「ニールセン」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月17日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

2016ニールセン ソーシャルメディア レポート

ソーシャルメディアの利用時間が最も多いのは、ジェネレーションXソーシャルメディアユーザーの4分の3以上の消費者が過去1年以内にオンラインショッピングをしている平日はTwitter、週末はFacebookでテレビ番組に関するソーシャル活動が活発視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮本淳)は、米国のソーシャルメディア利用状況をまとめた『2016ニールセン ソーシャルメディア レポート』を発表しました。「What’s next? 次に来るのは何

2017年3月15日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

MILLENNIALS PREFER CITIES TO SUBURBS, SUBWAYS TO DRIVEWAYS

Millennials are the social generation, both online and in-person. As the founders of the social media movement, they’re never more than a few clicks away from friends and family. And offline, they prefer to live in dense, diverse urban villages where

2017年2月25日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

消費者景況感調査2016年第4四半期

2016年第4四半期の世界の消費者景況感は、第1四半期から3ポイント増加し、101ポイントとなりました。日本の消費者景況感は第3四半期から2ポイント上昇し、73ポイントとなりましたが、通年では低調に横ばい状態が続いています。調査対象となった63の市場のうち44市場が、年初よりも高い消費者景況感で1年を終えました。世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは「ニールセン 消費者景況感調査2016年第4四半期」の調査結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global M

2017年2月12日ニールセン★フィードバック数:0モバイル

動画アプリの利用状況

有料動画アプリ利用者数は前年同月から50%増え481万人に無料動画アプリ、有料動画アプリともに若年層ほどリーチが高い無料動画アプリの利用回数は月平均21回で、有料動画アプリの1.5倍視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタル株式会社(東京都港区、代表取締役社長 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)のデータをもとに、2016年12月の日本における無料/有料動画アプリの利用状況を発表しました。2016年12月の各

2017年1月26日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

グローバル・コネクテッドコマース調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバル・コネクテッドコマース調査」の結果を発表しました。現代の消費者を一語で表すとしたら、「コネクテッド」が候補の最上位に来ることは間違いないでしょう。実際、35億人がインターネットを利用し、携帯電話契約者が74億人、アクティブなFacebookユーザーが17.9億人*2に達する現在、コネクテッドという言葉は、今日の市場を表す語として単に適切以上の一語と言えるかもしれません。あらゆることがオンライン化し、誰もがインターネットに接続し、その

2016年12月29日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

2016年 日本のインターネットサービス利用者数ランキング

2016年PCからの利用者数1位は「Yahoo!」で、2位より1,200万人多い3,412万人が利用 アプリ利用者数1位は「LINE」で、昨年から668万人増加し2位以下との差が拡大 新作アプリの上位は「Pokémon GO」、「スノー SNOW」、「AbemaTV」視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、および、PC版インターネッ

2016年12月28日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

グローバル・プレミアム化調査

プレミアムセグメントは力強い成長を続け、多くの市場でカテゴリ全体の売上を上回る。消費者の購買力と消費が世界中で上昇するとともに、継続的な成長の可能性は高くなっている。消費者の高級志向は高額商品だけに留まることなく、日用品でもプレミアム商品が選ばれている。パーソナルケア、美容、ホームケア、そして各種食品・飲料のカテゴリも、世界中の多くの市場で力強い成長を見せている。プレミアム商品の特徴として最も回答が多かったのは、高品質(54%)と優れた性能(46%)。最も成功しているプレミアム商品は、従来のソリ

2016年12月15日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン メジャメント・ジャーナル 第2号

グローバルのマーケティングのリーダー的な会社は、ニューロサイエンスを正規の調査手法として既に採用シングルソースデータで広告キャンペーンの売上効果調査をより詳細に計測データ収集の自動化成功率は良好視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、米国の各種調査・計測における最新状況をまとめた『ニールセン メジャメント・ジャーナル 第2号』を発表しました。最近のデータ収集、転送、蓄積および分析の進歩によって、調査機関はかつてないほど大量のデータを

2016年11月30日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

デジタル広告キャンペーン効果向上に貢献するベンチマーク調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバルデジタル広告ベンチマーク調査」の結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。「ニールセン グローバルデジタル広告ベンチマーク調査」によれば、広告主と広告代理店のメディア計画と購入が習熟するにつれ、デジタル広告キャンペーンが意図した消費者にリーチする割合は、アジア太平洋地域の多くのデモグラフィック属性グループ、特に、需要の多い18~34歳の年齢

2016年11月24日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

グローバル・リテール・ロイヤリティ調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは、「ニールセン グローバル・リテール・ロイヤリティ調査」の結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。ショッピングにおいて、選択は重要な意味を持つ言葉です。消費者が買い物をする場所が専門小売店か大型小売店か、あるいはコンピュータかモバイルデバイスかに関わらず、嗜好を満足させ、セール品を見つけ、費用を支払うことには、現在はかつてないほど様々な方法があります。これほどまで

2016年11月14日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者景況感調査2016年第3四半期の調査

世界最大のリサーチ会社*1ニールセンは「ニールセン 消費者景況感調査2016年第3四半期」の調査結果を発表しました。*1 ESOMAR Industry Report “Global Market Research 2014”調べ。不安定な情勢下で、第3四半期の消費者景況感は、地域によって劇的に異なり、世界経済の多様性が拡大していることを示しています。アジア太平洋地域の消費者景況感は、最低46から最高133まで幅広い範囲に渡り、同様にヨーロッパ(50~107)、南米地域(57~104)、アフリカ

2016年11月3日ニールセン★フィードバック数:0モバイル

スマホアプリの利用状況

一人あたりのアプリ利用個数はほぼ全てのカテゴリーで増加最も利用個数が増加したのはEコマースカテゴリーで、フリマアプリの増加が要因の1つライトユーザーとヘビーユーザーでは月に10回以上利用するアプリの上位は異なる視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル・ネットビュー)のデータをもとに、2016年7月のアプリケーション(以下アプリ)の利用状況を分析し、結

2016年11月2日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第2四半期版

スマートフォン、タブレット、PC、テレビ接続デバイスは18~34歳のうち、半数が利用18~34歳はテレビ接続デバイスを1週間に4日利用している視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、米国のテレビ、テレビ接続デバイス、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況を、共通の比較指標でまとめた『ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編 2016年第2四半期版』を発表しました。ニールセン トータルオーディエンスレポート データ編

2016年10月18日ニールセン★★フィードバック数:0モバイル

モバイルマネー・レポート ~ショッピング、バンキング、決済の変容~

消費の世界の変化が進んでいます。消費者はモバイル機器を使って商品を検索し、セール品やクーポンを探し、事実上世界のあらゆる地域のあらゆる店から商品やサービスをさらに購入するようになっています。モバイル機器はバンキングと決済関連の産業にも変化をもたらし、貯蓄や支出の方法をかつてないほどに多様化させています。世界に20億人いるともいわれる銀行口座を持たない人々に、金融へのアクセスを提供しています。このバンキングと決済における変革は、数年以内に消費者支出を強力に後押しする可能性をもっています。ニールセン

2016年10月5日ニールセンフィードバック数:0モバイル

DIGITAL TRENDS 2016上半期

スマートフォン ヘビーユーザーのうち3人に1人は34歳以下の女性ヘビーユーザーは「ソーシャルネットワーク」や「ゲーム」の利用時間が長い無料動画のヘビーユーザーが1ヵ月で利用する日数は、利用者全体の2倍以上視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン・ネットビュー)の

2016年9月29日ニールセン★★フィードバック数:0モバイル

ニールセン 上半期のまとめレポート「DIGITAL TRENDS 2016上半期」を公開 ~ スマホヘビーユーザーの実態を分析 ~

スマートフォン ヘビーユーザーのうち3人に1人は34歳以下の女性ヘビーユーザーは「ソーシャルネットワーク」や「ゲーム」の利用時間が長い無料動画のヘビーユーザーが1ヵ月で利用する日数は、利用者全体の2倍以上視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン・ネットビュー)の

2016年9月5日ニールセンフィードバック数:0ライフスタイル

グローバル 健康・原材料意識調査

世界の消費者の約3分の2が特定原材料を除去した特別な食事を実践68%が特定原材料を除いた食品に対する出費を増やしてもよいと回答世界中で、特別な食事を選ぶ消費者が増加しています。特別な食事とは、オーガニック、低脂肪、低炭水化物などへの志向や、食品感受性、アレルギーまたは個人的な信念に基づいた特定原材料を避けたい、などの希望に対応した食事です。ニールセンの新しい『グローバル 健康・原材料意識調査』では、回答者の約3分の2(64%)が、少なくとも一部の食品または原材料の摂取を制限もしくは禁止する食事を

2016年8月19日ニールセン★フィードバック数:0社会/政治

消費者景況感調査2016年 第2四半期

2016年第2四半期の世界の消費者景況感は、第1四半期からほぼ横ばいの98ポイントにとどまりました。唯一成長傾向を維持したのは北米地域で、その景況感は3ポイント増加の111となっています。ニールセン消費者景況感調査は、2005年の調査開始以来、四半期ごとに63ヵ国を対象とし、世界中の消費者について、地域の雇用見通し、個人の経済状況、短期的な購買意欲および関連のある経済問題を計測しています。景況感の水準がベースラインの100を上回る場合は楽観傾向を、下回る場合は悲観傾向をそれぞれ意味します。今期レ

2016年8月4日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

特化型キュレーションメディアの利用状況

利用者数上位5メディアのうち4メディアは1年以内に利用者数が3倍以上に増加上位5メディアの利用者属性は20代以下の女性の割合が最も高い「MERY」は1人あたりの利用回数、利用時間ともにその他4メディアの2倍以上視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の2016年6月のデータをもとに、特化型キュレーションメディアの利用状況を分析し結果を

2016年7月26日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

トータル・オーディエンス・レポート 2016年第1四半期版

定額制ビデオオンデマンドの普及率はDVR普及率と同じに選択肢が広がっているにもかかわらず、最も利用者が多いのは依然としてラジオとテレビテレビ接続デバイス利用者の上位20%が利用時間の71%を占めている視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、米国のテレビ、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況をまとめた『トータル・オーディエンス・レポート 2016年第1四半期版』を発表しました。トータル・オーディエンス・レポートではいつも、前半で年齢

2016年7月12日ニールセンフィードバック数:0モバイル

スマートフォン・メディア利用実態調査レポート

MVNO利用者は2015年6月から倍増し、スマホ利用者全体の10%スマホを1年以内に使い始めた人のMVNO利用率が高く、4人に1人がMVNO次に購入したい機器としてMVNOを選ぶ人が2015年6月から増加し、21%の人が検討視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、「スマートフォン・メディア利用実態調査」の調査結果から、スマートフォンユーザーのキャリア契約状況についてまとめました。同レポートによると、スマートフォンからのインターネット利用者

2016年7月5日ニールセンフィードバック数:0ビジネス

グローバル 小売成長戦略調査

消費者は、銀行(42%)、調理済み食品(40%)、薬局(39%)などの店内サービスを利用 価格帯の両端で成長: ディスカウントストア(2.6%)、高級食品小売業(6.8%)が成長中買い物の楽しみのひとつは“狩り”に似たワクワク感 ― 全世界の回答者の59%が、時間をかけてセール品を見つけることを楽しんでいる、と回答しました。これは特に北米(68%)と南米(64%)で高くなっています。消費者はお買い得品のとりこです。バーゲンで買い物をする状況を、小売業者や製造業者が作り出しているからかもしれません

2016年6月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

トータル・オーディエンス・レポート データ編  2015年 第4四半期版

全メディアの18歳以上の平均視聴者数は前年と比べて約500万人伸びているスマートフォンの利用が最も増加視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、米国のテレビ、テレビ接続デバイス、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況を、共通の比較指標でまとめた『トータル・オーディエンス・レポート データ編2015年 第4四半期版』を発表しました。消費者がどのようにメディアと関わるかを理解することは、しばしば各メディア特有の用語を理解することが求

2016年6月7日ニールセン★★フィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリの利用動向

スマホアプリ利用者数TOP10のうち、昨年から最も増加率の高かったアプリは「Yahoo! Japan」「LINE」「Twitter」「Instagram」は昨年から利用者数が500万人以上増加、「Twitter」と「Instagram」は、35~49歳女性や50歳以上男性の利用者数が大幅増加視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の2

2016年6月2日ニールセン★フィードバック数:0マーケティング

「TWITTER」利用者のインターネット利用状況の分析事例

Twitter利用者率が高いゲームアプリ1位は「ラブライブ!」、ショッピングアプリ1位は「ミンネ」Amazonやメルカリの合間に利用されるアプリ、利用者数1位はLINE、利用時間1位はTwitterTwitterユーザーは、新しくリリースされたゲームを半年の間に平均約3個利用視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)を活用した、日本国内

2016年5月21日ニールセンフィードバック数:0大型消費/投資

消費者景況感調査2016年 第1四半期

アメリカの消費者景況感は回復力が高く110ポイントを維持中国の消費者景況感は2ポイント低下アジアの成長市場の星はインド(134)とインドネシア(117)今調査期間、世界の消費者景況感は最適ベースラインスコアの100下で安定的に推移し、景況感指数はわずかに1%上昇した98に落ち着きました。この数値は、各地域に混在するさまざまなレベルの景況感を反映しています。最新の「ニールセン グローバル消費者景況感調査」によると、消費者景況感は調査を行った市場の33%(61市場1のうち20)で増加しました(201

2016年5月10日ニールセンフィードバック数:0大型消費/投資

トータル・オーディエンス・レポート 2015年 第4四半期版

子どもを持つミレニアル世代はテレビをライブ視聴する割合が大きく、独立しているミレニアル世代ではテレビ接続デバイスを利用する時間が長い独立しているミレニアル世代の53%がテレビ利用時にテレビ接続デバイスを利用しており、5日のうち1日はテレビ接続デバイスしか利用しないデジタルデバイスの普及率が最も低いのは独立しているミレニアル世代だが、タブレットとスマートフォン両方で利用時間は最も長い視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、米国のテレビ、PC

2016年5月10日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

グローバル・ブランド原産国調査

消費者の約75%が、製品の原産国は最も重要な購入動機のひとつと回答 国のイメージは消費者の購入意思に影響をおよぼす要因のひとつニールセンが発表した『グローバル・ブランド原産国調査』によると、世界の回答者の平均約75%が、ブランドの原産国は、その他の9つの購入動機と同等、またはそれ以上に重要だと答えました。その9つの購入動機には、選択・選別、価格、機能と品質が含まれます。今回の調査は、61ヵ国30,000人以上のオンライン回答者からの40カテゴリーにわたる回答をもとに、グローバル・多国籍ブランド(

2016年4月20日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

動画コンテンツと動画広告に関する消費者視聴動向レポート

インターネット利用者の12%が有料インターネット動画サービスを利用有料インターネット動画は若年層男性やアーリーアダプターが中心最も許容されやすい動画広告フォーマットは「数秒後にスキップできる広告」視聴行動分析サービス視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、3月末より販売を開始した消費者の動画コンテンツと動画広告の利用動向調査「Nielsen Video Contents & Ads Report 2016 (ニールセン・ビデオコンテンツア

2016年4月13日ニールセンフィードバック数:0モバイル

DIGITAL TRENDS 2015

2015年もスマートフォン利用者は増加しているものの、増加率はゆるやかに今後のスマートフォン利用者の増加は45歳以上がキーターゲットスマートフォンで利用者数500万人超のサービス数はPCの2倍以上の100 サービス視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView (ニールセン・モバイル・ネットビュー)、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView (ニールセン・ネ

2016年4月12日ニールセンフィードバック数:0ライフスタイル

家庭の掃除・洗濯に関するグローバル調査

世界の45%が、家事は分担すべき義務(28%)である、または男性の領域(17%)と回答 家事産業に影響を与えているマクロ経済の力に関する洞察が明らかにいつの時代も、ほこりやシミは避けることのできない難敵です。住居や衣服をきれいで清潔に保つために非常に多くの時間が費やされていることは驚くことではありません。ニールセンが実施した、家庭での掃除と洗濯の習慣に関する最新のグローバル調査では、世界の回答者の約3分の1(31%)が毎日掃除をすると回答しており、毎日洗濯する人の割合も同率(31%)となっていま

2016年4月7日ニールセンフィードバック数:0モバイル

18~34歳のスマホユーザーのサービス利用動向

18~34歳のユーザーの割合が最も高いのは「comico」の79% 「MERY」「pixiv」「comico」の3サービスでスマホからネットを利用する女性18~34歳の51%にリーチ 「pixiv」利用者は「Instagram」よりも「Twitter」を積極的に活用視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の2016年2月データをもとに

2016年3月28日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

アジア2020 ~前進か、備えか、それとも悲観か

ビジネスリーダーの78%が5年以内に自らの業界が大きな変化を経験すると予想 未来の小売環境における最も重要な要素はオンラインとEコマース世界最大のリサーチ会社*1ニールセンが今日発表した新しい調査結果によると、アジア太平洋のビジネスリーダーたちは、2020年までにビジネスモデルが現在とは大きく様相を変えるだろうと予想しています。そして、自社の組織が現在のビジネス環境で起きているこの急激な変化に対応する準備ができていると考えている人は、ほとんどいません。ニールセンのレポート『アジア2020 ~前進

2016年3月22日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

テレビとストリーミングに関するグローバル調査

~ 世界的な視聴傾向はコードカッティングから補完視聴に ~メディアを取り巻く状況が急速に変化し、消費者が動画エンターテイメントを楽しむ方法にはかつてないほど多くの選択肢があるにもかかわらず、従来型のテレビは依然、世界中で好まれるプラットフォームとして支配的な地位を占め続けています。ニールセンの調査によれば、グローバル・オンライン調査の回答者の4分の1強(26%)が、Hulu、Netflix、またはAmazonといったオンラインサービス・プロバイダーとの契約を通じて放送やオンデマンド配信を有料で視

2016年3月13日ニールセンフィードバック数:0エンタテインメント

米国のテレビ・インターネット・ラジオにおける スポーツコンテンツ視聴動向レポート2015年版

アメリカにおけるスポーツ番組の総放送時間は対2005年比160%、総視聴時間は41%増加 スポーツ番組全体の95%はライブ視聴 スマートフォン経由でのスポーツサイトの閲覧時間は120万時間を超えた 2015年サッカー女子World Cupでは、2011年と比べて女性のリーチが57%増加視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、米国市場における主要なスポーツに関するメディア動向、広告トレンド、消費者傾向をまとめた『米国のテレビ・インターネット

2016年2月26日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

オークション/フリマサービスのスマホ、PCからの利用状況

スマホユーザーの51%にあたる2,656万人がオークション / フリマサービスを利用 スマホからの利用者数では「ヤフオク」が1位、「メルカリ」は前年比2.1倍で2位「ヤフオク」、「メルカリ」ともにアプリの利用者数が増加「ヤフオク」、「メルカリ」ともに40歳以上の増加率が最も高い視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(東京都港区、代表取締役社長兼COO 宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView (ニールセン・モバイル・ネットビュー)およびPC版イン

2016年2月19日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

トータル・オーディエンス・レポート データ編  2015年 第3四半期版

全メディアの平均視聴者数は、18~34歳と35~49歳が前年と比べて伸びているスマートフォンとテレビ接続デバイスの利用が最も増加視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、米国のテレビ、テレビ接続デバイス、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況を共通の比較指標でまとめた『トータル・オーディエンス・レポート データ編 2015年 第3四半期版』を発表しました。消費者がどのようにメディアと関わるかを理解することは、しばしば各メディア特

2016年2月5日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

消費者景況感調査2015年第4四半期

日本を含むアジア太平洋地域の景況感指数は横ばい北米とヨーロッパではテロへの恐怖と移民に関する不安が増大2015年の世界の消費者景況感は、第3四半期比で2ポイント低下して年初の数値と同じ97となり、下降気味で1年を終えました。2015年の第1四半期と比べ、第4四半期の消費者景況感は、アジア太平洋では107と横ばい状態だったいっぽう、ヨーロッパでは4ポイント上昇して81となりました。他の地域はすべて年初より低くなっており、北米と中東/アフリカ地域は6ポイント低下してそれぞれ100と90で終えています

2016年1月27日ニールセンフィードバック数:0大型消費/投資

グローバル・コネクテッド・コマース調査

世界の57%が過去6ヵ月間に海外の小売業者からインターネットを利用して商品を購入 便利な機器が普及して新たな支払方法の選択肢が考案された結果、“モバイルファースト”から“モバイルオンリー”戦略へ移行する小売業者が増加Eコマースがモバイル対応となり、革新的技術は世界中の消費者に従来とは比較にならない商品へのアクセスを可能にしています。消費者はもはや、地元の店や自分の国の品揃えに縛られてはいません。世界の57%が、過去半年間に海外の小売業者からのオンライン購入を経験しており、この値は、アジア太平洋地

2016年1月27日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

日本のビデオオンデマンドのスマホ、PCからの利用状況

TV局系VOD、その他のSVOD共に、PCよりもスマホからの利用が大きく上回る スマホからのTV局系VOD、その他のSVODの利用時間は、1年間で大幅に増加 SVODのスマホからの利用者数上位3アプリを複数利用している人はわずか5%視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、および、PC版インターネット視聴率情報Nielsen N

2016年1月18日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

トータル・オーディエンス・ レポート 2015年 第3四半期版

低収入世帯ほど、従来型メディアと新しいメディアの両方において利用時間が長い テレビ接続デバイスは全ての層でほぼ同じ利用率デジタルデバイスでは高収入層の利用率が高い視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長兼COO:宮本淳)は、米国のテレビ、PC、モバイルなどの全てのメディアの視聴状況をまとめた『トータル・オーディエンス・レポート2015年第3四半期版』を発表しました。テレビ、ラジオ、デジタル媒体の利用実態に関する最近の調査において、共通の指標で比較し(20

2016年1月14日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

2015 U.S. MUSIC YEAR-END REPORT

Despite being released just six weeks before the end of 2015, Adele’s 25 was the story of the year in the music industry. Album sales totaled 3.377 million in week one and the release set an all-time record for highest album share of total industry a

2015年12月25日ニールセンフィードバック数:0マーケティング

TOPS OF 2015: DIGITAL

From videos to music to apps, digital was at the forefront of consumers’ (and marketers’) minds this year. As 2015 comes to a close, Nielsen looked at some of the top trends in digital, including the top U.S. smartphone apps and operating systems.In

2015年12月17日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

2015年 日本のインターネットサービス利用者数ランキング

2015年PCからの利用者数1位は「Yahoo!」、2位以下との差は拡大 スマホアプリ利用者数1位は3年連続で「LINE」、2位以下とは1,200万人以上の大差 利用者増加率No.1アプリは「メルカリ」、2位は「Instagram」視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、スマートフォン視聴率情報 Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)、および、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン・ネットビュー)のデータを

2015年11月29日ニールセンフィードバック数:0モバイル

スマートフォンアプリの利用状況

スマートフォンの利用時間の増加はアプリの利用時間が牽引 スマートフォンアプリ利用時間の1位は「LINE」で総利用時間の約10% 「Twitter」は0~5時の利用時間が他と比べ長くアプリによって時間帯別利用時間シェアが異なる視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン・モバイル・ネットビュー)の9月データをもとにアプリケーション(以下アプリ)の利用状況を分析し、結果を発表しました。スマートフォンの利用時間の約

2015年11月6日ニールセンフィードバック数:0社会/政治

消費者景況感調査2015年第3四半期

景況感の改善が続く欧州全体として購買意向は上昇するも、不況マインドはいまだ克服されずニールセン ニューヨーク 報道発表資料を基に作成:本日発表の消費者景況感及び購買意向に関するグローバル調査によると、2015年第3四半期の消費者景況感は、世界の経済大国の中でも特に米国において対前期比18ポイント増と飛躍的に向上し、同国では調査開始以来最高となる119ポイントに達しました。欧州でも景況感は調査対象32ヵ国中21の国で上昇、地域全体でも3四半期連続の改善で81ポイントと、2008年来の水準を回復しま

2015年10月27日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者のマルチスクリーン利用状況

スマートフォンで家族や友人とコミュニケーションし、パソコンで情報収集や買い物商品やサービスの閲覧、購入ともにオンラインショッピングはパソコンからの利用が主流ただし若年層ではスマートフォンからの購入が主流SVODでの動画視聴はパソコンからが最多。セットトップボックスからの利用も多い視聴行動分析サービスを提供するニールセン株式会社は、販売を開始した消費者のマルチスクリーンの利用動向調査「Nielsen Digital Consumer Database 2015 (ニールセン・デジタル・コンシューマ

2015年9月29日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

日米の動画サービス(「ビデオと映画」カテゴリ)の利用状況

Home > ニュース > ニュースリリース > 日本、アメリカともにスマホユーザーの80%が動画サービスを利用~ ニールセン、日米の動画サービス(「ビデオと映画」カテゴリ)の利用状況を発表 ~2015/09/29 [データ] 日本、アメリカともにスマホユーザーの80%が動画サービスを利用~ ニールセン、日米の動画サービス(「ビデオと映画」カテゴリ)の利用状況を発表 ~- 日本、アメリカともに、PC、スマホからの利用動画サービスは「YouTube」が最も人気- アメリカはPC、スマホともにSVO

2015年9月28日ニールセン★★フィードバック数:0マーケティング

消費者が最も信頼する“広告”は、友人からの推薦、次いで企業サイト ~ 従来型広告もいまだ有効

ニールセン ニューヨーク報道発表資料を基に作成:最も信頼できる広告は、自分が知っていて、信頼している人から直接受け取るものです。本日発表されたニールセンの広告信頼度グローバル調査によると、調査対象となった60の国と地域におけるオンライン回答者の83パーセントは、友人や家族からの推薦を信頼していると答えています。前回2013年の同調査(対象58ヵ国、84%)と比べると、わずかに1ポイントの減少です。また、企業やブランドが「所有」するオンラインメディアも、最も信頼される広告形態のひとつです。ブランド

2015年7月28日ニールセンフィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

デバイス毎のインターネット利用状況

2015/07/28 [データ] ほぼ毎日インターネットを利用する人は5,610万人~ ニールセン、デバイス毎のインターネット利用状況を発表 ~- 2015年6月に各デバイスからインターネットをほぼ毎日利用した人は5,610万人- スマートフォンからほぼ毎日インターネットを利用する人は3,996万人でPCの2倍- 10代のスマートフォンからのネット利用者のうち約半数がスマートフォンのみでネットを利用- 2015年6月に各デバイスからインターネットをほぼ毎日利用した人は5,610万人- スマートフ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ