調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 国際貿易投資研究所

「国際貿易投資研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月7日国際貿易投資研究所★フィードバック数:0社会/政治

貿易についての論文集です。

季刊「国際貿易と投資」<No.100 2015年夏号>

<No.100 2015年夏号> 2015年6月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

2030年までの予測です。

低原燃料価格の下での日本経済・産業~2030年までの長期予測~

低原燃料価格の下での日本経済・産業~2030年までの長期予測~

ASEAN中国FTA(ACFTA)及びASEAN日本FTA(AJCEP)の品目別の関税削減効果 調査事業結果 報告書

ASEAN中国FTA(ACFTA)及びASEAN日本FTA(AJCEP)の品目別の関税削減効果 調査事業結果 報告書

ユンカー欧州委員長の下、成長を目指すEU

ユンカー欧州委員長の下、成長を目指すEU

世界経済の新潮流となった"走出去”(中国の対外展開)の現状とその行方 報告書

世界経済の新潮流となった"走出去”(中国の対外展開)の現状とその行方 報告書

2015年4月9日国際貿易投資研究所フィードバック数:0社会/政治

東アジアと日米及びミャンマー・カンボジアの貿易構造の特徴~中間財輸出の割合が高まるベトナムと低いミャンマー・カンボジア~

東アジアと日米及びミャンマー・カンボジアの貿易構造の特徴~中間財輸出の割合が高まるベトナムと低いミャンマー・カンボジア~ (1/6ページ)要約<ASEANの中間財のサプライチェーンに組込まれつつあるベトナム>中国とASEANとの相互の貿易が拡大しているが、これは2005年から発効しているASEAN中国FTA(ACFTA)の影響もあるものと思われる。また、中国とASEANは世界全体との貿易も増加させており、1999年~2013年における日本や米国の輸出入の伸びの倍の速さで成長している。中国や

論文集です。

国際貿易と投資 No.99 2015年春号

<No.99 2015年春号> 2015年3月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

季刊「国際貿易と投資」No.98 2014年冬号

<No.98 2014年冬号> 2014年12月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

ASEAN経済共同体に向けての作業進展状況 -第46回ASEAN経済大臣会議文書から-

ASEAN経済共同体に向けての作業進展状況 -第46回ASEAN経済大臣会議文書から- 亜細亜大学 教授(一財)国際貿易投資研究所 客員研究員 第46回ASEAN経済大臣会合(AEM)および対話国との経済大臣会議、RCEP閣僚会合など一連の経済大臣会合が8月25日から27日にミャンマーの首都ネビドーで開催された。AEMでは毎年ASEAN経済共同体ブループリントの進展状況が報告されている。今回のAEMでの報告(共同声明および主要結果による(注1))の概略は次の通りである。1.82.1%と報

アフリカ消費市場展望(8)ダーバン港からハラレ(ジンバブエ)まで~物流の問題点

アフリカ消費市場展望(8)ダーバン港からハラレ(ジンバブエ)まで~物流の問題点 104ドルのサントリーウイスキーオールドジンバブエの首都、ハラレの中心部にあるOKスーパーマーケットのお酒コーナーで日本ブランドのウイスキーや焼酎に出くわしたときには驚いた。サントリーウイスキーオールドが104ドル、宝焼酎純は28ドルという値段がついていた。ジンバブエは世界でも貧しい国の一つで、失業率は80%を超えている。経済混乱で自国通貨は消失し、使い古したドル札が決済通貨として流通している国である。そんな国

季刊「国際貿易と投資」第97号(2014年秋号)

<No.97 2014年秋号> 2014年9月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

政権発足後の初の外遊先に日本を選んだインドのモディ首相~独立記念日に「強いインド」の復活を国民に訴える~

政権発足後の初の外遊先に日本を選んだインドのモディ首相 ~独立記念日に「強いインド」の復活を国民に訴える~ 2014年4月から5月にかけて行われたインドの第16回総選挙は、18歳以上の選挙民が8億3,400万人、投票者5億5,400万人、投票率66%(史上最高率)、政党数464、立候補者1万3,000人、投票所数93万5,000といったように、世界最大の民主主義選挙であった。結果は、BJP(インド人民党)が大方の予想を上回る圧勝で30年振りの単独過半数議席を獲得し、2期10年続いた国民会議派

変わるフランス人の「人権・平等」意識、揺らぐ政府・EUへの信頼感-反移民・反EUポピュリズムに共感する世論-

変わるフランス人の「人権・平等」意識、揺らぐ政府・EUへの信頼感 -反移民・反EUポピュリズムに共感する世論- 去る5月の欧州議会選挙で、反移民、反EUを掲げるマリーヌ・ルペン率いる極右政党・国民戦線(FN)が、25%の支持票を獲得して第1党に躍進、フランスのみならず欧州社会に大きな衝撃を与えたことは広く知られているところだ。極右ポピュリスト政党をフランス人の4人に1人が支持した理由は一体何なのか。最近の世論調査から、フランス人の伝統的な「平等・人権」意識が大きく変わりつつある状況や、好転

日本のシンガポールへの著作権料支払い額は約2000億円

日本のシンガポールへの著作権料支払い額は約2000億円 ≪約2000億円の対シンガポール著作権料の支払い≫2013年の日本の著作権収支は6,222億円の支払い超過である。支払い超過額を相手国別にみると最も大きいのは米国の3,512億円、 次いで、シンガポールの1,934億円である。この2か国で著作権収支赤字の87.5%を占める。シンガポールに対する日本の著作権収支は一貫して支払超過で増加している。シンガポールからの受取額は2006年が過去最高の31億円。近年は10億円台で推移し2013年は1

中南米における対内直接投資と多国籍企業の動向

中南米における対内直接投資と多国籍企業の動向 -多国籍企業が進出する中南米における直接投資 国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(英語略称ECLAC)は2014年5月29日、2013年の中南米における直接投資の動向を発表した。本稿では、同報告から対内直接と対外投資、クロスボーダーM&Aの特徴的な動向を紹介する。Ⅰ.対内直接投資の動向2013年の対内直接投資額は1,849億2,000万ドル(1849.2億ドル)で、前年比4.5%増加した。 しかし、これにはベルギー企業でビール世界最大手のアンハ

ミャンマー農村部の生活実態とBOPビジネスの可能性(1)

ミャンマー農村部の生活実態とBOPビジネスの可能性(1) (一財)国際貿易投資研究所研究主幹 大木博巳 2013年、2012年とミャンマーの農村を訪ねる機会があった。2013年がミャンマーの中央乾燥地帯(ドライゾーン)の中心、マグウェ管区にあるミンクン村、2012年はシャン高原のタウンジー県にあるヘーホー村である。滞在はそれぞれ3日間と短かったが、農民のグループディスカッションや農家訪問を通じて、生活実態の一端を知り得た。デルタ地帯の農民の生活実態に関する情報を加味して、ミャンマーの農村部の生

2014年6月4日国際貿易投資研究所フィードバック数:0ビジネス

国際貿易と投資 No.96 2014年夏号

<No.96 2014年夏号> 2014年6月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

季刊「国際貿易と投資」<No.95 2014年春号>

<No.95 2014年春号> 2014年3月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

国際貿易と投資 第94号(2013年冬号)

<No.94 2013年冬号> 2013年12月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

国際貿易と投資 第93号(2013年秋号)

<No.93 2013年秋号> 2013年9月発行各ファイルはPDF形式で別ウィンドウに開きます。PDFファイルの表示には、Acrobat Readerをご利用下さい。

なぜ日本の輸出は伸びないのか~日本の輸出・投資比率が低い背景~

なぜ日本の輸出は伸びないのか 〜日本の輸出・投資比率が低い背景〜 低い日本の輸出・投資比率日本のグローバル化が進展している。国内市場が頭打ちになり、成長するアジアなどの新興国市場への期待が高まっているためだ。一方では、海外への生産の移転が進み、空洞化が懸念されている。国内の雇用を減らさないためには、海外での生産を拡大しながらも、輸出を増やさなければならない。なぜならば、輸出は国内の生産を拡大させ、雇用を生み出すからである。それでは、日本の海外投資と輸出の水準は、国際的に比較すると、どのくらいな

トルコのドラマ輸出の経済効果とソフトパワー

Cool Turkey? ~トルコのドラマ輸出の経済効果とソフトパワー~ <日本を抜き去ったトルコの番組輸出>経済産業省と総務省が「クール・ジャパン戦略」の一環として、テレビ番組輸出に本腰を入れ始めた。総務省は2012年11月に「放送コンテンツ流通の促進方策に関する研究会」を立ち上げ、番組に出演した俳優や演奏家など著作権者の利用許諾をネット上で一括処理するシステムを、15年度までに整備すると決めた。番組輸出の障害となっていた複雑な権利処理を一元化し、低迷する日本の番組輸出を拡大することが狙い

2030年の予測です。

2030年日本の就業構造~JIDEA85モデルによる経済・産業予測~

2030年日本の就業構造~JIDEA85モデルによる経済・産業予測~

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ