調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > エムシーエイ

「エムシーエイ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年4月11日エムシーエイフィードバック数:0モバイル

携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測 2016年版

携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測 2016年版〜セルラーキャリアのLTE-Advanced/5Gインフラ戦略及び投資動向と周辺部材市場をキャリア・ベンダ・エンジニアリング会社など多角的な視点から総合的に分析〜 ■概要現在、セルラーキャリア各社の設備投資抑制が進んでいる。NTTドコモは2015年度に6,500億円という期初計画を発表していたが、第1四半期決算時に6,300億円、第2四半期決算時には6,000億円まで下方修正が行われた。KDDI(au)も2015年度はモ

2015年3月3日エムシーエイフィードバック数:0モバイル

携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測 2015年版

「携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測 2015年版」~セルラーキャリアのLTE-Advanced/5Gインフラ戦略及び投資動向と周辺部材市場をキャリア・ベンダ・エンジニアリング会社など多角的な視点から総合的に分析~ ■調査概要現在、ユーザのキャリア選択ポイントは料金以外に、LTEエリアの完成度に目が向けられている。そのためキャリア各社はLTEネットワークの整備に注力し、2013年度には積極的な基地局展開を進め、LTEエリアの強化を図ってきた。2014年度もNTTドコモ

2014年11月18日エムシーエイフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

通信建設業者便覧 2014

「通信建設業者便覧 2014」~固定・移動体通信建設市場を通信事業者と通信建設業者の両面から把握~ ■調査概要通信建設業界は携帯電話基地局や、光回線に代表されるブロードバンドのインフラである光ファイバ網の整備、さらにはCATV網の構築や企業通信の社内外ネットワークなど、その市場は多様な広がりをみせている。通信事業者は通信建設工事に毎年多額の設備投資を行っているが、ARPUの下落や純増契約数の鈍化などから設備投資額自体は抑制的になっている。通信建設業界は通信事業者の設備投資動向に大きく

2014年7月30日エムシーエイフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

NFVの動向と関連市場における主要プレイヤーの戦略に関する調査 2014

2018年度におけるNFV通信関連インフラ市場規模は880億円まで拡大〜MCA、ハード、ソフト、運用管理・保守、オーケストレーション市場の予測を発表〜 移動体通信・IT分野専門の調査会社である株式会社 MCA()は、NFV通信関連インフラに関する市場動向調査を実施し、その結果をとりまとめました。調査結果の要点は以下の通りです。・2015年度に一部ネットワークへNFV導入・2017年度にはNFV本格導入へ移行・NFV通信関連インフラ市場:190億円(2015年度推定)・2018年度に880億円へ

2014年5月30日エムシーエイフィードバック数:0ビジネス

中小法人における法人契約モバイル機器の導入実態に関する調査

国内企業の約3割が法人モバイル機器を導入、 中小企業の契約数は535万台と推計〜MCA、中小法人における法人契約モバイル機器の導入実態に関する調査を実施〜 移動体通信・IT分野専門の調査会社である株式会社 MCA()は、中小法人における法人契約モバイル機器の導入実態に関する調査を実施し、その結果をとりまとめました。調査結果の要点は以下の通りです。・国内企業195万社のうち法人契約モバイル機器を導入するのは55万社と推計・従業員数99名以下企業における法人契約モバイル機器の契約数は推計535万台

2014年3月13日エムシーエイフィードバック数:0モバイル

キャリアの基地局展開状況とスモールセル戦略、市場の予測

東京23区の携帯基地局設置、DCMはマイクロセル、 auはピコセル、SBMはマクロセル中心〜MCA、キャリアの基地局展開状況とスモールセル戦略、市場の予測を発表〜 移動体通信・IT 分野専門の調査会社である株式会社 MCA()は、スモールセルを巡るキャリア及びベンダ各社に関する市場動向調査を実施し、その結果をとりまとめました。調査結果の要点は以下のとおりです。1.モバイルキャリア別の東京都23区の全基地局設置状況は、・NTTドコモがマイクロセル(5〜10W未満)中心・KDDI(au)はピコセル

2014年3月6日エムシーエイフィードバック数:0モバイル

中古携帯電話端末の市場規模

中古携帯電話端末の市場規模、 2013年度は173万台、2016年度に333万台へ〜MCA、中古携帯電話・スマートフォン端末の市場予測を発表〜 移動体通信・IT 分野専門の調査会社である株式会社 MCA()は、中古携帯電話・スマートフォン端末に関する市場動向調査を実施し、その結果をとりまとめました。調査結果の要点は以下の通りです。・中古携帯電話・スマートフォン端末市場(消費者による中古端末の購入)173万台、203億円(2013年度推定)・2016年度には333万台、422億円へ拡大と予測本調

2014年2月28日エムシーエイフィードバック数:0モバイル

携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測 2014年版

「携帯電話基地局市場及び周辺部材市場の現状と将来予測 2014年版」~セルラーキャリアのLTEインフラ戦略及び投資動向と周辺部材市場をキャリア・ベンダ・エンジニアリング会社など多角的な視点から総合的に分析~ ■調査概要NTTドコモが2013年9月に「iPhone 5s」「iPhone 5c」を投入し、国内市場初のキャリア3社による同一端末の取り扱いが開始された。それに伴い、ユーザのキャリア選択ポイントは料金以外に、よりLTEエリアの完成度にも目が向けられることになった。LTEエリア競

2013年5月20日エムシーエイ★フィードバック数:2モバイル

総務省やTCA、JEITA、キャリア各社からのデータをEXCELにまとめています。

Mobile Basic Data(モバイル基礎データ)

※掲載数値は総務省やTCA、JEITA、キャリア各社から引用したものであり、詳細な注記は掲載元のWebサイトをご参照ください。 ※エクセル・アイコンをクリックし、閲覧/ダウンロードください。※携帯各社の取り決めにより、毎月発表されてた携帯電話の月別加入者数(TCA)が4半期ベースへ変更されたことに伴い、月別データにつきましては更新作業を一時停止しております。2013年5月20日MCA、「Mobile Basic Data(モバイル基礎データ)」の提供を開始(ニュースリリース、PDF)■更新履歴(

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ