調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > エフセキュア

「エフセキュア」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年6月23日エフセキュア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「脅威レポート」: マルウェア、THE DUKES、システムはどのようにして侵害されるか

「脅威レポート」: マルウェア、The Dukes、システムはどのようにして侵害されるかエフセキュアラボの2015年版「脅威レポート」。昨年一年間のセキュリティ脅威のハイライトや、主要なセキュリティ関連事件を紐解くことで、新しいセキュリティ分析ツールとして現代のサイバー脅威がどれほどセキュリティを侵害しているかを理解するための一助としたい。ビジネスセキュリティニューズ, Top // 2016-06-21*リンク先は、英文のみの閲覧となりますF-Secure Labs*は、2015年の「脅威レポ

2015年10月15日エフセキュア★フィードバック数:0デジタル家電

昨年スマートテレビを購入した消費者の割合は、デスクトップPC購入者の割合に匹敵

昨年スマートテレビを購入した消費者の割合は、デスクトップPC購入者の割合に匹敵 2015年10月8日ヘルシンキ発 - 本社発表資料抄訳サイバーセキュリティ企業、エフセキュアが今回実施した調査では、過去一年以内にスマートテレビを購入したと答えた回答者が23% に上り、デスクトップPCを購入したと答えた人の割合とほぼ同一でした。8,800人の消費者を対象に行われた今回の調査からは、「モノのインターネット(IoT)」が消費者の間で徐々に受け入れられつつある一方で、プライバシーやセキュリティ対策がきちん

2015年9月15日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

新たな調査で、オンライントラッキングがWebブラウジングを遅延させることが判明

新たな調査で、オンライントラッキングがWebブラウジングを遅延させることが判明 2015年9月8日ヘルシンキ発 - 本社発表資料抄訳トラッキング保護を活用することで、ロード時間を89%も短縮することができます。これは オンラインセキュリティのプロバイダであるエフセキュアが実施した、新たな調査で明らかになった事実であり、リサーチャーはサードパーティのトラッキングクッキーがどの程度ウェブサイトで乱用されているのかが、調査結果から浮き彫りになったと述べています。適切な対策を整備しない限り、この「デジタ

2015年9月1日エフセキュア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業は要注意 : 新たな調査でBYODのセキュリティギャップに警告

企業は要注意 : 新たな調査でBYODのセキュリティギャップに警告 2015年8月27日ヘルシンキ発 - 本社発表資料抄訳個人で所有するデバイスを仕事に使用している社員によって、セキュリティがより困難なものになっていると、企業の87%が感じています。しかしその多くが、この問題を他のセキュリティ懸案事項ほど優先度が高いとは考えていません。この結果は、オンラインセキュリティ企業エフセキュアが、ヨーロッパの企業で働く1,780人を対象に、それぞれのセキュリティ対策に関して行った調査で得られたものであり

2015年6月17日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

新調査が明らかにしたAppleユーザに関する6つの重要な事実

新調査が明らかにしたAppleユーザに関する6つの重要な事実 2015年6月9日ヘルシンキ発 - 本社発表資料抄訳 エフセキュアは、使用しているデバイスが異なる場合、セキュリティおよびプライバシーのニーズがどのように変化するのかをより良く理解するために、2015年4月*にアンケート調査を実施しました。エフセキュアは、どのようなデバイスを使用しているか、そのデバイスを使用している理由、さらに、オンラインプライバシーとセキュリティに関するさまざまな側面についてどう考えているかに関し、20項目の質問を

2015年6月15日エフセキュアフィードバック数:0企業情報システム

全国の自治体のマイナンバー制度対応状況を調査

エフセキュア、全国の自治体のマイナンバー制度対応状況を調査 エフセキュアが全国の自治体の情報セキュリティ担当者を対象に実施したアンケートの結果により、マイナンバー制度への対応が完了している自治体は8%に過ぎないことがわかりました。このアンケートは、2015年5月13日から6月8日の期間に全国749の自治体に対して、電話によるヒアリング形式で行われ、655の自治体から回答をいただきました。このうち「マイナンバー制度への対応が完了している」と回答いただいた自治体は54でした。昨今、日本でも100万人

2015年5月14日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年下半期脅威レポート

エフセキュア、「2014年下半期脅威レポート」日本語版を公開 エフセキュアは毎半期、セキュリティ脅威に関する世界的な状況をまとめた「脅威レポート」を発刊、一般公開しています。このたび、2014年の下半期についての脅威レポートの日本語翻訳版を制作し、提供を開始いたしました。日本での脅威の傾向2014年下半期にエフセキュア製品のユーザから当社監視システムに報告された、日本での脅威の統計は次のような順になりました。 Worm:W32/Downadup Trojan:W32/Autorun Exploi

2015年4月30日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

2014年下半期脅威レポート

エフセキュア、新しい調査レポートで恐喝型マルウェアの拡大を警告2015年04月30日08:00ツイートfsecure_blogヘルシンキ発サイバーセキュリティ企業であるエフセキュアは、新しい調査レポートを公開し、無防備な携帯電話ユーザやPCユーザから金銭を恐喝するマルウェアが増加していることを指摘しています。新しい脅威レポートによると、トロイの木馬やランサムウェアを送信するプレミアムSMSメッセージなどのマルウェアは拡大を続けており、今日、デジタルの脅威の状況において注意を要する存在となっていま

2015年3月19日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

クラウドによるセキュリティ対策の意識調査

エフセキュア、クラウドによるセキュリティ対策の意識調査結果を公開 エフセキュアは2015年2月、企業で情報セキュリティの運用または選定に携わる方459名を対象に、ウイルス対策ソリューションとクラウドの動向について調査を行いました。企業情報システムのクラウド化が進む現状を背景に、従業員数50名以上の企業では、自社で利用している業務用クラウドサービスとして、セキュリティが、電子メールとグループウェアに次いで活用されていることが判明しました。さらにウイルス対策ソリューションの利用形態に関しては、クラウ

2015年1月22日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

隠すものがなければ、 恐れることは何もない?

隠すものがなければ、恐れることは何もない?2014 年 10 月Copyright © 2014 F-Secure Corporation. All rights reserved.Cyber Security Research Institute(CSRI)によって実施された調査の結果、英国が監視国家に急速に変貌しつつあることが明らかになりました。企業と政府自身の活動を規制する措置を直ちにとらない限り、この変化による深刻な影響を元に戻すことは不可能です。エドワード・スノーデンが、米国の諜報機関

2014年9月29日エフセキュア★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

エフセキュアのレポートです。

2014年上半期脅威レポート

2014年上半期脅威レポート

2014年6月26日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

企業におけるLinuxサーバのセキュリティ対策の実態について調査

エフセキュア、Linuxサーバのセキュリティの実態を調査、14%の管理者が重大な被害を経験していたことが判明2014年06月26日08:00ツイートfsecure_blog東京発エフセキュアは2014年5月、調査パネルを持つインタネーネットリサーチ企業の協力により、企業におけるLinuxサーバのセキュリティ対策の実態について調査を実施しました。Webサーバ等のOSとしてLinuxを利用する企業の管理者の皆様から308件の有効回答をいただきました。この調査結果から、管理者の方の14%が、重大なセキ

2014年2月5日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

クラウド・プロバイダーはどれくらい信頼されているのか?

クラウド・プロバイダーはどれくらい信頼されているのか?2013年12月04日08:00ツイートfsecure_blog東京発世界的に、人々が最も頻繁にコンテンツをアップロードしているトップ5のプロバイダーは1位からFacebook、YouTube、Google Drive、Dropboxで、5位にMicrosoft SkyDriveとApple iCloudが入ります。プライベートでセンシティブなコンテンツは、グローバルなプロバイダーよりもむしろ自国のISPを信頼するとの傾向が出ています。レポー

2013年11月12日エフセキュアフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

インターネットの危険からの子どもの保護の実態

インターネットの危険からの子どもの保護の実態2013年11月12日07:00ツイートfsecure_blog東京発エフセキュアの調査によると、大半の親が子どものインターネット使用に懸念を示す反面、子どもが使うコンピュータやモバイル機器にファミリープロテクションソフトウェアを実際に使用している親の数はそう多くありません。世界中の親の78%が、ポルノ、暴力、人種差別、薬物など、子どもたちがネットサーフィン中に接する可能性のあるのあるコンテンツに懸念を示しています。75%の親は、子どもがインターネット

2013年3月10日エフセキュアフィードバック数:1644セキュリティ/ネットワーク海外

Mobile Threat Report Q4 2012

Callisto Group Published Apr 2017 The Callisto Group threat actor's primary interest is gathering foreign and security policy intelligence. In early 2016, they began sending highly targeted phishing emails... Ransomware How to prevent, predict, de

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ