調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド

「クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年第1四半期(1月1日~3月31日)の東京不動産賃貸市場調査レポート(オフィス編・リテール編)

外資系の飲食が集客の新たなけん引役に ー東京不動産市場四半期レポート― 2015年4月9日 外資系の飲食が集客の新たなけん引役に ー東京不動産市場四半期レポート― 2015年4月9日クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド外資系の飲食が集客の新たなけん引役に ―2015年第1四半期 東京オフィス・リテール賃貸市場レポート― クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W 米国・ニューヨーク)はこのたび、2015年第1四半期(1月1日~3月31日)の東京不動産賃貸市場調査レポート(オフィス編

International Investment Atlas 2015

世界の不動産投資、5年ぶりに減少 ― C&W年次レポート ― 2015年3月12日 世界の不動産投資、5年ぶりに減少 ― C&W年次レポート ― 2015年3月12日クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド世界の不動産投資、5年ぶりに減少 ― アジア太平洋地域では23.6%減― クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク。以下「C&W」といいます。)はフランスのカンヌで開催されている不動産見本市「不動産プロフェッショナル国際マーケット会議(MIPIM)」で、世界の不動産投資

2014年第4四半期 東京賃貸市場レポート 2014年第4四半期 不動産市場調査レポート

新規オープンが続くリテール不動産市場 ―2014年第4四半期 東京賃貸市場レポート― 2015年1月15日 新規オープンが続くリテール不動産市場 ―2014年第4四半期 東京賃貸市場レポート― 2015年1月15日クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド新規オープンが続くリテール不動産市場 ―2014年第4四半期 東京賃貸市場レポート―クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(C&W 米国・ニューヨーク)はこのたび、2014年第4四半期(10月1日~12月31日)のオフィスおよびリテールに関

Main Streets Across the World 2014-2015

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、世界のブランドショップ街の賃料動向に関する年次調査レポート「Main Streets Across the World 2014-2015」を公表しました。1988年にはじまったこの調査は、世界65カ国330地点の一等地のブランド街を賃料水準(注)に基づいてランク付けし、世界のリテール不動産市場動向の指標となるものです。本レポートの要約は以下のとおりです。 (注)2014年9月末時点の賃料。以下、文中の%表示は前年同期比の現地

2014年第3四半期インベストメント・レポート

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第3四半期(7月1日~9月30日)の調査レポート「MARKETBEAT INVESTMENT TOKYO Q3 2014」を公表しました。本レポートは東京不動産投資市場に関して以下のとおり分析しています。 1.不動産会社や私募ファンドは買主としての存在感を徐々に増してきており、彼らを含む強気な買主に牽引され、売買市場は活発になりました。その反面、上がり過ぎた価格についていけないJ-REITsが見られました。その結果、

2014年第3四半期 東京リテール不動産市場レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第3四半期(7月1日~9月30日)の東京リテール不動産市場に関する調査レポート「MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q3 2014」を公表しました。本レポートはリテールセクター(小売部門)が東京の商業不動産に及ぼす影響や市場動向について以下のとおり報告しています。1. 全国百貨店売上高(8月)は、5カ月連続でマイナスとなりましたが、訪日外国人売上は47億円と、8月としては過去最高を記録し、大都市圏の店舗の売

Winning in Growth Cities 2014/2015

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク)は世界の都市別不動産投資に関する年次レポートWinning in Growth Citiesを公表しました。同レポートは2014年6月末までの1年間について以下のとおり報告しています。 (文中、増減率はすべて前年同期(2012年7月1日から2013年6月末まで)との比較です。)1.ニューヨークは、4年連続で世界最大の不動産投資市場の座を維持しました。年間投資額は12.6%増加し554億米ドルでした。2. 2位

東京オフィス賃貸市場レポート 2014年第3四半期

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第3四半期(7月1日~9月30日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q3 2014」を公表しました。本レポートはグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。 (*「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。)立地改善やオフィス床拡張ニーズの増加を反映し、テナントからの移転の問い合わせ数は前期から増加しましたが、

2014年第2四半期 東京リテール不動産市場レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第2四半期(4月1日~6月30日)の東京リテール不動産市場に関する調査レポート「MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q 2014」を公表しました。本レポートはリテールセクター(小売部門)が東京の商業不動産に及ぼす影響や市場動向について以下のとおり報告しています。 1.東京都内主要商業地の店舗賃貸マーケットは引き続き堅調に推移しています。2.リテーラーのテナント出店意欲は引き続き旺盛ですが、好調な販売状況に支

東京オフィス賃貸市場レポート 2014年第2四半期

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第2四半期(4月1日~6月30日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q2 2014」を公表しました。本レポートはグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。 (*「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。)1.中小企業からの移転の問い合わせ数が増加傾向にあり、景況感は大企業にとどまらず中小企業のオフィス床需要

2014年第2四半期インベストメント・レポート

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第2四半期(4月1日~6月30日)の調査レポート「MARKETBEAT INVESTMENT TOKYO Q2 2014」を公表しました。本レポートは東京不動産投資市場に関して以下のとおり分析しています。 1.今年上半期のオフィス売買取引量は、前年比20%増加し1兆円を超えました。依然として積極的な買い手である既存J-REITと並び、日本リートやインベスコオフィスリート等の新規銘柄も売買市場を牽引しました。2.オフィ

東京不動産投資市場、売買市場は過熱 - 2014年第1四半期インベストメント・レポート

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2014年第1四半期(1月1日~3月31日)の調査レポート「MARKETBEAT INVESTMENT TOKYO Q1 2014」を公表しました。本レポートは東京不動産投資市場に関して以下のとおり分析しています。1. 国家戦略特区の指定・規制緩和により当該6地域において不動産価格が上昇し、不動産投資活動が盛んになることが予想されます。2. イールドが圧縮し、売買高の増加が見られました。特にオフィスセクターの売買高は前期(20

2014年第1四半期オフィス・レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン·アンド·ウェイクフィールドは、2014年第1四半期(1月1日~3月31日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q1 2014」を公表しました。本レポートはグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。 (*「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。)1. 景況感は改善し、これに呼応してテナントからの移転問い合わせが増加し、幅広い業界で移転がありました。

International Investment Atlas 2014

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク)は本日、世界の不動産投資に関する最新の年次レポート「International Investment Atlas 2014」を公表しました。このレポートによれば2013年の世界の不動産投資総額は前年比22.6%増加して1兆1,800億米ドルに達し、2007年以降の最高となりました。グローバルな不動産投資は、景気後退が終わり、市場活動と価格が上昇したことで2013年に曲がり角を迎えました。センチメントは上向き、流

世界一賃料が高いオフィス街はロンドン、東京は5位

クリックすると拡大します・ロンドンは2年連続で、世界で最も賃料が高いオフィス街・前年に引き続き香港が2位、東京は5位・昨年の世界のオフィス賃料は、全体で前年比3%上昇クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドはこのほど、2013年の世界のオフィス市場の賃料動向に関する年次調査レポート「OFFICE SPACE ACROSS THE WORLD 2014」を公表しました。このレポートによると、ロンドンのウエスト・エンド地区が2年連続で「世界一賃料が高いオフィス市場」となりました。同地区では、旺盛な需

2013年第4四半期インベストメント・レポート

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2013年第4四半期(10月1日~12月31日)の調査レポート「MARKETBEAT INVESTMENT TOKYO Q4 2013」を公表しました。本レポートは東京不動産投資市場に関して以下のとおり分析しています。1. J-REITが依然として主たる買い手ですが私募ファンドも徐々に買い手として登場してきました。 2. 第4四半期の売買取引量は鈍化したものの、2013年の年間を通してみれば活気づいた売買市場を反映して、各セク

2013年第4四半期オフィス・レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン·アンド·ウェイクフィールドは、2013年第4四半期(10月1日~12月31日)の東京オフィス賃貸市場に関する調査レポート「MARKETBEAT OFFICE TOKYO Q4 2013」を公表しました。本レポートはグレードA*のオフィスビルに関して以下のとおり分析しています。 (*「築10年以内かつ基準階面積380坪以上」の物件をグレードAと定義しています。)1. 景況感は製造業、非製造業とも大幅に改善し、テナントからの移転の問合せ数、館内増床、拡張移転需要

2013年第4四半期リテール・レポート

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2013年第4四半期(10月1日~12月31日)の東京リテール不動産市場に関する調査レポート「MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q4 2013」を公表しました。本レポートはリテールセクター(小売部門)が東京の商業不動産に及ぼす影響や市場動向について以下のとおり報告しています。1.10月の全国百貨店売上高と既存ショッピングセンター販売高はともに前年同月比減少した(それぞれ▲0.6%、▲2.6%)が、これは天候不順によ

2014年・アジア主要都市のオフィス市場予測

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(本社:米国・ニューヨーク 以下「C&W」といいます。)は本日、アジア太平洋の14の国と地域における来年のオフィス市場予測レポート「14 for 2014 - Top Trends to Watch」を公表しました。2014年は主要30都市のオフィス床新規需要の合計が約170万坪に到達する可能性が高いとC&Wは予測します。アジア太平洋地域リサーチ部門マネージングディレクターのシグリッド・ジアルシタSigrid Zialcitaは、

2013年第3四半期インベストメント・レポート

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(以下「C&W」といいます。)は、2013年第3四半期(7月1日~9月30日)の調査レポート「MARKETBEAT INVESTMENT TOKYO Q3 2013」を公表しました。本レポートは東京不動産投資市場に関して以下のとおり分析しています。1. 本年1月1日から9月末までの首都圏の不動産売買取引累計額*は、すでに2011年、2012年、それぞれの年間売買取引累計額を突破しました。2. これまでは、売り手の売却希望価格と買い

リテール不動産市場レポート25周年記念号

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、世界のブランドショップ街の賃料動向に関する年次調査レポート「Main Streets Across the World」を公表しました。1988年にはじまり、今年で25周年となるこの調査は、世界64カ国334か所の一等地のブランドショップ街を賃料水準(注)に基づいてランク付けしており、世界のリテール不動産市場動向の指標となるものです。本レポートの要約は以下のとおりです。 (注)2013年6月末時点の賃料。以下、文中の%表示は前

Hotel Views 2014 Asia Pacific

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、アジアのホテル市場に関する年次レポート「Hotel Views 2014 Asia Pacific」を公表しました。このレポートでは、アジアの23都市におけるホテル市場の現状分析と展望について以下のとおり述べています。1. 2013年上期のアジアのホテル投資総額は51.6億米ドルに達し、前年同期比53%以上増加した。2013年通期では100~120億米ドルに達するとC&Wは予想する。これは2008年のリーマンショック・世界金融

MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q3 2013

クリックすると拡大しますクッシュマン・アンド・ウェイクフィールドは、2013年第3四半期(7月1日~9月30日)の東京リテール不動産市場に関する調査レポート「MARKETBEAT RETAIL TOKYO Q3 2013」を公表しました。本レポートはリテールセクター(小売部門)が東京の商業不動産に及ぼす影響や市場動向について以下のとおり報告しています。1. グローバル・リテイラーの積極的な日本出店が続いている。(ホリスターの日本上陸(横浜ららぽーと)、UGGの渋谷公園通りコンセプトストアオープン

世界の都市別不動産投資に関する年次レポート Winning in Growth Cities

クリックすると拡大します クッシュマン・アンド・ウェイクフィールド(米国・ニューヨーク)は世界の都市別不動産投資に関する年次レポートWinning in Growth Citiesを公表しました。同レポートは2013年6月末までの1年間について以下のとおり報告しています。1. ニューヨークは、3年連続で世界最大の不動産投資市場の座を維持した。年間投資額は前年同期比39%増の492億米ドルに達した。 2. ロンドンは6%増の323億米ドルで2位。 3. 東京は昨年の3位から4位に下がった。ロサンゼ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ