「中央調査社」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年8月1日中央調査社★★フィードバック数:0エンタテインメント

「人気スポーツ」調査(第25回)

「人気スポーツ」調査(第25回)

2017年5月4日中央調査社フィードバック数:0デジタル家電

パーソナル先端商品の利用状況

パーソナル先端商品の利用状況

2016年5月18日中央調査社フィードバック数:0デジタル家電

パーソナル先端商品の利用状況

1◎パーソナル先端商品の利用状況◎(調査結果の概要)2016年5月一般社団法人 中央調査社一般社団法人 中央調査社は、全国 20 歳以上の男女個人を対象とし、「家庭向け・個人向け先端商品の利用率、利用意向率」に関する調査を実施しました。調査は 2016 年 2 月、個別面接聴取法で行い、有効回収数は 1,200 人でした。この調査は 1986 年から毎年行っており、今回で 31 回目です。今回の調査結果からみた主なポイント◎「4Kテレビ」に普及の兆し、「ブルーレイ」は引き続き利用率が増加◎AV関

2015年9月28日中央調査社フィードバック数:0エンタテインメント

第23回「人気スポーツ」調査

第23回「人気スポーツ」調査

2015年6月30日中央調査社★★フィードバック数:0ライフスタイル

医療についての意識調査です。

第5回日本の医療に関する意識調査 ~日医総研ワーキングペーパーNo.331より~

■「中央調査報(No.692)」より ■ 第5回日本の医療に関する意識調査 ~日医総研ワーキングペーパーNo.331より~江口 成美(日本医師会総合政策研究機構(日医総研)主席研究員)出口 真弓(日本医師会総合政策研究機構(日医総研)研究員)1. はじめに超高齢社会の中、国民が安心して医療を受けられる環境を整備し、より多くの国民が健康で長寿を全うできる地域社会の構築が求められている。国が推進する社会保障の改革の一環として、各都道府県は地域医療構想の策定を今年度より開始することとなるが、医療政策立

2015年6月30日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第669回 時事世論調査〔2015年5月結果〕

■「中央調査報(No.692)」より5月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月より2.4ポイント上昇して48.0%となった。不支持率は同0.8ポイント減の30.7%だった。安倍首相は、国賓級として訪れた米国で54年ぶりに議会演説し、先の大戦への「痛切な反省」に言及、戦後の日米和解の歩みを強調した。従来の歴史認識を引き継ぐ考えも述べたが「侵略」や「おわび」の言葉はなく、韓国などからの批判も生じた。また日米同盟のさらなる強化として集団自衛権の容認にもとづく安保法制を今夏に成立させると表明した。

2015年5月31日中央調査社★フィードバック数:0社会/政治

生命倫理についての調査です。

日本人は“いのち”をどうとらえているか ~ N H K「生命倫理に関する意識」調査から~

トップページ > 中央調査報 > 日本人は“いのち”をどうとらえているか ~ N H K「生命倫理に関する意識」調査から~■「中央調査報(No.691)」より ■ 日本人は“いのち”をどうとらえているか ~ N H K「生命倫理に関する意識」調査から~NHK放送文化研究所 世論調査部上級研究員(委託)河野啓専任研究員村田ひろ子1. はじめに夫婦以外の第3者による精子・卵子の提供や代理出産、それに脳死段階における臓器提供等、医療の高度化によって、“いのち” にかかわる選択肢が飛躍的に増えている。ま

2015年5月31日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第668回 時事世論調査 〔2015年4月結果〕

■「中央調査報(No.691)」より4月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比2.1ポイント下がって45.6%となった。不支持率も同0.7ポイント減の31.5%だった。安倍政権は、集団自衛権容認の憲法解釈変更にもとづく安全保障法制の整備に向けて与党内の協議を精力的にすすめ、自衛隊の海外活動拡大に慎重な公明党の意見を取り入れることで、3月中に正式な合意取り付けに成功、引き続き具体的な法案準備に入り今国会中の成立を図る方針を確認した。一方、沖縄普天間基地の辺野古移設工事への県民の反対行動が続

2015年5月6日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第667回 時事世論調査 〔2015年3月結果〕

■「中央調査報(No.690)」より3月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比0.3ポイント増の47.7%となり横ばいだった。不支持率も同0.1ポイント減の32.2%と動きはなかった。安倍政権は、60年ぶりの農協改革を農協の中央組織や与党内の抵抗を押し切り決着させ、国会の施政方針演説では改革姿勢を強くアピールし、安保法制の整備、経済再生、社会保障改革、地方創生などの具体化を進めると訴えた。一方、戦後70年の節目に出すとされる「首相談話」や意欲的とみられる憲法改正については控えめな発言にと

2015年5月6日中央調査社フィードバック数:0ライフスタイル

from 二次医療圏データベース to 地域医療構想会議

■「中央調査報(No.690)」より ■ from 二次医療圏データベース to 地域医療構想会議国際医療福祉大学大学院教授 高橋 泰 日本の医療提供体制が、「人口“増加” 社会対応」型から「人口“減少” 社会対応」型に向けて、大きく舵を切り始める。日本を300以上の地域に分割した構想地域ごとに、各構想地域の「医療資源量」と「将来の医療需要」をもとに、構想地域ごとの医療提供体制のあるべき姿を考える地域医療構想会議が2015年度から始まる。この事態は、筆者が2010年の春頃に夢見た光景そのものと言

2015年4月19日中央調査社★フィードバック数:0デジタル家電

デジタル家電等の利用状況です。

パーソナル先端商品の利用状況(第30回)

1◎パーソナル先端商品の利用状況◎(調査結果の概要)2015年4月一般社団法人 中央調査社一般社団法人 中央調査社は、全国 20 歳以上の男女個人を対象とし、「家庭向け・個人向け先端商品の利用率、利用意向率」に関する調査を実施しました。調査は 2015 年 2 月、個別面接聴取法で行い、有効回収数は 1,214 人でした。この調査は 1986 年 11 月から毎年行っており、今回で 30 回目です。今回の調査結果からみた主なポイント◎「液晶テレビ」「ブルーレイ」は一段落、「デジタルビデオカメラ」

2015年4月5日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第666回 時事世論調査〔2015年2月結果〕

■「中央調査報(No.689)」より2月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月より0.2ポイント増と横ばいの47.4%となり、不支持率は同1.0ポイント減の32.3%だった。安倍首相は、1月中旬の中東訪問中、カイロで演説しテロとの闘いに2億ドルの援助資金提供を表明したが、直後にイスラム国(IS)は拘束中の2邦人の身代金として同額を要求した。人質救出に向けヨルダンに対策本部を設置したが、ヨルダンの死刑囚との交換要求などに発展し、最終的に拘束された2人は殺害され、政府の対応や首相のカイロでの演

2015年3月1日中央調査社★フィードバック数:0マーケティング

新聞を中心とした調査です。

第7回「メディアに関する全国世論調査」(2014年)結果の概要

■「中央調査報(No.688)」より ■ 第7回「メディアに関する全国世論調査」(2014年)結果の概要公益財団法人新聞通信調査会(理事長 長谷川 和明)は、2014年9月に「第7回メディアに関する全国世論調査(2014年)」を実施しました。調査方法は、住民基本台帳から無作為に選んだ全国の18歳以上の5,000人を対象とした訪問留置法で、3,270人から回答を得ました。この調査は、メディアの問題点や評価、信頼度などを客観的で信頼の高い統計手法を用いて調査し、クロス・メディア時代における新聞の在り

2015年3月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第665回 時事世論調査〔2015年1月結果〕

■「中央調査報(No.688)」より1月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比1.8ポイント増の47.2%となりわずかに持ち直した。不支持率は同1.6ポイント減の33.3%だった。安倍政権は、12月14日投票の総選挙の結果、与党の合計議席数は選挙前と変わらず、3分の2以上の絶対安定多数を維持した。内閣の改造は防衛大臣のみで、1月14日開催の通常国会に向け選挙により遅れていた来年度予算編成に注力した。選挙で一定の信任を得たアベノミクス継続のため、企業への賃上げ要請、法人税の引き下げ、労働規

2015年2月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2015年の展望-日本の経済 -実効性問われるアベノミクス-

■「中央調査報(No.687)」より ■ 2015年の展望―日本の経済 ―実効性問われるアベノミクス―時事通信社 経済部次長 橋本 一哉消費税増税の影響で失速した日本経済を再び上向かせ、デフレ脱却を実現できるのか。2015年は安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」の実効性がまさに問われる1年になる。ただ、好調な企業収益が賃金に回って個人消費と設備投資を活発化させ、さらに企業業績を上向かせるという安倍政権が想定してきた「経済の好循環」の流れは依然弱い。本格的な好循環の実現に向けて、大企業に限らず中

2015年2月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2015年の展望-日本の政治 -安倍首相、自民総裁選再選目指す-

■「中央調査報(No.687)」より ■ 2015年の展望―日本の政治 ―安倍首相、自民総裁選再選目指す―時事通信社 政治部次長 水島 信戦後70年の節目となる2015年がスタートした。9月の自民党総裁選で再選を目指す安倍晋三首相にとって、自身の経済政策「アベノミクス」を推進し、景気回復を実現できるかが問われる。歴史認識に焦点が当たるこの年、中国などとの近隣外交をどう展開していくかも焦点だ。野党陣営では、「自民一強」の構図を崩すための連携の在り方が模索されることになる。◇「アベノミクス」の成否カ

2015年2月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第664回 時事世論調査〔2014年12月結果〕

■「中央調査報(No.687)」より12月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月と横ばいの45.4%となり、不支持率は同2.6ポイント増の34.9%だった。安倍政権は、APEC首脳会議で短時間ながら日中首脳会談を実現し、韓国とも関係改善の糸口を掴んだ。国内では、消費低迷に歯止めがかからないことから、15年10月の消費税の再引き上げを延期し、同時に衆議院を解散して信を問うことを決断した。しかし、野党の選挙準備が整わないうちの「大義のない解散」との批判も受けた。また、沖縄県知事選挙では自民党の

2014年12月29日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第663回 時事世論調査 〔2014年11月結果〕

■「中央調査報(No.686)」より11月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比2.4ポイント減の45.5%となり、2ヶ月連続で5割を切った。不支持率は同4.1ポイント増の32.3%だった。臨時国会が9月末に開会、「政治とカネ」の問題をめぐって小渕経産、松島法務の両大臣が辞任したことに加え、宮沢新経産大臣などにも問題が浮上した。また、拉致被害者等の再調査状況の説明を受けるため、外務省担当者が訪朝したが進展はなかった点も失望を呼んだ。経済面では、日銀が突然の追加金融緩和に踏み切った結果、円

2014年11月30日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第662回 時事世論調査〔2014年10月結果〕

■「中央調査報(No.685)」より10月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比2.8ポイント減の47.9%となり、不支持率は同0.9ポイント増の28.2%だった。安倍政権は、内閣・党人事の改造により支持率の浮揚を実現したが、高市総務相、稲田政調会長、山谷国家公安委員長らが極右関係者と関係があったことで海外メディアにもとりあげられ批判を受けた。11月のAPEC首脳会議での日中首脳会談実現に意欲をみせ、9月末の臨時国会の所信表明演説では、「安定的な友好関係の構築」を強調した。また、引き続き

2014年11月30日中央調査社フィードバック数:0マーケティング

郵送調査の有効回答率に関する考察 ~内閣府政府広報室の郵送調査結果から~

■「中央調査報(No.685)」より ■ 郵送調査の有効回答率に関する考察~内閣府政府広報室の郵送調査結果から~仲田 海人(一般社団法人中央調査社)花田雄太郎(内閣府大臣官房政府広報室)佐藤寧(株式会社日経リサーチ 元:内閣府大臣官房政府広報室)1.はじめに内閣府政府広報室では、昭和22年から世論調査を実施しており、調査結果は各府省庁の審議会や白書等に利用されているほか、一般の方にも幅広く活用されている。調査は、住民基本台帳から無作為に抽出した調査対象者に対して、調査員による個別訪問面接聴取法で

2014年11月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第661回 時事世論調査 〔2014年9月結果〕

■「中央調査報(No.684)」より9月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比7.2ポイント増の50.7%、不支持率は同7.8ポイント減の27.3%となった。安倍首相は、広島の原爆慰霊式での挨拶内容が昨年と変わらずコピーではとの指摘を受けた。また、夏休み中に広島市で発生した大規模土砂災害の一報を受けてもゴルフを続け、官邸に入ってからもすぐに別荘へ帰ったことなどで批判されたが、9月に入ってからの内閣改造で女性閣僚5人を任命し、石破幹事長を地方創生担当相とするなどの人事が好感され、支持率上昇

2014年11月3日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

絆が壊れる? ―3つの社会関係資本全国調査からみた2003年から2013年の変化とその含意―

トップページ > 中央調査報 > 絆が壊れる? ―3つの社会関係資本全国調査からみた2003年から2013年の変化とその含意― ■「中央調査報(No.684)」より ■ 絆が壊れる?―3つの社会関係資本全国調査からみた2003年から2013年の変化とその含意―稲葉 陽二 (日本大学法学部・教授)社会関係資本とはなにか筆者はこの15年間、社会関係資本(ソーシャル・キャピタル)を研究テーマにしている。これは、簡単にいえば「絆」なのだが、筆者はもう少し広義に、行為の当事者以外の第三者へも影響(経済学で

2014年10月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第660回 時事世論調査〔2014年8月結果〕

■「中央調査報(No.683)」より8月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比1.1ポイント減の43.5%で、2ヶ月連続して5割を切り、不支持率は同0.5ポイント増の35.1%と現政権で最も高くなった。安倍首相は、外遊先で「内閣改造・党役員人事を「9月第1週」に行うと明言、党内の引き締めを強めた。石破幹事長へ安全保障担当相への就任を打診したが、来年の総裁選を睨んだものとの受け止め方もあり、石破氏は難色を示したとされる。また、集団的自衛権関連の法令審議は来年の通常国会に先送りする一方、秋の

2014年10月2日中央調査社フィードバック数:0マーケティング

追跡パネル調査の改善に向けて -全国家族パネル調査の経験より-

■「中央調査報(No.683)」より ■ 追跡パネル調査の改善に向けて -全国家族パネル調査の経験より-西野 理子 (東洋大学社会学部・教授)全国規模の家族に関するパネル調査(「全国家族調査パネルスタディNFRJ-08Panel」)を、2009年から5年間にわたって毎年実施し、データセットが完成した。本調査は、その名称の通り、全国規模のサンプルで実施された、家族に関するパネル調査である註1。日本家族社会学会の会員有志が時限的な実行委員会を組織して企画し、実査は中央調査社に委託した。本稿では、本調

2014年8月31日中央調査社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

製造業の海外展開についての調査です。

海外直接投資アンケートからみたわが国製造業の海外展開の現状と見通し

■「中央調査報(No.682)」より ■ 海外直接投資アンケートからみたわが国製造業の海外展開の現状と見通し株式会社 国際協力銀行 業務企画室調査課課長 阿由葉 真司(現 中堅・中小企業担当特命審議役付参事役)1.はじめに株式会社国際協力銀行(JBIC)は、1989年より海外に生産拠点を含む3拠点以上を有する製造業企業に対し海外展開動向やニーズ把握を目的に「わが国製造業企業の海外事業展開の動向」と題するアンケート調査(以下「海外直接投資アンケート調査」)を毎年実施しており、2013年度調査(以下

2014年8月31日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第659回 時事世論調査〔2014年7月結果〕

■「中央調査報(No.682)」より7月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比6.4ポイント減の44.6%となり、第2次内閣発足以来の最低を記録した。不支持率は同8.1ポイント増の34.6%となった。安倍首相は、7月1日に集団自衛権容認の憲法解釈変更を閣議決定した。解釈変更に慎重な公明党に配慮して行使は限定的との印象を与えることに努めたが、かえって行使範囲の曖昧さが際立ち、国民の理解は広がらず、他国の戦争への参加につながる解釈変更による実質的な改憲ではないかとの懸念を呼んだことが支持率の

2014年8月31日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向

トップページ > 中央調査報 > 原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向 ―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2014年5月調査―■「中央調査報(No.682)」より原発の安全性・脱原発・再稼働に対する世論の動向―「原子力発電に関する意識調査」2011年5月調査から2014年5月調査― 中央調査社は、2011年3月の東日本大震災・東電福島第一原発事故後、原子力発電に対する世論の動向を探るため、同年5月より、原発の安全性への評価、脱原発の賛否、原発の再稼働の賛否等について

2014年8月1日中央調査社★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

エシカル消費についての調査です。

日本における倫理的消費の現状 -日本消費者調査の結果から-

■「中央調査報(No.681)」より ■ 日本における倫理的消費の現状 -日本消費者調査の結果から-フローリアン・コールバッハ(ドイツ日本研究所 経営・経済領域リーダー)1.倫理的消費とは世界中の経済社会にとって、社会的責任と環境への責任という問題の意義が高まっている。経済倫理分野のこれまでの研究はその多くが売る側ないし企業側に注目し、多くの場合、消費者は受け身の存在であるとして、ほとんど取り上げてこなかったが、近年、消費者の倫理的行動に関する研究が急増している。日本の消費者の倫理的行動について

2014年8月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第658回 時事世論調査 〔2014年6月結果〕

■「中央調査報(No.681)」より6月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比0.1ポイント減の51.0%と横ばいで、不支持率は同0.6ポイント減の26.5%となった。安倍首相は、集団自衛権についての国会答弁で、邦人の乗らない米艦の防護、中東への自衛隊派遣、米国以外の他国への適用なども想定しているとの考えも示した。さらに時期にはこだわらないとした姿勢を変え、今国会中の閣議決定に向け与党協議の加速を指示し、公明党への圧力を強めた。また、アジア安保会議で中国の海洋進出を牽制する演説を行い、出

2014年7月6日中央調査社★フィードバック数:0キャリアとスキル

3つのテーマで分析しています。

働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2013」からわかる若年・壮年者の希望・働き方・喫煙

トップページ > 中央調査報 > 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2013」からわかる若年・壮年者の希望・働き方・喫煙■「中央調査報(No.680)」より ■ 「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2013」からわかる若年・壮年者の希望・働き方・喫煙石田浩(東京大学社会科学研究所)有田伸(東京大学社会科学研究所)藤原翔(東京大学社会科学研究所)朝井友紀子(東京大学社会科学研究所)東京大学社会科学研究所は、2007年から若年・壮年者を追跡する「働き方と

2014年7月6日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第657回 時事世論調査〔2014年5月結果〕

■「中央調査報(No.680)」より5月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比1.0ポイント増の51.1%、不支持率は同1.9ポイント減の27.1%となった。安倍首相は、国賓として来日したオバマ大統領と会談し、尖閣列島が日米安保条約の対象範囲内にあることや、集団自衛権行使容認の憲法解釈変更について米軍との連携強化の一環として理解し「日米の強い絆をさらに進展できると確信している」との言葉を引き出し、引き続き安保強化に向けた強い意欲をアピールした。また、衆院鹿児島2区補欠選挙と沖縄市長選挙に

2014年6月3日中央調査社★フィードバック数:0エンタテインメント

人気のスポーツ、チーム、選手です。

第22回「人気スポーツ」調査

第22回「人気スポーツ」調査

2014年6月3日中央調査社★フィードバック数:0エンタテインメント

間近に迫るサッカーワールドカップについての調査です。

ワールドカップに関する全国意識調査

ワールドカップに関する全国意識調査(調査結果の概要)一般社団法人2014 年 5 月中央調査社CENTRAL RESEARCH SERVICES,INC.東京都中央区銀座 6-16-12電話03-3549-3121世論調査、市場調査の専門機関である一般社団法人 中央調査社(会長 西澤 豊)は、今年6月にブラジルで行われるサッカー・ワールドカップに関する全国意識調査を実施しました。調査は、4月4日から 14 日にかけて、無作為に選んだ全国の 20 歳以上の男女個人を対象に面接聴取法で行い、1,23

2014年6月1日中央調査社フィードバック数:0デジタル家電

パーソナル先端機器商品の利用状況調査(第29回)

■「中央調査報(No.679)」よりパーソナル先端商品の利用状況(第29回)(調査結果の概要) 当社が例年実施している「パーソナル先端商品の利用状況」調査について今年の結果を報告します。この調査は1986年11月から毎年行っており、今回が29回目です。調査は、20歳以上の全国4,000人の男女個人を対象として、2014年2月に個別面接方式で行い、有効回収数は1,200でした。1.利用率は、AV関連機器等では、・「放送受信装置」について、「地上波」「BS」は前回からさらに伸びて、それぞれ53.8%

2014年6月1日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

日本の高齢者はどのように変化しているか ―全国高齢者の健康と生活に関する長期縦断研究における1987年、1999年、2012年調査の比較より―

トップページ > 中央調査報 > 日本の高齢者はどのように変化しているか ―全国高齢者の健康と生活に関する長期縦断研究における1987年、1999年、2012年調査の比較より―■「中央調査報(No.679)」より ■ 日本の高齢者はどのように変化しているか―全国高齢者の健康と生活に関する長期縦断研究における1987年、1999年、2012年調査の比較より―地方独立行政法人東京都健康長寿医療センター研究所社会参加と地域保健研究チーム小林 江里香1.はじめに2012年秋、全国の60歳以上の方を対象に

2014年4月23日中央調査社★フィードバック数:0デジタル家電

デジタル機器についての調査です。

パーソナル先端商品の利用状況(第29回)

パーソナル先端商品の利用状況(第29回)

2014年4月2日中央調査社★フィードバック数:0マーケティング

テレビの視聴スタイルの変化です。

デジタル時代の新しいテレビ視聴~「テレビ60年調査」から~

■「中央調査報(No.677)」より ■ デジタル時代の新しいテレビ視聴 ~「テレビ60年調査」から~NHK放送文化研究所 世論調査部 木村 義子1.はじめに2013年2月にテレビは放送開始60年を迎えた。21世紀に入り、メディア環境が大きく変化している中、視聴者にとってテレビの存在はどのように変化しているのだろうか。NHK放送文化研究所では、時代ごとに変化するテレビの見方や視聴者像を浮き彫りにするため、1982年の「テレビ30年調査」から、10年ごとに全国世論調査を実施している。今回の「テレビ

2014年4月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第654回 時事世論調査〔2014年2月結果〕

■「中央調査報(No.677)」より2月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は53.7%となり前月比1.1ポイントの微増だった。不支持率は同1.0ポイント減の26.8%となった。特定秘密保護法で低下した支持率はその後やや回復し、2ヵ月続けて5割台を維持している。安倍首相は1月24日開幕の通常国会で施政方針演説を行い、「経済の好循環実現」を訴え、成長戦略の具体化をはかり、企業収益の伸びを賃金、消費の伸びにつなげる政策により、脱デフレを加速させるとした。一方、集団自衛権行使を容認する憲法解釈変更や

2014年3月2日中央調査社★フィードバック数:0マーケティング

新聞中心です。

第6回「メディアに関する全国世論調査」(2013年)結果の概要

■「中央調査報(No.676)」より ■ 第6回「メディアに関する全国世論調査」(2013年)結果の概要公益財団法人新聞通信調査会(理事長 長谷川 和明)は、2013年9月に「第6回メディアに関する全国世論調査(2013年)」を実施しました。調査方法は、住民基本台帳から無作為に選んだ全国の18歳以上の5,000人を対象とした訪問留置法で、3,297人から回答を得ました。この調査は、メディアの問題点や評価、信頼度などを客観的で信頼の高い統計手法を用いて調査し、クロス・メディア時代における新聞の在り

2014年3月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第653回 時事世論調査〔2014年1月結果〕

■「中央調査報(No.676)」より1月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比5.5ポイント増の52.6%となり、5割台を回復した。不支持率は同4.9ポイント減の27.8%となった。安倍内閣は政権2年目に入り、年末に靖国神社を参拝して中韓両国の強い反発を受けたほか、米国務省が異例の「失望」を表明するなど波紋を広げた。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移転問題については県知事が埋め立て申請を承認したことに政府は歓迎を表明した。一方、米株高を受け続伸していた日経平均株価は12月30日の大納会で今

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の政治 ―景気、原発、憲法焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の政治 ―景気、原発、憲法焦点に―時事通信社 政治部次長 松山 隆2014年は大型の国政選挙が予定されず、巨大与党に支えられる安倍晋三首相の政権運営を軸に政局が展開していく見通しだ。長期政権をうかがう首相は、経済政策「アベノミクス」への世論の支持を推進力と捉え、引き続き経済対策に最優先で取り組む方針。ただ、4月の消費税率引き上げが経済に及ぼす影響は読み切れていない。景気が著しく落ち込めば、憲法や安全保障など「安倍カラー」の強い政策の

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第652回 時事世論調査 〔2013年12月結果〕

■「中央調査報(No.675)」より12月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比9.5ポイント減と急落し47.1%、不支持率は同8.1ポイント増の32.7%となった。支持率は内閣発足以来の最低を記録、不支持率は3か月連続の上昇で内閣発足から初めて3割台に乗せた。安倍内閣は臨時国会に提出した特定秘密保護法案の成立を急ぎ、審議開始からわずか20日間でみんな、維新との修正合意を得たが、国民の知る権利や報道の自由を侵害する怖れについて危惧する声が強まり全国で反対デモが展開される中、衆議院での強行

2014年2月2日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―

■「中央調査報(No.675)」より ■ 2014年の展望―日本の経済 ―4月の消費増税焦点に―時事通信社 経済部次長 犬飼 優2014年の日本経済のビッグイベントは4月の消費税増税だ。税率の5%から8%への引き上げが経済にどの程度のインパクトを与えるのか。昨年、安倍政権の経済政策「アベノミクス」の「第1の矢」(金融政策)で円安・株高が実現し、経済は回復軌道に乗り始めたが、消費税率アップは景気を大きく落ち込ませる要因になりかねない。政府は回避策として5.5兆円の景気対策を用意しているが、どこまで

2013年12月28日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第651回 時事世論調査 〔2013年11月結果〕

■「中央調査報(No.674)」より11月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比0.8ポイント増の56.6%、不支持率は同1.8ポイント増の24.6%となった。支持率は引き続き高い水準を維持したが不支持率は前月に続き上昇した。安倍首相は臨時国会の所信表明演説で「成長戦略実行国会」と位置付けるとともに、「積極平和主義」の立場から、日本版NSCとされる国家安全保障会議の創設を強く訴え、同会議の設置関連法案についてはいち早く成立にめどをつけた。また、成長戦略の具体化として国家戦略特区のメニュー

2013年12月28日中央調査社★フィードバック数:0ライフスタイル

学力についての統計分析です。

小学校4年から中学校2年までの児童生徒の学力の変化 ~3時点の学力調査データを連結したパネル分析の試み~

トップページ > 中央調査報 > 小学校4年から中学校2年までの児童生徒の学力の変化 ~3時点の学力調査データを連結したパネル分析の試み~ ■「中央調査報(No.674)」より ■ 小学校4年から中学校2年までの児童生徒の学力の変化~3時点の学力調査データを連結したパネル分析の試み~ 広島大学大学院教育学研究科教授 山崎 博敏本稿は、平成21年度および23年度の文部科学省委託研究「学力調査を活用した専門的な課題分析に関する調査研究」の成果を紹介する。広島大学と琉球大学の研究者を中心とするグループ

2013年12月28日中央調査社★フィードバック数:0大型消費/投資

新幹線のイメージです。

新幹線に関する世論調査

■「中央調査報(No.674)」より時事通信社では、2013年9月6日から9日にかけて、無作為に選んだ全国20歳以上の男女2,000人を対象に「新幹線に関する世論調査」を実施した。この調査は、調査員による個別面接聴取法で行い、1,293人から回答を得た。1.新幹線の安全性についてのイメージ東海道新幹線は2014年10月1日に開業50周年を迎え、この半世紀近くで北は青森、南は鹿児島まで路線網を広げた新幹線は、最高時速320キロで営業する高速鉄道であり、その安全性について、どのようなイメージをもって

2013年12月4日中央調査社フィードバック数:0ライフスタイル

未成年者の悪い生活習慣と悪い精神的健康状態には関係がある ~2004年度全国悉皆調査より~

トップページ > 中央調査報 > 未成年者の悪い生活習慣と悪い精神的健康状態には関係がある ~2004年度全国悉皆調査より~ ■「中央調査報(No.673)」より ■ 未成年者の悪い生活習慣と悪い精神的健康状態には関係がある~2004年度全国悉皆調査より~ 厚生労働省国立保健医療科学院厚生労働省国立保健医療科学院健康危機管理研究部主任研究官 谷畑 健生1.はじめに未成年者の環境は健康を損なう行動(例えば喫煙・飲酒の使用、睡眠の問題)を行いやすく、未成年者の健康増進に向けるようなライフスタイルを確

2013年11月2日中央調査社フィードバック数:0マーケティング

統計検定と統計能力の評価

■「中央調査報(No.672)」より ■ 統計検定と統計能力の評価 舟岡 史雄(日本統計協会専務理事)日本統計学会が2011年11月に開始した統計検定は、今年で3回目を迎える。最近、統計に対する世の中の注目度が高まっており、今秋に実施される検定受験者は大幅に増加する模様だ。本稿では、統計検定制度の概要と展開、および過去2回の試験結果を紹介する。さらに、統計検定の意義と役割について、変革を迫られている統計教育と統計能力の評価の観点から論ずる。1.統計検定制度の創設と展開1.1 統計検定制度の概要現

2013年10月4日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

第648回 時事世論調査 〔2013年8月結果〕

■「中央調査報(No.671)」より8月の時事世論調査の結果、安倍内閣の支持率は前月比0.6ポイント上昇し54.2%、不支持率は同3.4ポイント増の26.7%となった。支持率はやや上向いたが、不支持率は4カ月連続の上昇となった。安倍首相は7月4日告示、21日投票の参議院選挙のため遊説した各地でアベノミクスの成果や国会のねじれ解消を訴えた。景気回復の期待に支えられて高支持率を維持してきた波に乗り、選挙結果は事前の予想通り与党の圧勝に終わり、自公両党は両院での過半数を獲得、法案通過に不安のない状況を

2013年10月4日中央調査社フィードバック数:0社会/政治

内閣府政府広報室の世論調査

■「中央調査報(No.671)」より ■ 「内閣府政府広報室の世論調査」 佐藤 寧(内閣府大臣官房政府広報室)1.はじめに内閣府政府広報室では、政府の重要施策について広く国民の方々に、その内容、背景、必要性等を知ってもらうための広報活動のほかに、国民の意識や政府施策に関する意見、要望を的確に把握し、政府施策に反映させるための広聴活動を行っている。この広聴活動として実施しているのが世論調査である。内閣府政府広報室では、平成24年度には、11回の世論調査と、これに付随する6回の特別世論調査を実施して

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ