「ニールセン」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2018年6月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

スマートフォンからのオークション/フリマの利用者数は2,749万人

ニールセン ECサービスの利用状況を発表スマートフォンからのオンラインショッピングサービスの利用者数は5,142万人オンラインショッピングサービスとオークション/フリマサービスの利用時間シェアはほぼ同等スマートフォンからのリーチは「Yahoo! オークション」25%、「メルカリ」23%、「ラクマ」11%視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)、スマー

2018年6月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン:2018年ショッパー意識調査

ニールセン:2018年ショッパー意識調査「日常の買物であっても、何か新しさが欲しい」40%のショッパーは生鮮食品でいつもと違うものを求めている5人のうち2人の消費者は半年のうちに日常の生鮮食品の買物でも新しいお店で買い物をしている40%のショッパーは過去6か月のうちに新しい店舗で買物をしている22%のショッパーは昨年よりも多くのPB製品を購入している世界最大級のマーケティング調査&データ分析会社 ニールセン(日本法人:ニールセン カンパニー合同会社。以下、ニールセン ジャパン)は、競争環境の大き

2018年5月31日ニールセン★★フィードバック数:0エンタテインメント

ニールセン、スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」レポートを発表

「平昌でメダリストの認知が大幅アップ」「サッカーW杯を見たい人は半数以下」「Jリーグ金曜日開催による新規開拓のポテンシャルあり」世界最大級のマーケティング調査&データ分析会社ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は2018年3月中~下旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。今回の調査

2018年5月3日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告におけるリーチ指標利活用研究会」の研究成果

ニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、2017年10月に大手広告主各社とニールセン デジタル株式会社で発足した「デジタル広告におけるリーチ指標利活用研究会」の研究成果をまとめ、本日、発表しました。本研究会では、ブランディング目的でのデジタル広告をより活用しやすい環境を整えていくうえで、メディア横断型の標準指標として「人」ベースでのリーチ計測を、KPIや業界の共通言語としてどのように活用していくことが出来るのかを研究してきました。また、中立的な第三者機関が計測する「

2018年4月25日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

LINE 及び動画系アプリは利用時間が増加、TWITTER などのSNS は微減

ニールセン、スマートフォンアプリの利用状況を発表1 人あたり1 日のスマートフォンの利用時間は3 時間7 分で1 年前より16 分増利用時間シェアではアプリが85%で17 分増、ブラウザは15%で1 分減利用時間の長いアプリは「Pokémon GO」「LINE:ディズニーツムツム」でゲームアプリが上位を占める視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国市場における主要なスポーツリーグに関するメディア動向、スポンサーシップの傾向、消

2018年4月4日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

有料インターネット動画の利用率は昨年から8ポイント増加し22%に

ニールセン 動画コンテンツと動画広告に関する視聴動向レポートを発売「Amazon Prime Video」の利用率は昨年から5 ポイント増加し、利用率13%にインターネット上でもテレビ番組が多く視聴されているが、10 代にはYouTuber の投稿が人気若年層ほどインターネット上で動画広告を視聴することにより態度変容しやすい視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳) は、3月末より販売を開始した動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「Niel

2018年3月19日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

『デジタル広告のビューアビリティ その次にあるものは?』

デジタル広告のインプレッションの60%がデジタル広告サプライチェーンの不透明性により失われている視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、ニールセン デジタル広告視聴率(Nielsen Digital Ad Ratings)で計測した全世界のデジタル広告のキャンペーン評価についてまとめたホワイトペーパー「デジタル広告のビューアビリティ その次にあるものは?」を発表しました。2018年、全世界のデジタル広告費は25兆7000億円に達し

2018年3月16日ニールセン★★フィードバック数:0大型消費/投資

ニールセン スポーツ、Eスポーツ初のアジア版レポート「THE ESPORTS PLAYBOOK: ASIA」を発行

ファンを理解し、投資の効果を最大化する世界最大級のマーケティング調査会社&データ分析会社 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびeスポーツに関するレポート「THE ESPORTS PLAYBOOK: ASIA」を発行しました。当レポートは、昨年発行された「THE ESPORTS PLAYBOOK: U.S., UK, GERMANY, FRANCE」* のアジア版となるもので、アジア地域を対象とした初の包括的なレポートです。調査

2018年3月15日ニールセン★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンの利用者は6500万人を突破、PCのピーク時を越える

ニールセン 2017年の動向をまとめた「Digital Trends 2017」を公開「Instagram」の流行と共に、写真加工アプリの利用者も増加有料動画サービスでは、複数のサービスを利用しているのは全体の10%フリマアプリは、「メルカリ」のほかに「フリル」も順調に成長中視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳) は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)、スマートフォン視聴率情 報Nie

2018年3月15日ニールセンフィードバック数:0エンタテインメント

「ラグビーW杯は見たい?」「選ばれてほしいサッカー日本代表選手は誰?」

ニールセン スポーツがスポーツ マーケティングのトレンドを読む 『SPONSORLINK』 レポートを発表世界最大のマーケティング調査会社1 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は2017年12月下旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。今回の調査では、「スポーツの興味関心度」「最

2018年2月22日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

「2018年にブランディング目的のデジタル広告費を増やす」 と42%の企業が回答

ニールセン デジタルとビデオリサーチインタラクティブ 共同での企業向け調査結果を発表ニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)と株式会社ビデオリサーチインタラクティブ(本社:東京都千代田区、社長:遠藤 敏之)は共同で、2017年12月に広告主企業と広告代理店に勤めるデジタル広告の担当者を対象に、ブランディング目的1 でのデジタル広告出稿に対する意識調査を実施し、その結果について取りまとめました。日本のインターネット広告費は1兆3,100億円(前年比113%)2、と1兆円超

2018年2月18日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

有料動画アプリの利用者は2年間で2.5倍、無料動画は1.5倍に増加

ニールセン スマートフォン動画アプリの利用状況を発表無料動画は、増加人数では「YouTube」(+713万人)、増加率では「AbemaTV」(+55%)有料動画アプリの増加率TOP2は「Amazon Prime Video」と「Netflix」複数の有料動画サービスを利用している人は10%で、大半の利用者は一つのサービスを利用視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニ

2018年1月17日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第2四半期版

ニールセン、米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第2四半期版』を発表テレビにコンテンツをストリーミングできるインターネット対応デバイスの普及は、対前年比で12ポイント増加成人のデジタルデバイス利用者は、エンターテインメントサイト/アプリに1日1時間を費やしている35~49歳のデジタルデバイス利用者は、1日のソーシャルネットワーキングサイト/アプリの利用時間の うち、4分の3をスマートフォンから利用している視聴行動分析サービスを提供するニールセン

2018年1月5日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第2四半期版』

ニールセン、米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第2四半期版』を発表今日のメディアの状況は絶えず変化し、成長しています。昨年に比べ、米国の成人が各種プラットフォーム(デジタル、オーディオ、テレビ)-これらは一般的な消費者にとって、コンテンツの配信と視聴の3大プラットフォームです-に接している時間は1日当たり30分増加しています。米国の2億人以上の消費者にとって、今やこれらのデバイスは常に身近にあり、指先の操作でいつでもパーソナライズされたエンタ

2017年12月27日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

DIGITAL TRENDS 2017上半期

2017年、スマートフォン利用者の増加は鈍化したものの、昨年から+11%と2桁成長を維持50代以下はスマートフォンからインターネットを利用する人が最も多いスマートフォンから3大SNS全てを利用する男子学生は9%に対し、男性29歳以下の社会人は22%視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetV

2017年12月27日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン2017年 日本のインターネットサービス利用者数ランキング

PC1位は「Yahoo! JAPAN」、利用者が増加したサービスも スマートフォン1位は「Google」、TOP10サービスは定着化 スマートフォンアプリ1位は「LINE」、2位以下との差を維持しつつ利用者数を拡大視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル ネッ

2017年12月26日ニールセン★★フィードバック数:0ライフスタイル

グローバル・ブランド原産国調査

関連資料: 『GLOBAL BRANDS ARE WINNING THE BATTLE FOR CONSUMERS' HEARTS AND MINDS』【英語版】はこちら本プレスリリースは2017年11月21日にニールセンの米国本社から配信された英語版の抄訳です。世界最大のマーケティング調査会社※ニールセン(日本法人:ニールセン カンパニー合同会社、本社:東京都港区、社長:福徳 俊弘)の最新の『グローバル・ブランド原産国調査』によると、世界的に消費者がローカル・ブランド製品よりもグローバル・ブラ

2017年12月25日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

スポーツマーケティングのトレンドを読む「SPONSORLINK」 レポート

世界最大のマーケティング調査会社1 ニールセン傘下のニールセン スポーツ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 秦英之)は、このたびスポーツファンの実態に関する調査結果を発表しました。本調査は『SPONSORLINK』と題し、年4回実施。最新の調査は9月下旬~10月上旬に16~69歳の男女約2,500名を対象にオンラインで回答を得ました。今回の質問では、主にオリンピック・パラリンピックへの興味関心やアスリートのイメージ、さらにはスポンサー企業の認知などを調査しました。また、スポーツ全般

2017年12月21日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

食料品のEコマース売上が5年以内にオフライン売上を超える見通し

小売Eコマースの成長軌道を形成する4大トレンドとは世界最大のマーケティング調査会社[1]ニールセン(日本法人:ニールセン カンパニー合同会社、本社:東京都港区、社長:福徳 俊弘)の最新の消費者行動分析報告書によると、FMCG(日用消費財)製品におけるオンライン販売の成長が著しく、今後5年以内にオンラインでの売上がオフライン売上を超える見通しです。2017年11月1日に公開されたニールセンの報告書「Eコマースのこれから(原題: What’s Next in e-commerce)」では、FMCG部

2017年12月12日ニールセンフィードバック数:0モバイル

スマートフォンのアプリ利用状況

スマートフォンの1日あたりの平均利用時間約3時間のうち、アプリの利用が85%を占める月に1回以上利用するアプリの個数は、昨年と変わらず30個月に31回以上利用するアプリは6個で、コミュニケーションやサーチ・SNSが上位視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル・ネットビュー)のデータをもとに、2017年7月のアプリケーション(以下アプリ)の利用状況を

2017年12月12日ニールセン★フィードバック数:0デジタル家電

スマートスピーカーに対する期待値は、10代、50歳以上で高い ~ニールセン 消費者のマルチデバイスの利用状況を発表~

スマートスピーカーに対する期待値は、10代、50歳以上で高い ~ニールセン 消費者のマルチデバイスの利用状況を発表~50歳以上のスマホ利用は拡大傾向にあり、ネット利用者の67%が利用情報検索をする際に最も利用されるのはスマートフォンで、10代は86%がスマートフォンメイン音声検索の利用者では、スマートスピーカーに対する期待が高く、64%が便利そうと感じている視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、9月末より販売を開始した消費者のマルチス

2017年10月30日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

VIDEO 360° ~2017レポートハイライト版~

米国のホームエンターテインメントの動向をまとめた『VIDEO 360° ~2017レポートハイライト版~』ティーン/ミレニアル世代の71%が短編動画を視聴している全体の41%が過去1年にデジタルビデオを購入している全体の37%が映画視聴を目的としたVRまたはARデバイスの保有に興味があると回答している視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のホームエンターテインメントの動向をまとめた『VIDEO 360° ~2017レポートハ

2017年10月17日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

SNSの最新利用状況

3大SNSのうち、前年同月から最も利用者が増加したのはInstagram、次いでTwitterTwitter、Instagramは若年層の利用者率が高く、Facebookは全年代で偏りなく利用Instagramは女性の高年齢層、および、男性の伸びが大きい視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)のデータをもとに、最新の各SNSサービスの

2017年10月8日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ミレニアル・オン・ミレニアル ~デジタルミュージックとデジタルコミュニケーション~

ミレニアル世代は、あらゆる面において、デジタルの世界に対して他の世代の消費者とは全く異なるアプローチを取るグループでの会話にメッセージングアプリを使っている人の割合が高い約60%の人が音楽ストリーミングの聴取に2種類以上のアプリを利用視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のミレニアル世代のメディアの視聴状況をまとめた『ミレニアル・オン・ミレニアル ~デジタルミュージックとデジタルコミュニケーション~』を発表しました。ミレニア

2017年9月15日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ABEMATVの利用状況

男性58% ⼥性42%、そして全年代に利⽤が広がる⽉10 回以上の利⽤者割合、⽉1 時間以上の利⽤者割合ともに、徐々に増加時間帯別では2 つのピークがあり、12 時台に⼀度ピークを迎え、21 時台に最も⾼くなる視聴⾏動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社⻑ 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)のデータをもとに、「AbemaTV」の利⽤状況を発表しました。同データによると、Abe

2017年8月28日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

2017年第2四半期の消費者景況感

多くの市場で楽観傾向が高まり消費者景況感が上昇世界最大のリサーチ会社1 ニールセンは「ニールセン 消費者景況感調査 2017年第2四半期」の調査結果を発表しました。それによると2017年第2四半期の消費者景況 感は、全世界で引き続き改善の兆しを見せ、消費者景況感は104となり、2016年第4四半期か ら3ポイント上昇しました。アジア太平洋地域では消費者景況感が高まっており、全世界の消費者景況感トップ10の うち6つをアジア太平洋地域の市場が占めました。 ヨーロッパやラテンアメリカでは、ほと んど

2017年8月23日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第1四半期版

米国のメディア視聴状況をまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2017年第1四半期版』ジェネレーションZとミレニアル世代を合計すると、米国の人口のほぼ半分に達する。ミレニアル世代は、マルチメディアデバイスを保有し、定額制ビデオオンデマンドを利用している割合が最も高い。スマートフォンの利用はすべての世代で高い水準にある。視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のテレビ、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況

2017年8月1日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

メディアの現状: AUDIO TODAY 2017

2億7,100万人のアメリカ人が毎週ラジオを聴いている。米国のラジオ聴取者は増加し続けている。ポッドキャストは、若く高学歴で裕福な聴取者を惹き付けている。視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のラジオ聴取動向をまとめた『メディアの現状: AUDIO TODAY 2017』を発表しました。ニールセンが初めてオーディオ測定分野に参入した時、ラジオは他の競合媒体に引けをとらないという結果が出ましたが、多くの人々はこの結果を当然のこ

2017年7月27日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者のオンラインショッピングの利用動向レポート

ニールセン 消費者のオンラインショッピングの利用動向レポートを発売耐久財は実店舗よりオンラインで購入する頻度が高い人が多い消費財も耐久財も、オンラインで定期的に購入する人は「安く購入できる」ことにメリットを感じているオンラインショッピングの配送では、“速さ”よりも”無料”であることが重視される視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、6月末より販売を開始した消費者のオンラインショッピングの利用動向調査「Nielsen Online Sho

2017年7月14日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

2030年に向けたASEANでの投資対象はもはや大都市ではない

ニールセン、ALPHABETA社と共同でレポート「ASEANを再考する」を発表世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、経済コンサルティング会社であるAlphaBeta社と共同でASEANのインドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムの7大経済圏内の700以上の都市と地域に対する現在および将来の潜在的消費需要を理解するための詳細な経済分析を実施し、レポート「ASEANを再考する(Rethinking ASEAN)」にまとめました。レポートによると、ジャカルタ、マニ

2017年7月9日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

PCユーザーのEコマース利用状況

ニールセン 「PCユーザーのEコマース利用状況」を発表PCからのインターネット利用者の75%以上が購入したい商品をネット上で比較・検討する購入検討時に調べる情報TOP3は「商品のスペックや材料」、「他のユーザーのレビュー」、「価格比較」各Eコマースサイト利用者の半数が、リアル店舗よりも積極的にネット通販を利用視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)が

2017年6月20日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第4四半期版

視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のテレビ、テレビ接続デバイス、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況を、共通の比較指標でまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第4 四半期版』を発表しました。ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編の主な目的は、メディア計測の全てのカテゴリーに適用できる、3つの基本的なコンセプトである視聴者数、視聴頻度、視聴時間について述べることです

2017年6月12日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

PCユーザーのメディア接触状況

ニールセン 「PCユーザーのメディア接触状況」を発表PCの利用者は直近1年間3,800万人前後と一定数を保ち利用者属性も変化はなしPCユーザーの95%がTVを視聴し、68%が新聞(朝刊)を購読ドワンゴの利用者が商品購入時にネット広告を参考にする人数が最も多いジャンルは「食料品・飲料」視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)が持つオンライン視聴測定ログ

2017年5月6日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン メジャメント・ジャーナル 第3号

米国の各種調査・計測における最新状況をまとめた 『ニールセン メジャメント・ジャーナル 第3号』新型メーターの開発により、クラウドコンテンツ配信の計測にも対応リニアテレビでの共視聴率48%に対して、OTTでの共視聴率は34%テレビ視聴率予測の実験プロジェクトで精度が向上視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国の各種調査・計測における最新状況をまとめた『ニールセン メジャメント・ジャーナル 第3号』を発表しました。2017年の初

2017年5月5日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

「Eコマース」サービスの男女別の利用状況

ニールセン 「Eコマース」サービスの男女別の利用状況を発表スマートフォンからの「Eコマース」利用者数は、女性が2,815万人、男性が2,640万人「Eコマース」アプリの利用者数は、女性では「楽天市場」、男性では「Amazon」が1位TOP3アプリのうち1サービスしか利用しない人は、女性では59%、男性では64%視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイ

2017年5月4日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート 2016年第4四半期版

米国のメディア視聴状況をまとめた 『ニールセン トータルオーディエンスレポート 2016年第4四半期版』18歳以上の成人は、2016年において週当たり平均735億分をニュースの消費に費やした。全国放送TVニュース、全国ケーブルTVニュース、PCニュース、ラジオニュースの合計消費時間は前年よりもシェアを伸ばしている。すべてのメディアにおいて、2017年1月は2016年の年間平均よりもニュースの視聴/閲読/聴取時間が増加している。視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京

2017年4月20日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・コネクテッドコマース調査

本調査は、進化するデジタル購入経路に影響を与える根本的要因を把握する目的で実施しました。生鮮食料品とその他の消費財のオンライン購入に関連する問題点や障害を考察し、それらの障害の克服を助けるアクティベーション戦略を特定。さらに消費者が現在店舗で利用しているデジタルテクノロジーと将来的に期待できるデジタルテクノロジーについても見解を示しています。また、今後のコネクテッドコマースの発展を促進する、最大の変革をもたらす傾向についても概要を示します。主なファインディングスオンラインとオフラインを行き来する

2017年4月12日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版

18~34歳のスマートフォン平均視聴者数とテレビ平均視聴者数はほぼ同じ成人全体では、テレビの視聴時間が最も長い視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のテレビ、デバイスによってネットに接続されたテレビ、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況を、共通の比較指標でまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第3四半期版』を発表しました。ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編の主な目

2017年4月9日ニールセン★フィードバック数:0エンタテインメント

米国のテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向レポート 2016年版

eスポーツがニッチから主流に進化NBAファイナルでは多くのファンが自宅以外で視聴し、Total Audience計測により平均視聴率は17%上昇2016年夏季オリンピック(リオ・オリンピック)の全米視聴者数は約1億9,800万人視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国市場における主要なスポーツに関するメディア動向、広告トレンド、消費者傾向をまとめた『米国のテレビ・インターネット・ラジオにおけるスポーツコンテンツ視聴動向レポート

2017年4月6日ニールセン★フィードバック数:0モバイル

マンガアプリの利用状況

マンガアプリTOP3の利用者数は200万人超で推移TOP3アプリは月に20回利用され、1回につき8分以上読まれる20代以下の若年層がマンガアプリの利用をけん引。サービスにより男女構成比が異なる視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル ネットビュー)のデータをもとに、2017年2月のマンガアプリの利用状況を発表しました。まず、マンガアプリの利用者数を

2017年3月17日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

2016ニールセン ソーシャルメディア レポート

ソーシャルメディアの利用時間が最も多いのは、ジェネレーションXソーシャルメディアユーザーの4分の3以上の消費者が過去1年以内にオンラインショッピングをしている平日はTwitter、週末はFacebookでテレビ番組に関するソーシャル活動が活発視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のソーシャルメディア利用状況をまとめた『2016ニールセン ソーシャルメディア レポート』を発表しました。「What’s next? 次に来るのは何

2017年3月15日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

MILLENNIALS PREFER CITIES TO SUBURBS, SUBWAYS TO DRIVEWAYS

Millennials are the social generation, both online and in-person. As the founders of the social media movement, they’re never more than a few clicks away from friends and family. And offline, they prefer to live in dense, diverse urban villages where

2017年2月25日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

消費者景況感調査2016年第4四半期

2016年の消費者景況感は大半の市場で好調も、日本は通年で低調に横ばい2016年第4四半期の世界の消費者景況感は、第1四半期から3ポイント増加し、101ポイントとなりました。日本の消費者景況感は第3四半期から2ポイント上昇し、73ポイントとなりましたが、通年では低調に横ばい状態が続いています。調査対象となった63の市場のうち44市場が、年初よりも高い消費者景況感で1年を終えました。世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは「ニールセン 消費者景況感調査2016年第4四半期」の調査結果を発表しました。

2017年2月12日ニールセン★フィードバック数:0モバイル

動画アプリの利用状況

有料動画アプリ利用者数は前年同月から50%増え481万人に無料動画アプリ、有料動画アプリともに若年層ほどリーチが高い無料動画アプリの利用回数は月平均21回で、有料動画アプリの1.5倍視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)のデータをもとに、2016年12月の日本における無料/有料動画アプリの利用状況を発表しました。2016年12月の各

2017年1月26日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

グローバル・コネクテッドコマース調査

オンライン、オフラインを横断する買い物客に訴求するオムニチャネル戦略世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバル・コネクテッドコマース調査」の結果を発表しました。現代の消費者を一語で表すとしたら、「コネクテッド」が候補の最上位に来ることは間違いないでしょう。実際、35億人がインターネットを利用し、携帯電話契約者が74億人、アクティブなFacebookユーザーが17.9億人*2に達する現在、コネクテッドという言葉は、今日の市場を表す語として単に適切以上の一語と言えるかもしれませ

2016年12月29日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

2016年 日本のインターネットサービス利用者数ランキング

2016年PCからの利用者数1位は「Yahoo!」で、2位より1,200万人多い3,412万人が利用 アプリ利用者数1位は「LINE」で、昨年から668万人増加し2位以下との差が拡大 新作アプリの上位は「Pokémon GO」、「スノー SNOW」、「AbemaTV」視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、および、PC版インターネッ

2016年12月28日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・プレミアム化調査

プレミアムセグメントは力強い成長を続け、多くの市場でカテゴリ全体の売上を上回る。消費者の購買力と消費が世界中で上昇するとともに、継続的な成長の可能性は高くなっている。消費者の高級志向は高額商品だけに留まることなく、日用品でもプレミアム商品が選ばれている。パーソナルケア、美容、ホームケア、そして各種食品・飲料のカテゴリも、世界中の多くの市場で力強い成長を見せている。プレミアム商品の特徴として最も回答が多かったのは、高品質(54%)と優れた性能(46%)。最も成功しているプレミアム商品は、従来のソリ

2016年12月15日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン メジャメント・ジャーナル 第2号

グローバルのマーケティングのリーダー的な会社は、ニューロサイエンスを正規の調査手法として既に採用シングルソースデータで広告キャンペーンの売上効果調査をより詳細に計測データ収集の自動化成功率は良好視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、米国の各種調査・計測における最新状況をまとめた『ニールセン メジャメント・ジャーナル 第2号』を発表しました。最近のデータ収集、転送、蓄積および分析の進歩によって、調査機関はかつてないほど大量のデータを

2016年11月30日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告キャンペーン効果向上に貢献するベンチマーク調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバルデジタル広告ベンチマーク調査」の結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。「ニールセン グローバルデジタル広告ベンチマーク調査」によれば、広告主と広告代理店のメディア計画と購入が習熟するにつれ、デジタル広告キャンペーンが意図した消費者にリーチする割合は、アジア太平洋地域の多くのデモグラフィック属性グループ、特に、需要の多い18~34歳の年齢

2016年11月24日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

グローバル・リテール・ロイヤリティ調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバル・リテール・ロイヤリティ調査」の結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。ショッピングにおいて、選択は重要な意味を持つ言葉です。消費者が買い物をする場所が専門小売店か大型小売店か、あるいはコンピュータかモバイルデバイスかに関わらず、嗜好を満足させ、セール品を見つけ、費用を支払うことには、現在はかつてないほど様々な方法があります。これほどまで

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ