調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > ゴールドマン・サックス

「ゴールドマン・サックス」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

インフォグラフィック:2025年のクルマ

Cars今後10年間で、自動車業界は大転換期を迎えます。クルマ、自動車メーカー、消費者は大きく様変わりします。技術革新によるこの変革には4つの大きな潮流があります。2025年の車は… 環境に優しい気候変動を懸念する消費者や規制当局は、二酸化炭素の排出量を削減するよう自動車メーカーに圧力をかけています。出典: 経済産業省 運輸部門が排出する世界の温室効果ガスの割合 (%) 出典: 経済産業省 利便性世界の都市の交通渋滞は深刻化しています。 車の稼働率は5%にもかかわらず、所有コストは上昇してお

2015年後半の米国株式市場の見通し

2015年後半の米国株式市場の見通し

米国リートの投資環境について -足元の米国リート市場の動向と今後の見通し-

米国リートの投資環境について -足元の米国リート市場の動向と今後の見通し-

アメリカのECです。

米国情報技術(IT)セクター特集:(4) ~引き続き拡大が期待されるオンライン販売市場~

米国情報技術(IT)セクター特集:(4) ~引き続き拡大が期待されるオンライン販売市場~

IoTについてのレポートです。

米国情報技術(IT)セクター特集:(2) ~「IoT」時代の到来~

米国情報技術(IT)セクター特集:(2) ~「IoT」時代の到来~

日本株式の投資環境と今後の見通し

日本株式の投資環境と今後の見通し

1分で読みとくアメリカ「読得」No.23~成長に注目が集まるアメリカのリート市場~

1分で読みとくアメリカ「読得」No.23~成長に注目が集まるアメリカのリート市場~

米国株式の投資環境について -世界経済の二極化と米国の相対優位-

米国株式の投資環境について -世界経済の二極化と米国の相対優位-

直近のMLP市場の動向と今後の見通し

直近のMLP市場の動向と今後の見通し

1分で読みとくアメリカ「読得」No.22~電力も石炭から天然ガスへ。進む米国のエネルギー転換~

1分で読みとくアメリカ「読得」No.22~電力も石炭から天然ガスへ。進む米国のエネルギー転換~

米国株式の投資環境について

米国株式の投資環境について

米国株式の投資環境について

米国株式の投資環境について

米国情報技術(IT)セクターの投資環境について

2014年8月7日米国情報技術(IT)セクターの投資環境について(1/2)情報提供資料4-6月期決算発表を受けた市場動向と今後の見通し米国ITセクターの動向 2014年、米国ITセクターは、3月から4月中旬にかけてSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)など一部の銘柄群が割高感から調整する局面もありましたが、セクター全体としては良好なファンダメンタルズと1-3月期の決算発表を背景に上昇を続け、8月5日時点でS&P500指数を4.9%上回り堅調に推移しています。米国主要株価指数とITセク

米国情報技術セクターの投資環境について

米国情報技術セクターの投資環境について

エマージング市場の動向と投資見通しについて

エマージング市場の動向と投資見通しについて2014年2月5日情報提供資料エマージング市場の動向 昨夏にFRB(米連邦準備理事会)が金融緩和の縮小に言及した際はエマージング資産は大きく売り込まれたものの、実際に金融緩和縮小が決定された2013年12月以降の数週間は比較的落ち着いた動きとなっていました。しかし、2014年1月中旬から中国のシャドーバンキングに対する懸念、トルコ・リラの不安定な動き、アルゼンチンの通貨切り下げ、ウクライナおよびタイにおけるデモといった各国のニュースが重なったことで、市

足元のグローバル市場動向と見通しについて

2014年1月27日足元のグローバル市場動向と見通しについて情報提供資料新興国経済の不安からリスク資産は軟調な展開先週は新興国経済の不安からリスク資産、特に新興国通貨が大きく売り込まれる展開となりました。直近の新興国をめぐる不安定な動きは、以下の情勢が重なったことに端を発しています。 中国:1月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.6と前月の50.5から低下し、景況の改善・悪化の節目となる50を6カ月ぶりに下回り、中国の景気減速が市場で強く意識されました。また、中国工商銀行が販

1分で読みとくアメリカ 「読得」No.12~消費の一大イベント、米国の年末商戦~

ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメント株式会社2013年12月情報提供資料No.12消費の一大イベント、米国の年末商戦米国の年間個人消費の約2割を占める年末商戦。小売業界にとって最も重要な時期であることは、昨年の読得No.71でもお伝えしました。2013年は暦の関係で年末商戦の期間が短いことなどから、セールの開始を前倒しする動きが拡大。米大手百貨店のメーシーズまでが創業以来初めて感謝祭当日に店を開けるなど、競争が激化しています。インターネット経由での販売も加速しています。IBMの調査では

2013年度 国内個人投資家意識調査

2013年度 国内個人投資家意識調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ