「国土交通省」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月17日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成29年1月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成29年1月分・確報) 平成29年3月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成29年1月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきましても

2017年3月10日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

平成28年航空輸送統計(暦年)の概況

平成28年航空輸送統計(暦年)の概況について 平成29年3月3日(要 旨)1.国内定期航空輸送実績平成28年における国内定期航空輸送の旅客数は、幹線が4,185万人で対前年比1.3%増、ローカル線が5,535万人で対前年比1.4%増、全体として9,720万人で対前年比1.4%増であり、全体としては平成24年以降増加傾向にある。また、貨物重量は、幹線が67万186トンで対前年比1.0%減、ローカル線が23万4,689トンで対前年比3.1%減と共に減少しており、全体として90万4,876トンで対前

2017年3月9日国土交通省★フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年12月第2次速報、平成29年1月第1次速報、平成28年・年間値(速報値))

宿泊旅行統計調査(平成28年12月第2次速報、平成29年1月第1次速報、平成28年・年間値(速報値)) 最終更新日:2017年3月3日宿泊旅行統計調査の平成28年12月の調査結果(第2次速報値)、平成29年1月の調査結果(第1次速報値)及び平成28年年間値(速報値)を取りまとめました。 平成28年12月の調査結果(第2次速報値)、平成29年1月の調査結果(第1次速報値) 〇平成28年12月の延べ宿泊者数(全体)は、3,935万人泊で、前年同月比-1.6%であった。また、平成29年1月の延べ宿泊

2017年3月7日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年1月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成29年1月分)について 平成29年2月28日民間工事は、不動産業、卸売業,小売業、製造業等が増加したため、対前年同月比18.6%増加し、 4ヶ月連続で増加した。 総計は、同1.1%増加し、2ヶ月連続で増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをク

2017年3月5日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成29年1月分)

平成29年2月28日1月の新設住宅着工は,持家は減少したが,貸家及び分譲住宅が増加したため,全体で前年同月比12.8%の増加となった。また,季節調整済年率換算値では前月比8.4%の増加となった。(参考)(PDF 平成29年1月の住宅着工の動向について ファイル 189KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると,店舗は減少したが,事務所,工場及び倉庫が増加したため,全体で増加となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。 また、掲

2017年3月5日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

航空輸送統計速報(平成28年12月分)

平成29年2月28日「航空輸送統計速報」は、航空機による旅客輸送量、貨物輸送量、燃料消費量及び航空機使用事業等の稼動実績を把握するために実施している「航空輸送統計調査」の調査結果の速報値である。なお、本統計調査における調査対象事業者は、国内の航空運送事業者及び航空機使用事業者のみである。【交通関係統計等資料ホームページ】 国土交通省総合政策局情報政策課交通経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28743) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Ac

2017年3月5日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成29年1月分・速報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成29年1月分・速報) 平成29年2月28日「建設工事受注動態統計調査」は、平成12年度から開始した統計で、毎月10日前後に前々月の結果を確報として公表してきましたが、平成14年度より利用者の便宜を図るために、速報として「受注高」の概要を公表することと致しました。 速報値は、後日公表される確報値とは一致しない場合もありますので、利用にあたってはご注意ください。平成25年度4月分より新しい推計方法による値を公表しています。詳細についてはこちらをご覧下さい。 国土

2017年3月5日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

共通基準による都道府県の観光入込客統計 2月末現在の取りまとめ状況

共通基準による都道府県の観光入込客統計 2月末現在の取りまとめ状況 最終更新日:2017年2月28日共通基準による都道府県の観光入込客統計の集計結果について、2月末現在の取りまとめ状況をお知らせします。 ※「観光入込客統計に関する共通基準」及び集計結果の詳細は、観光庁ホームページ「共通基準による観光入込客統計」に掲載しています。 観光庁 観光戦略課 調査室代表 03-5253-8111(内線27-217、27-215) FAX 03-5253-1563 観光庁 [アクセス・地図]住所:〒1

2017年3月5日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成29年2月1~5日現在>

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成29年2月1~5日現在> 平成29年2月27日○ 本調査結果は、平成29年2月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】 異形棒鋼、H形鋼、石油は、“やや上昇”。その他の資材は、“横ばい”。【需給動向】 全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】 全ての資材が、“普通”。○ 被災3県における建設資材の動

2017年3月3日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成29年1月調査)

建設労働需給調査結果(平成29年1月調査)について 平成29年2月27日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成29年1月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、12月は1.2%の不足、1月は0.7%の不足となり0.5ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、12月は1.3%の不足、1月は1.1%の不足となり0.2ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び東北地域

2017年2月23日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設総合統計(平成28年12月分)

平成29年2月17日建設総合統計は、国内の建設活動を出来高ベースで把握することを目的とした加工統計です。建築着工統計調査及び建設工事受注動態統計調査から得られる工事費額を、着工ベースの金額として捉え、これらを工事の進捗に合わせた月次の出来高に展開し、月毎の建設工事出来高として推計しています。建設総合統計の平成28年12月分を、別添資料にてお知らせします。【お知らせ】建設総合統計では、基礎データとして建築着工統計も使用していますが、建築着工統計の修正(平成28年12月21日付け[「建築着工統計調査

2017年2月21日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査平成28年10-12月期(速報)

旅行・観光消費動向調査平成28年10-12月期(速報) 最終更新日:2017年2月15日旅行・観光消費動向調査平成28年10-12月期(速報)の調査結果を取りまとめました。〇日本人国内旅行消費額は4兆9,518億円で、前年同期比1.6%減。 〇日本人国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は3兆7,197億円で、前年同期比4.6%減、日帰り旅行消費額は1兆2,321億円で前年同期比8.7%増となった。 〇日本人国内延べ旅行者数は1億4,638万人(前年同期比1.7%増)となり、うち宿泊旅行が7,48

2017年2月19日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年計分)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年計分) 平成29年2月10日 「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年計分の調査結果をまとめたものとなります。平成28年計分につきましても

2017年2月19日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

造船統計速報(平成28年12月)

平成29年2月9日「造船統計速報」は、我が国における船舶の生産実態の早期把握に資するため、「造船造機統計調査」の調査結果のうち、造船主要54工場の生産実績について先に取りまとめたものである。【交通関係統計等資料ホームページ】 国土交通省総合政策局情報政策課交通経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28742) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Read

2017年2月13日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

建築物防災週間において行った各種調査結果の公表について

建築物防災週間において行った各種調査結果の公表について 平成29年1月31日 国土交通省では、建築物防災週間(平成28年度秋期:平成28年8月30日から9月5日)において実施した建築物に関する以下の調査について、別添のとおり、調査結果を取りまとめましたので、お知らせいたします。1.既存建築物における外壁材の落下防止対策に関する調査結果について2.既存建築物における広告板の落下防止対策に関する調査結果について建築物防災週間は、火災、地震、がけ崩れ等による建築物の被害や人的被害を防止し、安心して生

2017年2月12日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年11月・第2次速報、平成28年12月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成28年11月・第2次速報、平成28年12月・第1次速報) 最終更新日:2017年1月31日宿泊旅行統計調査の平成28年11月の調査結果(第2次速報値)、12月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ○平成28年11月の延べ宿泊者数(全体)は、3,992万人泊で、前年同月比-3.8%であった。また、平成28年12月の延べ宿泊者数(全体)は4,098万人泊で、前年同月比+2.5%であった。○日本人延べ宿泊者数は、11月は、前年同月比-3.7%、12月は前年同月比+2.0

2017年2月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成28年12月分)

平成29年1月31日12月の新設住宅着工は,持家,貸家及び分譲住宅が増加したため,全体で前年同月比3.9%の増加となった。また,季節調整済年率換算値では前月比3.2%の減少となった。(参考)(PDF 平成28年12月の住宅着工の動向について ファイル 190KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると,工場は減少したが,事務所,店舗及び倉庫が増加したため,全体で増加となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。 また、掲載内容につ

2017年2月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成28年計分)

平成29年1月31日平成28年の新設住宅着工は,持家,貸家及び分譲住宅が増加したため,全体で増加となった。(民間非居住建築物)前年と比較すると,事務所,店舗及び工場が減少したが,倉庫が増加したため,全体で増加となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。以前まで掲載しておりました時系列表については新たにページを設けましたので、詳しくは下記リンクよりご確認下さい。国土交通省総合政策局 情報政策課 建設経済統計調査室  TEL:(03

2017年2月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年12月分・速報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年12月分・速報) 平成29年1月31日「建設工事受注動態統計調査」は、平成12年度から開始した統計で、毎月10日前後に前々月の結果を確報として公表してきましたが、平成14年度より利用者の便宜を図るために、速報として「受注高」の概要を公表することと致しました。 速報値は、後日公表される確報値とは一致しない場合もありますので、利用にあたってはご注意ください。平成25年度4月分より新しい推計方法による値を公表しています。詳細についてはこちらをご覧下さい。 国

2017年2月12日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

共通基準による都道府県の観光入込客統計 1月末現在の取りまとめ状況

共通基準による都道府県の観光入込客統計 1月末現在の取りまとめ状況 最終更新日:2017年1月31日共通基準による都道府県の観光入込客統計の集計結果について、1月末現在の取りまとめ状況をお知らせします。 ※「観光入込客統計に関する共通基準」及び集計結果の詳細は、観光庁ホームページ「共通基準による観光入込客統計」に掲載しています。 観光庁 観光戦略課 調査室代表 03-5253-8111(内線27-217、27-215) FAX 03-5253-1563 観光庁 [アクセス・地図]住所:〒1

2017年2月7日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成28年12月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年12月調査)について 平成29年1月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年12月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、11月は1.3%の不足、12月は1.2%の不足となり0.1ポイント不足幅が縮小した。〇東北地域の8職種の過不足率は、11月は2.0%の不足、12月は1.3%の不足となり0.7ポイント不足幅が縮小した。〇8職種の今後の労働者の確保に関する見通しについては、全国及び

2017年2月5日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成29年1月1~5日現在>

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成29年1月1~5日現在> 平成29年1月25日○ 本調査結果は、平成29年1月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】 異形棒鋼、H形鋼、石油は、“やや上昇”。その他の資材は、“横ばい”。【需給動向】 全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】 全ての資材が、“普通”。○ 被災3県における建設資材の動

2017年1月28日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設総合統計(平成28年11月分)

平成29年1月19日建設総合統計は、国内の建設活動を出来高ベースで把握することを目的とした加工統計です。建築着工統計調査及び建設工事受注動態統計調査から得られる工事費額を、着工ベースの金額として捉え、これらを工事の進捗に合わせた月次の出来高に展開し、月毎の建設工事出来高として推計しています。建設総合統計の平成28年11月分を、別添資料にてお知らせします。【お知らせ】平成28年12月21日付け[「建築着工統計調査報告」の修正について]により過去の数値が修正されることになりました。建設総合統計におい

2017年1月26日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人消費動向調査平成28年10-12月期結果(速報)及び平成28年年間値(速報)

訪日外国人消費動向調査平成28年10-12月期結果(速報)及び平成28年年間値(速報) ~平成28年は、前年比7.8%増で過去最高となる3兆7,476億円~ 最終更新日:2017年1月17日<平成28年10-12月期(速報)> 〇 平成28年10-12月の訪日外国人旅行消費額(速報)は8,922億円(前年同期比1.3%増)で、10-12月期の過去最高となった。 〇 訪日外国人旅行者1人当たり旅行支出(速報)は14万7,175円(前年同期比12.2%減)となった。<平成28年年間値(速報)> 〇

2017年1月18日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

造船統計速報(平成28年11月分)

平成29年1月13日「造船統計速報」は、我が国における船舶の生産実態の早期把握に資するため、「造船造機統計調査」の調査結果のうち、造船主要54工場の生産実績について先に取りまとめたものである。【交通関係統計等資料ホームページ】 国土交通省総合政策局情報政策課交通経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28742) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Rea

2017年1月17日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年11月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年11月分・確報) 平成29年1月12日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年11月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまし

2017年1月14日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

年末年始における高速道路・国道の交通状況(速報)【全国版】

年末年始における高速道路・国道の交通状況(速報)【全国版】 平成29年1月5日平成28年12月28日(水)~平成29年1月4日(水):8日間※比較対象は昨年の平成27年12月28日(月)~平成28年1月4日(月):8日間  ○ 年末の交通量が昨年と比べ増加したことから、期間中の交通量は約3%増加○ 10km以上の渋滞回数は昨年と比べ増加したが、30km以上の渋滞回数は減少 (1)期間中の交通量全国の高速道路の主な区間(6~7ページの合計40区間の単純平均)(2)混雑状況渋滞回数(10km以

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築物リフォーム・リニューアル調査(平成28年度上半期受注分)

建築物リフォーム・リニューアル調査(平成28年度上半期受注分) 平成28年12月27日 国土交通省では、リフォーム・リニューアル工事の市場規模及び動向の把握を目的として、平成20年度より、建築物リフォーム・リニューアル調査を実施しています。このたび、平成28年度上半期に受注された建築物リフォーム・リニューアル工事について、建設業許可業者5000者に対し調査を実施しましたので、結果を公表します。なお、近年のストック重視型社会・環境配慮型社会の実現に向けた社会経済状況の変化による統計需要への対応か

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

年末年始における高速道路・国道の交通状況(速報)【全国版】

年末年始における高速道路・国道の交通状況(速報)【全国版】 平成29年1月5日平成28年12月28日(水)~平成29年1月4日(水):8日間※比較対象は昨年の平成27年12月28日(月)~平成28年1月4日(月):8日間  ○ 年末の交通量が昨年と比べ増加したことから、期間中の交通量は約3%増加○ 10km以上の渋滞回数は昨年と比べ増加したが、30km以上の渋滞回数は減少 (1)期間中の交通量全国の高速道路の主な区間(6~7ページの合計40区間の単純平均)(2)混雑状況渋滞回数(10km以

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

宿泊旅行統計調査(平成28年10月・第2次速報、平成28年11月・第1次速報)

宿泊旅行統計調査(平成28年10月・第2次速報、平成28年11月・第1次速報) 最終更新日:2016年12月27日宿泊旅行統計調査の平成28年10月の調査結果(第2次速報値)、11月の調査結果(第1次速報値)を取りまとめました。 ○平成28年10月の延べ宿泊者数(全体)は、4,324万人泊で、前年同月比-3.7%であった。また、平成28年11月の延べ宿泊者数(全体)は4,130万人泊で、前年同月比-0.5%であった。○日本人延べ宿泊者数は、10月は、前年同月比-3.9%、11月は前年同月比-0.

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成28年11月分)

平成28年12月27日11月の新設住宅着工は,分譲住宅は減少したが,持家及び貸家が増加したため,全体で前年同月比6.7%の増加となった。また,季節調整済年率換算値では前月比4.2%の減少となった。(参考)(PDF 平成28年11月の住宅着工の動向について ファイル 181KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると,事務所は減少したが,店舗,工場及び倉庫が増加したため,全体で増加となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。 また

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

共通基準による都道府県の観光入込客統計 12月末現在の取りまとめ状況

共通基準による都道府県の観光入込客統計 12月末現在の取りまとめ状況 最終更新日:2016年12月27日共通基準による都道府県の観光入込客統計の集計結果について、12月末現在の取りまとめ状況をお知らせします。 ※「観光入込客統計に関する共通基準」及び集計結果の詳細は、観光庁ホームページ「共通基準による観光入込客統計」に掲載しています。 観光庁 観光戦略課 調査室代表 03-5253-8111(内線27-217、27-215) FAX 03-5253-1563 観光庁 [アクセス・地図]住所

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成28年度下請取引等実態調査

平成28年12月27日平成28年度下請取引等実態調査の結果~是正指導対象項目の約8割において適正回答率が昨年度より増加~国土交通省及び中小企業庁では、建設業法(昭和24年法律第100号)第31条第1項及び第42条の2第1項の規定に基づき、建設工事における下請取引の適正化を図るため、下請取引等実態調査を毎年実施しています。今般、平成28年度調査の結果をとりまとめました。 1.調査の概要・調査対象業者:14,098者(うち回収業者数:12,184者、回収率86.4%)・調査方法:郵送による書面調

2017年1月13日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成28年12月1~5日現在>

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成28年12月1~5日現在> 平成28年12月27日○ 本調査結果は、平成28年12月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】 異形棒鋼、H形鋼、石油は、“やや上昇”。その他の資材は、“横ばい”。【需給動向】 全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】 全ての資材が、“普通”。○ 被災3県における建設資

2017年1月12日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

平成27年度全国都市交通特性調査(速報版)

外出する人が調査開始以来最低に~平成27年度全国都市交通特性調査(速報版)の公表について~ 平成28年12月26日 「全国都市交通特性調査」では、人々がどのような目的で、どのような交通手段を利用して移動しているかなど都市における人の動きを概ね5年に1度調査しています。平成27年度に実施した調査では、調査日に外出した人の割合や一日に移動した回数のいずれも昭和62年の調査開始以来最低の値となったことや三大都市圏では公共交通の利用率が増加していることなどが分かりました。 (1) 都市における人の動

2017年1月12日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

航空輸送統計速報(平成28年10月分)

平成28年12月28日「航空輸送統計速報」は、航空機による旅客輸送量、貨物輸送量、燃料消費量及び航空機使用事業等の稼動実績を把握するために実施している「航空輸送統計調査」の調査結果の速報値である。なお、本統計調査における調査対象事業者は、国内の航空運送事業者及び航空機使用事業者のみである。【交通関係統計等資料ホームページ】 国土交通省総合政策局情報政策課交通経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28743) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe A

2016年12月26日国土交通省★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設総合統計(平成28年10月分)

平成28年12月16日建設総合統計は、国内の建設活動を出来高ベースで把握することを目的とした加工統計です。 建築着工統計調査及び建設工事受注動態統計調査から得られる工事費額を、着工ベースの金額として捉え、 これらを工事の進捗に合わせた月次の出来高に展開し、月毎の建設工事出来高として推計しています。 建設総合統計の平成28年10月分を、別添資料にてお知らせします。 国土交通省総合政策局 情報政策課 建設経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28611,28612) P

2016年12月19日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・確報) 平成28年12月9日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年10月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまし

2016年12月19日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

造船統計速報(平成28年10月)

平成28年12月9日「造船統計速報」は、我が国における船舶の生産実態の早期把握に資するため、「造船造機統計調査」の調査結果のうち、造船主要54工場の生産実績について先に取りまとめたものである。【交通関係統計等資料ホームページ】 国土交通省総合政策局情報政策課交通経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28742) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Rea

2016年12月13日国土交通省フィードバック数:0社会/政治

第10回全国貨物純流動調査(物流センサス)の調査結果(速報)

第10回全国貨物純流動調査(物流センサス)の調査結果(速報)について ~我が国における貨物の流動状況について速報結果を公表します~ 平成28年12月2日「全国貨物純流動調査(通称:物流センサス)」は、貨物の出発地点から積み替えを経て到着地点までの流動(純流動)を把握するため、荷主側(鉱業、製造業、卸売業及び倉庫業の4産業)から貨物の動きを捉えた統計調査として、昭和45(1970)年以来5年ごとに実施してきました。今般、平成27(2015)年に実施した第10回全国貨物純流動調査の速報結果について

2016年12月12日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年10月分)

建設工事受注動態統計調査(大手50社 平成28年10月分)について 平成28年11月30日民間工事は、サービス業、卸売業,小売業、不動産業等が増加したため、対前年同月比24.4%増加し、 先月の減少から再び増加した。 総計は、同15.2%増加し、3ヶ月連続で増加した。 国土交通省総合政策局情報政策課建設経済統計調査室  TEL:03-5253-8111 (内線28-611、28-613) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。

2016年12月10日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・速報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年10月分・速報) 平成28年11月30日「建設工事受注動態統計調査」は、平成12年度から開始した統計で、毎月10日前後に前々月の結果を確報として公表してきましたが、平成14年度より利用者の便宜を図るために、速報として「受注高」の概要を公表することと致しました。 速報値は、後日公表される確報値とは一致しない場合もありますので、利用にあたってはご注意ください。平成25年度4月分より新しい推計方法による値を公表しています。詳細についてはこちらをご覧下さい。

2016年12月10日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

航空輸送統計速報(平成28年9月分)

平成28年11月30日「航空輸送統計速報」は、航空機による旅客輸送量、貨物輸送量、燃料消費量及び航空機使用事業等の稼動実績を把握するために実施している「航空輸送統計調査」の調査結果の速報値である。なお、本統計調査における調査対象事業者は、国内の航空運送事業者及び航空機使用事業者のみである。【交通関係統計等資料ホームページ】 国土交通省総合政策局情報政策課交通経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28743) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe A

2016年12月10日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建築着工統計調査報告(平成28年10月分)

2016年11月30日10月の新設住宅着工は,持家,貸家及び分譲住宅が増加したため,全体で前年同月比13.7%の増加となった。また,季節調整済年率換算値では前月比0.1%の減少となった。(参考)(PDF 平成28年10月の住宅着工の動向について ファイル 171KB)(民間非居住建築物)前年同月と比較すると,店舗,工場は増加したが,事務所,倉庫が減少したため,全体で減少となった。 結果表を政府統計の総合窓口(e-stat)に掲載しています。詳しくは、下記リンクよりご確認下さい。 また、掲載内容に

2016年12月6日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成28年11月1~5日現在>

主要建設資材需給・価格動向調査結果 <建設資材モニター調査:平成28年11月1~5日現在> 平成28年11月25日○ 本調査結果は、平成28年11月1~5日に調査を行ったものです。○ 本調査では、生コン、鋼材、木材など7資材13品目について、価格、需給、在庫等の動向を調査しています。○ 全国における建設資材の動向【価格動向】 石油は、“やや上昇”。その他の資材は、“横ばい”。【需給動向】 全ての資材が、“均衡”。【在庫状況】 全ての資材が、“普通”。○ 被災3県における建設資材の動向【価格動向

2016年12月6日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設労働需給調査結果(平成28年10月調査)

建設労働需給調査結果(平成28年10月調査)について 平成28年11月25日【調査結果のポイント】〇本調査結果は、平成28年10月10日~20日までの間の1日(日曜、休日を除く)を調査対象日として調査している。〇全国の8職種の過不足率は、9月は0.9%の不足、10月は1.3%の不足となり0.4ポイント不足幅が拡大した。 ※不足幅の拡大理由として、北海道地域の8職種の過不足率が、9.3%と前年同月(1.3%)と比べて大きく上昇していることがあり、その要因として、平成28年台風10号等に係る被害に

2016年11月28日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設総合統計(平成28年9月分)

平成28年11月17日建設総合統計は、国内の建設活動を出来高ベースで把握することを目的とした加工統計です。建築着工統計調査及び建設工事受注動態統計調査から得られる工事費額を、着工ベースの金額として捉え、これらを工事の進捗に合わせた月次の出来高に展開し、月毎の建設工事出来高として推計しています。建設総合統計の平成28年9月分を、別添資料にてお知らせします。 国土交通省総合政策局 情報政策課 建設経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28-611、28-612) PDF

2016年11月25日国土交通省フィードバック数:0大型消費/投資

旅行・観光消費動向調査平成28年7-9月期(速報)

旅行・観光消費動向調査平成28年7-9月期(速報) 最終更新日:2016年11月16日旅行・観光消費動向調査平成28年7-9月期(速報)の調査結果を取りまとめました。〇 日本人国内旅行消費額は6兆2,065億円で、前年同期比5.0%増。〇日本人国内旅行消費額のうち、宿泊旅行消費額は4兆8,808億円で、前年同期比2.7%増、日帰り旅行消費額は1兆3,258億円で前年同期比14.1%増となった。 〇日本人国内延べ旅行者数は1億8,319万人(前年同期比5.6%増)となり、うち宿泊旅行が9,610万

2016年11月22日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

造船統計速報(平成28年9月)

2016/11/10「造船統計速報」は、我が国における船舶の生産実態の早期把握に資するため、「造船造機統計調査」の調査結果のうち、造船主要54工場の生産実績について先に取りまとめたものである。【交通関係統計等資料ホームページ】 国土交通省総合政策局情報政策課交通経済統計調査室  TEL:(03)5253-8111 (内線28742) PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。左のアイコンをクリックしてAdobe Acrobat Rea

2016年11月16日国土交通省フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年9月分・確報)

建設工事受注動態統計調査報告(平成28年9月分・確報) 平成28年11月10日「建設工事受注動態統計調査」は、我が国の建設業者の建設工事受注動向及び公共機関・民間等からの毎月の受注額を発注者別、業種別、工事種類別、地域別に 詳細を把握することにより、建設行政等のための基礎資料を得ることを目的としています。本統計調査は、建設業許可業者(約47万業者)の中から、約1万2千 業者を対象にして毎月行っている統計調査であり、本報告は、平成28年9月分の調査結果をまとめたものとなります。今月分につきまして

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ