調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > カンター・ジャパン

「カンター・ジャパン」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

KANTAR RETAIL BREAKTHROUGH INSIGHTS 2017年上半期版

KANTAR RETAIL 2017年上半期 BREAKTHROUGH INSIGHTS 公開2017年6月9日 広報室 KANTAR RETAILは、年に2回の定期刊行物として、本レポート「Breakthrough Insights」を発行しています。今回は、2017年上半期のレポートの公開です。2017年も半年が経過する中、世界の小売市場は益々不透明感を強めています。この低成長の時代においてもなお、ショッパーを引きつけ、かつ収益性を向上させるというプレッシャーは、マーケターに対して確実に高ま

2017年6月9日カンター・ジャパン★フィードバック数:0マーケティング

大手テクノロジーブランドがトップ5を独占。最も価値のある日本ブランドは、トヨタ

大手テクノロジーブランドがトップ5を独占。最も価値のある日本ブランドは、トヨタ。2017年6月8日 広報室 KANTAR JAPANは、世界最大の広告会社WPPの子会社です。WPPグループは、今年で12年目となる2017年の世界のブランド価値ランキング(『BrandZ™ Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking (最も価値のあるグローバルブランド トップ100ランキング)』)を発表いたしました。このブランド価値の算出は、カンター・ミルウォード・ブラウ

2017年3月1日カンター・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」日本レポート

WHAT'S NEW-世界39か国で実施された動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」-「Z世代」と呼ばれる新しい世代が成人をむかえ、徐々に購買力を持ちつつあります。Z世代 はポスト・ミレニアル世代、センタニアル世代とも呼ばれており、スマートフォンと共に育ってきた一番最初の世代ということで世界的にマーケターの関心を集めています。Y世代(ミレニアル)やX世代(ベビーバースト)に比べメディアに対する態度や行動にどのような違いがあるのか、そして、メディアプランニングやクリエイティブ制作をして

史上初のデジタルネイティブ「Z世代」の攻略ポイントは、音楽!

WHAT'S NEW-世界39か国で実施された動画広告の視聴態度調査最新版「アド・リアクション」ローンチのお知らせ-カンター・ジャパンは、人々がどのように広告を知覚しているか、2001年から実施している「AdReaction(アド・リアクション)」の調査結果を毎年公開しています。今回発表するKantar Millward Brown(カンター・ミルウォード・ブラウン)のAdReaction(アド・リアクション)最新版レポートは、日本を含む世界39カ国、16,000人以上の消費者の調査(2016年

アジア・パシフィック地域にみるSnapchatとInstagramの利用率

WHAT'S NEWカンター・ジャパンは、世界57か国、計7万人の消費者を対象に2016年に実施したモバイル・タブレットなどのデジタル機器やデジタル関連サービスの消費・利用動向調査「Connected Life(コネクテッド・ライフ)」のデータやレポートの提供を開始いたします。本調査は、企業の業務分野における消費者行動がどのように変化しているのかを理解するだけにとどまらず、近年様々なタッチポイントが拡大する「コネクテッド・ワールド」におけるブランドや企業のベストな意思決定に貢献いたします。急増す

2016年7月7日カンター・ジャパン★★フィードバック数:0マーケティング

WPP ブランド価値ランキング

WHAT'S NEWGoogleがAppleを上回り、ブランド価値1位を奪還。世界で最も価値のある日本ブランドは、トヨタ。カンター・ジャパンは、世界最大の広告会社WPP(ダブリューピーピー)の子会社です。WPPグループは、今年で11年目となる2016年の世界のブランド価値ランキング(『BrandZ™ Top 100 Most Valuable Global Brands Ranking (最も価値のあるグローバルブランド トップ100ランキング)』)を発表いたしました。このブランド価値の算出は、

2016年6月7日カンター・ジャパン★フィードバック数:0モバイル

フェイスブックとテレビ―のシナジーについて(クロスメディア・リサーチ)

WHAT'S NEWデジタルとFacebookのさらなる活用方法前回、「Facebook広告による態度変容効果を検証」でご紹介したようにFacebook広告には態度変容効果があることがわかった。今回は、それを他のメディアと比較した結果をご紹介する。調査手法には、カンターグループMillwardBrown社のCrossMedia Research(クロスメディア・リサーチ)を用いた。分析は、 Facebookと共同で調査を実施した日本の大型ブランドキャンペーンについて、測定された複数の効果データを

Android Share Growth is Highest in EU5 in Over Two Years

MenuAndroid growth: highest in EU5 in over two years11/05/2016The latest smartphone OS data from Kantar Worldpanel ComTech for the three months ending March 2016 shows Android continuing to grow sales across the EU5, US, and Urban China. There were s

2016年3月9日カンター・ジャパンフィードバック数:0マーケティング

日本の感覚ではわからない、世界のメディア環境 日本はいまだにPC中心の、メディアシフト後進国【Connected Life2016】

WHAT'S NEW 日本はいまだにPC中心の、メディアシフト後進国【Connected Life2016】 昨年11月に掲載した、テイラーネルソン・ソフレス(TNS)社が世界50か国で実施した調査、「Connected Life2016」の記事(前回記事はこちら)について、よくいただく質問への回答を踏まえ、レポートから分かることを数回に分けてご紹介していきたいと思います。本調査は、カスタマージャーニーに沿って6つにカテゴライズされており、第1回目は下図における「メディア/デバイスの利用状況」に

高いターゲティング精度だけではない!Facebook広告による態度変容効果を検証

WHAT'S NEW最近、Facebookで大手メーカーの広告を目にすることが増えているのはなぜか。それは、Facebook広告には、クリックやコンバージョンといったいわゆるレスポンス効果(エンゲージメント)だけでなく、ブランド効果(態度変容効果)があるということを理解している広告主が増えてきているからである。Kantar JapanはFacebook上で実施された大型のブランドキャンペーンのブランド効果測定を、世界的なブランド&コミュニケーション調査の専門機関であるMillwardBrown社

2015年2月6日カンター・ジャパンフィードバック数:0モバイル海外

Apple iOS leads US OS share for the first time since Q4 2012

MenuApple iOS leads US OS share for the first time since Q4 201204/02/2015The latest smartphone sales data from Kantar Worldpanel ComTech, for the fourth quarter of 2014, shows that Apple’s share of sales grew across the US, Europe* and China during

2015年1月9日カンター・ジャパンフィードバック数:0モバイル海外

Apple market share grows across Europe, US and China

MenuApple market share grows across Europe, US and China07/01/2015The latest smartphone sales data from Kantar Worldpanel ComTech, for the three months ending November 2014, shows that the impact of the iPhone 6 and 6 Plus launch continued in the run

チャリティーに時間を費やす可能性が高い人の割合は45%

WHAT'S NEWチャリティー、社会活動に時間を費やす可能性が高い人の割合は、日本45%、アメリカ77%、ナイジェリア95%。市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて16歳以上の消費者を対象に実施した調査の中で、「1年以内に金銭または時間をチャリティーやサポートしている社会活動に費やす可能性」について聞いたとこ

高齢になるまで働かなければならないと考えている人は61%

WHAT'S NEW[トピックス]高齢になるまで働かなければならないと考えている人は61%- 韓国は81%。16歳以上の消費者の価値観調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて16歳以上の消費者を対象に実施した調査の中で、「平均寿命の延長に伴って、私たちは高齢になるまで働かなければならないと思うか」という質

より大きな報酬を得るチャンスのために多少のリスクを負う人の割合は27%

WHAT'S NEWより大きな報酬を得るチャンスのために多少のリスクを負う人の割合は27%- 24ヵ国中最下位はドイツの24%。日本は23番目に低い -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて実施した調査の中で、各国の消費者(16歳以上)に「より大きな報酬を得るチャンスのために多少のリスクを負う」か、それとも「安

アルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本

WHAT'S NEWアルコール飲料を毎日飲む人の割合が24ヵ国中1番高いのは日本市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて16歳以上の消費者を対象に実施した調査によると、アルコール飲料を毎日飲むと回答した人の割合は21%で、24ヵ国中最も高い数値でした。*飲酒が認められる年齢は国により異なりますが、この調査では対象

2014年9月5日カンター・ジャパン★フィードバック数:0モバイル

国際調査です。

2014年5-7月のiPhone(アイフォーン)販売シェアは約29%

WHAT'S NEW5-7月のiPhone(アイフォーン)販売シェアは約29%- 昨年よりも販売シェアが約20ポイント低下 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。2014年5月から7月にかけて日本で16歳以上の男女を対象に実施した調査によると、過去1ヵ月の間にスマートフォンを新規契約又

企業幹部の72%が1970・80年代生まれ

WHAT'S NEW市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の価値観や生活態度・意識などを調査しています。この中には、企業幹部を対象にしたものも含まれます。中国にあるグループ会社のシーティーアール(CTR)社が、都市部の企業幹部を対象に2013年に実施した調査によると、対象者のうち1970年代・80年代生まれの人の割合が72%を占めました。また、2004年に行った調査と比較すると、以前よりもワークライフバランスを考慮する企業幹部

BBクリームを使う女性、中国都市部で増加の傾向

WHAT'S NEWBBクリームを使う女性、中国都市部で増加の傾向- 2年前調査時よりも使用者の割合が高まる -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の生活態度や意識などを調査しています。このうち、中国では、グループ会社のカンター・ワールドパネル社が、女性の化粧品(スキンケア含む)の使用状況や肌に対する意識の変化を毎年調べています。その調査の中で、中国都市部の女性(13-55歳が対象)でBBクリーム*を使う人が数年前よりも増加

国際比較です。

ネットユーザーの約54%が新聞を毎日読む

WHAT'S NEWネットユーザーの約54%が新聞を毎日読む。この割合は49ヵ国(地域)で2番目に高い市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、消費者のモバイル・タブレットなどのデジタル機器やデジタル関連サービスの消費・利用動向を調べ、そのデータや分析レポートを企業に提供しています。今年の3月から6月にかけて、少なくとも週に一回はインターネットにアクセスする人をネットユーザーと定義し、日本を含む49ヵ国(地域)で実施した調査(名称:『Connec

2014年8月6日カンター・ジャパンフィードバック数:0エンタテインメント

ネットユーザーの約49%がモバイル・タブレットでゲーム

WHAT'S NEWモバイル又はタブレットでゲームをする人の割合は ネットユーザーの約49%- 週一回以上ゲームをする人の割合は約27% -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、消費者のモバイル・タブレットなどのデジタル機器やデジタル関連サービスの消費・利用動向を調べ、そのデータや分析レポートを企業に提供しています。今年の3月から6月にかけて、少なくとも週に一回はインターネットにアクセスする人約1,000人を対象に実施した調査(名称:『Con

日本が最下位です。

SNSの利用度で日本は49ヵ国(地域)中最下位

WHAT'S NEWソーシャルネットワークサービスの利用度で日本は49ヵ国(地域)中最下位- 写真・動画などのアップロードでも日本は最下位 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、消費者のモバイル・タブレットなどのデジタル機器やデジタル関連サービスの消費・利用動向を調べ、そのデータや分析レポートを企業に提供しています。今年の3月から6月にかけて、49ヵ国(地域)のインターネットユーザー約55,000人(日本は996人)を対象に実施した調査(名

24ヵ国で「お年寄りは何歳から?」を調査。日本は68歳

WHAT'S NEW24ヵ国で「お年寄りは何歳から?」を調査。世界の平均は63歳、日本は68歳市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて実施した調査の中で、各国の16歳以上の男女に対し「お年寄りとは何歳からだと思うか」という質問を行いました。すると、24ヵ国の人々の回答の平均値が約63歳で、日本の平均値が約68歳と

2014年7月9日カンター・ジャパンフィードバック数:0モバイル海外

中国のスマートフォン販売シェアで2位の小米科技(シャオミ)

WHAT'S NEW中国(都市部)のスマートフォン販売シェア。1位サムスン、2位小米科技(シャオミ)、3位アップル市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。2014年1月から5月にかけて中国(都市部)で実施した調査によると、過去1ヵ月の間にスマートフォンを新規契約または機種変更した人のスマー

2014年7月3日カンター・ジャパンフィードバック数:0ライフスタイル

「見た目」、「収入」より 「知性」に秀でたい53%

WHAT'S NEW53%の人が「見た目(ルックス)」、「収入」より 「知性」に秀でることを理想と考えている- 諸外国でも同様の傾向あり。24ヵ国調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、日本を含む24ヵ国の市場トレンドと将来予測情報(名称:「グローバル・モニター」調査)を企業に提供しています。今年の2月から3月にかけて16歳以上の男女約1,000人を対象に日本でインターネット調査を実施し、「知性」、「見た目(ルックス)」、「収入」のうち

ワールドカップに1番興奮している国はインドネシア

WHAT'S NEW21ヵ国でワールドカップへの興奮度合いを比較。1番興奮している国は「インドネシア」。「日本」は21ヵ国中「17番目」市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の価値観や態度に関する調査を行っています。現在最も注目されているスポーツの祭典の一つ「2014 FIFAワールドカップブラジル大会」に関して、今年の2月に21ヵ国の消費者に大会に関する興奮度合いを聞きました。その結果、「とてもエキサイト(興奮)している」と

「次もiPhone(アイフォーン)を買う」が82%

WHAT'S NEW- iPhone(アイフォーン)所有者で、1年以内に買い替え予定の人が対象。日本、アメリカ、中国(都市部)での調査結果 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。2014年1月から3月にかけて日本で実施した調査によると、今iPhone(アイフォーン)所有者でこれから1年

2014年6月4日カンター・ジャパンフィードバック数:0ライフスタイル海外

アメリカの10代が得るお金の主役は、「親からもらうお金」と「ギフトカード」

WHAT'S NEW[トピックス]アメリカの10代が得るお金の主役は、「親からもらうお金」と「ギフトカード」- フルタイムの仕事からお金を得ると回答する人の割合が2007年調査よりも減少 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の価値観や態度に関する調査を行っています。グループ会社のザ・フューチャーズ・カンパニー社が、昨年アメリカで10代、20代の男女計4,000名を対象に実施した調査によると、10代の人が得るお金(又はそれに

ルイ・ヴィトンの評価。「満足」で中国が日本を上回る

WHAT'S NEW[トピックス]中国と日本の消費者のルイ・ヴィトン評価。「満足」で中国が日本を上回る- ブランド力調査。日本、中国、アメリカ、フランスの比較 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、2013年9月から11月にかけて、高級ブランドの認知や評価などについて日本・中国・アメリカ・フランスの4ヵ国でインターネット調査を行いました。すると、ルイ・ヴィトンに対し、「満足・このブランドしか買わない」と捉えている人の割合(ポイント)では、中

NTT Docomoのスマホ購入者のうち、42%がiPhone

WHAT'S NEWNTT Docomoのスマートフォン購入者のうち、42%がiPhone(アイフォーン)を選択- 2014年1月から3月のスマートフォン販売シェア調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。今年の1月から3月に実施した調査によれば、過去1ヵ月の間にスマートフォンを購入

2014年5月8日カンター・ジャパン★フィードバック数:0モバイル

国際比較です。

直近3ヵ月のiPhone販売シェアは57.6%

WHAT'S NEW直近3ヵ月のiPhone(アイフォーン)販売シェアは57.6%市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。2014年1月から3月にかけて日本で16歳以上の男女を対象に実施した調査によると、過去1ヵ月の間にスマートフォンを新規契約又は機種変更した人のうち、その57.6%がiO

Apple regains momentum as Windows stutters

MenuApple regains momentum as Windows stutters28/04/2014The latest smartphone sales data from Kantar Worldpanel ComTech, for the three months to March 2014, shows Apple performing strongly in the first quarter of the year, with sales bouncing back in

5歳以下の子供を持つ母親は、熱心なSNSユーザー

WHAT'S NEW5歳以下の子供を持つ母親は、熱心なソーシャルメディアユーザー- イギリス、フランス、ドイツ、スペインでの調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、世界各国で消費者の行動や態度に関する調査を行っています。グループ会社のカンター・メディア社がイギリス、フランス、ドイツ、スペインでソーシャルネットワーキングサイトの利用について昨年実施した調査によると、インターネットユーザーである母親たちはソーシャルメディアサイトを定期的に訪

2014年4月8日カンター・ジャパンフィードバック数:0デジタル家電

タブレット浸透率は、日本が18%でアメリカが37%

WHAT'S NEWタブレット浸透率は、日本が18%でアメリカが37%- 2013年10月から12月のタブレットに関する調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。2013年10月から12月にかけて16歳以上の男女を対象に日本とアメリカで実施した調査によると、タブレットの浸透率はそれぞ

2014年4月2日カンター・ジャパンフィードバック数:0デジタル家電

アメリカのタブレット内占有率。1位はアップルで43%

WHAT'S NEWアメリカのタブレット内占有率。1位はアップルで43%- 2013年10月から12月のタブレットに関する調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。2013年10月から12月にかけてグループ会社のカンター・ワールドパネル社がアメリカで実施した調査によると、16歳以上の

テレビ広告を好ましいと感じる人の割合が高い日本

WHAT'S NEW先進国では一番。テレビ広告を好ましいと感じる人の割合が高い日本- テレビを所有(又は使用)し、かつスマホ又はタブレットを所有(又は使用)する16歳から44歳の人の広告の捉え方。26ヵ国調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、テレビを見ているときにスマートフォンやタブレットを使用している人の実態を把握する調査を実施しています。2013年11月から12月にかけてグループ会社のミルウォード・ブラウン社(本社:イギリス)が行

伝統的な広告は 車を買う人にとって信頼できる情報源。(アメリカ)

WHAT'S NEW伝統的な広告手法(テレビ・新聞・雑誌等)は 車を買う人にとって信頼できる情報源。 一方、ソーシャルメディア等の消費者主導型コンテンツに影響される人は7%程度- 車を買いたいアメリカの消費者約1,000名に聞いた -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、近々新車の購入を検討している人たちが、情報収集から実際の購入までにどのような行動を取るのかをアメリカや中国で調査し、その結果を分析しています。昨年7月から10月にかけてグルー

2014年3月4日カンター・ジャパンフィードバック数:0モバイル

iPhone販売シェアは前年同時期比でプラス約3%

WHAT'S NEWiPhone(アイフォーン)販売シェアは前年同時期比でプラス約3%- 2013年11月から2014年1月のスマートフォン販売シェア調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。2013年11月から今年の1月にかけて16歳以上の消費者を対象に実施したインターネット調査に

ソーシャルメディアの影響は好ましい(中国)

WHAT'S NEWソーシャルメディアを使う人の約77%はその影響を好ましいと感じている(中国)- 現実のプレッシャーから解放してくれるのがソーシャルメディア。中国人のソーシャルメディアへの向き合い方 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、ソーシャルメディアでのつぶやき・投稿の収集・分析やソーシャルメディアを使う人の動向調査などを行っています。昨年末から今年初めにかけて、グループ会社のシーティアール社(CTR)が中国のソーシャルメディア使用者1

2014年2月5日カンター・ジャパンフィードバック数:0ライフスタイル海外

同じパーソナルケア製品を使う50歳以上の女性の割合は65%(アメリカ)

WHAT'S NEW同じパーソナルケア製品を使う50歳以上の女性の割合は65%(アメリカ)市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、世界各地にあるグループ会社と協力して、消費者の日々の生活や行動について調査を行っています。グループ会社のカンター・ワールドパネル社が行っている定期調査によると、アメリカの50歳以上の女性には、パーソナルケア製品*を購入する際、それが同じ製品である場合が多いことがわかりました。*パーソナルケア製品とは、洗顔・スキンケア用品

Amazon: highest ever share of entertainment market

Cookies remember you so we can ensure to give you the best experience possible. By using this website or closing this message, you are agreeing to our cookies and policies Do not show this message again

Android ends 2013 as the top OS across Europe

Cookies remember you so we can ensure to give you the best experience possible. By using this website or closing this message, you are agreeing to our cookies and policies Do not show this message again

インドネシア世帯の86%が同じ製品を買う

WHAT'S NEW- 都市部に暮らす5,000世帯の1年間の買い物の記録 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、世界各地にあるグループ会社の事業所と協力して、海外の消費者の実態を様々な方法で把握しています。東南アジア最大の経済国であるインドネシアでは、グループ会社のカンター・ワールドパネル社がその都市部に住む5,000世帯を対象に日用品に関する購買記録を取っています。彼らは、その購買記録から、消費者がどの程度日用品のブランドにこだわりを持って

IOS <hearts> the US

HomePublic AffairsPoliticsKantar US Election PulseEconomyPolicyBusinessRetailHealthBrandsTechMobileSocialDigitalTVArchiveFOLLOW USAboutKantar.com

iPhone保有者のうち、既に63%はチャイナ・モバイルを利用

WHAT'S NEWiPhone(アイフォーン)保有者のうち、既に63%は中国移動通信(チャイナ・モバイル)のネットワークを利用- 中国最大の携帯通信事業者であるチャイナ・モバイルがアップルと提携。今月からiPhone(アイフォーン)の販売を開始 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。中国

2013年9月から11月のスマートフォン販売シェア調査

WHAT'S NEW欧米では前年よりiPhone(アイフォーン)のシェアが低下。- 2013年9月から11月のスマートフォン販売シェア調査 -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。昨年9月から11月に実施した調査によると、日本におけるスマートフォンのOS(オペレーティングシステム)別販売シェ

中国移動通信(チャイナ・モバイル)が中国最強のブランド

WHAT'S NEWミルウォード・ブラウン社がブランド価値ランキングの中国版を発表しました。中国で最も価値の高いブランドと評価されたのは、中国移動通信(チャイナ・モバイル)でした。以下はこの調査のポイントを示したインフォグラフィック(英語)です。KANTAR JAPANよりKANTAR JAPANからのお知らせです。 ホームページの更新情報、新サービスのご紹介などを行っていきます。 Recent Entriesカテゴリーアーカイブ

日本でのiPhoneの販売シェアです。

アップルのスマートフォン販売シェアは76%

WHAT'S NEW市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、携帯電話・スマートフォンおよびタブレット機器の購買・使用動向調査(名称:「カンター・ワールドパネル・コムテック(略:コムテック調査)」)を毎月実施しています。10月の調査結果を見ると、日本でここ1ヵ月のうちにiPhone(アイフォーン)を購入したと回答した人の割合は、スマートフォンを購入した人の約76%を占めました。また、最も売れた機種は、iPhone5s(アイフォーン・ファイブエス)でし

テレビ広告には有名人 - 日本の広告に見られる傾向と海外の違い -

WHAT'S NEW- 日本の広告に見られる傾向と海外の違い -市場調査会社の株式会社カンター・ジャパン(本社:東京都渋谷区、取締役社長:大竹秀彦)は、テレビ広告の効果を高めたい広告主(企業)に対し、放映される前の広告を評価する効果測定サービス(名称:『リンク(Link)調査』)を提供しています。ここで言う効果とは、広告を見た消費者の気持ちや行動に変化を起こす、つまり、消費者が製品・サービス(ブランド)に良い(又は悪い)印象を持ったり、買いたい(又は買いたくない)と思うようになったりすることを指

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ