調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > リクルートマネジメントソリューションズ

「リクルートマネジメントソリューションズ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「若者から学ぶ大人」の実態調査

【調査発表】「若者から学ぶ大人」の実態調査公表新入社員の配属から1ヶ月。若者から学んでいる人とそうでない人の違いとは?大人は若者から何を学べるか。若者に抱く”違和感”こそ学びのヒント2018年07月10日 企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:藤島敬太郎)は、「大人が若者から学ぶには」をテーマにした研究プロジェクト(オトマナプロジェクト)に取り組んでいます。このたび、その一環で「若者から学ぶ大人」の実態調査を実施し、調査結果が

今年の新入社員は何を求めているのか?

2018年新入社員調査より 今年の新入社員は何を求めているのか? 今年の新入社員は、何を大切にして働きたいと思い、どのような期待と不安を持っているのでしょうか?弊社では、毎年、新入社員に対して意識調査を行っています。本調査は、新入社員の期待や不安などに関する5つの質問についてそれぞれの選択肢のうち、あてはまるものを最大3つまで選択する形式で行いました。2018年3月22日〜4月17日に、全国各地で開催した新入社員導入研修「8つの基本行動」の当該期間での受講者1278名(平均年齢:22.4歳/男女

一般社員、管理職492 人に聞く、従業員自身が認識する「適材適所」の実態

職場での「適材適所」に関する実態調査 一般社員、管理職492 人に聞く、従業員自身が認識する「適材適所」の実態 従業員はどのような状態であれば自分にとっての適材適所だと思えるのか。上司は部下の適材適所のために何を行っているのか。職場における適材適所の実態を明らかにするために調査を実施した。 調査概要「適材適所」は企業側の言葉ではあるが、従業員自身も、自分に合った職場に配属されているか、仕事に就いているかというような、組織や仕事に対する適合度を認識しているものである。適材適所を実現するための配置・

上司の社外活動に関する意識調査(「ボス充」意識調査)

ボス充調査#1 個人の働き方#2 「ボス充」上司は若い部下から支持されている上司の社外活動について部下はどのように思っているのか、ボス充」上司に関する意識を明らかにすることを目的に実施した調査結果をご紹介します。 「ボス充」とは、上司が生活を楽しみ、社外活動が充実している状態のことを表した弊社による造語です(詳しくはこちらをご参照ください)。実際に、部下は「ボス充」上司のことをどのように捉えているのでしょうか。その一端を明らかにすることを目的に、調査を実施しました。調査概要は図表1のとおりです。

職場での「心理的安全性」に関する実態調査:チーム成果、メンバーの心身疲労との関係性とは

【調査発表】職場での「心理的安全性」に関する実態調査:チーム成果、メンバーの心身疲労との関係性とは過半数のリーダー層が、心理的安全性(チームメンバーそれぞれが「自分の考えや感情を、安心して気兼ねなく発言できる雰囲気」のこと)を知っていると回答し、7割強が必要と回答2018年01月12日企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本英宏)では、職場での「心理的安全性」の必要性や効能についての従業員の意識や、心理的安全性を構成する要素

『働き方改革』の推進に関する実態調査 2017

【調査発表】『働き方改革』の推進に関する実態調査 20175割弱の企業が「労働時間減少」に手応えを感じる一方、「労働生産性の向上」の実感は約3割にとどまる『働き方改革』の推進課題は「社外を含めた商習慣を変える難しさ」がトップ2017年12月19日企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本英宏)では、「働き方改革」推進の全体像を把握し、改めて今後の改革推進の方向性を検討すべく、『働き方改革』の推進に関する実態調査」を実施し、結果

2018年人材マネジメント領域のトレンド予測&キーワード

【ボス充】2018年人材マネジメント領域のトレンド予測&キーワード多元的な自己を持つ若者の増加により、生活を楽しみ、社外活動が充実しているマネジャーが、会社や社会にいい影響を与え、メンバーから信頼されるように2017年12月13日企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:奥本英宏)は、リクルートホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO:峰岸真澄)の主催する「2018年のトレンド予測」発表会にて、人材マネジメン

『 働き方改革 』はどう取り組まれているのか 企業調査から見えてきた現状と試み 『働き方改革』の推進に関する実態調査2017

『 働き方改革 』はどう取り組まれているのか 企業調査から見えてきた現状と試み 『働き方改革』の推進に関する実態調査2017

職場での「自分らしさ」に関する実態調査2017

【調査発表】職場で「自分らしく」振舞えないのはなぜか:職場での「自分らしさ」に関する実態調査2017−20〜59歳の正社員537名が回答−自分らしく振舞えている人ほど、仕事や会社に対しても「やりがいを感じている」「力を十分に発揮できている」2017年11月16日企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズでは、個人と組織の関係がますます複雑化・多様化していく今、改めて職場での「自分らしさ」はどうあるべきなのかを検討すべく、正社員を対象とした「職場での『自分らしさ』に関す

長時間労働に関する実態調査

長時間労働に関する実態調査 20〜30代正社員の労働時間についての実態と意識 いきすぎた長時間労働が社会的な問題になるなか、20〜30代の若手世代は、実際にどのくらいの時間を仕事に費やしているのだろうか。また、労働や労働時間の在り方についてどのように考えているのだろうか。528名に調査を行った。 調査概要 世界的に見て長い傾向のあった日本の労働時間は、1980年代後半をピークにずいぶん減少してきた。しかし、これは非正規社員などの短時間労働者の増加によるところが大きく、フルタイム社員の労働時間は、

人材開発実態調査 2017

【調査発表】ほぼ100%の企業が「入社時の新入社員研修」を実施〜人材開発実態調査 2017〜2017年03月01日企業の人材育成を支援する株式会社リクルートマネジメントソリューションズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:奥本英宏)は、企業の人材開発に関わる組織や施策の変化に対する調査結果、「RMS Research 人材開発実態調査 2017」を発表いたしました。企業の人材開発に対する取り組みの実態と、今後目指す姿について、その実態を明らかにしました。--【調査結果サマリー】--------

今年の新入社員は何を求めているのか?~2016年度新入社員意識調査より~

2016年新入社員調査より 今年の新入社員は何を求めているのか? 今年の新入社員は、何を大切にして働きたいと思い、どのような期待と不安を持っているのでしょうか?弊社では、毎年、新入社員に対して意識調査を行っています。本調査は、新入社員の期待や不安などの5つの質問について、それぞれの選択肢のうち、当てはまるものを最大3つまで選択する形式で行いました。2016年3月24日〜4月8日に、全国各地で開催した新入社員導入研修「8つの基本行動」の当該期間での受講者1,029名(男女比=約6:4/最終学歴:大

新入社員調査です。

「今年の新入社員が求めていることとは?」~2014年新入社員意識調査より~

2014年新入社員調査より 今年の新入社員が求めていることとは? 今年の新入社員は、何を大切にして働きたいと思い、どのような期待と不安を持っているのでしょうか? 実際の研修場面で見られた特徴も踏まえながら、調査結果を解釈していきます。リクルートマネジメントソリューションズでは、毎年、新入社員に社会人としてのスタートをきるにあたっての意識調査を行っています。調査は、「新入社員の期待や不安を明らかにすること 」を目的に、5つの質問についてそれぞれの選択肢のうち、当てはまるものを最大3つまで選択する形

新入社員の意識調査です。

「新人・若手の意識」に関する調査

「新人・若手の意識」に関する調査

営業組織についての調査です。

継続的に業績が向上している営業組織の特長とは~営業部長実態調査より~

営業部長実態調査 継続的に業績が向上している営業組織の特長とは 昨今、営業組織を取り巻く環境は大きく変化しています。自社の商品・サービスだけで競争優位性を継続的に維持することが難しくなり、インターネット等の情報から顧客も営業担当以上に知識をもっているといったことが起きています。そのため、今まで以上に営業の介在価値を創出できないと競合に負けることはおろか、インターネット通販に負けてしまうということすら起こっています。このような環境のなか、顧客接点の最前線である営業組織では、継続的に業績を向上するた

経営、人材マネジメントの課題についての調査です。

人材マネジメント実態調査2013

将来の組織や人材への展望について見えたモノ 最新調査報告 これからの人材マネジメントへのヒント 弊社組織行動研究所では、「RMS Research 人材マネジメント実態調査2013」として、主に大手企業を対象に人材マネジメントに関する調査を実施しました。今回は、現在の経営課題や人材マネジメント課題に関する経年比較に加えて、将来の組織や人材への展望についての調査を行いました。今月の特集では、最新の調査結果から見えてきた今後の人材マネジメントへのヒントについてご報告します。 現在と未来を重ね合わせる

未来の人材マネジメントを、人事はどのように考えているのか(2)

私たちが行った2つの調査結果から見えてきたことを紹介(4)中高年人材について、期待以上に活躍しているという認知は低い出典:小社(2013) 『今後の人材マネジメントに関する調査』  多くの企業が今以上に活用していきたいと考えている「中高年人材」だが、現状は、期待を上回る活躍をしているとはあまり考えられていない。図8によれば、中高年社員の働きぶり(年収カーブ変化後)は期待どおりが半数以上で、期待以下という回答も30%を超えている。中高年人材の活躍の場が減っている企業も多い(図9)。中高年人材は

国内人口推移が、2030年の「働く」にどのような影響を及ぼすか

2030年、実に人口の1/3近くが65歳以上の高齢者になる2010年と2030年の人口ピラミッド(国立社会保障・人口問題研究所の推計による。)  2030年の「働く」を考えるにあたって、まず初めに、日本国内の人口推移予測が労働環境にどのように影響するかを考えてみたい。人口推移は、中長期の未来を考える際、最も予測が立てやすく、予測幅の小さい事象の1つである。しかも、経済環境や労働環境への影響は大きい。2030年の「働く」を考える上で欠かせない要素である。国立社会保障・人口問題研究所の推計によれ

未来の人材マネジメントを、人事はどのように考えているのか(1)

私たちが行った2つの調査結果から見えてきたこと 国内での人口減少、高齢化、またグローバル化が進む現代では、日本企業の人事的な課題も一昔前とは様変わりしつつある。そのようななか、未来に向けて人材マネジメントをどのように変革していくか。今後、どのような課題が出てきて、それに対してどのような施策が必要になると考えているか。人事担当者の認識を知りたいと思い、2013年、私たちは2つの調査を実施した。『今後の人材マネジメントに関する調査』※1と『人材マネジメント実態調査』※2である。2030年の「働く」に

2013年新入社員意識調査

2013年新入社員意識調査 ゆとり世代の新入社員は何を求めているのか? リクルートマネジメントソリューションズでは、毎年、新入社員に社会人としてのスタートをきるにあたっての意識調査を行っています。今春の新入社員は、何を大切にして働きたいと思い、どのような期待と不安を持っているのでしょうか? 実際の研修場面で見られた特徴も踏まえながら、調査結果を解釈していきます。調査は、「新入社員が入社にあたり、どのような期待や不安を抱えているのかを定量的に明らかにすること 」を目的に、5つの質問についての選択肢

コーチングについての調査です。

コーチングに関する実態調査

管理職にとってコーチングは役に立つのか コーチングに関する実態調査 「コーチングに関する実態調査」の実施概要は下表のとおりです。このたび、弊社機関誌「RMSmessage31号」では、「コーチングの効能」と題した特集を掲載いたしました。ビジネス場面でコーチングが導入されて約10年が経つものの、経営人材を育てるための施策として多くの企業で導入されている米国とは異なり、日本ではまだ有効な施策としては広く認知されているとは言えないようです。実際、エグゼクティブコーチングの現場で何が行われているのか、コ

2011年度新入社員意識調査結果報告

2011年度新入社員意識調査 厳しい“就活”は、新入社員を積極的にした? 一層厳しさを増した就職活動をくぐりぬけた2011年の新入社員。弊社の新入社員研修「8つの基本行動」の各会場で、自らを「ゆとり世代」と称する一方で、「だからこそ、“これだからゆとりは・・・”と言われないように頑張りたい!」と、前向きで積極的な姿勢を見せていた彼/彼女たちは、今、何を感じているのでしょうか。彼/彼女たちについて理解を深めるために、これからご紹介する弊社のデータをご活用いただければ幸いです。 調査概要 弊社のリク

キャリア意識に関する調査です。

新人・若手の意識と成長に関する調査2010

志向・価値観タイプ別の育成のヒント 新人・若手の意識と成長に関する調査2010 「新人・若手の意識と成長に関する調査2010」の実施概要は下表のとおりです。本調査は、新人・若手社員の志向・価値観の実態を明らかにし、それらの特徴に基づき分類したタイプごとの成長のポイントに関する示唆を得ることを目的として行ったものです。志向・価値観および成長に関する意識について、I 部では年次別に、II 部ではタイプ別にその特徴を報告しています。総括では、調査全体を通して得られた示唆を、「新人・若手の成長のための4

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ