調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

15~16年度 改訂経済見通し(15年6月)

景気循環研究所 経済見通し15~16 年度 改訂経済見通し(15 年 6 月)2015 年 6 月 8 日実質成長率は 15 年度 2.1%、16 年度 2.2%の予想1-3 月期の実質成長率は2 次速報で上方修正内閣府は 6 月 8 日、2015 年 1-3 月期の国内総生産(GDP)の 2 次速報値を発表し、同期の実質 GDP 成長率を前期比 1.0%、同年率 3.9%に上方修正した(1 次速報値は前期比 0.6%、同年率 2.4%)。事前の民間予測(QUICK調査、予測中心値)では、年率

15年1-3月期のGDP2次速報予測

15年1-3月期のGDP2次速報予測

経済見通しです。

14~16年度 改訂経済見通し(15年2月詳細版)

景気循環研究所 経済見通し14~16 年度 改訂経済見通し(15 年 2 月詳細版)2015 年 2 月 23 日14 年度の実質成長率見通しを▲0.7%に下方修正三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券景気循環研究所は、14 年度の日本の実質 GDP 成長率見通しを、2 月 2 日時点のマイナス 0.4%から、マイナス 0.7%へと下方修正した。14 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率・1 次速報値が、事前の予想を下回る年率 2.2%にとどまったことを反映した。15 年度の実質成長率は2

数値化しています。

「燃料安」が企業収益に与える影響

「燃料安」が企業収益に与える影響

マンション需要が米国の新築住宅を牽引 ~新築住宅市場が弱く見えるのは、統計や供給側にも一因~

景気循環研究所レポート景気循環週報(米国)2014 年 12 月 26 日マンション需要が米国の新築住宅を牽引~新築住宅市場が弱く見えるのは、統計や供給側にも一因~相対的に新築住宅市場の回復が鈍い米国の住宅市場は、全般的に順調に回復しているものの、新築住宅市場は、相対的に回復ペースが鈍い。図1は、主要な住宅関連指標について、リーマンショック前の住宅ブームのピークから景気後退期以降のボトムまでの落ち込みに対して、どの程度戻したかを比率で見たものである。中古住宅販売件数は 39%である一方、新築住宅

14~16年度 改訂経済見通し(14年12月)

景気循環研究所 経済見通し14~16 年度 改訂経済見通し(14 年 12 月)2014 年 12 月 9 日実質成長率は 14 年度▲0.3%、15 年度 1.8%、16 年度 1.9%の予想7-9 月期の実質成長率は2 次速報で下方修正内閣府は 12 月 8 日、2014 年 7-9 月期の国内総生産(GDP)統計・2 次速報を発表し、同期の実質 GDP 成長率を前期比▲0.5%、同年率▲1.9%に下方修正した(1 次速報では前期比▲0.4%、同年率▲1.6%)。内訳を見ると、設備投資の前期

14~16年度 改訂経済見通し(14年11月詳細版)

景気循環研究所 経済見通し14~16 年度 改訂経済見通し(14 年 11 月詳細版)2014 年 11 月 25 日14 年度の実質成長率見通しを▲0.1%に下方修正三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券景気循環研究所は、14 年度の日本の実質 GDP 成長率見通しを、前回 9 月 8 日時点の 0.8%から▲0.1%へと大幅に下方修正した(表 1)。7-9 月期の実質 GDP 成長率が前期比年率▲1.6%と予想外のマイナス成長を記録したことが、下方修正の主な要因である。10-12 月期はプラ

消費増税後も底堅い設備投資

消費増税後も底堅い設備投資

業況が改善に転じた大企業・製造業

景気循環研究所レポート業況が改善に転じた大企業・製造業2014 年 10 月 1 日大企業・製造業の業況判断 DI は 1 ポイント上昇大企業・製造業の業況が持ち直している。10 月 1 日に公表された日銀「短観」(2014 年 9 月調査)によると、9 月の大企業・製造業の業況判断DI は+13 となり、前回 6 月調査に比べ 1 ポイント上昇した。同 DI の上昇は 2 期ぶりである。先行きについては、足元と同水準(+13)が見込まれている。大企業・製造業はこれまで、消費税率引上げ直後の 4

米国製造業を牽引するIT関連財 ~上昇サイクルは、当面続く見込み~

米国製造業を牽引するIT関連財 ~上昇サイクルは、当面続く見込み~

14~15年度 改訂経済見通し(14年9月)

景気循環研究所 経済見通し14~15 年度 改訂経済見通し(14 年 9 月)2014 年 9 月 8 日14 年度の実質成長率は 0.8%、15 年度は 2.1%の予想4-6 月期の実質成長率は2 次速報で下方修正内閣府は 9 月 8 日、2014 年 4-6 月期の国内総生産(GDP)統計・2 次速報を発表し、同期の実質成長率を年率▲7.1%に下方修正した(1 次速報では同▲6.8%)。内訳を見ると、設備投資が大幅に下方修正されたほか(前期比 2.5%減→同 5.1%減)、政府消費(同 0.

信用創造を支える中小企業の設備投資

信用創造を支える中小企業の設備投資

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 

お知らせ