調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「共稼ぎ世帯」が個人消費の下支え役に

景気循環研究所レポート「共稼ぎ世帯」が個人消費の下支え役に2015 年 6 月 26 日実質消費が前年比で増加総務省が 6 月 26 日に発表した 5 月の家計調査報告によると、同月の実質消費支出(2 人以上の世帯)は前年比 4.8%増加し、消費税率引上げ直前の昨年 3 月(同 7.2%増)以来、14 ヵ月ぶりに前年比プラス圏に浮上した。勤労者世帯は既に今年 4 月に前年比プラスに転じていたが(0.5%増)、5 月には前年比 7.5%増へと増勢が加速している。家計の所得環境が改善勤労者世帯の実質

15~16年度 改訂経済見通し(15年6月)

景気循環研究所 経済見通し15~16 年度 改訂経済見通し(15 年 6 月)2015 年 6 月 8 日実質成長率は 15 年度 2.1%、16 年度 2.2%の予想1-3 月期の実質成長率は2 次速報で上方修正内閣府は 6 月 8 日、2015 年 1-3 月期の国内総生産(GDP)の 2 次速報値を発表し、同期の実質 GDP 成長率を前期比 1.0%、同年率 3.9%に上方修正した(1 次速報値は前期比 0.6%、同年率 2.4%)。事前の民間予測(QUICK調査、予測中心値)では、年率

15年4月のMUMSS先行指数(MUMSS-LI)

景気循環研究所レポート15 年 4 月の MUMSS 先行指数(MUMSS-LI)2015 年 6 月 2 日1 . 日 本 景 気 版2 . 日 本 長 期 金 利 版3 . 日 本 株 価 版4 . 為 替 ( ド ル 円 レ ー ト ) 版5 . 欧 州 景 気 版 ( 5 月 )○ MUMSS 先 行 指 数 ( MUMSS Leading Index,略 称 MUMSS- LI) は 、 半 年 ~ 1年 強 程 度 先 の 景 気 や 金 利・為 替 相 場 等 の 変 化 方 向

15年1-3月期のGDP2次速報予測

15年1-3月期のGDP2次速報予測

経済見通しです。

14~16年度 改訂経済見通し(15年2月詳細版)

景気循環研究所 経済見通し14~16 年度 改訂経済見通し(15 年 2 月詳細版)2015 年 2 月 23 日14 年度の実質成長率見通しを▲0.7%に下方修正三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券景気循環研究所は、14 年度の日本の実質 GDP 成長率見通しを、2 月 2 日時点のマイナス 0.4%から、マイナス 0.7%へと下方修正した。14 年 10-12 月期の実質 GDP 成長率・1 次速報値が、事前の予想を下回る年率 2.2%にとどまったことを反映した。15 年度の実質成長率は2

数値化しています。

「燃料安」が企業収益に与える影響

「燃料安」が企業収益に与える影響

マンション需要が米国の新築住宅を牽引 ~新築住宅市場が弱く見えるのは、統計や供給側にも一因~

マンション需要が米国の新築住宅を牽引 ~新築住宅市場が弱く見えるのは、統計や供給側にも一因~

14~16年度 改訂経済見通し(14年12月)

景気循環研究所 経済見通し14~16 年度 改訂経済見通し(14 年 12 月)2014 年 12 月 9 日実質成長率は 14 年度▲0.3%、15 年度 1.8%、16 年度 1.9%の予想7-9 月期の実質成長率は2 次速報で下方修正内閣府は 12 月 8 日、2014 年 7-9 月期の国内総生産(GDP)統計・2 次速報を発表し、同期の実質 GDP 成長率を前期比▲0.5%、同年率▲1.9%に下方修正した(1 次速報では前期比▲0.4%、同年率▲1.6%)。内訳を見ると、設備投資の前期

14~16年度 改訂経済見通し(14年11月詳細版)

景気循環研究所 経済見通し14~16 年度 改訂経済見通し(14 年 11 月詳細版)2014 年 11 月 25 日14 年度の実質成長率見通しを▲0.1%に下方修正三菱 UFJ モルガン・スタンレー証券景気循環研究所は、14 年度の日本の実質 GDP 成長率見通しを、前回 9 月 8 日時点の 0.8%から▲0.1%へと大幅に下方修正した(表 1)。7-9 月期の実質 GDP 成長率が前期比年率▲1.6%と予想外のマイナス成長を記録したことが、下方修正の主な要因である。10-12 月期はプラ

業況が改善に転じた大企業・製造業

業況が改善に転じた大企業・製造業

米国製造業を牽引するIT関連財 ~上昇サイクルは、当面続く見込み~

米国製造業を牽引するIT関連財 ~上昇サイクルは、当面続く見込み~

14~15年度 改訂経済見通し(14年9月)

景気循環研究所 経済見通し14~15 年度 改訂経済見通し(14 年 9 月)2014 年 9 月 8 日14 年度の実質成長率は 0.8%、15 年度は 2.1%の予想4-6 月期の実質成長率は2 次速報で下方修正内閣府は 9 月 8 日、2014 年 4-6 月期の国内総生産(GDP)統計・2 次速報を発表し、同期の実質成長率を年率▲7.1%に下方修正した(1 次速報では同▲6.8%)。内訳を見ると、設備投資が大幅に下方修正されたほか(前期比 2.5%減→同 5.1%減)、政府消費(同 0.

信用創造を支える中小企業の設備投資

景気循環研究所レポート信用創造を支える中小企業の設備投資2014 年 5 月 13 日4 月のM3(平残ベース)は前月比で 2 ヵ月ぶりに増加した。ただ、前マネーの牽引役が交代年比では 2.8%と引き続き 3%を下回る伸びにとどまっており、マネーストックの減速傾向に変化はない(図 1)。M3 に投資信託などを含めた広義流動性をみると、年明け以降、円安の一服や株価の上昇頭打ちなどを背景に、減速傾向がより鮮明となっている。「量的・質的金融緩和」にけん引されたマネーストックの急増局面は一巡し、今後は実

消費税「駆け込み需要」後の住宅市場

景気循環研究所レポート消費税「駆け込み需要」後の住宅市場2013 年 11 月 11 日97 年度とは異なり、深刻な落ち込みは回避へ新設住宅着工戸数が 13 年 9 月に約 5 年振りの高水準(年率 104.4 万戸)を記録するなど、住宅市場の好調ぶりが際立っているが、その背景として消費税率引上げ前の駆け込み需要の存在が指摘されている。通常、住宅の購入には物件の引渡し時点の消費税率が適用されるが、14 年 4 月の消費税率引上げに伴う経過措置として、13 年 9 月末までに工事請負契約を締結すれ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ