調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > ユニ・チャーム

「ユニ・チャーム」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年9月15日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

下着汚れのトラブルに関して男女20,000人意識調査

ニュースリリース2017年8月29日下着汚れのトラブルに関して男女人意識調査を実施成人の4割が「尿もれ」を経験し、3割近くが「便もれ」を経験「便もれ」経験者の4人に1人は″いつの間にかもれていた”、7割以上が誰にも相談できず切実 ユニ・チャーム株式会社本社:東京都港区、社長:高原 豪久は、軽い尿もれ専用品から大人用紙おむつを牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。ライフリーは、排泄ケアをサポートしていく中で、骨盤底筋(括約筋)の緩みからおこりうる「便もれ便失禁」につい

2017年7月24日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

軽い失禁“尿もれ・便もれ”をセットで学び参加者満足度97%と高評価

ニュースリリース2017年7月13日自分で出来る排泄トラブル予防と対処方法のセミナーを実施軽い失禁“尿もれ・便もれ”をセットで学び参加者満足度%と高評価~ユニ・チャームが横浜市泉区市民250人を対象に開催~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、一人ひとりの“生活者”の心と体の健康をサポートする企業として、赤ちゃんからお年寄りまで様々な世代に向けた商品やサービスを提供しています。この度、横浜市泉区市民を対象に、軽い失禁“尿もれ・便もれ”をテーマにしたセミナーを実施しました

2017年6月27日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「女性用品の香り」に関する意識調査

ニュースリリース2017年6月13日ソフィ「女性用品の香り」に関する意識調査を実施 は、生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。この度当社では、「女性用品の香り」に関する意識についてアンケート調査を行いました。その一部をご報告します。%が生理時にニオイが気になったことがある」と回答しました。また、生理のニオイが特に気になる季節を尋ねたところ、気温と湿度の上昇する「夏場」と答えた方が%を占めました。一方で、生理時のニオイに対し何らかの対処法

2017年5月30日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「便もれ」実態の調査

ニュースリリース2017年5月22日ユニ・チャーム、「便もれ」実態の調査を人に実施 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、軽い尿もれ専用品から大人用紙おむつを牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。ライフリーは、排泄ケアをサポートしていく中で、同じく骨盤底筋(括約筋)の緩みからおこりうる「便もれ便失禁」についても対策が必要なのではないかと考え、実態調査を実施しました。今回、その調査結果の一部をご紹介します。※1 軽い便もれや、下着への便付着を

2017年4月3日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「尿もれ不安をかかえる高齢者とペット」に?関する意識調査

ニュースリリース2017年3月27日外出習慣にペットが寄与し、9割が認知機能低下の抑制を実感〝人とペットの共生″で「外出」「会話」「社交性」を生む生活リズムが重要 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原 豪久)は、一人ひとりの〝生活者″の心と体の健康をサポートする企業として、赤ちゃんからお年寄りまで様々な世代に向けた商品やサービスを提供しています。この度、高齢化の進行に伴う「外出不安」や「認知機能の低下」といった社会問題の改善につながるきっかけを探る為、「尿もれ不安をかかえる高齢者

2016年11月4日ユニ・チャームフィードバック数:0社会/政治

「ちょいモレ事情」による夫婦関係について2,000人調査

ニュースリリース2016年10月27日「ちょいモレ事情」による夫婦関係について人調査実施妻の約9割が、夫の健康状態を自分以上に気遣う一方、夫は「ちょいモレ」を誰にも相談できずに独りで悩む傾向が強い ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、軽い尿モレ専用品から大人用紙おむつを牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。この度、男性の「ちょいモレ事情」について夫婦それぞれが抱える悩みや想いに関する実態調査を実施しました。今回その一部をご報告します。◆妻の

2016年10月21日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

男性の「トイレ事情・ちょいモレ事情」に関する実態調査

ニュースリリース2016年10月14日悩める男の「トイレ事情・ちょいモレ事情」を人に調査実施自己対処で4人に3人が改善し、尿ケア専用品使用でリア充 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、軽い尿ケア専用品から大人用紙おむつを牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。この度、男性の「トイレ事情・ちょいモレ事情」に関する実態調査を実施しました。今回その一部をご報告します。※リア充とは、現実の生活が充実している方◆以前と比べて「キレ」の悪さを実感している

2016年9月26日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

年末の大掃除に関する意識調査

ニュースリリース2016年9月21日デザイン性の高い掃除用品を使うと、意欲がわくと%が回答『ウェーブ キラキラクリーニング企画品』年月4日より全国にて限定発売 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、不織布や吸収体の技術を応用し、「快適・便利・衛生的」をコンセプトにスマートで効率的なお掃除の提案を行っています。当社では「年末の大掃除に関する意識調査」を実施いたしました。また、年末の大掃除を楽しくする『ウェーブ キラキラクリーニング企画品』を、2016年10月4日より全国にて

2016年9月25日ユニ・チャームフィードバック数:0社会/政治

認知症に関する調査

ニュースリリース2016年9月20日9月日「世界アルツハイマーデー」に先駆けユニ・チャーム、「認知症に関する調査結果」発表~『ソーシャル・ウォーキング』で認知症予防を推進~ ユニ・チャーム株式会社本社:東京都港区、社長:高原 豪久は、認知症予防のための『ソーシャル・ウォーキング』を考案し、その浸透を通して健康寿命延伸への貢献に取り組んでいます。この度、9月日の「世界アルツハイマーデー」に先駆け、年5月から継続して行う「認知症に関する調査結果」を発表します。◆介護されている方が1年前と比べて認知症

2016年8月25日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

こどものマスクに関する意識調査

ニュースリリース2016年8月22日8割以上の母親が、風邪対策としてお子様にマスクを着用して欲しいと回答 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、これからの秋以降、本格的に風邪や花粉シーズンを迎えるにあたり、小学生のお子様を持つお母様を対象にした「こどものマスクに関する意識調査」を実施しました。今回は、その調査結果の一部をご紹介します。◆「お子様が風邪の時」「風邪の流行期」など、風邪対策としてマスクを着用して欲しいと、8割以上が回答。◆お子様がマスクの着用に消極的な理由とし

2016年8月17日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

尿もれが日常生活に与える影響 実態調査

ニュースリリース2016年8月8日尿もれが不安で「外出せず」家に閉じこもる傾向「外出」は認知機能低下を抑制し、認知症予防に重要と東京都健康長寿医療センターが提唱 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、一人ひとりの“生活者”の心と体の健康をサポートする企業として、赤ちゃんからお年寄りまで様々な世代に向けた商品やサービスを提供しています。この度、高齢化の進行に伴う「閉じこもり」や「認知症」といった社会問題に対して、「尿もれ」が与える影響について、調査を実施しました。今回、その

2016年8月11日ユニ・チャーム★フィードバック数:0ライフスタイル

マスク着用が顔の大きさ知覚に及ぼす効果

ニュースリリース2016年8月9日福山大学、北海道大学とマスク着用が顔の大きさ知覚に及ぼす効果について共同検証マスク着用で顔が小さく知覚されることを実証~日本認知心理学会第回大会(年6月日~日)にて発表~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、マスク着用が顔の大きさ知覚に及ぼす効果について、福山大学、北海道大学と共同で検証し、日本認知心理学会第回大会(年6月日~日)にて発表しました。今回の検証結果についてご報告します。※上記数値は、マスク非着用、着用時のポイント差マスク着

2016年4月15日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

就職活動中の生理に関する意識調査

ニュースリリース2016年4月12日経験者の2人に1人が「就活中に生理で困った経験がある」~「ソフィ」×「マイナビ学生の窓口」共同調査~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、女性のからだと心の仕組みを科学的に捉え、いつでも自由に快適に過ごしてほしいとの想いから、女性をサポートする商品やサービスを提供しています。なかでも、当社の「ソフィ」は、どんな時もあきらめることなく、全ての女性に輝き続けてほしいという想いを込めた“はばたけ、わたし!”をメッセージに、様々な活動をしてい

2016年3月8日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

春の掃除に関する意識調査

ニュースリリース2016年3月3日デザイン性の高い掃除用具で、春の掃除への意欲がわくと%が回答 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、不織布や吸収体の技術を応用して、「快適・便利・衛生的」をコンセプトに日常生活を快適に過ごすための提案を行っています。当社では、これから迎える春の掃除実態について意識調査を実施、今回はその調査結果についてご報告します。◆春を気持ちよく過ごすために、掃除をすることは有効と%の方が回答。◆春は掃除に適している季節であると%の方が回答。その理由とし

2016年1月22日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

化粧用コットンでの“ふきとり”による肌改善を検証

ニュースリリース2016年1月20日ユニ・チャーム、エフシージー総合研究所による共同研究化粧用コットンでの“ふきとり”による肌改善を検証 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、株式会社エフシージー総合研究所美容・健康科学研究室と共同で、極細繊維を使用した化粧用コットンでのふきとりケアをいつものスキンケアに加えることによる肌状態への影響について、検証を実施しました。 その結果、2週間後の肌状態の変化量を「ふきとりケアをする側」と「ふきとりケアをしない側」で比較した場合、「か

2015年12月11日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「小顔」に関する意識調査

ニュースリリース2015年12月3日女性の%が「今よりも小顔に見せたい」と回答~約4人に1人は、小顔に見せるためにマスクの着用が有効と考える~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は一人ひとりの“生活者”の心とからだの健康をサポートする企業として、さまざまな世代に向けた商品や情報をお届けしています。この度、女性にとって関心が高い「小顔」に関する意識調査を実施しました。今回は、その調査結果の一部をご紹介します。◆%の女性が、「小顔になりたい」と回答。その理由として、体型のスタ

2015年11月6日ユニ・チャーム★フィードバック数:0ライフスタイル

おもてなしや来客前の掃除に関する意識調査

ニュースリリース2015年11月4日イベントが多い秋~年末年始は、いつでも人を呼べるキレイな家にしたいと%が回答おもてなしや来客前の掃除に関する意識調査 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、不織布や吸収体の技術を応用して、「快適・便利・衛生的」をコンセプトに日常生活を快適に過ごすための提案を行っています。当社では、これからの秋~年末年始にかけてのイベントシーズンに向けて、おもてなしや来客前に実施する掃除の意識調査を実施、今回はその調査結果についてご報告します。自宅で友人

2015年9月1日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

マスクのサイズや装着によるPM2.5の捕集性能の違いを検証

ニュースリリース2015年9月1日マスクを下にズラし鼻を出して装着すると、捕集性能が約2割まで下がる※1:(微小粒子状物質)とは、大気中に浮遊する小さな粒子のうち、粒子の大きさがμ以下の非常に小さな粒子を指す。 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は一人ひとりの“生活者”の心とからだの健康をサポートする企業として、さまざまな世代に向けた商品やサービスをお届けしております。これからのマスクシーズンに向けて、近年その有害性が問題視されるの対策として、当社の『超立体マスク』『超快

2015年7月10日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

紙おむつ交換時の乳幼児のストレスを研究

ニュースリリース2015年7月8日名古屋大学大学院と共同で、紙おむつ交換時の乳幼児のストレスを研究“はいはい期”赤ちゃんに「パンツ型」紙おむつの使用でストレスが減少第回日本赤ちゃん学会学術集会(年6月日~日)にて発表ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、名古屋大学大学院環境学研究科の大平英樹教授と共同で、乳幼児の“はいはい期”でのおむつ交換時におけるストレスの測定(唾液中に含まれるアミラーゼ活性を測定して研究)を行いました。この研究結果を、年6月日~日の第回日本赤ちゃん学

2015年6月18日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

“尿もれケア・排泄介護”セミナー 参加者アンケート調査

ニュースリリース2015年6月18日各地域支援センターと共同で“尿もれケア・排泄介護”セミナーを実施セルフチェックで状態を知り、「適切な排泄ケア」で健康な生活を再認識“排泄トラブル”早期ケアで健康寿命をサポート ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、一人ひとりの“生活者”の心と体の健康をサポートする企業として、赤ちゃんからお年寄りまで様々な世代に向けた商品やサービスを提供しています。この度、各地域と共同で“尿もれケア・排泄介護”をテーマにしたセミナーを実施しました。今回は

2015年4月29日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

パンツ型紙おむつ使用者を介護する方の実態調査と排泄行動を検証

ニュースリリース2015年4月28日パンツ型紙おむつ使用者を介護する方の実態調査と排泄行動を検証介護者の約6割が「介護負担」から、トイレでのおむつ交換を断念ご本人のお体の維持や改善には介護者とご本人双方の“意欲”が大切 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、大人用紙おむつ市場を牽引するメーカーとしてご本人とその介護者をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。この度、大人用紙おむつを使用して介護している方を対象に、高齢者の介護や排泄実態をアンケート調査し、自

2015年4月24日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

こどものマスク着用に関する調査

ニュースリリース2015年4月24日%の保護者が「お子様の風邪・花粉対策にマスクの着用が有効」と回答冬季シーズンの振り返りとして、こどものマスク着用に関する調査~5月5日“こどもの日”に先駆けて調査を実施~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は一人ひとりの“生活者”の心とからだの健康をサポートする企業として、さまざまな世代に向けた商品やサービスをお届けしています。春を迎え、このほど風邪の流行や花粉の飛散ピークが過ぎたことから、5月5日の“こどもの日”に先駆けて、冬季シーズ

2015年4月17日ユニ・チャーム★フィードバック数:0ライフスタイル

ユニ・チャームの調査です。

排泄トラブルに悩む方を対象に生活者実態調査

ニュースリリース2015年4月17日健康寿命延伸と排泄トラブルの密接な関係が実態調査で明らかにユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、一人ひとりの“生活者”の心と体の健康をサポートする企業として、赤ちゃんからお年寄りまで様々な世代に向けた商品やサービスを提供しています。この度、超高齢社会の重要テーマである「健康寿命延伸」を阻害する要因を調査するために、排泄トラブルに悩む方を対象に生活者実態調査を行いました。今回は、その調査結果の一部をご紹介いたします。※1 ユニ・チャーム調

2015年4月8日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「男性の尿もれ」実態

ニュースリリース2015年4月8日「男性の尿もれ専用品」発売から1年、意識調査を公開若年歳代やちり紙対処者の反響高く、市場規模は約3倍へ急拡大使用者の8割が高く評価するが、専用品認知率2割と低く認知拡大が課題 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、軽い尿もれ専用品から大人用紙おむつを牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。その活動の一環として、「男性の尿もれ専用品」の発売後に実態調査を行いましたので、今回その一部をご報告します。 近年、仕事やプ

2015年3月29日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

睡眠に関する実態調査

ニュースリリース2015年3月27日代~代の女性の3分の2が生理中の夜モレを経験『ソフィ 超熟睡®ガード』の°寝返りし放題キャンペーンに「コップのフチ子」とのタイアップで生まれた「ベッドのフチ子」登場! ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。この度、夜用ナプキン『ソフィ 超熟睡ガード』は生理中の夜モレにも安心してお使い頂けるよう、女性からの支持が高いカプセルトイ「コップのフチ子

2014年12月11日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「受験生の体調管理」に関する意識調査

ニュースリリース2014年12月11日『超立体マスク』使用者の%が志望校に合格※年度~年度の年間の間に、大学受験を経験した受験生本人及びその家族へ調査 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は一人ひとりの“生活者”の心とからだの健康をサポートする企業として、さまざまな世代に向けた商品やサービスをお届けしています。この度、これからの受験シーズンに向けて、大学受験を経験した受験生本人及びその家族を対象に「受験生の体調管理」に関する意識調査を実施しました。今回、その調査結果の一部を

2014年11月27日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

マスクの着用による外見・表情の違いを検証

ニュースリリース2014年11月27日マスクの着用による外見・表情の違いを検証 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、高い遮断性と快適なつけ心地でご支持いただいている『超立体マスク』『超快適マスク』より、代~代男女名を対象に、形状や色が異なるマスクの着用による、外見・表情の違いを検証したアンケート調査を実施しました。今回、その調査結果の一部をご紹介いたします。◆約半数の女性が外見を意識した使い方をされ、マスクの使途も多様化している。◆マスクの形や色によって見た目の印象が変

2014年10月20日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

紙おむつ使用者の排尿実態を、全国の介護施設・病院と共同検証

ニュースリリース2014年10月20日紙おむつ使用者の排尿実態を、全国の介護施設・病院と共同検証現場の声を活かし向上と夜間の介護負担低減を目指す ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、介護施設・病院に対して大人用紙おむつを牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。この度、全国の介護施設・病院と共同で大人用紙おむつ使用者を対象に、要介護高齢者の夜間の排尿実態を検証しました。その結果をご報告します。※1 終日寝て過ごす高齢者を対象、ユニ・チャーム調べ

2014年10月14日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「ウェーブ ハンディワイパー」使用によるハウスダストの舞い上げは、化学雑巾より少ない

ニュースリリース2014年10月14日「ウェーブ ハンディワイパー」使用によるハウスダスト※1:「ハウスダスト」とは、ホコリやダニや花粉などの総称。今回はスギ花粉の粒子数で検証。粒子の大きさ、比重により、結果が異なる場合がございます。 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、不織布や吸収体の技術を応用して、「快適・便利・衛生的」をコンセプトに日常生活を快適に過ごすための提案を行っています。なかでも、『ウェーブ ハンディワイパー本体』は“家中まるごとこれ1本!”をテーマに、常

2014年10月9日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

パンツ型紙おむつ使用者の実態調査と排泄行動を検証!

ニュースリリース2014年10月9日パンツ型紙おむつ使用者の実態調査と排泄行動を検証!介護者の%は、自立排泄を願うが“不安定さ”から「ついつい」手助けお体の状態を少しでも維持・回復する排泄ケアが大切 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、大人用紙おむつ市場を牽引するメーカーとしてご本人とその介護者をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。この度、大人用紙おむつ使用者を対象に、高齢者の排泄実態をアンケートにて調査し、在宅や介護施設で排泄行動を妨げる要因を検証

2014年9月12日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

褥瘡に“医療向け創傷用シート”を使用し、症状改善を実証

ニュースリリース2014年9月12日褥瘡に“医療向け創傷用シート”を使用し、症状改善を実証~第回日本褥瘡学会学術集会(年8月日)にて発表~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、原土井病院内科 褥瘡治癒専門医と共同で、各褥瘡における検証で医療向け創傷用シート『ライフリー ファインケアシート』を使用しました。そして、今回の研究成果を年8月日の第回日本褥瘡学会学術集会で発表いたしましたので報告します。※1 褥瘡じょくそう:長期間同じ体勢で寝たきり等になった場合、体と支持面(多

2014年6月17日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「夏の生理」に関する意識調査

ニュースリリース2014年6月17日約8割の女性が、夏にかぶれ等の肌トラブルを経験、 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするための様々な商品やサービスを提供していますが、この度「夏の生理」に関する意識調査を行い、その一部をご報告します。◆夏を迎えるにあたり、生理に関して不安や気になることがあると、%の方が回答。◆夏の生理期間中に、かぶれ等、肌トラブルの経験があると、%の方が回答。◆夏の生理期間中は「敏感肌」になりやすいと

2014年3月28日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「男性の尿もれ」意識調査

ニュースリリース2014年3月28日専用品使用率は約1割に留まり、ズボンへのしみ不安約7割に上る ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、軽い尿もれ専用品から大人用紙おむつを牽引するメーカーとしてお客様に様々な商品やサービスを提供しています。この度、「男性の尿もれ」の意識調査を行いましたので、今回その一部をご報告します。◆男性の尿もれは、代以上で3人に1人が経験◆男性の初めての尿もれ経験者は、約2割が代、約5割が歳以上で経験◆“軽い尿もれ”症状がはじまったきっかけは、「トイ

2014年3月6日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「デリケートゾーンのケア」に関する意識調査

ニュースリリース2014年3月6日デリケートゾーンの悩みを持つ女性は%、その対処も様々「デリケートゾーンのケア」に関する意識調査 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするための様々な商品やサービスを提供していますが、この度「デリケートゾーンのケア」に関する意識調査を行い、その一部をご報告します。◆「デリケートゾーンのケア」に関心があると%の方が回答。◆「デリケートゾーンに関して、悩みがあったり気になったことがある」と%の方

2014年2月6日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

生理期間中の睡眠に関する実態調査

ニュースリリース2014年2月6日万人以上が利用する生理日予測サイト「ルナルナ」とのタイアップ企画※「ルナルナ」とは万人以上が利用する、女性のカラダとココロをサポートするモバイル向け生理日予測サイトです。 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。この度、当社「ソフィサイト」と生理日予測サイト「ルナルナ」と共同で、生理期間における睡眠に関する実態について調査を行い、今回その一部をご

2014年1月16日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

フィット性と吸収機能の高いナプキンを使用で「入眠と睡眠維持」が改善

ニュースリリース2014年1月16日フィット性と吸収機能の高いナプキンを使用で「入眠と睡眠維持」が改善~日本睡眠学会 第回定期学術集会にて発表~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。年7月に日本睡眠学会第回定期学術集会にて、広島大学大学院総合科学研究科の林 光緒教授と共同で、女性の生理用品の違いによる月経中の睡眠感比較についての研究を実施しました。近年の活動的な女性の増加で、

2013年12月3日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

布団の上げ下ろしによって発生する浮遊ダニアレルゲンのマスクによる捕集率の検証

ニュースリリース2013年12月3日立体マスク着用で、ダニアレルゲンの侵入を約9割ブロック!~第回日本アレルギー学会秋季学術大会(年月日)にて発表~ ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、白井秀治氏(東京環境アレルギー研究所)、成田 泰章氏(暮らしの科学研究所)、野﨑 淳夫氏(東北文化学園大学大学院)、阪口雅弘氏(麻布大学獣医学部)の協力のもと、布団の上げ下ろしによって発生する浮遊ダニアレルゲンのマスクによる捕集率の検証を行いました。この研究成果を、年月日の第回日本アレル

2013年11月15日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

ベビー用紙おむつ使用者の実態を検証

ニュースリリース2013年11月14日昼間の赤ちゃんは、大人の約2倍活発に動くママは、モレ防止に紙おむつをしめつけた経験あり%ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、生活科学研究グループにて乳幼児を対象に昼間の動作を行動コーディングシステムによって計測し、赤ちゃんの活発な動きによる紙おむつのスキマ発生の実態を検証しました。その、結果の一部をご報告します。※1 赤ちゃんの体型やおむつのつけ方によって、ズレやスキマの発生時間や程度には個人差があります※2 画像を見ながら、足が動

2013年11月7日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

『排泄ケア』についてアンケート調査

ニュースリリース2013年11月7日介護者は「トイレで排泄させてあげたい」が%と高いが、体の状態を少しでも維持するトイレ排泄が大切! ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は、大人用紙おむつ市場を牽引するメーカーとしてご本人とその介護者をサポートするための様々な商品やサービスを提供しています。月日“介護の日※1”に先がけ、3大介護の中でも最も負担となる『排泄ケア』について、アンケート調査を行いましたので、ご報告します。※1 厚生労働省が高齢者や障害者等に対する介護に関し、国民

2013年10月10日ユニ・チャームフィードバック数:0ライフスタイル

「生理期間中のアクティブな過ごし方について」の実態調査

ニュースリリース2013年10月10日「生理期間中のアクティブな過ごし方について」の実態調査 ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするための様々な商品やサービスを提供していますが、月日の体育の日を直前に迎え、生理期間中のアクティブな過ごし方についてアンケート調査を行いました。 近年、生活スタイルの変化や活動的な女性の増加に伴い、生理期間中においても、普段どおりに過ごす傾向にあります。また「スポーツの秋」と言われるように、こ

2013年6月20日ユニ・チャームフィードバック数:1ライフスタイル

「人には言えない生理中の悩みについて」の実態調査

ニュースリリース2013年6月20日「人には言えない生理中の悩みについて」の実態調査万人の会員数を有する生理日予測サイト「ルナルナ※「ルナルナ」とは、会員数万人を有する、女性のカラダとココロをサポートするモバイル向け生理日予測サイトです ユニ・チャーム株式会社(本社:東京都港区、社長:高原豪久)は生理用品市場を牽引するメーカーとして女性をサポートするために、普段人には言えない生理中の悩みや実態について、生理日予測サイト「ルナルナ」と共同でアンケート調査を行いました。 近年、生活スタイルの変化や女

2008年11月4日ユニ・チャームフィードバック数:0社会/政治

シニア世代の介護意識

2008年10月23日 11月11日は介護の日、「シニア世代の介護意識」調査  ユニ・チャーム(株)は、11月11日の「介護の日」に向けて、全国40代~80代の男女542人に、介護に関する意識調査を実施しました。その結果、シニア世代の方は、介護の中でも「排泄ケア」を最も重視していることが分かりました。また介護をする時と介護をうける時といった立場や、男女による意識の違いが明らかになりました。調査結果の概要について、以下の通りご報告いたします。 ■「一番自分でしたいのは排泄」でも「一番大変な

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ