい結果><米国:Charles Evansシカゴ連銀総裁 vs. John Williamsサンフランシスコ連銀総裁>2015-05-25 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.54-景気は足下、先行きともに緩やかな成長が見込まれる- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート,

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>

APIR Commentary No.45<グローバル化における地域志向のすすめ>2015-05-19 関連論文中小企業等のイノベーションの原動力分析 [ 2014年度/人口減少・高齢化社会における需要構造の変化 ]Abstract/Keywords中小企業、イノベーション、リサーチリーダー 主席研究員 小川一夫 大阪大学教授 研究目的 前年度の成果を踏まえ、H26年度は中小企業等のイノベーション促進に向けての包括的な提言を行う。 研究内容 中小企業がイノベーションを活発に行い、海外へ財やサー

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期の実質GDP成長率最終予測は前期比年率+0.6%><米国:米経済分析局(BEA)がより良い景気判断のために新たに発表する2つのTool>

日米経済(週次)予測(2015年5月18日)<日本:1-3月期の実質GDP成長率最終予測は前期比年率+0.6%><米国:米経済分析局(BEA)がより良い景気判断のために新たに発表する2つのTool>2015-05-18 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩

2100年までの予測です。

日本経済の超長期予測

日本の人口は2009年をピークとして既に減少に転じ、国立社会保障・人口問題研究所や国連の人口推計によればこの傾向は21世紀の終わりまで続くという。しかし、人口減少の影響は将来の問題として、GDPや一人あたりGDPの短中期の予測にはほとんど取り入れられていない。本稿では、われわれが独自に開発した人口とGDPに関する簡単なモデルを使って、2100年までの日本のGDPを推計し、1)過去140年の日本に固有なX 効率性が今後も不変とすれば、GDPは長期にわたって年平均1.3%減少する、2)GDPを201

高齢化についてのレポートです。

高齢化社会における市場の変化の方向性

リサーチリーダー主席研究員 加藤久和 明治大学教授研究目的日本及び関西の人口構成予測に基づく市場構造変化を摘出する。さらに、予測・分析・データベースチームとの連携を図り、中長期の財政見通し向けてのモデル構築に資する。研究内容高齢化社会における市場の変化を捉えるには、変化する人口規模の推移とその構成変化を正確に見据え、そこから経済的なポテンシャルや消費市場の変化をイメージしなければならない。そのため2014年度では、まず人口推計の実施、潜在的な成長力の把握を優先的に研究し、消費市場の変化などについ

ミャンマーとカンボジアにおけるCQM構築の可能性調査(2014年度)

この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト日米の超短期経済予測 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords景気転換点、超短期予測、数値、トレンドリサーチリーダー 主席研究員 熊坂侑三 ITeconomy CEO 研究目的 日米の超短期予測の精度をより高め、今四半期・次四半期の経済動向を他のエコノミストができない「数値」と「トレンド」で常に語ることを目的とする。 研究内容 日米の超短期予測を週次ベースで実施する。超短期予測による簡潔でタイムリー

APIR Commentary No.47<日本は世界の「クール」な旅行先?>

APIR Commentary No.47<日本は世界の「クール」な旅行先?>2015-05-22 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.47-景気は足下、先行きともに改善が続く [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに改善が続く- ・1月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりのマイナスだが、10-12月平均比+1.8%となっており、近経局は「生産は持ち直しの

APIR Commentary No.46<AIIB参加が韓国で議論にならなかった理由とは>

APIR Commentary No.46<AIIB参加が韓国で議論にならなかった理由とは>2015-05-20 2015年4月11日、韓国は中国が主導するアジアインフラ投資銀行(Asian Infrastructure Investment Bank,以下AIIB)に参加することを決めた。本稿では、参加決定に至るまでの韓国の主要な新聞の論調を振り返ることで、何が論点となってきたか示したい。結論を述べると、韓国では政治的配慮から慎重意見はみられるものの、経済的な利益が期待できることから、いずれ

TPPをめぐる外交と国内政治(2014年度)

本研究ではアメリカや中国、韓国など、アジア太平洋地域の主要国におけるFTA(自由貿易協定)政策の動向を把握するとともに、TPP(環太平洋連携協定)交渉への対応を検討し、その政治的な背景を分析して、この地域の経済・外交の展開を規定する要因を明確化することによって、日本の対応の方向性を提示しました。 この研究成果の研究プロジェクト研究プロジェクト日本の対アジア太平洋外交政策と通商政策のあり方 [ 2014年度/アジア太平洋地域の経済成長と発展形態 ]Abstract/Keywords外交、通商 

「相手を知る」観光客国別対応マニュアル ~観光大国フランスから学ぶ~

「相手を知る」観光客国別対応マニュアル ~観光大国フランスから学ぶ~2015-05-13 世界で最も多くの外国人訪問客を獲得している国の1つであるフランスでは、「観光客国別対応マニュアル」というものが作られています。このマニュアルは国別に観光客の特徴を浮き彫りにしたもので、パリ中のホテル経営者やレストランのオーナー、さらにはタクシーの運転手に配布されています。すべてフランス語で書かれているため、日本ではあまり知られていませんが、14か国の国別対応マニュアルとして、各国からの観光客の特徴を見事に

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる>

日米経済(週次)予測(2015年5月11日)<日本:日銀4月展望レポートのダウンサイドリスク><米国:支出サイドからの実質GDPが大きく下方修正されたが、現状の景気は堅調と判断できる>2015-05-11 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続

日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない>

日米経済(週次)予測(2015年5月4日)<日本経済:1-3月期は国内需要の小幅拡大を純輸出の小幅縮小が相殺><米国経済:所得サイドから経済成長率(1-3月期)を見れば、米国経済は少しも悪くない>2015-05-04 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩や

2015年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ>

日米経済(月次)予測(2015年4月)<日本:1-3月期は国内需要、純輸出ともに小幅縮小><米国:2016年大統領選の見どころ>2015-04-27 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.52-景気は足下、先行きともに緩やかな回復を見込む- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復を見込む- ・6月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりの前月比プラ

2015年5月6日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

APIR Commentary No.44<フィリピンは最終的にAIIBに参加するか>

APIR Commentary No.44<フィリピンは最終的にAIIBに参加するか>2015-04-28 関連論文The Philippines – Improving institutions, offering a vital and sustainable labor force to the region [ ディスカッションペーパー ] Abstract/KeywordsSaddled with internal problems and external shocks the p

日米経済(週次)予測(2015年4月20日)<日本:1-3 月期弱い国内需要、景気回復は純輸出が鍵><Bernanke前連銀議長に水をさされたYellen連銀議長の出口戦略>

日米経済(週次)予測(2015年4月20日)<日本:1-3 月期弱い国内需要、景気回復は純輸出が鍵><Bernanke前連銀議長に水をさされたYellen連銀議長の出口戦略>2015-04-20 関連論文日本経済(月次)予測(2017年5月)<民間企業在庫品増加、4-6月期実質成長率を前期比+0.4%ポイント程度押し上げる> [ Monthly Report(日本) ] Abstract/Keywords超短期予測, 日本経済, 月次レポート ▶1-3月期実質GDP成長率(1次速報値)は前期比

Kansai Economic Insight Monthly Vol.24

2月の鉱工業生産指数は3カ月ぶりに下落した。1-2月平均を10-12月平均と比較すれば+5.0%と基調は堅調。3月の貿易は、輸出は25カ月連続で前年比増加、輸入は2カ月ぶりに減少。結果、貿易収支は3カ月ぶりの黒字となり2011年3月以来の2,000億円超となった。3月の消費者態度指数及び景気ウォッチャー現状判断DIはいずれも4カ月連続で改善。インバウンド関連の好調が続いており、消費者心理は改善している。12月の現金給与総額の伸びは前月から加速。1月(関西コア)はプラスを維持したものの、前

日米経済(週次)予測(2015年4月13日)<日本:家計と企業の景況感にねじれ、1-3 月期の景気回復は緩やかにとどまる><米国:1-3月期の景気のスローダウンはソフトパッチの可能性が高い>

日米経済(週次)予測(2015年4月13日)<日本:家計と企業の景況感にねじれ、1-3 月期の景気回復は緩やかにとどまる><米国:1-3月期の景気のスローダウンはソフトパッチの可能性が高い>2015-04-13 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.51-景気は足下改善が続くも、先行きは足踏みの兆し- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下改善が続くも、先行きは

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>

APIR Commentary No. 43 <AIIBの実態は中国の国内銀行 日本が果たせる役割は限定的>2015-04-15 中国が主導して設立を予定しているアジアインフラ投資銀行(AIIB)に日本が参加するか否かの議論が盛んに行われている。欧州を始めとして50カ国以上からの参加表明がされる中、4月7日に政府はAIIBへの対処方針を発表し、引き続き日本側が求める公正で透明な組織運営の確約、国際基準の確保を求めていくこととして参加を見送った。しかし、大手メディアや一部識者、野党からは未だに「

関西経済が抱える長期的課題とは?―新しいタイプの「関西経済モデル」の探求から ―

関西経済が抱える長期的課題とは?―新しいタイプの「関西経済モデル」の探求から ―2015-04-13 アジア太平洋研究所『2014年版 関西経済白書 ―KANSAI発のイノベーションとは何か―』(以下、関西経済白書)では、関西経済が長期低迷に陥っていることを指摘し、その要因分析と打開策の検討を中心に議論を展開してきました。関西経済をマクロの視点から、さらに長期的な視点で眺めたとき、国内の他地域経済とはどのような違いがあるのでしょうか。もちろん様々な要因を考えることができますが、本稿では特に、「

APIR Commentary No. 42 <世界の中の関西経済>

関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern regime, demographic transformation This paper intro

北東アジア少子高齢化研究会報告書

本報告書はアジア太平洋研究所の北東アジア少子高齢化研究会による2014年度の研究成果をまとめたものです。本研究は、少子高齢化に伴う様々な問題を解決するために、具体的な提言を試みる事を目的に行われたものです。そのために我々は、日本、韓国、台湾においてに行われている様々な試みを調査し、そこから、どうすれば少子高齢化に伴う社会的・経済的ダメージを緩和できるのか、という点について考察しました。ここで得られた研究成果は、東アジアにおいて進展する少子高齢化問題の解決・緩和を目指す、各国の政府・行政機関、高齢

日米経済(週次)予測(2015年4月6日)<日本:3月短観も示唆する1-3月期の緩やかな景気回復><米国:正しい景気判断は支出・所得の両サイドから>

日米経済(週次)予測(2015年4月6日)<日本:3月短観も示唆する1-3月期の緩やかな景気回復><米国:正しい景気判断は支出・所得の両サイドから>2015-04-06 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月

シンガポールに見る新しい空港の形 ~オリンピックブームと観光戦略~

シンガポールに見る新しい空港の形 ~オリンピックブームと観光戦略~2015-04-03 2020年に開催される東京オリンピックに当たって、海外からの外国人旅行者の呼び込みにも注目されるが、その際、重要となるのが空路、すなわち空港である。日本は島国であるため、海外からの需要を呼び込むためには航空ネットワークの整備が必要不可欠である。現在日本国内において、空港法によって定められている国際空港は成田国際空港、東京国際空港、中部国際空港、関西国際空港、大阪国際空港の5つである。この内、大阪国際空港は関

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から>

日本経済(月次)予測(2015年3月)<足下雇用改善は著しいが、民間消費の拡大は4-6月期から>2015-03-30 関連論文第113回景気分析と予測<足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点> [ Quarterly Report(日本) ] Abstract/Keywords日本経済予測, 四半期レポート, 超短期予測足下堅調な景気回復を確認するが、先行き持続性に難点 1.GDP1次速報値によれば、4-6月期実質GDP成長率は前期比年率+4.0%(前期比+1.0%)と6四半期連続

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2015年3月)<フォワードガイダンスに拘り、金融政策の正常化に踏み出せない連銀>

米国経済(月次)予測(2015年3月)<フォワードガイダンスに拘り、金融政策の正常化に踏み出せない連銀>2015-03-30 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年4月5日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

APIR Commentary No. 41 <東京圏が作り出す地域経済格差>

APIR Commentary No. 41 <東京圏が作り出す地域経済格差>2015-04-02 関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>

日本経済(週次)予測(2015年3月23日)<2月の純輸出大幅悪化、1-3月期成長率はマイナスへ>2015-03-23 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から下落し、4-6月平均と比べても下落し

米国経済(週次)予測(2015年3月20日)<“patient”の文言を削除したが“impatient”になることを意味しないと主張するYellen連銀議長>

米国経済(週次)予測(2015年3月20日)<“patient”の文言を削除したが“impatient”になることを意味しないと主張するYellen連銀議長>2015-03-23 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

APIR Commentary No. 40 <地方創生と地域経済格差>

関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern regime, demographic transformation This paper intro

APIR Commentary No. 39 <アベノミクスとオバマノミクス>

APIR Commentary No. 39 <アベノミクスとオバマノミクス>2015-03-16 関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, postmodern

米国経済(週次)予測(2015年3月13日)<3月17-18日のFOMCを前に沈黙を守る連銀エコノミスト>

米国経済(週次)予測(2015年3月13日)<3月17-18日のFOMCを前に沈黙を守る連銀エコノミスト>2015-03-16 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

関西経済についてのレポートです。

関西の実質賃金上昇は2015年度から

APIRが行った最新の経済予測(Kansai Economic Insight Quarterly No.25)によると、2014年度の関西経済の実質GRP(域内総生産)成長率は-0.4%となる見込みである。2014年度は消費増税による物価上昇が実質所得低下を通じて個人消費を低迷させ、大きな成長抑制要因となった。個人消費増加のためには実質賃金が上昇することが必要であるが、果たして今後実質賃金は上昇していくのか。企業収益の好転、人手不足による賃金上昇圧力、非正規雇用者の賃金増加、消費増税の影響剥落

日本経済(週次)予測(2015年3月16日)<交易条件が大幅改善、純輸出が1-3月期を牽引>

日本経済(週次)予測(2015年3月16日)<交易条件が大幅改善、純輸出が1-3月期を牽引>2015-03-16 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から下落し、4-6月平均と比べても下落した。近

ドイツにみる中小企業の海外展開支援

関連論文アジアの知日産業人材との戦略的ネットワーク構築 [ 2016年度/アジア太平洋地域の経済的ダイナミズムと今後の行方 ] Abstract/Keywordsアジア,産業開発協力,知日産業人材ネットワークリサーチリーダー 上席研究員 大野 泉 政策研究大学院大学教授 研究目的日本が今までアジア諸国への産業開発協力(政府開発援助(ODA)、官民連携など)を通じて形成してきた知日産業人材のネットワークを強化し、効果的に活用する戦略を検討し、提言をとりまとめることを目的とする。加えて、今後も知日産

Kansai Economic Insight Monthly Vol.23

<要 旨>1月の鉱工業生産指数は前月比+5.8%と2カ月連続の上昇。生産の基調は緩やかな回復である。2月関西の貿易は、輸出は24カ月連続で前年比増加、輸入は2カ月ぶりに同増加。結果、貿易収支は2カ月連続の赤字となり、赤字幅は同870億円悪化した。2月の消費者態度指数は3カ月連続の前月比改善。同月の景気ウォッチャー現状判断DIも3カ月連続の改善。春節もあり訪日外国人消費が改善に寄与。消費者心理に改善の動きがみられる。11月(関西2府4県)、12月(関西コア)の現金給与総額の伸びは前月から加速。賃金

APIR Commentary No. 38 <ピケティさん、大事なのは事実と国民の許容度ですよ>

APIR Commentary No. 38 <ピケティさん、大事なのは事実と国民の許容度ですよ>2015-03-09 関連論文Population as a Source of Long−Term Growth: From Malthus to Japan’s Postmodern Regime [ ディスカッションペーパー ] Abstract/Keywordspopulation elasticity, Malthusian regime, modern growth regime, p

米国経済(週次)予測(2015年3月6日)<3月のFOMCにおいて、連銀は“Patient”の文言を削除するかではなく、物価安定の考え方を見直すべき>

米国経済(週次)予測(2015年3月6日)<3月のFOMCにおいて、連銀は“Patient”の文言を削除するかではなく、物価安定の考え方を見直すべき>2015-03-09 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

日本経済(週次)予測(2015年3月10日)<足下回復は緩やかだが、先行き基調は強まる>

日本経済(週次)予測(2015年3月10日)<足下回復は緩やかだが、先行き基調は強まる>2015-03-10 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.53-景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復が続く- ・7月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりに前月から下落し、4-6月平均と比べても下落した。近畿経

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>

日本経済(月次)予測(2015年2月)<1-3月期の民間企業設備、拡大幅広がる>2015-03-02 関連論文Kansai Economic Insight Monthly Vol.52-景気は足下、先行きともに緩やかな回復を見込む- [ Monthly Report(関西) ] Abstract/Keywords関西経済, 月次レポート, KEIM -景気は足下、先行きともに緩やかな回復を見込む- ・6月の鉱工業生産指数は2カ月ぶりの前月比プラス。結果、4-6月期は2四半期ぶりの増産となった

2015年3月8日アジア太平洋研究所フィードバック数:0社会/政治海外

米国経済(月次)予測(2015年2月)<議会証言にみるYellen連銀議長の金融政策への考え方>

米国経済(月次)予測(2015年2月)<議会証言にみるYellen連銀議長の金融政策への考え方>2015-03-02 〒530-0011 大阪市北区大深町3番1号 グランフロント大阪 ナレッジキャピタル タワーC 7階

2015年3月8日アジア太平洋研究所★フィードバック数:0社会/政治

関西の景気についてのレポートです。

関西・アジア諸国間の経済連動関係の分析と関西独自景気指標の開発

2013年度の報告書 関西・アジア諸国間の経済連動関係の分析と関西独自景気指標の開発 が完成しました。2015-03-06 本研究では関西の府県別の変動パターンに着目しました。「国際収支(=輸出-輸入)の地域版」である域際収支(=移出-移入)の関西府県分析からは、あらためて大阪府の重要性が浮き彫りになりました。一方、関西の府県別景気指標の分析によると、シェアが必ずしも大きくない滋賀県や福井県が関西の景気変動にとって重要な位置を占めています。そして韓国が関西の府県に先行していることも注目点です。

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
 

新着データ

新着データINDEXへ

お知らせ