調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 世界平和研究所

「世界平和研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年2月24日世界平和研究所★フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済についてのレポートです。

中国経済研究報告書(平成26年度)

研究レポート2015/02/23中国経済研究報告書(平成26年度)北浦修敏主任研究員・豊田裕主任研究員・松崎みゆき主任研究員・安田啓研究員による報告を掲載しました。「中国経済研究報告書(平成26年度)」(PDF)----------外交・安全保障問題を考えるにあたり、国の基礎となる経済情勢に着目することは重要です。特に、中国との関係において、同国との経済的な結びつきが拡大・深化するなかで、経済分野に焦点を当てた調査研究の必要性は高いといえます。そこで、本調査研究では、昨年に引き続いて、中国の経済

2014年12月23日世界平和研究所★フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済の分析です。

中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-

トップ研究中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと- 研究レポート2014/12/22中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。「中国経済のマクロ経済分析に関する一考察-海外の国際機関等の分析から考えたこと-」(PDF)--------(はじめに)昨年の末から中国の不動産市場の販売が悪化を始め、本年春から生産、消費等の経済指標が弱い動きを示すようになり、最近中国経済について厳し

2014年11月11日世界平和研究所★フィードバック数:0ビジネス

中国進出についての調査です。

日系企業の中国進出に関する現状と展望

研究ノート2014/11/10日系企業の中国進出に関する現状と展望豊田裕(主任研究員)による報告を掲載しました。 「日系企業の中国進出に関する現状と展望」(PDF)--------日本から中国への海外直接投資額は2014年に入って大幅減となっている。一方で世界から中国への海外直接投資額は過去最高水準に膨れ上がっており、日本は2014年1-9月時点の国別では、台湾・韓国の後塵を拝している。日本から世界への海外直接投資額は、円安傾向にも関わらず2013年には過去最高水準となっているが、中国向けは減っ

2014年10月21日世界平和研究所★フィードバック数:0社会/政治

世代ごとの受益/負担についての調査です。

財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析

ディスカッションペーパー2014/10/20財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。 「財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析」(PDF)----------(要約) 本稿では、様々な出生率による人口推計の下、財政の持続可能性を考慮した世代会計の分析を行った。本稿の主な結論は以下の通りである。第1に、自然体シナリオ(現在の政策の継続を前提とするシナリオ。出生率1.35のケース)では、現在の若年世代を代表するゼロ歳世代は1318万円の受益超過(生涯

2014年10月21日世界平和研究所フィードバック数:0社会/政治

世代会計の分析から見えてくること

研究ノート2014/10/20世代会計の分析から見えてくること北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。---------本稿では、財政の持続可能性を考慮した世代会計の分析を下に報告を行う。分析の詳細は「財政の持続可能性を踏まえた世代会計の分析」(世界平和研究所ディスカッションペーパー)を参照されたい。本稿の主な結論は以下の4点である。第1に、現在の政策の継続を前提にすると、現在の若年世代を代表するゼロ歳世代は1318万円の受益超過(生涯受益額8880万円、生涯負担額7561万円の差。生涯

2014年10月2日世界平和研究所★★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人口減少と労働力についてのレポートです。

人口減少下での労働市場―女性、高齢者の労働力率引上げにより2040年にかけての労働力不足を乗り切れ―

トップ研究人口減少下での労働市場―女性、高齢者の労働力率引上げにより2040年にかけての労働力不足を乗り切れ― 研究レポート2014/10/01人口減少下での労働市場―女性、高齢者の労働力率引上げにより2040年にかけての労働力不足を乗り切れ―藤江泰郎主任研究員による報告を掲載しました。----------(序文)~要旨にかえて~ 最近、人手不足の声がいろいろなところから聞こえてくるようになりました。思い起こしてみれば、最初は、震災後、被災地での復興事業関係で人手不足が言われ始め、それがアベノミ

2014年3月6日世界平和研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国経済研究報告書

研究レポート2014/03/05中国経済研究報告書小林 貴・清水 幹彦 両主任研究員による報告を掲載しました。----------(序文)外交・安全保障問題を考えるにあたり、国の基礎となる経済情勢に着目することは重要です。特に、中国との関係において、同国との経済的な結びつきが拡大・深化するなかで、経済分野に焦点を当てた調査研究の必要性は高いといえます。そこで、本調査研究では、中国の経済情勢を俯瞰することを目的に、中国での経営活動、あるいは中国経済に詳しい専門家の方々を講師に招きコロキュアムを開催

2013年12月28日世界平和研究所フィードバック数:0社会/政治

様々な人口推計の下での日本の政府支出の長期予測と財政再建規模の分析

様々な人口推計の下での日本の政府支出の長期予測と財政再建規模の分析

2013年12月28日世界平和研究所フィードバック数:0社会/政治

様々な人口推計の下での経済成長率と財政支出の長期推計-出生率回復の重要性と政府による経済・財政の長期推計の必要性について-

トップ研究様々な人口推計の下での経済成長率と財政支出の長期推計-出生率回復の重要性と政府による経済・財政の長期推計の必要性について- 研究ノート2013/12/18様々な人口推計の下での経済成長率と財政支出の長期推計-出生率回復の重要性と政府による経済・財政の長期推計の必要性について-北浦修敏(主任研究員)による報告を掲載しました。・本文(PDF)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ