調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 全国中小企業団体中央会

「全国中小企業団体中央会」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

5月の中小企業月次景況調査(平成27年5月末現在)

◎5月の中小企業月次景況調査(平成27年5月末現在) 《概 要》5月のDIは、9指標中5指標が悪化し、特に前回改善を見せた売上高DIも−13.7と前月比5.1ポイントまで大きく落ち込み、製造業・非製造業を問わず、実需不足の深刻化を改めて浮き彫りにする結果となった。また、円安による経費の全般的なコスト高が継続していることに加えて、今回は労働力不足や天候不順への対応など、新たな課題に苦慮する声も多く寄せられており、中小企業の経営環境は依然として厳しい状態が続いている。《詳細については、以下をご覧下さ

2015年4月の中小企業月次景況調査(平成27年4月末現在)

◎4月の中小企業月次景況調査(平成27年4月末現在) 《概 要》4月のDIは、9指標中8指標が上昇し、中でも売上高DIは−8.6と前月比14.9ポイントと大きく上昇したが、景況ならびに収益状況DIとの間に大きな較差を生じる結果となった。 廉価製品の製造・販売、輸出関連を中心とした受注増が売上を押し上げた一方、長期化する円安・コスト高による収益圧迫は改善の兆しが見えず、また今後の燃料価格の上昇や労働力不足を懸念する声も多く寄せられるなど、中小企業の景気動向は引き続き注視が必要である。《詳細について

3月の中小企業月次景況調査(平成27年3月末現在)

◎3月の中小企業月次景況調査(平成27年3月末現在) 《概 要》3月のDIは、9指標中5指標が上昇したものの、僅かな数値に留まった。また売上高DIは−23.5と前月比−2.5ポイント悪化に転じており、同時に販売価格、取引条件DIも悪化する結果となった。輸出関連や年度末の受注向上による増収の声も一部にあるが、全体として円安・コスト高による厳しい経営環境に変わりはなく、また内需が低迷する中で価格転嫁も遅々として進んでおらず、未だ明るい景況感は見出しにくい状況にある。《詳細については、以下をご覧下さい

2月の中小企業月次景況調査(平成27年2月末現在)

◎2月の中小企業月次景況調査(平成27年2月末現在) 《概 要》2月のDIは、売上高DIが−21.0と、前月比5.8ポイントと大きく上昇するなど、9指標中8指標が上昇した。 円安や原油価格下落による好影響が表れてきたという報告が増える一方、原材料費や仕入れ価格の高騰分を販売価格に転嫁できず、値下げ要請も見られるなど、現状は厳しいという声が多く、依然として先行きは楽観できない。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】 3月末現在:4月20日(月)、4月末現在:5月

1月の中小企業月次景況調査(平成27年1月末現在)

◎1月の中小企業月次景況調査(平成27年1月末現在) 《概 要》1月のDIは、9指標中8指標が悪化した。特に売上高DIは運輸業、食料品製造業、小売業で大きく悪化した。 原油価格下落の好影響が見られる一方、その分の運賃や取引価格の値下げ要求を懸念する声が出ている。 物価と人件費が上昇する中で、需要や消費は弱く、中小企業の景況に回復感は見られない。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】 2月末現在:3月20日(金)、3月末現在:4月20日(月)、4月末現在:5月2

11月の中小企業月次景況調査(平成26年11月末現在)

◎11月の中小企業月次景況調査(平成26年11月末現在) 《概 要》11月は、9指標すべてが悪化した。特に売上高DIは前月比−7.1ポイントと悪化幅が大きく、景況DI、収益状況DIは−30ポイント超となり、いずれも平成25年2月以来の低水準。 円安の進行に伴って原材料費の高騰が続き、原油価格は下落傾向にあるものの、燃料価格は高止まりしており、収益環境の悪化を懸念する報告が多い。中小企業の先行きは、なお予断を許さない状況にある。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予

2014年10月の中小企業月次景況調査(平成26年10月末現在)

◎10月の中小企業月次景況調査(平成26年10月末現在) 《概 要》10月は、9指標中6指標が悪化となった。前月大きく上昇した売上高DIは再び悪化に転じ、景況DIもわずかながら悪化するなど一進一退の状況にある。 円安に伴う原材料費の高騰や燃料価格の高止まりによる収益環境の悪化を懸念する声は依然として多く、加えて消費税率引上げ後の長引く内需低迷の影響を指摘する報告が増加してきており、中小企業の先行きは、予断を許さない状況。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】

2014年9月の中小企業月次景況調査(平成26年9月末現在)

◎9月の中小企業月次景況調査(平成26年9月末現在) 《概 要》9月は、9指標中6指標が上昇となった。売上高DIは前月比で7.1ポイントと大きく上昇したが、天候不順等の影響により前月分の受注・売上が9月にずれ込んだという指摘があり、全体として見れば、実態はほぼ横這い。円安に伴う原材料費の高騰や燃料価格の高止まりによる収益環境の悪化を懸念する声は依然として多く、先行きを慎重に見極める必要がある状況。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】 10月末現在:11月20

2014年8月の中小企業月次景況調査(平成26年8月末現在)

◎8月の中小企業月次景況調査(平成26年8月末現在) 《概 要》8月は、9指標中8指標が悪化となり、主要3指標はすべてが悪化となった。特に、天候不順・台風による影響もあり、売上高DIの悪化幅が−9.1ポイントと大きく、景況DIは5か月連続の悪化。原材料高や燃料高、電気料金の引上げ等の影響を指摘する報告が依然として多く、価格への転嫁も容易ではないことから、収益状況も厳しい。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】 9月末現在:10月20日(月)、10月末現在:11

7月の中小企業月次景況調査(平成26年7月末現在)

◎7月の中小企業月次景況調査(平成26年7月末現在) 《概 要》7月は、主要3指標のうち売上高DIが前月より大きく上昇、収益状況DIも上昇に転じたが、景況DIは4か月連続で悪化した。原材料高や燃料高、電気料金の引上げ等の影響を指摘する報告が多く、景況改善の足かせとなることが強く懸念される状況。消費税増税後の反動減は落ち着いてきたとの声があるものの、受注等の減少・低迷が続いているとの報告も寄せられている等、中小企業の動向はなお予断を許さない状況。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の

2014年6月の中小企業月次景況調査(平成26年6月末現在)

◎6月の中小企業月次景況調査(平成26年6月末現在) 《概 要》6月は、多くの指標で好転が見られなかった。消費税増税後の反動減については落ち着きを見せ始めているとの声がある一方、依然として、受注等の減少・低迷が続いているとの報告が多く寄せられている。人手不足、原材料高や燃料高等のコスト高の影響を指摘する報告が増加しており、先行きは不透明な状況で今後の動向に注視が必要。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】 7月末現在:8月20日(水)、8月末現在:9月24日(

4月の中小企業月次景況調査(平成26年4月末現在)

◎4月の中小企業月次景況調査(平成26年4月末現在) 《概 要》4月は、9指標中8指標が上昇となった前月から一転、7指標が悪化となった。特に、景況、売上高、収益状況の主要3指標の悪化幅は、本調査開始以来、過去最大となった。消費税増税前の駆け込み需要の反動減が顕著に現れた結果となった。増税の影響について、「一時的なもの」「想定よりも小さかった」という声があるものの、5月以降、さらなる落ち込みを懸念するという報告も寄せられており、今後の中小企業の動向は、引き続き注視し続ける必要がある。《詳細について

消費税率引上げにおける転嫁状況等に関する緊急調査結果(速報)

◎消費税率引上げにおける転嫁状況等に関する緊急調査結果(速報)全国中小企業団体中央会では、4月からの消費税増税後の転嫁状況について緊急調査を行いました。概要は以下のとおりです。

3月の中小企業月次景況調査(平成26年3月末現在)

◎3月の中小企業月次景況調査(平成26年3月末現在) 《概 要》3月は、9指標中7指標が悪化となった前月から一転、8指標が上昇となった。特に、売上高DIが急激に上昇したが、これは消費税増税前の駆け込み需要が主な要因であり、とりわけ非製造業での上昇が目立っている。 しかしながら、増税後の反動減を懸念するという報告や駆け込み需要が想定したほど無かったとの報告が多く寄せられており、4月以降の中小企業の景気動向を注視する必要がある。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定

2014年2月の中小企業月次景況調査

◎2月の中小企業月次景況調査(平成26年2月末現在) 《概 要》2月は前月同様、9指標中7指標が悪化となった。中小企業の今後の景況は、依然として予断を許さず、動向を注視すべき状況にある。二度にわたる大雪に見舞われ、首都圏を中心に大きな被害が発生し、その影響は地方にも拡大した。また、消費税増税前の駆け込み需要がすでに終わったという業種があり、増税後の反動減を懸念するという報告も多く見られる。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】 3月末現在:4月21日(月)、4

2014年1月の中小企業月次景況調査(平成26年1月末現在)

◎1月の中小企業月次景況調査(平成26年1月末現在) 《概 要》9指標中8指標が上昇となった前月から一転、1月は9指標中7指標が悪化となった。年末需要の反動や稼働日数減少の影響、消費税増税前の駆け込み需要が一部業種では収束気味である等の指摘があり、さらに増税後の反動減を強く懸念するという報告が依然として多く見られるなど、中小企業の今後の景況は、引き続き予断を許さない状況。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】 2月末現在:3月20日(木)、3月末現在:4月21

急激な変動の影響を聞いています。

下請中小企業における円安の影響に関する緊急アンケート調査

◎下請中小企業における円安の影響に関する緊急アンケート調査結果について(2013.5.20 全国中央会)全国中央会では、下請中小企業の経営に対し円安の影響等を把握するため、関係組合等の協力を得て、傘下企業を対象に「円安に関する緊急アンケート調査」を行った。調査概要ならびに調査結果は以下のとおり。調査票の回収:直接全国中央会へFAXまたは電子メール 全国鍍金工業組合連合会、協同組合小糸製作所協力会、川口機械工業協同組合、一般社団法人日本鋳造協会、一般社団法人日本金型工業会、一般社団法人建設産業専門

1月の中小企業月次景況調査

1月の中小企業月次景況調査(平成25年1月末現在) 《概 要》○1月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比べて8指標中「景況」「販売価格」「取引条件」の3指標が上昇、「売上高」「収益状況」等5指標が低下した。○中小企業の景況は、新政権への高い期待感が継続している一方、景気回復のムードがあれど実体経済への反映がされていない、円安による輸入原材料等の調達コストが上昇し収益を圧迫しているとの報告も見られる等、先行き不透明な状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間

12月の中小企業月次景況調査

12月の中小企業月次景況調査(平成24年12月末現在) 《概 要》○12月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比べて8指標全てが上昇した。8指標全ての上昇は3月末以来9ヵ月ぶり。○中小企業の景況は、新政権が発足し景気対策等への期待の高まりや円安への好感がある一方で、このまま進展すると輸入資材等が高騰するとの懸念、消費税増税による駆け込み需要の反動を懸念するとの報告も見られる等、先行きに注意を要する状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予

11月の中小企業月次景況調査

11月の中小企業月次景況調査(平成24年11月末現在) 《概 要》○11月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比べて8指標中「取引条件」を除く7指標が上昇した。○しかしながら、中小企業の景況は、衆議院解散を受けての景気不透明感の増大、電気料金値上げによるコストアップへの懸念、消費税増税の決定による消費者行動の変化、来年3月の中小企業金融円滑化法の期限到来に伴い、資金繰りが厳しい企業は対応を迫られることが予想される等、先行きに不安を抱える状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下

9月の中小企業月次景況調査

9月の中小企業月次景況調査(平成24年9月末現在) 《概 要》○9月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比べて8指標中「景況」「売上高」「収益状況」等6指標低下した。○特に、「売上高」「設備操業度」は5ポイント以上低下した。○中小企業の景況は、依然として続く円高や原油価格の上昇による影響、更に中国における反日感情の高まりによる影響が業種を問わず多く報告されており、この動きが今後継続するのかを注視する必要がある等、先行きに注意を要する状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい

8月の中小企業月次景況調査

8月の中小企業月次景況調査(平成24年8月末現在) 《概 要》○8月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比べて8指標中「景況」「売上高」「収益状況」「資金繰り」「設備操業度」の5指標が低下した。○特に、「設備操業度」は5ポイント低下した。○中小企業の景況は、原油価格が再び上昇に転じたことや電気料金の値上げ、更には依然として続く円高による輸出等への影響及び消費税増税が決定したことによる懸念等、先行きに不安を抱える状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次

7月の中小企業月次景況調査

7月の中小企業月次景況調査(平成24年7月末現在) 《概 要》○7月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比 べて8指標中「景況」「収益状況」「取引条件」の3指標が 上昇、「売上高」「販売価格」「設備操業度」「雇用人員」 の4指標が低下した。○中小企業の景況は、依然として続く円高により輸入原材料 の価格が低下したことを受けてのコストダウン要請や取引先 の海外生産・調達が拡大することによる受注減少への懸念、 消費税増税等、先行きに不安を抱える状況が続いている。《詳細については、以下をご覧

6月の中小企業月次景況調査

6月の中小企業月次景況調査(平成24年6月末現在) 《概 要》○6月の前年同月比DI値は、前月の前年同月比DI値と比べて雇用人員を除く7指標全てが低下した。○特に、「売上高」「設備操業度」は5ポイント以上低下しており、更なる景気悪化への懸念が強まっている。○中小企業の景況は、原油価格が若干下がったものの、上昇前の水準までは戻っておらず、また、安定した電力供給や消費税増税への懸念がより強まってきている等、先行きに注意を要する状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月

3月の中小企業月次景況調査(4月20日発表)

3月の中小企業月次景況調査(平成24年3月末現在) 《概 要》○3月の前年同月比DI値は、前月に比べて8指標全てが上昇した。8指標全ての上昇は6ヵ月ぶり。○特に、「売上高」の13.7ポイント上昇をはじめ、「景況」「収益状況」「設備操業度」の4指標は大幅な上昇となったが、これは昨年3月に東日本大震災の発生により日本経済が大打撃を受けたため。○中小企業の景況は、円高傾向が依然として続いていること、さらに、原油価格の高騰に伴う原材料価格の高騰により、先行きに不安を抱える状況が続いている。《詳細につい

2月の中小企業月次景況調査

2月の中小企業月次景況調査(平成24年2月末現在) 《概 要》○2月のDI値は、前月に比べて「雇用人員」を除く7指標が上昇した。○「景況」の上昇は0.9ポイントと小幅であり、23年9月以降ほぼ横ばいで推移している。○中小企業の景況は、超円高が是正される傾向にあるものの。なお高水準であり、原油価格の高騰に伴う原材料価格の上昇や4月以降の電気料金の値上げの影響の懸念など、先行きに注意を要する状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】 3月末現在:4

1月の中小企業月次景況調査

1月の中小企業月次景況調査(平成24年1月末現在) 《概 要》○1月のDI値は、前月に比べて8指標全てが低下した。8指標全ての低下は10か月ぶり。○「売上高」「収益状況」は、2か月ぶりに5ポイントを超えて大きく低下。○中小企業の景況は、天候不順による売上低下や円高による採算性の悪化、コストダウン要請の強化、原材料価格の上昇に加え、4月以降に予定される東京電力電気料金値上げの影響など、先行きに多くの懸念をかかえた状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発

12月の中小企業月次景況調査

12月の中小企業月次景況調査(平成23年12月末現在) 《概 要》○12月のDI値は、前月に比べて「設備操業度」「雇用人員」を除く6指標が上昇した。○「売上高」は非製造業を中心に大きく上昇したが、全体の景況改善の動きは小幅に止まった。○中小企業の景況は、円高による輸出減やコストダウン要請強化の一方、円高メリットは限定的で原材料価格が高止まっているうえ、タイの洪水被害の影響も残るなど、先行きに注意を要する状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定】

昨年11月の中小企業月次景況調査

11月の中小企業月次景況調査(平成23年11月末現在) 《概 要》○11月のDI値は、前月に比べて「雇用人員」を除く7指標が低下した。○「景況」「売上高」「収益状況」は3か月ぶりの低下。特に「売上高」の低下が大きい。○中小企業の景況は、東日本大震災の影響から回復しつつある一方で、長引く円高によるコストダウン要請の強化や原材料価格の高止まりに加え、タイの洪水被害の影響が長期にわたるなど、先行き不安が拭えない状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3か月間の月次景況調査発表予定

10月の中小企業月次景況調査

10月の中小企業月次景況調査(平成23年10月末現在) 《概 要》○10月のDI値は、前月に比べて「販売価格」を除く7指標が上昇した。○「景況」「売上高」「収益状況」は2ヶ月連続の上昇。「売上高」は3ポイントを超えて上昇したが、総じて改善の動きは 小幅に止まる。○中小企業の景況は、回復傾向が続いているものの、円高によるコストダウン要請が強まる一方で原材料価格の高騰が続く状 況の中に加え、タイの洪水被害による影響や世界経済の減速懸念など先行き不安が拭えない状況が続いている。《詳細については、以下

9月の中小企業月次景況調査

9月の中小企業月次景況調査(平成23年9月末現在) 《概 要》○9月のDI値は、前月に比べて8指標全てが上昇した。「景況」の上昇は2か月ぶり。○「売上高」「設備操業度」は5ポイントを超えて大きく上昇。○中小企業の景況は、震災の影響による落ち込みから回復しつつあるものの、円高によるコストダウン要請が強まる一方で原材料価格の高騰が続く厳しい経営状 況の中で、地域によっては放射能汚染の風評被害や台風の直撃による被害が加わり、先行き不安が拭えない状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今

8月の中小企業月次景況調査

8月の中小企業月次景況調査(平成23年8月末現在) 《概 要》○8月のDI値は、前月に比べて「景況」「売上高」など5指標がわずかに低下した。○「景況」「売上高」の定価は4ヶ月ぶりだが、全体としては横ばい。○中小企業の景況は、資材・部品価格の高止まりによる収益圧迫や放射能汚染の風評被害に加え、急激な円高により、先行きに不安を抱えた状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3ヵ月間の月次景況調査発表予定】 9月末現在:10月20日(木)、10月末現在:11月22日(火)、11月末現

7月の中小企業月次景況調査(平成23年7月末現在)

7月の中小企業月次景況調査(平成23年7月末現在) 《概 要》○7月のDI値は、前月に引き続き8指標全てが上昇。○主要指標はいずれも改善の方向を示し、震災前の水準に戻るまでもう一歩の状況にある。○中小企業の景況は、東日本大震災後の落ち込みから回復する基調にあるものの、震災の復興需要が本格化していないことに加え、資材・部品価格の高止まり、節電への対応、放射能汚染の風評被害や急激な円高などが重なり、先行きに不安を抱えた状況が続いている。《詳細については、以下をご覧下さい》【今後3ヵ月間の月次景況調査

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ