調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 国土技術政策総合研究所

「国土技術政策総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

国土交通省国土技術政策総合研究所 緑化生態研究室報告書 第29集

国土交通省国土技術政策総合研究所緑化生態研究室報告書 第29集 平成25 年度に緑化生態研究室が実施した、以下のテーマに基づく研究の成果報告である。・地球温暖化対策に関する研究・樹木の管理と更新に関する研究・生物多様性の確保に関する研究・良好な景観の形成に関する研究・公共空間の分析と計画に関する研究

プローブデータに関する日米共同研究 評価報告書

プローブデータに関する日米共同研究 評価報告書  本資料は、国土交通省道路局と米国運輸省研究・革新技術庁との間で締結した協力覚書に基づいて実施した、プローブデータに関する日米共同研究の成果をとりまとめたものである。 第7章プローブデータを活用するアプリケーション候補リスト 第8章プローブデータを活用した優先アプリケーション 第9章アプリケーションの技術的実現性の評価と配備に関する

東日本大震災の被害調査です。

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による道路橋等の被害調査報告

平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による道路橋等の被害調査報告  22011 年3 月11 日に発生した東北地方太平洋沖地震では,地震の揺れ及び地震後に発生した津波の影響により,道路橋をはじめとした道路施設にも広い範囲で被害が発生した。また,2011 年4 月7 日のマグニチュード7.2 の余震をはじめとする規模の大きな余震も発生し,被害の拡大や新たな被害も生じた。本報告書は,国土技術政策総合研究所及び土木研究所が実施した道路橋(195 橋)、カルバート等(13 箇所)に対する地震

筑波研究学園都市の現状と諸課題にみる都市形成過程上の問題

筑波研究学園都市の現状と諸課題にみる都市形成過程上の問題  筑波研究学園都市の形成過程を3 期に分け、それぞれの時期における都市形成上の課題となった点を考察し、分散型都市として成長したことを示した。調査は関連する諸機関の担当者へのヒアリング調査と収集資料の分析を主体に進めた。なお、関西文化学術研究都市の概略を参考として対比した。

台風1330号にともなう高潮等によるフィリピンの港湾およびその周辺地域における被害調査報告

台風1330号にともなう高潮等によるフィリピンの港湾およびその周辺地域における被害調査報告  2013年11月8日午前,台風1330号(アジア名:Haiyan,フィリピン名:Yolanda)は,フィリピンの中東部に位置するレイテ湾を中心気圧895hPaという歴史的にも猛烈な勢力を保って西進し,それに伴い発生した高潮は湾の北端に位置するタクロバンの街を襲った.しかし,この台風1330号による高潮や波浪を捉えた観測データはほとんどない.そのため,国土技術政策総合研究所および港湾空港技術研究所では

道路や橋梁関連の統計のまとめです。

国総研資料 第822号 平成25年度道路構造物に関する基本データ集

平成25年度道路構造物に関する基本データ集  本資料は,道路局においてとりまとめられている「道路統計年報2013」(平成24年4月1日現在における道路,橋梁及びトンネルの現況)及びその元データである「道路施設現況調査」,並びに8地方整備局で行われている橋梁の定期点検結果を統計処理してとりまとめたものである.

平成25年度 道路調査費等年度報告

本報告は、国土技術政策総合研究所において平成25 年度に実施した道路調査費、地域連携推進事業費に関する調査・研究の結果をとりまとめたものである。 道路交通研究部,道路構造物研究部,防災メンテナンス基盤研究センター

63ページあるレポートです。

世界のコンテナ船動静及びコンテナ貨物流動分析(2014)

世界のコンテナ船動静及びコンテナ貨物流動分析(2014)  本資料は,全世界のフルコンテナ船の動静及びコンテナ貨物流動について,最新のデータの整理を行 うと共に,我が国を取り巻く状況変化についての分析を行い,もって,国際海上コンテナ輸送に関する我が国の港湾政策の企画・立案に資することを目的としたものである.具体的には,船舶動静についてはLloyd’s データ等を用い,フルコンテナ船の船舶諸元や寄港実績等に関する経年的な分析を実施した.一方コンテナ貨物流動については,アメリカ−東アジア間のコン

宮古湾における底泥およびアマモのモニタリング結果(2013年10月)

宮古湾における底泥およびアマモのモニタリング結果(2013年10月)  東北地方太平洋沖地震に伴って発生した津波によって, 甚大な影響を受けた宮古湾のアマモ場の復元を目指し,著者らはアマモおよび底泥の復元過程の調査を継続実施している.2012 年2月に実施した第1回調査によって,宮古湾湾奥はアマモ復元の視点で底質条件により,3つの水域(Z1,Z2,Z3)に分けられた.Z1:現状でもアマモ生育に適した水域,Z2:現状ではシルト成分が適性よりも多い底泥の水域,およびZ3:粗砂・礫成分が適性よりも

AISを活用した北極海航路航行実態に関する詳細分析

AISを活用した北極海航路航行実態に関する詳細分析  近年の海氷面積の減少により,夏期における航行可能時期が拡大したことで,北極海航路の商業利用への期待が高まっている.しかし,北極海航路の航行においては航行安全の確保や速度低下が懸念される海氷中の航行が依然として不可避であるなど課題も多く,今後の商業的利用のためには,まず航行可能速度や航行ルート,砕氷船エスコート状況等の航行実態を把握することが不可欠であると考えられる.以上の状況を踏まえ,本研究では,今後の北極海航路の利用可能性評価に寄与する

犠牲量モデルによる国際フェリー・RORO船輸送の貨物流動推計

犠牲量モデルによる国際フェリー・RORO船輸送の貨物流動推計  アジア経済とのつながりが益々深まり,国際海上コンテナ輸送に比べて,より高速で効率的な輸送が可能な国際フェリー・RORO 船による輸送へのニーズも高まっている.我が国と近隣の中国や韓国等との間では,国際フェリー・RORO 船による航路の開設や航路ネットワークの拡充なども相次いでいるほか,韓国と中国,日本と韓国との間においては,貨物を積載したシャーシが港湾での積み替え無しに両国の国内輸送もできるシャーシの相互通行が,まだ一部の航路や

海岸における海洋プラスチックの滞留時間の計測と海岸清掃への応用に関する研究

海岸における海洋プラスチックの滞留時間の計測と海岸清掃への応用に関する研究  海岸における海洋プラスチックの滞留時間を把握することは,海洋プラスチック起因の環境リスクを評価し,効果的な海岸清掃を講じる上で,必要不可欠である.本研究では,海洋プラスチック起因の環境リスク評価に向けた第一歩として,東京都新島村和田浜海岸においてプラスチック製の漁業フロートの平均滞留時間の計測及びその決定要因の一つである再漂流過程の物理メカニズムの解明を行った.さらに,平均滞留時間を用いた海岸清掃効果の評価手法を提

交通事故の要因分析・対策立案に関する技術資料

交通事故の要因分析・対策立案に関する技術資料  本資料は,事故要因に対応した的確な交通安全対策の立案を支援することを目的として,事故対策データベースに蓄積された事故危険箇所等における事故要因の分析,事故対策の事例を収集し,事故類型毎に,事故要因ならびにそれに対応した事故対策について分析し,その結果をとりまとめたものである.

路線別国際航空旅客数の推定方法

本研究は,国際民間航空機関の統計であるOn-Flight Origin/Destination Statisticsの都市圏間の有償旅客数及びTraffic by Flight Stageの都市圏間のロードファクター並びにRDC Aviation社のデータベースであるCapstatsの提供座席数を相互に補完して,路線別国際航空旅客数を推定する方法を示したものである.推定した路線別国際航空旅客数を発着都市圏毎に合算し,これと国際線空港利用客数の実績値と比較することにより,方法の有効性について検討し

空港でのトランジットについてのデータです。

国際トランジットの実態に関する資料集

出国日本人及び出国外国人の海外空港におけるトランジット実態並びに成田国際空港及び関西国際空港における外国人のトランジット実態について,国際航空旅客動態調査(平成13年度,平成18年度及び平成23年度)のトリップデータの単純集計により整理し,資料集として取りまとめた.

LCCやリニアの選好についての予測です。

選好意識データによる国内線LCCの将来需要に関する一試算

選好意識データによる国内線LCCの将来需要に関する一試算  アンケート調査で旅行者が回答した選好意識データをもとに,LCCを明示的に取り扱うことが可能な交通機関選択モデルのプロトタイプを構築するとともに,同モデルに基づき首都圏〜近畿圏における国内線LCCの将来需要を試算した.その際,羽田空港〜関西空港間におけるLCC就航の効果及び中央新幹線(リニア)の開業の効果について定量的把握を試みた.その結果,仮に羽田空港〜関西空港間に低運賃の格安航空会社(LCC)が就航した場合,中央新幹線(リニア)が

2011年東北地方太平洋沖地震津波による海岸保全施設の被害調査(その2)

2011年東北地方太平洋沖地震津波による海岸保全施設の被害調査(その2)  本調査は,海岸保全施設の耐津波設計に資するため,2011年東北地方太平洋沖地震及び津波による同施設の被害について把握することを目的として,岩手県及び宮城県の8港19地区の海岸保全施設等を対象に被害調査を行い,胸壁及び護岸を中心とした被害状況を記録した.さらに胸壁について,軽微な被害から比較的大きな被害までの被害類型を整理した.既報(国土技術政策総合研究所資料No.658)で得られた知見に今回得られた知見を加えて,20

空港の確率論的リスク評価における財務影響分析に関する研究

空港の確率論的リスク評価における財務影響分析に関する研究  「民間の能力を活用した国管理空港等の運営等に関する法律(平成25 年法律第67 号,同年7 月施行)」に基づく「民間の能力を活用した国管理空港等の運営等に関する基本方針」が同年11 月に告示された.同基本方針において,大規模災害からの復旧については,地震,津波等の災害事象及びその損害程度を想定し,国管理空港運営権者が,保険に加入し,実施することとされた.また,想定を超える損害については,必要に応じて,国が実施することとされた.このよ

東京湾における津波来襲時での避難水域規模推計に関する研究

東京湾における津波来襲時での避難水域規模推計に関する研究  東北地方太平洋地震による津波の来襲により東京湾では安全な避泊ができない状態ではなかったものの,湾内において錨泊船舶の密集した水域が非常に多く生じた.このため,今後予想される巨大地震による津波に対応するために東京湾での避難水域整備の必要性が強く認識された.しかしながら,こうした避難水域整備に関する知見がほぼ全く無く,特に津波来襲時での避難水域規模の推計が確立されていない.したがって,本研究ではその推計手法を示すとともに推計を実施した.

都市におけるエネルギー需要・供給者間の連携と温室効果ガス排出量取引に関する研究

都市におけるエネルギー需要・供給者間の連携と温室効果ガス排出量取引に関する研究  平成20年3月に改定された「京都議定書目標達成計画」では,「エネルギーの需要・供給に関連するそれぞれの主体は自らの役割を適切に認識し,自らが直接管理する範囲にとどまらず,他のエネルギー需要・供給者と連携してエネルギー効率の更なる向上を目指す」とされており,率先した取組が求められる地方公共団体の公共・公益事業を中心として,エネルギー需要・供給者間の垣根を越えた取組みが必要とされている.都市の段階的な機能更新等の機会

平成24年度下水道関係調査研究年次報告書集

平成24年度下水道関係調査研究年次報告書集  本報告書集は,平成24年度に国土交通省国土技術政策総合研究所において実施された下水道に関係する調査研究の成果を集約して資料としてとりまとめたものである.

平成23年(2011年)長野県北部の地震による道路橋等の被害調査報告

平成23年(2011年)長野県北部の地震による道路橋等の被害調査報告  本報告書は,2011年3月12日に発生した長野県北部の地震により被災した長野県栄村の道路橋及びスノーシェッドに対する地震被害を調査した結果をとりまとめたものである.

LCCについてのレポートです。

アジアにおける格安航空会社(LCC)の路線展開・参入に関する基礎的分析

アジアにおける格安航空会社(LCC)の路線展開・参入に関する基礎的分析  本資料は,OAG時刻表に基づき,アジア発着の国際定期路線の特性・指標を網羅したデータベースを構築するとともに,エアアジア,ジェットスター・アジア及びタイガー航空といった東南アジアを拠点とする格安航空会社(LCC)の路線展開・参入傾向を明らかにしようとするものである. 井上 岳,山田 幸宏,石黒 毅治,坂田 峻祐,小野 正博

世界のコンテナ船動静及びコンテナ貨物流動分析(2013)

世界のコンテナ船動静及びコンテナ貨物流動分析(2013)  本資料は,全世界のフルコンテナ船の動静及びコンテナ貨物流動について,最新のデータの整理を行うと共に,我が国を取り巻く状況変化についての分析を行い,もって,国際海上コンテナ輸送に関する我が国の港湾政策の企画・立案に資することを目的としたものである.具体的には,船舶動静についてはLloyd’sデータ等を用い,フルコンテナ船の船舶諸元や寄港実績等に関する経年的な分析を実施した.一方コンテナ貨物流動については,アメリカ−東アジア間のコンテナ

東日本大震災における建設関連企業の活動実態調査

東日本大震災における建設関連企業の活動実態調査 平成23年3月11日に発生した東日本大震災においては、一刻も早い救援のためにはインフラの機能復旧が不可欠となり、国、県、市町村や建設業関連企業ら関係者が協力し対応にあたりました。そのような状況の中、地震発生直後からの現場で復旧作業、そして重機を使った近隣住民の救助活動等を担った地域建設業の初動の実態は、これまで十分には明らかにされてきませんでした。国土技術政策総合研究所では下記の2つの調査を実施致しました。「東日本大震災における建設企業の活動

東、東南アジアエリアの分析です。

東アジア・東南アジア内の国際航空旅客流動(2013)

東アジア・東南アジア内の国際航空旅客流動(2013)  本資料はこれまで国土技術政策総合研究所において実施した東アジア・東南アジアの国際航空旅客流動に関する分析(国総研資料 No.131及びNo.643)を,2012年までの最新データに基づき更新したものである.分析は格安航空会社(LCC)の参入が航空市場へ及ぼした影響に留意して行った.その結果,LCCによる供給量はジャカルタ〜シンガポール線及びクアラルンプール〜シンガポール線において2009年以降大きく増加し,既存エアラインを含めた全体の供

河川から東京湾へ流入する漂流ゴミ量の逆推定

河川から東京湾へ流入する漂流ゴミ量の逆推定  本研究では双方向粒子追跡法とラグランジュ未定乗数法を利用した逆推定法を用いて2008年度1年間における主要3河川から東京湾に流入する漂流ゴミ(葦・草)の流入量を推定した.推定には国土交通省関東地方整備局(関東地整)及び港湾管理者の漂流ゴミの回収量と関東地整が所有する短波海洋レーダによって観測された表層流速データセットを用いた.推定された2008年度の年間流入量は2,115m3であり,淡水流入量に比べて漂流ゴミの流入量は出水により大きく依存している

淡路島付近を震源とする地震による建築物の被害調査報告

淡路島付近を震源とする地震による建築物の被害調査報告

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ