調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 博報堂DYメディアパートナーズ

「博報堂DYメディアパートナーズ」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

コンテンツファン消費行動調査2017

2017年10月13日 コンテンツファン消費行動調査は、近年企業のニーズが高まっているコンテンツを起点とした広告やビジネス設計の支援を行う専門チームである 「コンテンツビジネスラボ」が毎年独自に行っている生活者調査です。全国の15~69歳男女・計5,000名を対象に、エンタテインメントやスポーツなど計11カテゴリのコンテンツに対する消費行動の実態を把握したもので、2011年の発表以来、幅広い業種の企業やコンテンツホルダーにご活用頂いています。クラスター分析編本調査では、コンテンツに対する態度や情

「アスリートイメージ評価調査」2017年6月調査

「アスリートイメージ評価調査」2017年6月調査~「勢いを感じる」アスリートは張本智和、平野美宇、みまひな<伊藤美誠・早田ひなペア>「存在感がある」アスリートはイチロー、白鵬、羽生結弦~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2017年7月6日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:矢嶋弘毅 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:岩佐克俊)、データスタジアム株式会社(本社:東京都港区 社長:加藤善彦)

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」~「コンテンツファン消費行動調査 2017」より~

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」~「コンテンツファン消費行動調査 2017」より~ 博報堂DYメディアパートナーズ博報堂2017年7月5日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:矢嶋弘毅)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:水島正幸)との共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」(※1)は、毎年実施している全国調査「コンテンツファン消費行動調査」(※2)の2017年版を実施し、そのデータをもとに最新の全11カテゴリ・計832のコンテンツ

「アスリートイメージ評価調査」2017年3月調査

「アスリートイメージ評価調査」2017年3月調査~「勢いを感じる」アスリートは大谷翔平、稀勢の里、伊藤有希。「爽やかな」アスリートは羽生結弦、錦織圭、白井健三。~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2017年4月5日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:岩佐克俊)、データスタジアム株式会社(本社:東京都港区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合

「アスリートイメージ評価調査」2016年総括特別編

「アスリートイメージ評価調査」2016年総括特別編 ~「今年活躍した」アスリートは男性で錦織圭、羽生結弦、女性で伊調馨、吉田沙保里。「勢いを感じる」アスリートでは、大谷翔平が1位に。~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2016年12月21日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都港区 社長:加藤善彦

コンテンツファン消費行動調査 2016

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」 リアルタイム、リアルプレイスでの体験設計を重視したコンテンツに注目 〜「コンテンツファン消費行動調査 2016」より〜 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂2016年9月12日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:戸田裕一)との共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」(※1)は、毎年実施している全国調査「コンテンツファン消費行動調査」(※

第35回 アスリートイメージ評価調査2016年8月調査

「アスリートイメージ評価調査」リオ五輪直後特別編を実施。リオ五輪で感動したアスリートは内村航平、吉田沙保里、福原愛。~第35回 アスリートイメージ評価調査2016年8月調査より~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2016年9月13日 「アスリートイメージ評価調査」リオ五輪直後特別編を実施。リオ五輪で感動したアスリートは内村航平、吉田沙保里、福原愛。~第35回 アスリートイメージ評価調査2016年8月調査より~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博

第34回 アスリートイメージ評価調査2016年7月調査

活躍を期待するアスリートは内村航平、吉田沙保里、錦織圭。「アスリートイメージ評価調査」リオ五輪直前特別編を実施。~第34回 アスリートイメージ評価調査2016年7月調査より~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2016年7月27日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都港区 社長:加藤善彦)と共同で、

「メディア定点調査2016」時系列分析

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所「メディア定点調査2016」時系列分析より 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2016年6月20日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉川昌孝)は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査」を2006年から行っています。調査開始10年を迎えた本年は、時系列分析を実施し、メディア環境の10年間の変化を振り返りました。① メディア総接触時間は過去最大の393.8分。「携帯・スマ

第33回 アスリートイメージ評価調査2016年3月調査

華やかなアスリートは浅田真央、羽生結弦、本郷理華、宮原知子、ダルビッシュ有。~第33回 アスリートイメージ評価調査2016年3月調査より~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2016年3月29日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都港区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する

「アスリートイメージ評価調査」2015年総括特別編

「アスリートイメージ評価調査」2015年総括特別編 ~「2015年活躍した」アスリート1位は 五郎丸歩、浅田真央、 「来年活躍が期待できる」アスリート1位は 羽生結弦、浅田真央~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年12月21日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」~「コンテンツファン消費行動調査 2015」より~

コンテンツビジネスラボ「リーチ力・支出喚起力ランキング」〜「コンテンツファン消費行動調査 2015」より〜 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂2015年11月27日 リーチ力では、リバイバル系コンテンツが新たにランクイン、支出喚起力では、ライブ体験型消費の作品・アーティストが躍進株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:戸田裕一)との共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」(※1)は、毎年実施してい

第31回 アスリートイメージ評価調査 2015年10月調査

ラグビーワールドカップ2015の興味・関心度は倍増!「勢いを感じる」アスリートは、清宮幸太郎、錦織圭、オコエ瑠偉。~第31回 アスリートイメージ評価調査 2015年10月調査より~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年10月21日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)

TVCM×Facebook 動画広告のクロスメディア広告効果調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年8月5日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎、以下 博報堂DYメディアパートナーズ)は、Facebook Japan株式会社(本社:東京都港区、以下 Facebook)とTVCMとモバイル動画広告をかけ合わせることで、商品・サービスに関するコミュニケーション活動の効率を高める仕組みの構築を目指し、「TVCM×Facebook 動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行いました。 本調査では、Facebookの

「メディア定点調査2015」時系列分析

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年7月7日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査」を2006年より現在の調査設計で行っており、本年は時系列分析を実施しました。分析から見えてきた生活者のメディア接触の変化をご紹介致します。① メディア総接触時間は383.7分。「携帯・スマホ」「タブレット」でメディア総接触時間の1/4以上へ・1日あたりのメディア総接触時間は383.

第30回 アスリートイメージ評価調査 2015年6月調査

準優勝の「なでしこジャパン」に注目集まる、プロ野球「マツダオールスターゲーム2015」出場若手選手のパワーにも期待。~第30回 アスリートイメージ評価調査 2015年6月調査より~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年7月9日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共

第29回 アスリートイメージ評価調査 2015年3月調査

錦織圭選手の競技、「テニス」へのライブ観戦意向が躍進。 黒田博樹選手の日本球界復帰にも好感。 ~第29回 アスリートイメージ評価調査 2015年3月調査より~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2015年4月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合

アスリートランキングです。

「第28回アスリートイメージ評価調査」2014年総括特別編

今年最も活躍したアスリートは、ソチで活躍したアノ人? ~「第28回 アスリートイメージ評価調査」 2014年総括特別編株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年12月19日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「第28回アスリ

スマホとテレビの関係です。

Media Extension -ひろがる生活、ひろがるメディア-

生活者とメディアに関する新しいテーマとして「Media Extension -ひろがる生活、ひろがるメディア-」を発表 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年12月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、第11回メディア環境研究所フォーラム(2014年11月18日 東京都内で開催)において、生活者とメディアに関する新しいテーマとして「Media Extension –ひろがる生活、ひろがるメディア-」を発表いたしました。※

アスリートイメージ評価調査 2014年10月調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年10月27日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎)は、2014年10月8日から15日にかけて、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を行いました。■ 調査結果 ■ “錦織圭(敬称略、以下同)の全米オープン準優勝”の認知は94.7%と

70代調査です。

70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月12日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、東京・大阪在住の70代男女227名を対象にした、「70代 メディア・コンテンツ接触状況と暮らしの調査」を実施いたしました。第4弾となる今回は、東阪在住の70代の姿を明らかにするために、初めて大阪地区においても調査を実施いたしました。 また、好きなタレント* ・アスリートやコンテンツの接触状況を把握するために、 「メディア接触」「消費意識と行

TVCM×Yahoo! JAPANのインスクロール×YouTube InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月8日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎)は、TVCMとPC・スマートフォン・タブレットなどのオンライン動画広告をかけ合わせることで商品・サービスに関するコミュニケーション活動の効率を高くなる仕組みの構築を目指し、「TVCM× Yahoo! JAPANのインスクロール×InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行いました。本調査は、ヤフー株式会社の協力を得て2014年3月以降に実施さ

TVCM×YouTube InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月4日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:大森壽郎 以下 博報堂DYメディアパートナーズ)は、TVCMとPC・スマートフォン・タブレットなどのオンライン動画広告をかけ合わせることで商品・サービスに関するコミュニケーション活動の効率を高める仕組みの構築を目指し、「TVCM× InStream動画広告のクロスメディア広告効果調査」を行いました。本調査では、グーグル株式会社の協力を得て2013年4月以降に実施され

タイ・ベトナム・インドネシアでの調査です。

第1回 ASEAN メディア・コンテンツ調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年9月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、タイ・ベトナム・インドネシアの3カ国/各国500人を対象に、 「日本コンテンツファンの実態」「日本コンテンツに対するイメージ」「メディアの接触状況」などを含むメディア・コンテンツの環境を調査した「第1回 ASEAN メディア・コンテンツ調査」を実施いたしました。調査結果から、調査対象国における「日本コンテンツファン層」の平均年齢は30.3歳で

コンテンツファン消費行動調査 2014

コンテンツヒットのヒントは、”後から飛びつくヒットライダー層 1160万人”にあり ~コンテンツファン消費行動調査2014より~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂2014年8月22日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎)と株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:戸田裕一)の共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」(※1)は、全国調査「コンテンツファン消費行動調査」(※2)の2014年度版を実施いたしました。その調査結果から、ヒットす

博報堂の調査です。

コンテンツのリーチ力・支出喚起力ランキング

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ株式会社博報堂2014年8月6日 株式会社博報堂(本社:東京都港区、社長:戸田裕一)と株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、社長:大森壽郎)の共同研究プロジェクト「コンテンツビジネスラボ」は、毎年実施している全国調査「コンテンツファン消費行動調査」の2014年度版を実施し、そのデータをもとに全11カテゴリ・計714のコンテンツに関する、「リーチ力・支出喚起力ランキング」を算出いたしました。※「リーチ力」と「支出喚起力」は、企業のコンテンツ

テレビ視聴の類型です。

テレビ視聴実態調査2014

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年8月4日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川)に住む15歳~69歳の男女 1,200人について、テレビ視聴に関連する13のキーワード・76項目について、性・年齢別について調べた「テレビ視聴実態調査2014」を実施いたしました。本調査では、生活者のテレビを見る視聴態度やスマートフォンやタブレットPCなどのマルチスクリーンとの関わり、テレビ番組を知るきっかけ

都道府県を7グループに分けています。

全国47都道府県メディア接触分析

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年7月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区 所長:三神正樹)は、全国47都道府県に住む生活者の主要6メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・PCネット・携帯ネット)に対する接触状況を分析する「全国47都道府県メディア接触分析」を実施しました。メディア接触時間量やメディア評価などの視点から生活意識・関心などを分析した結果、全国47都道府県の生活者のメディア接触は、①アイランドマス、②テレビ・ラジエリアン、③

博報堂の調査です。

メディア定点調査2014

携帯・スマホの接触時間が、パソコンを上回る ~メディア環境研究所「メディア定点調査2014」 ~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年6月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:三神正樹)は、生活者のメディア接触の現状を調査・分析する「メディア定点調査2014」を実施いたしました。1、メディア接触時間は、テレビに続いて、携帯・スマホの順に東京地区の調査結果によると、生活者の1日あたりのメディア接触時間は、テレビ156.9分、携帯・ス

アスリートイメージ評価調査

「アスリートイメージ評価調査」を実施 ~FIFAワールドカップで活躍を期待するアスリートは?~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年6月3日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区社長:大森壽郎以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、2014年5月14日から21日にかけて、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリー

インターハイ出場高校生に関する意識調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年4月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、公益財団法人全国高等学校体育連盟と協働で、インターハイ出場高校生アスリートを対象に、「インターハイのイメージや出場しての感想」「普段の生活行動」などについて調べた、「インターハイ出場高校生アスリート意識調査」を実施いたしました。■調査結果解説(インターハイのイメージ)・【インターハイのイメージ】は「目標とする大会」が66.6

「アスリートイメージ評価調査」 2014年2月 ソチオリンピック特別編

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2014年3月6日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、 2014年2月20日から25日にかけて、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」 2月ソチオリンピック特別編を行いました。【注目の調査結果】「ソチ

2013年の総括編です。

「アスリートイメージ評価調査」2013年総括特別編

今年活躍したアスリートは? 「アスリートイメージ評価調査」 2013年総括特別編を発表 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2013年12月19日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎 以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」2013年総括特

メディアについての研究調査です。

調査データからひも解く“Media Experience”とは?

NEWSCONTENTSABOUT USJPEN

Flow、Stock、Social、Searchがキーワードです。

生活者のメディア体験実態に迫る

NEWSCONTENTSABOUT USJPEN

「アスリートイメージ評価調査」2013年8月

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2013年9月11日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎)は、株式会社博報堂DYスポーツ マーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を行いました。イメージ総合ランキング上位は、1位にイチロー(野球)、2位に浅田真央(フィギュアスケート)、 3位に本田圭佑(サッカー)、4位

「アスリートイメージ評価調査」2013年6月調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2013年7月4日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎)は、株式会社博報堂DYスポーツ マーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を行いました。「2014年FIFAワールドカップブラジル大会での期待選手」は、1位に香川真司、2位に本田圭佑、3位に長友佑都。「2014年FI

70代のデジタル機器、メディア利用、消費についての調査です。

70代のメディア接触と生活意識・消費行動に関する調査

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2013年7月2日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区 所長:吉田弘)は、東京の70代のメディア接触と生活意識・消費行動に関する調査を行いました。メディア接触についてはメディア環境研究所が行っているメディア定点調査2013(2013年6月10日発表)と同じ項目で調査を実施。70代はメディア接触に積極的で、マスメディアの接触時間が長く、PC・携帯などデジタルメディアも活用していることがわかりました。周囲から実年齢より若

メディア接触についての調査です。

メディア定点調査2013

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2013年6月10日  株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、生活者のメディア接触の現状を分析する「メディア定点調査2013」を実施しました。東京地区の調査結果によると、マス4媒体とインターネット2媒体(パソコン、スマートフォンを含む携帯電話)を合わせた1日のメディア接触時間は、5時間53分(週平均)と昨年とほぼ同数値となりました。1日のメディア接触時間は生活時間の中で飽和状態であると推定され、201

アスリートイメージ評価調査

博報堂DYメディアパートナーズ2013年3月27日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎)は、株式会社博報堂DYスポーツ マーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を行いました。「ソチ五輪で活躍を期待するアスリート・チーム・団体」は、1位に浅田真央(フィギュアスケート)、2位に髙梨沙羅(スキー<ジャンプ>)、3

「アスリートイメージ評価調査」2012年総括特別編

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年12月20日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区 社長:大森壽郎)は、株式会社博報堂DYスポーツ マーケティング(本社:東京都港区 社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区 社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を行いました。今回は2012年総括特別編として調査を行っています。「2012年に活躍した」男性アスリートは、1位に内村航平(体操)、2位に

提言型レポート。楽・視・場・直・定・伴・公・裏が新・スマート八景とのことです。

「スマート・マス」の台頭により生まれる8つの新しい生活シーン「新・スマート八景」

博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所、 スマートデバイスの急速な普及に伴い登場した新しい生活者を「スマート・マス」と名付け、 「スマート・マス」の台頭により生まれる近未来の生活シーン「新・スマート八景」を発表 博報堂DYメディアパートナーズ2012年12月11日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、スマートデバイスの急速な普及に伴い登場した新しい生活者像を「スマート・マス」と名付け、「スマート・マス」の台頭により生まれる8

高校生を対象としたスマートフォンの所有・利用についての調査です。

スマートティーン調査報告

スマホ所有の高校生、4人に1人が『初めて買った携帯電話がスマホ』と回答 ~博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所 「スマートティーン調査報告」~ 博報堂DYメディアパートナーズ2012年12月10日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、全国の高校生を対象に、スマートフォンの使用やメディア接触状況を調査した「スマートティーン調査報告」を発表します。調査結果から、高校生にスマートフォンが急速に普及しており、ソーシャルメディアの浸

都道府県別の主要6メディア接触状況を5つのクラスターに分けて分析しています。

全国47都道府県メディア接触分析

全国のメディア接触パターンは5通り。ネット利用が多い東京。ラジオ利用が多い沖縄。 ~博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所 「全国47都道府県メディア接触分析」~ 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年11月27日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘)は、全国47都道府県に住む生活者の主要6メディア(テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・PCネット・携帯ネット)に対する接触状況を分析する「全国47都道府県メディア接触分析」を行い

非常に珍しいテーマの調査です。

元ヤン・元ギャル男女の「メディア・生活実態調査」

元ヤン・元ギャル男女の「メディア・生活実態調査」を実施 ~「リアル・シンプル・リーズナブル」なライフスタイル~ 博報堂DYメディアパートナーズ2012年8月28日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所(本社:東京都港区、所長:吉田弘、以下メディア環境研究所)は、自称元ヤン・元ギャルを対象に、消費行動・メディア行動の実態を把握する「元ヤン・元ギャル男女メディア・生活実態調査」を実施しました。この調査は、メディア環境研究所では数値としてあまり捕捉されていなかった、「元ヤン・元ギャ

オリンピックの直前調査です。

「アスリートイメージ評価調査」ロンドンオリンピック直前特別編

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年7月19日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区社長:大森壽郎)は、株式会社博報堂DYスポーツマーケティング(本社:東京都港区社長:豊田真嗣)、データスタジアム株式会社(本社:東京都世田谷区社長:加藤善彦)と共同で、アスリートの総合的なイメージを測定する「アスリートイメージ評価調査」を行いました。今回はロンドンオリンピック特別編としての項目も加えて調査を行っています。今回の調査での「ロンドンオリンピックで活躍を期待するアスリート

首都圏では80.8%がPC、37.2%が携帯を所有しているそうです。

小学生のメディア接触や生活実態に関する調査

小学生の8割強がパソコンを利用。高学年女子の携帯電話所有率は6割。~小学生のメディア行動に関する調査報告~ 博報堂DYメディアパートナーズ2012年7月25日 株式会社博報堂DYメディアパートナーズメディア環境研究所(東京都港区、所長:吉田弘、以下メディア環境研究所)は、1都3県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)の小学生のメディア接触や生活実態に関する調査を行いました。今回の調査で、小学生のパソコンや携帯電話の利用の低年齢化が一層進み、小学生の8割強がパソコンを利用し、約4割が携帯電話を所有し

70代にフォーカスした調査です。

70代のメディア接触と消費行動に関する調査報告

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ2012年6月5日 博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区社長:大森壽郎以下博報堂DYメディアパートナーズ)は、昨年度に引き続き、首都圏に住む70代のメディア接触と消費行動に関する調査を行い、70代は現役世代と比べて自由な時間とお金を持ち、質にこだわり楽しみながら買い物をすることがわかりました。ラジオ、テレビなどの登場と共に人生を送ってきたと言っても過言ではない彼らはマスメディアによく接触し、消費行動にも強い影響を受けている様子が伺えます。また、マ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

特集データ

特集INDEXへ

お知らせ