「ベルメゾン」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0社会/政治

「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) (3)景況感と消費ついて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) ③景況感と消費ついてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。・調査は2016年10月3日~10月20日にインターネットで実施。30~50代女性2298名の回

2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) (4)節約意識ついて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) ④節約意識ついてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。・調査は2016年10月3日~10月20日にインターネットで実施。30~50代女性2298名の回答結

2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0キャリアとスキル

「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) (5)これからの生活や収入ついて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) ⑤これからの生活や収入ついてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。・調査は2016年10月3日~10月20日にインターネットで実施。30~50代女性229

2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0社会/政治

「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) (7)アベノミクスと今後について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) ⑦アベノミクスと今後についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。・調査は2016年10月3日~10月20日にインターネットで実施。30~50代女性229

2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0キャリアとスキル

「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) (2)現在の収入について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) ②現在の収入についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。・調査は2016年10月3日~10月20日にインターネットで実施。30~50代女性2298名の回

2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) (1)現在の生活について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) ①現在の生活についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。・調査は2016年10月3日~10月20日にインターネットで実施。30~50代女性2298名の回

2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) (6)将来に対する気持ちについて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第10回) ⑥将来に対する気持ちについてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。・調査は2016年10月3日~10月20日にインターネットで実施。30~50代女性229

2016年12月28日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

2017年女性の生活スタイル潮流

ベルメゾン生活スタイル研究所が注目する、2017年女性の生活スタイル潮流「イマを楽しむ。ミライに備える」生活スタイルへ。「イマを楽しむ。ミライに備える」5つの生活キーワード☆イマを楽しむために、①「ワクワクする体験をしたい」②「気持ちよく暮らしたい」③「おいしいものを味わいたい」☆ミライに備えるために、④「いつまでも若さを保ちたい」⑤「成長や自立を目指していきたい」ベルメゾン生活スタイル研究所では、女性のライフスタイルに関する100項目について、現在の実態と今後の意向を伺う「現在のあなた、今後の

2016年12月26日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

女性の生活意識アンケート調査(第10回)

ベルメゾン生活スタイル研究所が「女性の生活意識アンケート調査(第10回)」結果を発表ワークライフバランスがとれている女性は、前年より4.7ポイント減少。(33.4%)将来の資産や貯蓄に不安を持つ女性は大幅増加。(前年調査より8.5ポイント増加の77.6%)ベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の幸せ感や、消費、節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたものです。2016年10月に実施した

2016年12月16日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「ストレス」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 ベルメゾンデッセ編集室アンケート◆結果発表:「ストレス」について女性を取り巻く環境の変化によって、ストレスに悩む女性も年々増えていると聞きます。そこで今回は、普段のストレスの実態についてベルメゾンデッセ会員に聞いてみました。「ストレスについて」は2010年、2014年と時系列でウォッチングしています。・調査は2016年10月12日~11月1日にインターネットで実施。20~60代女性4823名の回答結果を集計しました。 ◆普段からストレスを感じている人は5人に4人。ま

2016年12月13日ベルメゾンフィードバック数:0エンタテインメント

「読書」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 ウーマンスマイルアンケート◆結果発表:「読書」について本を買うきっかけ1位は「書店で何となく」「本の帯や店頭のPOPを見て購入した」人は43.5%毎年10月27日~11月9日(文化の日を中心にした2週間)は読書週間と定められていて、読書を推進する運動が全国で展開されています。そこで今回のウーマンスマイルアンケートではふだんの「読書」について伺いました。電子書籍の普及やインターネットの進展に伴って情報収集のスタイルが大きく変化している中、本を買うきっかけを聞いてみると

2016年10月6日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「冷凍食品」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 ウーマンスマイルアンケート◆結果発表:「冷凍食品」について「最近、美味しい冷凍食品が多くなったと思う」78.4%このところ、「冷凍食品」の売れ筋ランキングや製造の裏側を特集するテレビ番組を見かけることが多くなりました。またコンビニ各社は、新たな冷凍食品ブランドの開発に力を注いでいます。そこで今回は「冷凍食品」の利用実態や料理に対するお気持ちについてお聞きしました。ご回答いただきました4379名のベルメゾンデッセ会員のみなさん、ありがとうございました。それでは調査結果

2016年9月22日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「発酵食品」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 ウーマンスマイルアンケート◆結果発表:「発酵食品」について6割の女性が、発酵食品の摂取で美容や健康面で良い効果を体感。数年前に「塩麹」が大ブームになりましたが、それ以降発酵食品の効果や効能に注目が集まるようになりました。最近では、甘酒が持つ豊富な栄養価が評価され、各社から新商品が発売されています。今回の調査でも、発酵食品に興味・関心がある人は全体の78.5%と高い結果に。また、発酵食品を取り入れることで、美容や健康面で良い効果を体感した人は6割に上りました。ご回答い

2016年9月7日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「オーガニック」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 ウーマンスマイルアンケート◆結果発表:「オーガニック」について「今後、オーガニックの食品・食材を利用したい」76.6%。「今後、オーガニックの繊維製品を利用したい」68.2%このところスーパーの店頭でもオーガニックや有機を謳った商品が目につくようになりました。またオーガニックコットンの衣類や寝具類も増えてきていています。今回の調査では、「今後、オーガニックの食品・食材を利用したい」と答えた人は76.6%、「今後、オーガニックの繊維製品を利用したい」と答えた人は68.

2016年8月23日ベルメゾンフィードバック数:0マーケティング

「テレビ」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 ウーマンスマイルアンケート◆結果発表:「テレビ」についてテレビ番組を見てネットで調べることが「ある」人は4人に3人。テレビ番組を見て商品やサービスを購入したことが「ある」人は3割。インターネットやスマートフォンの普及によって、若い人を中心にテレビ離れが進んでいると言われています。今回の調査でも、全体の8割以上が「テレビを見ることが好き」と答えた一方で、4人に3人が「最近見たいと思う番組が少ない」、6割以上が「最近テレビを見る時間が減った」という結果になりました。また

2016年8月9日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「夏のアウトドアレジャー」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 ウーマンスマイルアンケート◆結果発表:「夏のアウトドアレジャー」について「グランピング」という言葉を知っている、27.5%。「グランピング」を体験してみたい、7割弱。このところ、家族や友人とバーベキューを楽しんだり、肉フェスやオクトーバフェストといった野外で行われる食フェスの人気が高まっています。また今年に入り、グラマラス・キャンピングの略語で超豪華なキャンプスタイルのことをいう「グランピング」に対する関心も高まっているようです。今回の調査でも「グランピング」を体験

2016年8月5日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) (4)節約意識について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) ④節約意識についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。●調査は2016年6月13日~6月30日にインターネットで実施。30~50代女性2370名の回答結果

2016年8月5日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) (1)現在の生活について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) ①現在の生活についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。●調査は2016年6月13日~6月30日にインターネットで実施。30~50代女性2370名の回答結

2016年8月5日ベルメゾンフィードバック数:0キャリアとスキル

「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) (2)現在の収入について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) ②現在の収入についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。●調査は2016年6月13日~6月30日にインターネットで実施。30~50代女性2370名の回答結

2016年8月5日ベルメゾンフィードバック数:0社会/政治

「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) (7)アベノミクスと今後について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) ⑦アベノミクスと今後についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。●調査は2016年6月13日~6月30日にインターネットで実施。30~50代女性2370名

2016年8月5日ベルメゾンフィードバック数:0キャリアとスキル

「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) (5)これからの生活や収入について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) ⑤これからの生活や収入についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。●調査は2016年6月13日~6月30日にインターネットで実施。30~50代女性2370

2016年8月5日ベルメゾンフィードバック数:0社会/政治

「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) (3)景況感と消費について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) ③景況感と消費についてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。●調査は2016年6月13日~6月30日にインターネットで実施。30~50代女性2370名の回答

2016年8月5日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) (6)将来に対する気持ちについて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「女性の生活意識アンケート調査」(第9回) ⑥将来に対する気持ちについてベルメゾン生活スタイル研究所では、2012年6月から半年に1回、女性を対象にした生活意識アンケート調査を実施しています。この調査は、女性の生活実感や景況感、消費や節約意識について聞いた結果を時系列データとしてまとめたもので、今回は、全7回に分けてレポートいたします。●調査は2016年6月13日~6月30日にインターネットで実施。30~50代女性2370名

2016年7月5日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「インナーウェア」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「インナーウェア」についてインナーウェア、4人に3人が機能性を重視。20代の8割以上は、ブラとショーツをセット購入。前回は「ファッション」に対する意識や価値観、購入の実態等についての調査結果をレポートしました。今回は引き続きファッションと関係の深い「インナーウェア」についてベルメゾンデッセ会員のみなさんにお伺いしました。ご回答いただきました4402名のみなさん、本当にありがとうございました。それでは調査結果をご一緒にみていき

2016年6月20日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「ファッション」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「ファッション」について洋服を買う際、9割近くが「流行より“好み”を重視」。重視するイメージは「シンプル」「ナチュラル」「上品」。総務省が毎月発表している家計調査によると、4月の二人以上世帯の「被服及び履物」支出は前年に比べて実質(物価変動分を除いた数字)で10.4%マイナス。ファッション商品の購入を節約する傾向が顕著になってきています。そこで今回は、「ファッション」に対する意識や価値観、購入の実態等についてベルメゾンデッセ

2016年5月22日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「お薬手帳と新・医療控除」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「お薬手帳と新・医療控除」について「新・医療費控除制度」9割以上が知らない。今年の4月に改定された診療報酬制度では、お薬手帳を持って同じ薬局に通うと支払う金額が少しだけ安くなるようになりました。また2017年度からは、1年間に薬局などで購入した市販薬が12,000円を超えると所得から控除できる、新・医療費控除が始まる予定です。そこで今回は、お薬手帳の利用実態と新・医療費控除制度についてベルメゾンデッセ会員のみなさんに伺いまし

2016年5月10日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

手作り(ハンドメイド)について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果報告:「手作り(ハンドメイド)について」20~30代女性の3割以上が、手作り販売サイトでの購入経験あり。20代の2人に1人は、自分の手作り作品をSNSに投稿。ここ2~3年でスマートフォンが急激に拡大する中で、スマホアプリで1点モノの手作りアクセサリーや洋服などを販売するハンドメイドマーケットECが注目を集めています。その中のひとつ、国内最大級を誇る「minne」には、20万5千人の作家さんが登録し、約250万点の作品が掲載されてい

2016年4月18日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「誕生日」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果報告:「誕生日」についてSNSで誕生日のお祝いをしたりされたりする人は3人に1人。20代は6割以上で、SNSがお祝いツールとしても定着。フェイスブックやLINEなどSNSの登場によって、ふだんのコミュニケーションのあり方が大きく変化しています。例えば誕生日、タイムラインへのお祝いメッセージの投稿が気軽にできるようになり、友人や知人の誕生日がとても身近になってきたように感じます。そこで今回は、昨今の誕生日事情について、ベルメゾンデッ

2016年4月8日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「定期購入・頒布会」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果報告:「定期購入・頒布会」について調査は2016年3月2日~3月16日にインターネットで実施。20代~60代女性2173名の回答結果を集計しました。定期購入を誘う健康食品や化粧品の広告(テレビCMや折込チラシ)を目にしない日はありません。定期的に届けてもらうことで、買い忘れが防げたりお得になったりする定期購入システムは、ひとつのショッピングスタイルとしてすっかり市民権を得ているようです。今回のウーマンスマイルアンケートでは、「定期

2016年3月19日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「包丁」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果報告:「包丁」について私たち千趣会の本社がある大阪には、千日前道具屋筋といって、飲食店などで用いる業務用の調理器具や什器を扱う店が密集する商店街があります。こちらの商店街では、外国人観光客の増加に合わせて5年ほど前から、セラミック包丁や和包丁が中国や欧米からの観光客によく売れているようです。背景には、世界的に日本料理が注目を集めていることや、健康志向で魚料理が流行っているといったことがあるようです。外国人の包丁ブームの一方で、日本

2016年3月10日ベルメゾン★フィードバック数:0ライフスタイル

「電力自由化」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:「電力自由化」についていよいよ今年の4月から電力の小売りが全面自由化されます。これまで家庭向けの電力販売は東京電力や関西電力など電力大手10社が独占してきましたが、今後はガス会社や携帯電話会社などが相次いで参入し、割安な料金プランやポイントサービスなど様々なメニューが打ち出されています。そこで今回は「電力の自由化」についてベルメゾンデッセ会員のみなさんにお聞きしました。ご回答いただいた会員のみなさん、本当にありがとうございま

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0社会/政治

「ふるさと納税」について

■結果発表:「ふるさと納税」について出身地や応援したい自治体に寄付をすると住宅地での税金が軽減される「ふるさと納税」。2013年度の実績は約141億円で、2008年のスタート時からほぼ倍増しています(総務省発表)。また今年からは、税金が控除される上限額が2倍に引き上げられたり、条件付きで確定申告が不要になったりと利便性が高まりますマス利用者が増えているようです。ベルメゾンデッセ会員のみなさんは「ふるさと納税」についてどのように考えていらっしゃるのでしょうか。今回も2798人から貴重な回答をいただ

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「バーベキュー・キャンプ」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■調査結果:「バーベキュー・キャンプ」について20代、30代はバーベキュー好き。夏休みに入り、バーベキューやキャンプを楽しんでいらっしゃるご家庭も多いのではないでしょうか。レジャー白書2014によると、日本のバーベキュー人口は2110万人。今やすっかりレジャーのひとつとして定着しています。そこで今回は、夏のレジャーの代表格「バーベキューとキャンプ」についてお聞きしました。バーベキューが好きな人は全体の59.6%。中でも、20代のバーベキ

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「配送サービス」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「配送サービス」についてネットで注文、半数以上が「2~3日」で届いてほしい。ますます便利になるネット通販。今回の調査では月に2回以上利用する人は2人に1人。全体の54.3%に上りました。注文後は「遅くとも2~3日で届いてほしい」と思っている人が55.2%でおよそ半数。「翌日」を希望する人は8.5%。注文後2~3日以内で届くことが、「ネット通販の当たり前」になってきていることがわかります。一方で最近は、コンビニ受取りや宅配ボッ

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0モバイル

「スマートフォン・アプリ」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「スマートフォン・アプリ」についてふだんよく使うアプリの数、「10個以下」が8割以上。ニュースアプリの利用は、2人に1人。内閣府が2015年3月に実施した消費動向調査によると、スマートフォンの世帯普及率は60.6%。前年より5.9%上昇する結果となりました。一方、ベルメゾンデッセ会員のみなさんのスマホ所有率は64.1%。内閣府の調査よりもスマホ利用が進んでいることがわかります。今回の調査では、スマホ利用に欠かせない「アプリの

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「スニーカー」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「スニーカー」についてふだんの通勤やレジャーにスニーカーを履く 7割以上スニーカーはおしゃれアイテムとして欠かせない 2人に1人この2~3年、スニーカーブームが再来しています。街では様々なデザインのスニーカ―を履いた女性を多く見かけるようになりました。このブームを牽引しているのはまさに20代~40代の女性たち。そこで今回は、ベルメゾンデッセ会員のみなさんに「スニーカー」についてお聞きしました。「ふだんの通勤やレジャーにスニー

2016年3月3日ベルメゾン★★フィードバック数:0社会/政治

東日本大震災から5年、今の気持ちについて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:東日本大震災から5年、今の気持ちについて2011年に発生した「東日本大震災」から、今年の3月11日で丸5年になります。今回のウーマンスマイルアンケートでは、5年を経過した今、被災地に対してどのような気持ちで向き合っているのか、また今後の自然災害に対する日頃の防災意識や防災対策についてお伺いしました。ご回答いただいたベルメゾンデッセ会員のみなさん、ありがとうございました。では、調査結果をご一緒に見ていきましょう。調査は、201

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0マーケティング

インターネットの「有料会員サービス」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉◆結果発表:インターネットの「有料会員サービス」についてインターネットでのショッピングやコンテンツを利用する生活者が増える中、送料や返品送料が無料になったり、便利な機能を使って自分にピッタリの情報を簡単に見つけられたり、動画や音楽が見放題、聴き放題になったりといった有料会員サービスを提供する企業が増えてきました。今回は、ベルメゾンデッセ会員のみなさんに、インターネットの有料会員サービスに対する興味・関心度合いや今後の加入意向等についてお

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「ハロウィン」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「ハロウィン」について秋のイベントとして年々盛り上がりを見せている「ハロウィン」。コスチューム類やお菓子など、ハロウィン関連商品の売上も大きく伸びているようです。今回のウーマンスマイルアンケートでは、「ハロウィン」イベントについて、ベルメゾンデッセ会員のみなさんにお伺いしました。3987人に回答していただいた調査結果をレポートします。 Q.あなたは「ハロウィン」という行事が好きですか?20代女性は、7割以上が「ハロウィン好き

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「機能性表示食品」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「機能性表示食品」について「機能性表示食品」という言葉を知っている、53.9%「機能性表示食品」がどんな商品化知っている、25.4%今年の4月から新たに「機能性表示食品制度」が始まりました。それまでは、健康の維持や増進に役立つ具体的な機能をパッケージなどに表示してよい食品は「特定保健用食品(トクホ)」と、ビタミンやミネラルなど国が定めた17成分に限って可能な「栄養機能食品」の2種類だけでした。ただ、「特定保健用食品(トクホ)

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「セルフケアに」ついて

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「セルフケアに」ついて「発酵食品を多く摂るようにしている」76.9%「気づいた時にストレッチや伸びをする」半数以上働く女性が増える中、家事や育児の両立で多忙な毎日を過ごしていらっしゃるみなさんも多いと思います。今回の調査では、9割近くの人がカラダの疲れを感じており、4人に3人がストレスを感じているという結果になりました。一方で、「仕事で成果を上げるためには、体調管理が重要だと思っている」人は全体の9割。「体調管理も仕事のうち

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「夏休みの過ごし方」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「夏休みの過ごし方」について理想の夏休みは、「一定期間内で自分で自由に決められる”自由型“」、58.9%。夏休みのスタイルも多様化しており、9月に入ってから長期休暇をとられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回の調査では、今年「勤め先で決められている全社一斉の固定型の夏休み」だった人は、40.5%、「一定期間内で自分で自由に決められる自由型の夏休み」、だった人は43.8%で、ほぼ半々という現状が見えてきました。一方

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「料理」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「料理」について今回のウーマンスマイルアンケートでは、ベルメゾンデッセ会員のみなさんに「料理」についてお伺いし、料理に関する意識や、メニューの入手先などをお聞かせいただきました。ご回答いただき本当にありがとうございます。では、調査結果をご一緒に見ていきましょう。 Q.料理をするのは好きですか?「料理」をするのが好きな人は、約6割。料理をするのが「好き」な人は18.8%、「わりと好き」と答えた人の44.2%を合わせると63%、

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0ライフスタイル

「2015年と2016年の目標」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「2015年と2016年の目標」についていよいよ2016年がスタートしました。今年もベルメゾンデッセをどうぞよろしくお願いします。さて今年は、海外ではリオ・デ・ジャネイロのオリンピック、パラリンピックや米国大統領選などビッグイベントが相次いで開催されます。国内ではマイナンバー制がスタート。伊勢志摩サミット、選挙権の年齢引き下げ後初めての国政選挙となる参議院選挙が予定されていますね。それぞれのご家庭や職場、プライベートでも、い

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「シェアリングサービス」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「シェアリングサービス」について Q.あなたは、ふだん使っていない個人の車や洋服、空き部屋や駐車場などを貸し借りする「シェアリングサービス」の考え方についてどう思いますか?「シェアリングサービス」に共感する人は、6割。シェアリングサービスに「共感できる」人は10.4%、「まぁ共感できる」と答えた人は49.3%を合わせると59.7%、約6割が共感できるという結果になりました。年代別ではさほど大きな違いは見られませんでした。 Q

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

ゴールデンウィークの過ごし方2015

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「ゴールデンウィークの過ごし方2015」について自分のイメージ通りに過ごせた人、7割以上。予算内でやりくりできた人、8割以上。今年のゴールデンウィーク(GW)は、日並びの良さや好天に恵まれたこともあり、多くの観光地やレジャー施設がにぎわっていました。人気のテーマパークはどこも昨年を上回る人出になり、JRや空の便も昨年以上の利用者になったようです。また、ガソリン価格が昨年より下がり、車でお出かけされる方も多かったのではないでし

2016年3月3日ベルメゾンフィードバック数:0大型消費/投資

「家計管理」について

ベルメゾン生活スタイル研究所 〈ウーマンスマイルアンケート〉■結果発表:「家計管理」について節約は収入を得るのと同じくらい重要、8割以上将来を見据えた家計管理をしている、2人に1人『同じ収入でも、「貯蓄額」「暮らしの質」に大きな差が出る! 金持ち習慣vs貧乏習慣(サンキュ 2015年7月号)』 『シンプル&楽ちんな貯蓄習慣(Ozplus no43)』など、女性誌には「お金」にまつわるタイトルが多く見られます。家計を預かる女性にとって、お金を無駄なく使い、できるだけ将来に備えて蓄えておくことは共通

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ