「アデコ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年10月15日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

全国の有期雇用の派遣社員500人および企業・団体の派遣社員採用担当者500人を対象にした調査

全国の有期雇用の派遣社員500人および企業・団体の派遣社員採用担当者500人を対象にした調査 ― 派遣社員の約6割が「無期雇用の派遣社員として働きたい」、無期雇用派遣を認知している派遣社員採用担当者の約7割が「無期雇用された派遣社員を採用したい」と回答 ― 世界最大(*1)の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、有期雇用の派遣社員として勤務している全国の派遣社員500

2018年9月26日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

派遣エンジニアの働きがいや転職動機に関する意識調査

派遣エンジニアの「働きがい」に最も影響を与えるのは「仕事の達成感」、転職動機は、「年収アップ」・「新たなスキルの習得」等、キャリアアップへの意欲 ― 派遣エンジニアの働きがいや転職動機に関する意識調査 ― アデコは、就業中の派遣エンジニアを対象に、仕事の働きがいや転職動機に関する意識調査を実施しました。その結果、自身のキャリアアップに高い意欲を示す派遣エンジニアの姿勢が浮き彫りになりました。 世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ

2018年8月15日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

テレワークの活用状況や課題に関する意向についてのアンケート調査

【テレワーク導入企業の管理職500名を対象にした調査】管理職の約8割がテレワーク推進派だが、過半数が自身のチームでテレワークを活用していない:その最大の理由は、「生産性が上がるかどうか疑問なため」 ― 7月23日から27日は「テレワーク・デイズ」 ― 世界最大(*1)の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、現在テレワーク(*2)を導入(*3)している企業に勤務する管理

2018年1月24日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

働く人のエンゲージメントに関する意識調査

友人に自分の会社への就職・転職を薦めたい、2割未満にとどまる仕事に社会的意義を持てることがエンゲージメント向上には重要‐働く人のエンゲージメントに関する意識調査‐ [2017年12月22日 東京]世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、20代〜60代の働く人を対象に「従業員エンゲージメント※2」に関するアンケート調査を実施しました。(*1) Staffi

2017年12月27日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

日本で常勤として働くホワイトカラーの外国人財300名を対象にした調査

日本で常勤として働くホワイトカラーの外国人財300名を対象にした調査:日本人は仕事の精度が高い半面、無駄な会議が多く時間の管理に課題 ―約8割が現在の就労環境に満足していると回答する一方、人事や評価の仕組みは不満― 世界最大(*1)の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、日本の企業(*2)に常勤として勤務するホワイトカラーの外国人財300名を対象に、日本で働くこと、現在の

2017年12月12日アデコフィードバック数:0社会/政治

介護に携わった経験のある管理職600名を対象に調査

介護離職を考えたことがある管理職は47.5%‐7割以上の管理職が「介護と仕事の両立」に不安を感じていることが明らかに‐ [2017年11月8日 東京]世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、11月11日の「介護の日」を前に、親族の介護に携わった経験のある管理職(部長職、課長職)600名を対象に、「介護と仕事の両立」についてアンケート調査を実施しました。2

2017年11月21日アデコフィードバック数:0ビジネス

介護離職を考えたことがある管理職は47.5%、7割以上の管理職が「介護と仕事の両立」に不安を感じていることが明らかに

介護離職を考えたことがある管理職は47.5%、7割以上の管理職が「介護と仕事の両立」に不安を感じていることが明らかに ーアデコ、介護に携わった経験のある管理職600名を対象に調査ー世界最大*1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、11月11日の「介護の日」を前に、親族の介護に携わった経験のある管理職(部長職、課長職)600名を対象に、「介護と仕事の両立」についてアンケー

2017年10月27日アデコフィードバック数:0ライフスタイル

働く女性におけるがん治療と仕事の両立についてアンケート調査

がんと診断されたとき、有職女性の不安は「仕事への影響」が最多治療と仕事の両立支援に向けて、「職場環境の整備」と「柔軟に働ける制度の導入」が重要‐がんの罹患経験を持つ20代〜50代の女性と、企業の人事担当者を対象とした調査‐ [2017年8月15日 東京]世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、がんの罹患時に正社員として就業し、現在も何らかの形で就業してい

2017年10月23日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

働く人のダイバーシティに関する意識調査

7割以上が「ダイバーシティへの取り組み」を重要と回答一方で、取り組みの効果について約7割が実感なし – 働く人のダイバーシティに関する意識調査 – アデコ株式会社は、20代~60代の働く人を対象に「ダイバーシティ」に関するアンケート調査を実施しました。 世界最大※1の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、20代~60代の働く人を対象に「ダイバーシティ」に関するアンケート調

2017年10月4日アデコフィードバック数:0ライフスタイル

ストレスチェックに関する調査 アデコ

義務化から3年目を迎えるストレスチェックの責任者を対象にした調査 - 6割以上が「職場でのメンタルヘルス対策に関わる課題・悩みがある」と回答 – 約半数の回答者の勤務先で、「働き方改革」に関する活動をしていないことが明らかに – 世界最大(*1)の人財サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人財サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、改正労働安全衛生法で義務付けられているストレスチェックの責任者300人を対象に、「ストレ

2017年8月25日アデコフィードバック数:0ライフスタイル

働く女性におけるがん治療と仕事の両立についてアンケート調査

がんと診断されたとき、有職女性の不安は 「仕事への影響」が最多 治療と仕事の両立支援に向けて、「職場環境の整備」と「柔軟に働ける制度の導入」が重要ーがんの罹患経験を持つ20代~50代の女性と、企業の人事担当者を対象とした調査ー アデコ株式会社は、がんの罹患時に正社員として就業し、現在も何らかの形で就業している20~50代の女性200人と、企業の人事担当者596人を対象に、働く女性におけるがん治療と仕事の両立についてアンケート調査を実施しました。 世界最大*1の人財サービス企業であるアデコグループ

2017年5月4日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

「将来就いてもらいたい仕事」および「将来就きたい仕事」に関する調査

全国の小・中学生の子を持つ父母1000人とその子ども1000人を対象にした調査 - 親が将来子どもに就いてもらいたい仕事の1位は公務員、小・中学生が将来就きたい仕事の1位は会社員 世界最大(*1)の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎健一郎、以下「アデコ」)は、全国の小・中学生の子を持つ父母1000人(父親529人・母親471人)と、その子ども1000人(男女各500人)を対象に実施した、「将来

2017年3月24日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

世界の若者9,500 人を対象にした就職に関する意識調査

どの国の若者も、就職が叶うこと、それも自分の理想の仕事に就くことができることに極めて楽観的で、そのために必要な準備を進めていると自信を持っています。回答者の10人に8人 (77.47%) までが、卒業後の1年以内に就職先を見つけることができると考えています。自分が労働市場に適切なスキルを身につけていると感じています。4人に3人近く (73.08%) が、将来の仕事に必要となるスキルや能力を身につけている、と答えていますが、特に日本の若者はそれほど楽観的ではないようです。回答者の教育レベルが高いほ

2017年3月10日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

「将来就きたい仕事」に関する調査

全国の小中学生1000人を対象にした「将来就きたい仕事」に関する調査男子の1位は「会社員」、女子の1位は「パティシエ」‐ 男女総合の1位は2年連続で「会社員」に ‐ 〈調査結果のまとめ〉小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が「会社員」、女子が「パティシエ」男子・女子を合わせた総合の1位は「会社員」「パティシエ」は3年連続で女子が将来就きたい仕事の1位にもっとも就きたい仕事として「会社員」を選んだ男子の小中学生が増加「自営業・個人事業主・フリーランス」と「ゲームクリエイター」が初めてトップ10

2017年1月13日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

女性の再就職・復職に関する意識調査

女性の再就職・復職に関する意識調査を実施‐仕事ブランクのある女性の不安要因や復職後の意欲の変化を調査‐ [2016年12月22日 東京]世界最大※1の人材サービス企業であるアデコグループの日本法人で、総合人事・人材サービスを展開するアデコ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:川崎 健一郎、以下「アデコ」)は、再就職・復職を経験したことがある女性を対象にアンケートを実施し、再就職・復職にあたっての不安や復職後の昇進・昇格意欲について調査レポートをまとめました。(*1)Staffing

2017年1月3日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

仕事のトレンド調査

仕事のトレンド調査

2017年1月3日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

女性の再就職・復職に関する調査

女性の再就職・復職に関する調査

2016年8月19日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

世界の若者の就職に対する意識調査

[アデコ株式会社] ,アデコ CEO for One Month Adecco Way To Work Win4Youth 国際ユースデー Global Apprenticeship Network Nestle Alliance for YOUth

2015年4月22日アデコ★フィードバック数:0キャリアとスキル

子ども調査です。

「将来就きたい仕事」に関する調査

[アデコ株式会社] ,将来の夢 子どもの日 アデコ 将来就きたい仕事

2015年1月28日アデコ★フィードバック数:0キャリアとスキル

人材競争力についての国別ランキングです。

「Global Talent Competitiveness Index(GTCI:人財競争力に関する国際調査)」第2版

「Global Talent Competitiveness Index(GTCI:人財競争力に関する国際調査)」 第2版発表[2015年1月28日 シンガポール] INSEAD(インシアード)、ヒューマンキャピタル・リーダーシップ研究所(HCLI)、アデコグループは、「Global Talent Competitiveness Index(GTCI:人財競争力に関する国際調査)」の第2版を発表しました。詳細は、以下をご参照ください。◆GTCIに関する詳細は、以下リンクをご参照ください(英語)

2015年1月5日アデコ★フィードバック数:0キャリアとスキル

アデコの調査です。

アジアの子供の「将来就きたい仕事」に関する調査

[アデコ株式会社] ,子供 将来の夢 アデコ 将来就きたい仕事 将来就きたい職業

2014年11月3日アデコフィードバック数:0キャリアとスキル

企業における女性の活躍推進への取り組み状況 調査

[アデコ株式会社] ,調査リリース 女性の活躍 2030運動

2014年4月8日アデコ★フィードバック数:0キャリアとスキル

アジア各国の15~18歳対象の調査です。

Z世代を対象に就職に関する意識調査

[アデコ株式会社] ,就職活動 Gen-Z Z世代 ジェネレーションZ

2014年2月2日アデコ★フィードバック数:0キャリアとスキル

アジアの子ども調査です。

「将来就きたい仕事」に関するアンケート

[アデコ株式会社] ,アジア アンケート 子供が就きたい仕事

2013年7月4日アデコフィードバック数:3キャリアとスキル

倫理憲章の改定による企業の採用活動への影響について

[アデコ] ,採用活動 就職活動 新卒 倫理憲章

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ