調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン

「ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

ヘイズ 2017年国内転職市場の10大トレンド予測

ヘイズ 2017年国内転職市場の10大トレンド予測 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:マーク・ブラジ、以下ヘイズ)はこの度2017年の国内転職市場における10大トレンド予測を発表いたします。1. 人材のミスマッチが深刻化 ヘイズ・ジャパンが先ごろ発表した世界33カ国の労働市場おける人材の需給効率を評価・分析した調査研究「グローバル・スキル・インデックス」の2016年版で、日本は「人材のミスマッチ」について、9.

世界33カ国における人材の需給効率調査

ホーム >プレスリリース >日本の「人材ミスマッチ」は世界最悪レベル、アジア・太平洋地域で最も人材探しが困難 日本の「人材ミスマッチ」は世界最悪レベル、アジア・太平洋地域で最も人材探しが困難ヘイズ世界33カ国における人材の需給効率調査 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター: マーク・ブラジ、以下ヘイズ)は、この度、世界33カ国の労働市場おける人材の需給効率を評価・分析した調査研究「グローバル・スキル・インデックス」

他国に比べ、日本人はボーナス増より固定給を好む傾向が明らかに

ホーム >プレスリリース >アジア5カ国アンケート結果・日本人はボーナス増より固定給を好む傾向が明らかに ヘイズ・アジア5カ国アンケート結果他国に比べ、日本人はボーナス増より固定給を好む傾向が明らかに 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクタージョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、成果連動型ボーナスに対する意識について、アジア日本・シンガポール・マレーシア・香港・中国)で実施した最新のアンケート結果を発表

正社員成約件数に占める女性比率の動向

正社員成約件数に占める女性比率の動向を発表 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクタージョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、正社員の成約件数における女性が占める比率について最新の結果をまとめました。の分野においてまとめたもので、主な結果は以下の通りです。年度比で女性比率が最も増加した分野は金融で、-次いで、経理・財務、ライフサイエンス・ヘルスケアの分野においても女性の比率がわずかながら増加。-金融、経理・財務

モバイルアプリ開発者の需要がさらに拡大

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、IT業界で新規に開発されるアプリケーションの多くが、クローズドシステムからWebへと移行する中、国内では依然としてモバイルアプリ開発者のニーズが極めて高くなっているとするコメントを発表しました。ヘイズの採用動向レポートによると、IT業界では他にも、ITセキュリティオフィサーやERPスペシャリストに対する需要も高まっています。ヘイズ

日本人が海外で就職したい理由はキャリアよりもライフスタイル重視の傾向に

ホーム >プレスリリース >日本人が海外で就職したい理由はキャリアよりもライフスタイル重視の傾向に【ヘイズ・アジア5カ国 アンケート結果】 日本人が海外で就職したい理由はキャリアよりもライフスタイル重視の傾向に 【ヘイズ・アジア5カ国 アンケート結果】 外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は本日、アジア5カ国(日本・シンガポール・マレーシア・香港・中国、有効回答2,

アジア圏での給与についてのレポートです。

2015年ヘイズ アジア給与ガイド

2015年ヘイズ アジア給与ガイド

ウーマノミクスによる女性人材の需要拡大が明らかに

ウーマノミクスによる女性人材の 需要拡大が明らかに 10~12月期の採用動向レポートを発表 本日(2014年9月22日)、人材市場における10月~12月期の採用動向レポートを発表しました。 ヘイズ・ジャパン「採用動向レポート」は、同社が人材紹介サービスを提供している「経理・財務」、「金融」、「ファイナンス・テクノロジー」、「人事」、「インフォメーション・テクノロジー(IT)」、「保険」、「法務」、「ライフサイエンス」、「オフィス・プロフェッショナル」、「不動産」、「セールス&マーケティング」、

転職活動を成功に導くソーシャルメディア活用術

ホーム >プレスリリース >転職活動を成功に導くソーシャルメディア活用術【ソーシャルメディア・プロフィールの更新頻度、調査対象5ヵ国で日本がトップに】 転職活動を成功に導く ソーシャルメディア活用術 【ソーシャルメディア・プロフィール の更新頻度、調査対象5ヵ国で 日本がトップに】 グローバル人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、リージョナル・ディレクタージョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン)は、求職活動におけるビジネス向けソーシャルメデ

アジアにおけるまとまった調査です。

2014年度版 ヘイズ給与ガイド

2014年度版 ヘイズ給与ガイド

ヘイズ グローバルスキルインデックス2013

ヘイズ、「ヘイズ グローバルスキルインデックス2013」を発表 グローバルな人材サービスを提供するヘイズ・グループでは、このたび、か国の人材市場効率、優秀な人材の供給能力を評価査定した日本の人材市場では高度な技能を有する人材が不足しており、依然として需要と供給の均衡が取れずにいます。高いスキルに対するニーズを満たせないかぎり、スキル不足が経済の回復を阻む可能性もあります。のスコア基準で評価を行い、スコアが高いほど企業による人材確保が困難であることを示しています。未満の数字はスキルは不足していな

2013年 4-6月期の採用動向

ヘイズ、2013年 4 - 6月期の採用動向を発表日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソン、以下ヘイズ・ジャパン月までの分野別の採用動向予測をまとめたレポートを発表しました。これによると、当期はバイリンガルのプロフェッショナル、ウェブ開発者、財務計画立案・分析マネージャーなどの人材ニーズが高まるものと見込まれています。 リージョナル・ディレクター、ジョナサン・サンプソンは次のように述べてい

日本企業の三分の二以上が改正障害者雇用促進法に準拠

日本企業の三分の二以上が改正障害者雇用促進法に準拠ヘイズ・ジャパンが200社以上を対象に行った調査結果より【東京年月日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパンの調査によると、日本企業の三分の二以上は障害者を採用しており、平成年月から実施される障害者雇用率引き上げに伴い、この数はさらに増加するものと回答企業の人材採用担当者が予想していることが分かりまし

ヘイズ グローバルスキルインデックス2012

ヘイズ、「ヘイズ グローバルスキルインデックス2012」を発表 【東京2012 年11月20日】グローバルな人材サービスを提供するヘイズ・グループでは、このたび、経済予測の専門企業であるオックスフォード・エコノミクスの協力の もと、「ヘイズ グローバルスキルインデックス2012」を発表しました。この報告書では世界の27の地域における人材市場の動向とプロフェッショナルスキルを持つ人材の 供給に関して、独自の視点と洞察に基づく指標を提供しています。本報告書によると、現在、世界の多くの市場では、失業

2012年 10- 12月期の採用動向

ヘイズ、2012年 10- 12月期の採用動向を発表転職には慎重ながらも、転職による早いキャリア・アップの機会を望む人材【東京年月日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパンは本日、年月から月までの分野別の採用動向予測をまとめたレポートを発表しました。これによると、求職者は依然として昇格やキャリア・アップには積極的であることが分かりました。 ヘイズ・

人材の多様性に関する調査

ヘイズ、人材の多様性に関する調査結果を発表企業と女性社員間には人材の多様性について大きな隔たりが存在【東京2012 年5月28日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役兼アジア地区オペレーション・ディレクター:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)がこのたび実施した人材の多様性に関する調査結果によると、女性回答者の65%が企業の管理職は人材の多様性について無理解だと感じている一方、採用担当管理職の70%は人材の多様性について

法務専門家の採用動向に関する調査結果

ヘイズ、法務専門家の採用動向に関する調査結果を発表【東京2012 年3月26日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)はこのたび、日本の65の法律事務所を対象に実施した法務専門家の採用動向に関する調査結果を発表しました。 これによると、日本の法律事務所の4社に1社(26%)が法務専門家を募集しており、3社に1社(31%)は過去2年間で社員数を増やしていました。採用で最も重要視される

社員の定着率を高めるためには

社員の定着率を高めるためには【東京2012 年3月5日】人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:クリスティーン・ライト、以下ヘイズ・ジャパン)が2011年11月に実施した中途採用に関する調査結果によると、過去一年間に経験豊富な社員を転職で失った企業は85%でした。転職理由として「キャリア・アップ」を挙げた転職者は33%、続いて「報酬増」(29%)、「新しい分野で専門性を身につける」(22%)、「ワーク・ライフ・バランスの改善」(22

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ