「リージャス」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月17日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

柔軟なワークスタイルに関する調査

日本のビジネスパーソンの55%が「社外で仕事をする」と回答 柔軟な働き方を後押しする時代に 世界100カ国以上1,000都市を超える地域で、3000拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループは、100カ国以上、合計約20,000人のビジネスマンを対象に柔軟なワークスタイルに関する調査を2016年下半期に実施いたしました。この調査は、現在の働き方に関する動向を把握することを目的に、日本においては900人以上のビジネスパーソンを対象に行われました。この調査によると

2017年2月9日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

柔軟なワークスタイルに関する調査

世界114カ国1,000都市、2,850拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(ルクセンブルク)は、100カ国以上、合計約23,000人のビジネスマンを対象に柔軟なワークスタイルに関する調査を2016年9月に実施いたしました。本調査によると、日本のビジネスマンの約9割(89%)が、仕切りのあるワークステーションが仕事に集中できる理想的な環境であると回答しました。さらに回答者の83%は、それが働く場として最も生産的な環境であると回答しました。また、リージャス

2016年2月18日リージャスフィードバック数:0ビジネス

リージャス グローバル ビジネス調査 結果発表 第六弾

世界106カ国、2,600拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ日本法人、日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役カントリーマネージャー: 西岡 真吾)は、100か国以上合計約44,000人のビジネスマンを対象にオフィスやワークスタイルに関する調査を実施いたしました。調査によると、経営者が理想的なオフィス条件として挙げたのは、「洗練された雰囲気」、「プロフェッショナルな印象」、「意欲をかき立てる」、そして「コスト効率の高さ」であったのに対し、

2016年1月12日リージャスフィードバック数:0ビジネス

リージャス グローバル ビジネス 調査 2015 第四弾

世界106カ国、2,600拠点を展開する世界最大のレンタルオフィスプロバイダーであるリージャス・グループ(ルクセンブルグ)は、100か国以上合計約44,000人のビジネスマンを対象にオフィスやワークスタイルに関する調査を実施いたしました。この調査結果によって、顧客に近い場所にオフィススペースを置くことの重要性が浮き彫りになり、顧客に近いオフィスは売上の上昇や顧客の満足度向上など、ビジネスにおいてさまざまな利益をもたらすことが明らかになりました。■顧客との距離が近いほど、ビジネスメリットが多くある

2015年3月29日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

増加するテレワーカー

【プレスリリース、2015年3月26日】新しいワークプレイスを提供する日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西岡 真吾、以下 日本リージャス)の本社、リージャス(本社:ルクセンブルク)は「働き方」に関する調査を、世界100ヵ国、2万2,000人以上の経営者や経営幹部に実施しました。その結果、オフィス以外の場所を適時活用して仕事をする「テレワーカー」が、世界中で5年前より増加していることが明らかになりました。主要国の多くで60%以上が「テレワーカーが周りに増加した」と回答して

2015年3月23日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

複数の仕事を兼務するビジネスマンが増加

【プレスリリース、2015年3月20日】新しいワークプレイスを提供する日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西岡 真吾、以下 日本リージャス)の本社、リージャス(本社:ルクセンブルク)は「働き方」に関する調査を、世界100ヵ国、2万2,000人以上の経営者や経営幹部に実施しました。その結果、ビジネスマンが時と場合によって就労形態を使い分けて、複数の企業や仕事から収入を得る働き方「複業」をするひとが、5年前より増加していることが分かりました。■「5年前と比べて複業するひとが周

2015年3月9日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

職場でストレスを感じる日本人

【プレスリリース、2015年3月9日】新しいワークプレイスを提供する日本リージャス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:西岡 真吾、以下 日本リージャス)の本社、リージャス(本社:ルクセンブルク)は「働き方」に関する調査を、世界100ヵ国、2万2,000人以上の経営者や経営幹部に実施しました。その結果、多くの国の回答者が5年前よりも職場でストレスを感じていることが明らかになり、日本においては約6割の回答者が5年前よりストレスを感じていることが分かりました。■「5年前と比べて職場でストレス

2014年11月19日リージャス★フィードバック数:0キャリアとスキル

職場に求める要素を調査しています。

「理想の職場」に関する調査

【プレスリリース、2014年11月19日】多様化する働き方を支援する先進的なワークプレイス・ソリューションプロバイダーの世界最大手企業、リージャス(本社:ルクセンブルク)は、「理想の職場」に関する調査を実施し、世界100ヶ国、2万2,000人以上の経営者や経営幹部から回答を得ました。設問: 「理想的な職場」に必要な要素は何でしょうか?(複数回答可)回答日本の回答者グローバル平均安全性が高い40%67%素敵な外観29%63%高機能で信頼性の高いIT環境56%82%プロフェッショナルな受付スタッフ2

2014年8月7日リージャスフィードバック数:0キャリアとスキル

働き方に関するグローバル調査

【プレスリリース、2014年8月6日】多様化する働き方を支援する先進的なワークプレイス・ソリューションプロバイダーの世界最大手企業、リージャス(本社:ルクセンブルク)は、フレキシブル・ワーキングに関する調査を実施し、世界98ヶ国の1万9,000人以上の経営者や経営幹部から回答を得ました。その結果、多数の企業がフレキシブル・ワーキングの利点を理解していることが明らかになりました。米国の大統領経済諮問委員会の発表したレポート*1では「米国の全企業がフレキシブル・ワーキングを導入した場合、年間約15億

2014年6月5日リージャスフィードバック数:0ビジネス

海外よりも国内で事業拡大を目指す企業が増加

【プレスリリース、2014年6月5日】多様化する働き方を支援する先進的なワークプレイス・ソリューションプロバイダーの世界最大手企業、リージャス(本社:ルクセンブルク)は、企業の事業拡大に関する世界規模の調査を実施し、世界95ヶ国、約20,000人の経営者や経営幹部から回答を得ました。本調査では、42%にのぼる回答者が『国内』で事業拡大を検討している一方で、『海外』での事業拡大を考えているのは17%の回答者となっており、近年、多くの企業が海外よりも国内に目を向けていることが明らかになりました。発展

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ