調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 国際通貨研究所

「国際通貨研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月21日国際通貨研究所★フィードバック数:0社会/政治海外

キューバ経済についてのレポートです。

キューバ経済の現状と展望 ~米国との国交正常化交渉に高まる期待~

キューバ経済の現状と展望 ~米国との国交正常化交渉に高まる期待~

2015年2月22日国際通貨研究所★フィードバック数:0社会/政治

原油価格と経済についてのレポートです。

1バレル50ドルまで低下した原油価格と世界経済

2015.02.05 (No.5, 2015)1 バレル 50 ドルまで低下した原油価格と世界経済公益財団法人 国際通貨研究所経済調査部 兼 開発経済調査部長佐久間 浩司koji_sakuma@iima.or.jp目次1. 原油のグローバルな需給と価格の長期トレンド2.確認埋蔵量やピークオイルの動向3.原油価格の変動と消費国への影響4.原油価格の変動は、輸出入国の間の所得の移動5.シェール革命という Game Changer の登場6.当面は厳しい状況が続く産油国2014 年後半に原油価格が急落

2015年2月22日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏経済の動向 ~ギリシャ不安再燃に揺れるユーロ圏経済~

ユーロ圏経済の動向 ~ギリシャ不安再燃に揺れるユーロ圏経済~

2015年2月22日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

モンゴル経済の現状と課題 ~注目される国際収支の動向~

2014.12.26 (No.3, 2015)モンゴル経済の現状と課題~注目される国際収支の動向~公益財団法人 国際通貨研究所経済調査部 研究員井上 裕介inoue@iima.or.jp<要約>モンゴルは 2000 年以降の国際商品市況の上昇に大きく恩恵を受けた国の一つである。同国の 1 人当たり GDP は 2000 年には 500 ドルにも満たなかったのが、2006年には 1,000 ドルを超え、2013 年には 4,000 ドル近い水準まで増加した。世界金融危機時の国際商品市況の急落を

2015年2月22日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

トルコの国情調査 ~悪化する経済情勢と権勢強化を目指すエルドアン大統領~

2015.01.28 (No.4, 2015)トルコの国情調査~悪化する経済情勢と権勢強化を目指すエルドアン大統領~公益財団法人 国際通貨研究所経済調査部 副部長中村 明akira_nakamura@iima.or.jp<要旨>1. 巨額の経常赤字および短期対外債務という従来からの悪材料に目立った変化はない。経常赤字をファイナンスする金融収支の黒字も、内訳に占める証券投資や銀行借入の割合が大きい。2. こうしたなかで、2015 年のいずれかには米国が金融緩和縮小に転じることが見込まれており、これ

2015年1月25日国際通貨研究所フィードバック数:0ライフスタイル海外

インドの農業部門をどう考えるか ~アジア途上国との比較の視点から~

インドの農業部門をどう考えるか ~アジア途上国との比較の視点から~

2014年10月13日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国の社債市場の現状と展望

中国の社債市場の現状と展望

2014年10月13日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

ユーロ圏の対外不均衡 ~危機を背景に修正進行中だが、縮小均衡に。望まれる政策転換~

2014.09.24 (No.35, 2014)ユーロ圏の対外不均衡~危機を背景に修正進行中だが、縮小均衡に。望まれる政策転換~公益財団法人 国際通貨研究所経済調査部上席研究員山口 綾子yamaguchi@iima.or.jp<要旨>ユーロ圏の経常収支はグローバル金融経済危機前まで、南欧の赤字、北部の黒字がそれぞれ急拡大し、その後のユーロ・ソブリン危機の一因となった。不均衡拡大の背景には、単一通貨ユーロ導入に伴う為替相場調整手段の喪失がある。しかし、そもそも労働市場改革を進め、労働コスト抑制

2014年10月13日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

アルゼンチン経済の現状と展望

アルゼンチン経済の現状と展望

2014年10月13日国際通貨研究所フィードバック数:0社会/政治海外

金融危機後の米国の縮小する経常収支赤字と対外純負債急膨張のパラドックス~対外投資リターン格差の優位、変調か持続か~

金融危機後の米国の縮小する経常収支赤字と対外純負債急膨張のパラドックス~対外投資リターン格差の優位、変調か持続か~

2014年2月23日国際通貨研究所★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス海外

国際通貨研究所のレポートです。

オマーンの現状と課題 ~脱石油ガス依存に向けた課題~

2014.01.24 (No.6, 2014)オマーンの現状と課題~脱石油ガス依存に向けた課題~公益財団法人 国際通貨研究所経済調査部上席研究員森川 央morikawa@iima.or.jp(要約)2000 年代初頭のオマーンは、原油の枯渇リスクに直面していた。そのため、脱石油ガス依存を図り、工業化、海運産業の育成などを急いでいた。だが、その後の掘削技術の発達により、原油・天然ガスの産出量は回復してきている。特に天然ガスについては、非在来型ガス(タイトガス)の開発が始まっており、今後相当な増産

2014年2月23日国際通貨研究所フィードバック数:0ライフスタイル海外

インドの食料インフレはなぜ高止まりしているのか

No.2492014 年 2 月 21 日インドの食料インフレはなぜ高止まりしているのか経済調査部 上席研究員 山中 崇tyamanaka@iima.or.jp1.食料を中心に高止まりするインドのインフレ率インドのインフレ率が高止まりしている。インドにおけるインフレの尺度である卸売物価指数(WPI)をみると、2013 年 12 月は前年比 6.2%と前月の 7.5%から上昇率が鈍化したものの、依然、インド中央銀行(RBI)が望ましいとする水準(5.0~5.5%)を上回っている(図表 1)。インフ

2014年2月23日国際通貨研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ビットコインの仕組みと課題

ビットコインの仕組みと課題

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ