「博報堂」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月22日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

アジア14都市生活者のスマートフォンの保有とeコマースの利用

NEWS博報堂【Global HABIT レポート 2017年 Vol.1】アジア14都市生活者のスマートフォンの保有とeコマースの利用 2017年03月14日 ■アジア14都市のインターネット利用者は、スマートフォンでの利用が主流に。 ■スマートフォンでよく利用するサービスは、SNSやメッセンジャー。検索サイトでの情報検索、ニュース視聴、動画サービス利用、カメラ・ビデオ機能なども増え、ユーザーの利用は多様化へ。 ■eコマースを積極的に利用しているのは東アジアの都市(ソウル、香港、台北、上海、北

2017年3月15日博報堂フィードバック数:0社会/政治

2017年 生活者の社会意識調査

NEWS博報堂研究開発局、 「2017年度生活者の社会意識調査」を実施 2017年03月10日 ・約8割の生活者が社会問題に「関心がある」と回答。割合は年々低下傾向 ・関心が高いのは「年金制度・老後の生活」「高齢介護・医療体制」「インターネット犯罪」など ・生活者の4割程度が「社会・環境に配慮している商品」を購入 博報堂研究開発局では生活者に関する様々な調査・研究を実施しておりますが、その一環として、生活者の社会意識や社会行動などについて研究分析するため、2010年より「社会意識・行動に関する調

2017年3月2日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

動画生活者実態調査

NEWSHOMENEWSニュースリリース博報堂、4社横断の動画マーケティングタスクフォースhakuhodo.movie「動画生活者実態調査」を実施―動画は「見て楽しむ」から「使いこなす」時代へ。「動画生活者」の出現 推計人口約3,800万人博報堂、4社横断の動画マーケティングタスクフォースhakuhodo.movie「動画生活者実態調査」を実施―動画は「見て楽しむ」から「使いこなす」時代へ。「動画生活者」の出現 推計人口約3,800万人 2017年02月27日 株式会社博報堂(東京都港区、代表取

2017年3月1日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2017年3月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・3月](消費意欲指数) 2017年02月24日 2月の冷え込みから一転。春を迎え、季節消費が高まる兆し3月の消費意欲指数は46.9点で、前年同月比+1.0pt。過去最低値だった前月から+5.4ポイント上昇しました。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。3月のポイント

2017年2月16日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

50代男性のセカンドライフ(定年後、60歳以降の生活)に焦点をあてた調査

NEWSHOMENEWSニュースリリース定年後に向けて期待と不安にゆれる50代「未定年」層―新大人研、「未定年層」に特化した研究・マーケティングサービスを開始―50代男性の意識調査を実施。定年後に向けて期待と不安にゆれる50代「未定年」層―新大人研、「未定年層」に特化した研究・マーケティングサービスを開始―50代男性の意識調査を実施。 2017年02月07日 博報堂の専門組織である博報堂新しい大人文化研究所は、40~60代を“新しい大人世代”と呼び、その意識と消費に関する調査研究を行っています。

2017年2月7日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2017年2月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・2月](消費意欲指数) 2017年01月26日 2017.01.26例年以上に消費意欲の冷え込みが激しく、調査開始以来の最低値を記録。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。2月の消費意欲指数は41.5点で、前月比-9.7pt、前年同月比-1.7pt。前月比大幅ダウン

2017年1月26日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

「決済」と「スマートフォン」を軸とした「お金」に関する生活者意識調査

NEWS博報堂金融マーケティングプロジェクト 「お金」に関する生活者意識調査を実施 2017年01月18日 博報堂金融マーケティングプロジェクトは、FinTechによる金融分野でのテクノロジー進化が、生活者に対して、どのような意識変化、行動変化をもたらすのかを分析するために、「決済」と「スマートフォン」を軸とした「お金」に関する生活者意識調査を実施しました。調査結果によると、1ヶ月あたりの使用金額の決済手段別比率は、依然「現金」決済が51.4%と半数以上を占めるものの、「クレジットカード」21.

2017年1月16日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

好き・熱中にまつわる意識・実態調査

NEWS博報堂生活総合研究所、生活者の「好き・熱中にまつわる意識・実態調査」を発表 2017年01月11日 生活者の好き・熱中について… ●熱中しているもの・ことがある人…62% ●今後、熱中しているもの・ことによって副収入を得たい人…32% ●SNSの「いいね!」1回あたりの価値…556円  博報堂生活総合研究所の、2017年の大きな研究テーマのひとつが、何かに熱中する=[好き]という感情です。社会には実に多様な[好き]があふれ、[好き]が高じて思わぬ人とつながった人や、[好き]が仕事になった

2017年1月11日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2017年1月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・1月](消費意欲指数) 2016年12月26日 20161226株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。1月の消費意欲指数は51.2点で、前月比-4.9pt、前年同月比+0.4pt。前月比ではマイナスとなったものの、比較的高い消費意欲指数です。1月のポイントPoint

2017年1月9日博報堂★★フィードバック数:0キャリアとスキル

「子どもの習い事・身につけさせたいスキル」レポート

NEWS【博報堂こそだて家族研究所】「子どもの習い事・身につけさせたいスキル」レポート 2016年12月22日 習い事をしている小学生は全体で81%。約3人に1人が「水泳教室」に通う。 身につけさせたいスキルのトップは「英語/英会話」で42.4%。■定期的にやっている習い事は「水泳教室(31%)」次いで「通信教育、宅配教材(29%)」。「英語教室」は5人に1人。■男の子は水泳をはじめ“体を動かす習い事”が上位に。女の子は”ピアノ、音楽教室“がトップ。■子どもに習い事を続けさせたい年齢は“中1”ま

2016年12月18日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

「ソロ活動系女子(ソロ女)」について意識調査

NEWS博報堂ソロ活動系男子プロジェクト、単身・独身女性の意識調査を実施 2016年12月13日 「ソロ女」の実態は…■自己有能感はある。でも、自己肯定感が低い。  株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:戸田裕⼀)は、2014年8月に「ソロ活動系男子(通称:ソロ男<だん>)研究プロジェクト」を設立し、自由で自立したライフスタイルを謳歌する単身・独身男性を研究しています。このたび、「ソロ活動系女子(ソロ女)」について意識調査を実施し、興味深い結果が得られましたのでお知らせいたします。1

2016年12月15日博報堂★★フィードバック数:0ビジネス

「プレミアムフライデー」の過ごし方調査

NEWSHOMENEWSニュースリリース<博報堂行動デザイン研究所 調査レポート>プレミアムフライデーの過ごし方は、「旅行」「のんびり過ごす」 ~“金発(きんぱつ)ツーリズム”で経済浮揚効果を期待~<博報堂行動デザイン研究所 調査レポート>プレミアムフライデーの過ごし方は、「旅行」「のんびり過ごす」 ~“金発(きんぱつ)ツーリズム”で経済浮揚効果を期待~ 2016年12月13日 株式会社博報堂(東京都港区、代表取締役社長:戸田裕一)の専門組織「博報堂行動デザイン研究所(所長:國田圭作)」は、この

2016年12月6日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2016年12月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・12月](消費意欲指数) 2016年11月25日 2016.11.25消費意欲指数は56.1点。低調が続いた前月までとは一転、 2012年4月の調査開始以来、歴代2位の高スコアとなりました。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。12月の消費意欲指数は56.1点で、前

2016年11月30日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

生活者にきいた“2017年 生活気分”

NEWS博報堂生活総合研究所 生活者にきいた“2017年 生活気分”を発表 2016年11月21日 生活者が予想する2017年の生活気分は…「趣味・遊び」より「睡眠・休息」に力を入れたい / 女性のやめたいこと1位は「仕事・会社」 博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者にきいた“2017年 生活気分”をまとめました。本レポートは生活総合研究所が2017年の景況感や楽しさ予想、力を入れたい活動などについて、全国の20~69歳男女3,900人に調査した結果を生活者視点で分析し、まとめたものです。調

2016年11月3日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

生活者が選ぶ “2017年 ヒット予想” &“2016年 ヒット商品”ランキング

NEWS博報堂生活総合研究所 生活者が選ぶ “2017年 ヒット予想” &“2016年 ヒット商品”ランキングを発表 2016年10月28日 2017年 ヒット予想は、1位「自動運転システム搭載車」2位「AI(人工知能)技術」3位「格安スマホ」…生活者が求めるのは、“生活者支援系テクノロジー”キーワードは【サンキュー・テック】 博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者が選ぶ“2017年ヒット予想” をまとめました。本レポートは、今年、世の中で注目されたと思われる商品やサービス、コンテンツなどを生

2016年11月3日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2016年11月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・11月](消費意欲指数) 2016年10月26日 消費意欲指数は46.8点で、5か月連続で前年同月を下回り、11月としての過去最低値となりました。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。11月の消費意欲指数は46.8点で、前月比-0.7ポイント。前年同月比は-2.8ポ

2016年10月28日博報堂★★フィードバック数:0大型消費/投資

ハロウィン速報

ハロウィン速報

2016年10月6日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

「生活定点」調査  2016年結果

NEWS四半世紀にわたり生活者の意識・価値観を定点観測してきた「生活定点」調査2016年結果発表 2016年10月03日 「常温」を楽しむ社会へ ~ この先 良くも悪くもならない世の中を、ポジティブに ~「日本の行方は、現状のまま特に変化はないと思う」2008年 32.3% → 2016年 54.1%(21.8ポイント増)身の周りに多いのは「いやなこと」より「楽しいこと」身の周りに多いこと(2016年)・・・「楽しいこと」43.3% >「いやなこと・腹のたつこと」36.7%生活態度の4つの特徴 

2016年10月3日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2016年10月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・10月](消費意欲指数) 2016年09月26日 秋ならではの季節的消費意欲が伸びず。消費意欲指数は、前月から横ばいで47.5点となりました。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。 10月の消費意欲指数は47.5点。前月比は+0.1ポイントと横ばいです。前年同月比は

2016年9月3日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

[来月の消費予報・2016年9月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[来月の消費予報・9月](消費意欲指数)2016年8月26日今年のシルバーウィークは大型連休でないこともあり、 消費意欲指数は47.4点で前年同月を下回る結果に株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。9月の消費意欲指数は47.4点。夏休みなど8月までの出費の反動で前月比-2.0ポイントの低下。

2016年8月4日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2016年8月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・8月](消費意欲指数) 2016年07月26日 消費意欲指数は、8月としては過去最低値で初めて50点割れ。「8月は暑いから出かけたくない」という声が大幅増加。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。 8月の消費意欲指数は49.5点。前月比-0.1ポイントで横ばい。前年

2016年7月20日博報堂★★フィードバック数:0社会/政治

こそだて家族の「ママが実感する子どもの疲れとその理由」レポート

【博報堂こそだて家族研究所】こそだて家族の「ママが実感する子どもの疲れとその理由」レポート 小学生ママの4人に1人が「子供が疲れている」と回答。■小学校高学年では3人に1人、低学年でも5人に1人が、「疲れている」とママが実感■ママが考える疲れの理由は、「勉強や習い事が多い43.0%」「集団生活のストレス29.2%」「睡眠時間が短い25.3%」「ゲームやテレビのやり過ぎ・見過ぎ25.3%」■居住エリアで「子どもの疲れの理由」に差異。 「勉強や習い事が多い」が地方よりも都市部が高スコア6年7月11日

2016年7月2日博報堂フィードバック数:0マーケティング

[来月の消費予報・2016年7月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・7月](消費意欲指数) 2016年06月27日 ボーナスやセールなどの影響で、消費意欲指数は前月より上昇。根強く続いた節約意識も、今月はやわらぐ気配。株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。7月の消費意欲指数は49.6点。前月比+2.0ポイント。低調が続いていた消費意

2016年6月30日博報堂★★フィードバック数:0社会/政治

「シルバー30年変化」 調査

NEWS博報堂生活総合研究所 「シルバー30年変化」 調査結果を発表 ~ 1986年 → 1996年 → 2006年 → 2016年 ~ 2016年06月24日  博報堂生活総合研究所は、1986年から30年間にわたり60歳~74歳を対象にほぼ同じ質問内容の調査を続けてきました(1986年、1996年、2006年、2016年の4時点で実査)。この30年間で日本は急速に高齢化が進み、特にこの10年では、団塊世代が高齢期を迎え、平均寿命が男女ともに80歳を超えるなど「高齢社会」を取り巻く環境は激変。

2016年5月30日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

[来月の消費予報・2016年6月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[来月の消費予報・6月](消費意欲指数)2016年5月26日ボーナスを期待する声が前年よりやや多く、金銭的不安は緩和。 しかし、節約意識も根強く、消費行動につながるかは不透明株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。 6月の消費意欲指数は47.5点で、前月比は+1.8ポイント。ボーナスによる金銭

2016年5月10日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

新しい大人世代の食の意識と行動 60代、夫婦ふたりの「アラカルトグルメ」

新大人研レポートNo.27 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑪ 新しい大人世代の食の意識と行動 60代、夫婦ふたりの「アラカルトグルメ」・60代、夫婦ふたり(子どもとの同居なし)の場合、朝食のおかず2~3品以上が69.1%、夕食では4~5品以上が59.2%。40代、50代と比べても、おかずの品数が多い。 ・60代の93.5%は「食事や料理に楽しみ」を感じており、食への意識は「手づくり」「旬のもの」「国産食材」「栄養バランス」とグルメ志向2016年4月27日博報堂新しい大人文化研究所で

2016年5月10日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

博報堂生活総研[来月の消費予報・2016年5月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・5月](消費意欲指数) 2016年04月26日 5月の消費意欲指数は45.8点で、前年同月比-2.4ポイント。“大型連休への期待”と“将来への不安”の狭間で低調な消費意欲株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表しています。5月の消費意欲指数は、45.8点で、前月比は-1.1ポイン

2016年4月5日博報堂フィードバック数:0マーケティング

博報堂生活総研[来月の消費予報・2016年4月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・4月](消費意欲指数) 2016年03月25日 早くも、消費再増税を見据え「出費を控える」との声が出始める株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表いたします。4月の消費意欲指数は46.8点となり、前月比は+1.0ポイントでほぼ横ばい。前年同期比も+0.9ポイントと同水準の消費意

2016年3月7日博報堂フィードバック数:0社会/政治

新大人研レポート No.25 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その(9) 新しい大人世代の孫育ては「近居・孫友」の新スタイル

新大人研レポート No.25 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑨ 新しい大人世代の孫育ては「近居・孫友」の新スタイル・孫がいる60代の43.5%が孫育てに参加した経験あり。女性は52.2%、男性も32.7%とかなりの割合に。 ・孫育てをもう一度やりたいは、全体で男性76.2%、女性73.3%。孫育て参加理由は「一緒にいると楽しい、刺激がある」が73.0%と目立つ。 ・同居・近居については、35.4%の人が子ども家族との近居を望んでいる。2016年3月2日博報堂新し い大人文化研究所で

2016年3月2日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

【Global HABIT レポート 2016年 Vol.1】アジア生活者が各国製品に対して抱くイメージ

NEWS博報堂【Global HABIT レポート 2016年 Vol.1】アジア生活者が各国製品に対して抱くイメージ 2016年02月29日 ■「日本製品=高品質」イメージ。「定評」「先端技術」「安心/安全」イメージも高く、日本製品への信頼は厚い。日本から連想するモノ・サービスのトップ3は「家電/AV製品」、「デジタ ■アメリカ製品は、製品イメージ、連想するモノ・サービスともに日本製品と似ている。 ■タイ製品は、全体的に中国製品とイメージが似ているが、ホーチミンシティ、ヤンゴン、インド2都市で

2016年3月2日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

[来月の消費予報・2016年3月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[来月の消費予報・3月](消費意欲指数) 2016年02月26日 ●3月の消費意欲指数は、3月としては過去最低値を記録。 増税以降、年度の節目でも消費意欲が伸びなくなった3月 株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表いたします。3月の消費意欲指数は45.9点。前月比は+2.6ポイントですが、前年同

2016年2月26日博報堂フィードバック数:0大型消費/投資

新大人研レポート No.24 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その(8) 新しい大人世代は「夫婦二人消費」におカネをかける

新大人研レポート No.24 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑧ 新しい大人世代は「夫婦二人消費」におカネをかける・「外食」も「旅行」もおカネをかけてもいい相手は「配偶者・パートナー」・「国内旅行」も「海外旅行」も一緒に行きたい相手は「配偶者・パートナー」・ 旅行で心がけていることは恋愛婚世代らしく「相手の趣味・嗜好に合わせて」が上位に。博報堂新しい大人文化研究所では、40~60代を“新しい大人世代“と呼び、調査研究を行っています。調査結果を見ると、40~60代の変化は、さらに本格感

2016年1月27日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

[来月の消費予報・2016年2月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[来月の消費予報・2月](消費意欲指数)2016年1月26日●2月の消費意欲指数は、年末年始の出費による反動で調査開始(2012年5月)以来、過去最低値を記録株式会社博報堂(本社・東京)のシンクタンク博報堂生活総合研究所は、20~69歳の男女1,500名を対象に 「来月の消費意欲」を点数化してもらうなど、消費の先行きに関する調査を毎月実施。その結果を「来月の消費予報」として発表いたします。2月の消費意欲指数は43.3点で、前月比は-7.6ポイントです。前年同月と比べても-1.1ポイ

2016年1月20日博報堂★★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

第6回「電力小売り自由化生活者調査」

博報堂エネルギーマーケティング推進室 第6回「電力小売り自由化生活者調査」結果発表自由化後に「電力会社を変えてみたい」人は、70.3%。●自由化後、「すぐ変える」は17.5%。「最初に変えた人の様子を見て」が47.1%。 ●電力自由化で選択可能になるメニューの中で、一番人気は「長期契約割引」。2016年1月14日 博報堂エネルギーマーケティング推進室は、2010年よりエネルギーに関する生活者調査を実施しておりますが、このたび、今年4月に実施される「電力小売の自由化」にむけた生活者の意識を調査し、

2016年1月19日博報堂フィードバック数:0大型消費/投資

新大人研レポート No.23 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その(7) 新しい大人世代、依然として続く「夫婦すれ違い」

新大人研レポート No.23 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑦ 新しい大人世代、依然として続く「夫婦すれ違い」・女性の4人に1人は、生まれ変わったらできれば別の方とご一緒したい、と思っている。「生まれ変わっても現在の配偶者・パートナーと一緒になりたいか」は「なりたい」男性が46.8%、女性は39.6%。「できればなりたくない」男性は13.1%、女性は27.9%。・ 2013年調査とほぼ同様の結果であり、依然として「夫婦すれ違い」は続いている。・定年退職した60代男性には「夫婦の歩み

2016年1月8日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

[生活インデックスレポート・消費動向編・2016年1月(消費意欲指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・1月(消費意欲指数)2016年1月6日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは【1月の消費動向】(消費意欲)に関する分析結果についてご報告いたします。1月の消費意欲指数は50.8点で、前月比は-4.6ポイントの低下になりましたが、前年同月と比べると+1.9ポイントとなっています。前年より、正月ならでは

2015年12月28日博報堂フィードバック数:0エンタテインメント

新大人研レポート No.22 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その(6) 新しい大人世代を象徴するのは「音楽」

NEWS新大人研レポート No.22 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑥ 新しい大人世代を象徴するのは「音楽」 2015年12月21日 ・世代を表す言葉の上位にはフォークソング、ビートルズ、サザン・オールスターズ、ユーミンなど「音楽」関連が目立つ。続くのはゴジラ、ウルトラマン、ガンダムなど「特撮・アニメキャラ」。・自分たちの世代が新しい生き方やライフスタイルを作ってきたと思う人は58.7%で、新しい商品サービスを率先して消費してきたと思う人は69.1%。新型60代らしく60代でその傾

2015年12月8日博報堂★★フィードバック数:0マーケティング

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年12月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・12月](消費意欲指数)生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは【12月の消費動向】(消費意欲)に関する分析結果についてご報告いたします。12月の消費意欲指数は55.4点となり、前月比は+5.9ポイントと大幅に上昇、今年の最高値を更新しました。前年同月比も-1.3ポイントと大差ないレベル。「金銭的余裕

2015年12月4日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

生活者にきいた【2016年 生活気分】調査

博報堂生活総合研究所 生活者にきいた【2016年 生活気分】調査報告2015年12月1日 博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者にきいた【2016年 生活気分】をまとめました。 本レポートは、生活者の2016年の家計や気持ちの行方を明らかにするために、生活総合研究所が実施した複数の調査をまとめたものです。2016年の景況感や楽しさ予想、イベント意向などについて、のべ約6,500名に調査した結果を、生活者視点で分析しました。調査結果からは暗い景況感を持つ人が減少し、消費意欲が回復基調に向かう兆し

2015年12月2日博報堂★フィードバック数:0マーケティング

生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】

NEWS博報堂生活総合研究所、生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】発表  2015年11月26日 1位「外国人観光客」2位「自動衝突回避システム」3位「進化するエコカー」 ※参考:生活者が選ぶ【2015年ヒット商品】1位「ラグビー・W杯日本代表チーム」 2位は「ドローン」「外国人観光客」「火花」(2位同点) 博報堂生活総合研究所は、このたび、生活者が選ぶ【2016年ヒット予想】をまとめました。 本レポートは、生活者に今年世の中で注目されたと思われる商品やサービス、コンテンツなどを提示し、「201

2015年12月2日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

現代パパの子育て事情(今どきパパ「5つのタイプ」)

NEWS博報堂こそだて家族研究所 調査レポート VOl.8「現代パパの子育て事情(今どきパパ「5つのタイプ」)」編 2015年11月27日 子育てと消費から見る今どきパパ「5つのタイプ」2012年10月に設立された「博報堂こそだて家族研究所」は、子どもをもつ家族の消費やライフスタイルについて研究していますが、このたび、「現代パパの子育て事情(今どきパパ「5つのタイプ」)」をまとめたレポートを作成いたしました。 「イクメン」という言葉もここ数年ですっかり定着し、子育てを楽しみながら積極的に行うパ

2015年11月25日博報堂★フィードバック数:0社会/政治

クロスジェネレーションを求める新型50・60代

NEWS新大人研レポート No.21 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その⑤ クロスジェネレーションを求める新型50・60代 2015年11月18日 若者世代とは交流・協力し、それだけでなく若者世代をサポートしたい。「大人世代と若者世代がお互いの良さを認め合いつつ、交流・協力し、新しい文化や潮流が生まれることが望ましい」「大人世代が若者世代を応援して、若者世代から新しい文化や潮流が生まれることが望ましい」が共に7割強に。年代が高くなるにつれ、この傾向が強くなっている。博報堂新しい大人文化

2015年11月15日博報堂★★フィードバック数:0社会/政治

新型50・60代は「介護予防」「健康向上欲求」の意識高く

新大人研レポート No.20 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その④ 新型50・60代は「介護予防」「健康向上欲求」の意識高く「介護予防」を心がけ、「健康向上」を手段として 「生活を充実させ、楽しみたい」という気持ちが強い。 ・「健康を維持して今の暮らしを保ちたい」は全体の9割で、「健康を向上させて、生活を充実させたい/楽しみたい」は全体の8割。 ・現在携わっている介護に関しては「精神的負担」が大きく、自身の介護に関しては60代の83.2%が具体的な「介護予防」策を実践している。博報堂新

2015年11月5日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年11月](消費意欲指数)

博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・11月](消費意欲指数)●11月の消費動向[消費意欲指数= 49.6点]2015年11月2日生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【11月の消費動向】(消費意欲)に関する分析結果についてご報告いたします。11月の消費意欲指数は49.6点となり、前月比は+0.7ポイントの横ばいですが、前年同月比は+

2015年10月27日博報堂★フィードバック数:0大型消費/投資

新型50・60代は「新しい大人のライフスタイル」創りへ

NEWS新大人研レポート No.19 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その③ 新型50・60代は「新しい大人のライフスタイル」創りへ 2015年10月27日 「自分なりのライフスタイル」創造に意欲的。全体に女性がリード。健康は予防、趣味はパソコン。 「自分なりのライフスタイルを創っていきたい」が9割近く。誰と創りたいかは「配偶者とも創りたいが、自分一人のスタイルも創りたい」が全体の42.9%と最も高い。「配偶者と一緒に」は男性が41.8%、女性は29.2%と“夫の片思い”。博報堂新しい大

2015年10月15日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

各種行事に対するアジア人の意識/行動調査

博報堂行動デザイン研究所、 東京+アセアン5都市の生活行動比較調査を実施 Vol.2「各種行事に対するアジア人の意識/行動調査」欧米由来の行事(クリスマス、ハロウィン)の参加率が高い日本。 20代女性が行事を牽引。ハロウィンの参加率は約4割(20代女性/日本)2015年10月15日博報堂行動デザイン研究所(所長:國田圭作)は博報堂生活総研アセアン(所長:帆刈吾郎)の協力の元、東京とアセアン5都市の生活行動比較調査を実施いたしました。本調査は日本(東京)の生活者とアセアン5ヶ国の主要都市在住者の生

2015年10月13日博報堂★フィードバック数:0ライフスタイル

新大人は“新型50・60代”であり、それをリードするのは「自然体大人女子」

新大人研レポートNo.18 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その② 新大人は“新型50・60代”であり、それをリードするのは「自然体大人女子」40~60代は「若々しい」が当たり前。「若々しい」に加え 「センスがいい」、「自然体に」を求める“新型50・60代”が登場。・「呼ばれて嬉しい言葉」は「センスがいい」が初めて「若々しい」を上回り、1位に。「若々しい」+α を求めている。 ・「こうありたい自分」としては「自然体に」が上位に。男性に先駆けて、女性ががんばる若さからより自然な若さを求めて

2015年10月8日博報堂★★フィードバック数:0ライフスタイル

新大人はこれまでの同世代と違う“新型50・60代”

新大人研レポートVol.17 シニアから新大人へ、新型50・60代に。その① 「新大人はこれまでの同世代と違う“新型50・60代”」新大人は自分を“シニア”だと思わず、“シニア”と呼ばれたいとも思っていない。 「自分は従来の40~60代と違う」という意識が高い傾向に。・50代の9割近くは“シニア”を自分のことだと思っておらず、60代の9割近くは“シニア”と呼ばれたいとは思っていない。 ・40~60代の85.1%の人たちが「自分達は従来の40~60代とは違う」と思っている。 ・どういった点がいまま

2015年10月1日博報堂フィードバック数:0ライフスタイル

[生活インデックスレポート・消費動向編・2015年10月](消費意欲指数)

NEWS博報堂生活総研[生活インデックスレポート・消費動向編・10月](消費意欲指数) 2015年10月01日 ●10月の消費動向[消費意欲指数= 48.8点]生活インデックスとは、生活総研が生活者の意識変化を読み解くために、【消費動向】【生活感情】【生活価値観】の3つの領域から開発したオリジナルの指数です。今回の生活インデックスレポートでは、【10月の消費動向】(消費意欲)に関する分析結果についてご報告いたします。10月の消費意欲指数は48.8点となり、前月比は+0.3ポイントの横ばいですが、

2015年9月17日博報堂フィードバック数:0マーケティング

行列にならぶアジア人の意識/行動調査

NEWS博報堂行動デザイン研究所、 東京+アセアン5都市の生活行動比較調査を実施 Vol.1「行列にならぶアジア人の意識/行動調査」 2015年09月17日 “行列嫌い”なのに並んでしまう日本人の「意識と行動のギャップ」博報堂行動デザイン研究所(所長:國田圭作)は博報堂生活総研アセアン(所長:帆刈吾郎)の協力の元、東京とアセアン5都市の生活行動比較調査を実施いたしました。 本調査は日本(東京)の生活者とアセアン5ヶ国の主要都市在住者の生活行動について分析、第一回レポートは各都市の「行列」に対する

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ