調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 三井住友アセットマネジメント

「三井住友アセットマネジメント」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「外国人旅行者」、年1,800万人超のペース(日本)

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・キーワード 日本 「外国人旅行者」、年1,800万人超のペース(日本)【キーワード】 「外国人旅行者」、年1,800万人超のペース(日本)【キーワード】2015年06月23日<今日のキーワード> 日本を訪れる「外国人旅行者数」を知るには、日本政府観光局(JNTO)が発表する“訪日外客数”が参考になります。直近2カ月分は、「外国人旅行者数」の多い国・地域の推計値が公表され、それ以前の分は法務省統計に基づく暫定値として公表されます。確報値は翌年

オフィスビル空室率の動向  都心の空室率低下は続き、賃料もさらに上昇へ

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー オフィスビル空室率の動向都心の空室率低下は続き、賃料もさらに上昇へ【デイリー】 オフィスビル空室率の動向都心の空室率低下は続き、賃料もさらに上昇へ【デイリー】2015年06月12日【ポイント1】都心の空室率は2カ月ぶりに低下 平均賃料は直近底値から約7%上昇 ■オフィス仲介大手の三鬼商事が12日にホームページで公表した、5月の東京都心5区(千代田、中央、港、新宿、渋谷)のオフィスビル空室率は、前月比▲0.17ポイントの5.17%と

拡大する中国の「eコマース」市場(中国)

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・キーワード 拡大する中国の「eコマース」市場(中国)【キーワード】 拡大する中国の「eコマース」市場(中国)【キーワード】2015年05月28日<今日のキーワード> 「eコマース」(電子商取引)市場は、企業間取引、企業と消費者間の取引に大別されます。2014年の中国の「eコマース」市場は、約13.4兆元(約266兆円)で、うち、約10兆元(約75%)が企業間取引、約2.8兆元(約21%)が企業と消費者間の取引でした。2015年には「eコマー

米国の主要企業の業績見通し 原油安、ドル高のマイナス要因を織り込み、今後持ち直しへ

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 米国の主要企業の業績見通し原油安、ドル高のマイナス要因を織り込み、今後持ち直しへ【デイリー】 米国の主要企業の業績見通し原油安、ドル高のマイナス要因を織り込み、今後持ち直しへ【デイリー】2015年04月01日実現すれば2009年以来の減益 ■トムソン・ロイターによると、主要500社の2015年1-3月期の増益率は、前年同期比▲2.8%と減益が予想されています(3月27日時点)。これが実現すれば、リーマンショック後の景気後退の影響が

先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・マンスリー 先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】 先月のマーケットの振り返り(2015年2月)【マンスリー】2015年03月02日日米欧の株価は、企業業績の拡大期待、低金利環境の継続、景気の回復傾向から堅調に上昇しました。ギリシャは、欧州連合(EU)と、同国支援策の協議を6月末まで延長することで合意しました。 米国株は、企業業績の底堅さ、低金利環境の継続観測から月後半に史上最高値を更新しました。日本株は、欧米株の上昇、

米国の主要企業の業績見通し  原油安、ドル高のマイナス要因の織り込みが進む

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 米国の主要企業の業績見通し原油安、ドル高のマイナス要因の織り込みが進む【デイリー】 米国の主要企業の業績見通し原油安、ドル高のマイナス要因の織り込みが進む【デイリー】2015年02月12日決算発表本格化前から上方修正 ■11日付のトムソン・ロイターのレポートによると、主要500社(決算発表済み345社の実績とそれ以外の予想を含む)の2014年10-12月期の増益率は前年同期比+6.6%と、決算発表が本格化する直前の予想同+4.2%

米国の主要企業の決算見通し  2015年後半に増益率は加速

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 米国の主要企業の決算見通し2015年後半に増益率は加速【デイリー】 米国の主要企業の決算見通し2015年後半に増益率は加速【デイリー】2015年01月08日「エネルギー」のマイナスが影響 ■7日付のトムソン・ロイターのレポートによると、主要500社(決算発表済み17社実績とそれ以外の予想を含む)の2014年10-12月期の増益率は前年同期比+4.1%と、前期の同+10.3%から低下する見込みです。■決算発表前には、慎重な見方が織り

2014年の振り返り(世界の債券市場) QEの縮小・終了でも債券利回りは低下【デイリー】

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 2014年の振り返り(世界の債券市場)QEの縮小・終了でも債券利回りは低下【デイリー】 2014年の振り返り(世界の債券市場)QEの縮小・終了でも債券利回りは低下【デイリー】2014年12月26日相対的に高い米国国債利回り ■米国は、量的金融緩和(QE)の縮小と終了という金融政策の大きな転換点を迎えました。景気は回復基調を辿りましたが、期待インフレ率が高まらない中、相対的に高い利回りに注目が集まり、米国国債利回りは若干低下しました

2014年の振り返り(世界のリート市場) 世界的な金利低下を背景に上昇【デイリー】

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 2014年の振り返り(世界のリート市場)世界的な金利低下を背景に上昇【デイリー】 2014年の振り返り(世界のリート市場)世界的な金利低下を背景に上昇【デイリー】2014年12月25日9月の調整局面を経て、再び上昇 ■2014年のグローバルリート市場は、世界的な金利低下を背景に、前年末比+30%近い上昇となりました。米国10年国債利回りが前年末の3.0%台から足元2.2%台へ低下するなど、世界的な金利低下が背景です。■米国でのQE

2015年の日本経済の見通し 消費税増税の影響を脱却し、景気は持ち直しへ

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 日本 2015年の日本経済の見通し消費税増税の影響を脱却し、景気は持ち直しへ【デイリー】 2015年の日本経済の見通し消費税増税の影響を脱却し、景気は持ち直しへ【デイリー】2014年12月22日【ポイント1】2014年度は5年ぶりマイナス成長 消費税増税の影響が大きい ■2014年度のGDP成長率は前年度比▲0.6%と5年ぶりにマイナス成長となる見込みです。消費税増税後の消費回復にもたつきが見られ、設備投資の回復も緩慢となる見通し

主要国のリート市場の最近の動向(10月)  世界的な金利低下で上昇

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー グローバル・新興国 主要国のリート市場の最近の動向(10月)世界的な金利低下で上昇【デイリー】 主要国のリート市場の最近の動向(10月)世界的な金利低下で上昇【デイリー】2014年11月12日月末の大幅な円安もプラス要因 ■10月のグローバル・リート市場は、主要国で緩和的な金融政策が続くとの見方から世界的に金利が低下したことなどにより、前月末比+7.9%(円ベース)と、2カ月ぶりに上昇しました。■為替市場で10月31日、日銀が予想

【キーワード No.1,433】オフィスビル空室率(日本)

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・キーワード 日本 オフィスビル空室率(日本)【キーワード】 オフィスビル空室率(日本)【キーワード】2014年10月15日<今日のキーワード> オフィスビルの「空室率」は、オフィス仲介大手の三鬼商事が、毎月中旬頃にホームページに公表しているデータで知ることができます。「空室率」のほか、オフィスビルの平均賃料や棟数などが公表されています。東京、横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡のビジネス地区について新築、既存ビルに分けられたデータとなっています。

世界の「投信マネー」(2014年9月) 先進国債券ファンドとアジア株式ファンドに流入

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 世界の「投信マネー」(2014年9月)先進国債券ファンドとアジア株式ファンドに流入【デイリー】 世界の「投信マネー」(2014年9月)先進国債券ファンドとアジア株式ファンドに流入【デイリー】2014年10月02日米国債券ファンドへの流入が加速 ■EPFR GLOBALによれば、2014年8月の世界の「投信マネー」のうち債券ファンドは先進国回帰が続きました。特に、米国債券ファンドはウクライナを巡る欧米とロシアの経済制裁の応酬やイスラ

日本株の最近の動向  日経平均株価、安倍政権成立後高値を更新

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 日本株の最近の動向日経平均株価、安倍政権成立後高値を更新【デイリー】 日本株の最近の動向日経平均株価、安倍政権成立後高値を更新【デイリー】2014年09月19日米金利上昇期待から円安進行 ■日経平均株価は本日9月19日、安倍政権成立後の高値を更新しました。終値は1万6,321.17円と2013年の高値(12月30日)である1万6,291.31円を上回りました。■株価上昇の背景は、順調な米国景気の拡大で米国株の高値更新が続いているこ

主要国のリート市場の最近の動向(2014年3月)

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 【デイリー No.1,845】主要国のリート市場の最近の動向(3月) ~通貨要因で小幅上昇~ 【デイリー No.1,845】主要国のリート市場の最近の動向(3月) ~通貨要因で小幅上昇~2014年04月15日<ポイント> ・3月のリート市場は、米国や英国で利上げが早まる観測が強まったことから、現地通貨ベースでは下落しました。 ・一方、為替市場で主要通貨が円に対して上昇したことから、円ベースでは上昇しました。 ・主要国で低金利政策の

日米の株式市場の動向と見通し

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 【デイリー No.1,843】日米の株式市場の動向と見通し 【デイリー No.1,843】日米の株式市場の動向と見通し2014年04月11日<ポイント> ・4月初め以降、日米の株価は雇用などの経済指標が改善傾向にあるにも関わらず、軟調な展開となっています。 ・今後の企業業績に不透明感があるなか、米ハイテク株が下落したことなどが、下落のきっかけと見られます。 ・株価は日米の景気や企業業績の回復期待などを背景に、緩やかな上昇基調に戻り

米国の主要企業の業績動向と今後の見通し ~大幅下方修正により悪材料を織り込み~

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 【デイリー No.1,842】米国の主要企業の業績動向と今後の見通し ~大幅下方修正により悪材料を織り込み~ 【デイリー No.1,842】米国の主要企業の業績動向と今後の見通し ~大幅下方修正により悪材料を織り込み~2014年04月10日<ポイント> ●主要企業の1-3月期の増益率は前年同期比+1.1%と前期の同+9.9%から大きく低下する見込みです。 ●新興国の景気減速や米国の寒波などの下方修正要因は、低調な増益率に概ね織り込

2014年も活況が予想される「マンション市場」(日本)

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・キーワード 【キーワード No.1,255】2014年も活況が予想される「マンション市場」(日本) 【キーワード No.1,255】2014年も活況が予想される「マンション市場」(日本)2014年01月27日 販売動向の先行指標となる供給動向、つまりデベロッパー(開発業者)などの発売戸数などにより把握することが出来ます。首都圏のマンション発売戸数は、2004年の約8万5,000戸が直近のピークでした。その後、発売戸数は2009年に約3万6,

米国の主要企業の業績動向と今後の見通し ~売上は予想を上回る~

ホーム マーケット情報 マーケットレポート マーケット・デイリー 【デイリー No.1,781】米国の主要企業の業績動向と今後の見通し ~売上は予想を上回る~ 【デイリー No.1,781】米国の主要企業の業績動向と今後の見通し ~売上は予想を上回る~2014年01月27日<ポイント> ●主要企業の10-12月期の増益率は前年同期比+7.5%と、前期の同+6.0%から上昇する見込みです。 ●事前予想に対しては利益が予想並みの一方売上は上振れており、最近の傾向と異なる動きも見られます。 ●株式市場

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ