調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 土地総合研究所

「土地総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年11月26日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

平成27年10月分不動産業業況等調査

平成27年10月分不動産業業況等調査

2015年6月2日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 27年6月号

今月の不動産経済 27年6月号

2015年5月21日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年4月分不動産業業況等調査

平成27年4月分不動産業業況等調査

2015年5月6日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 平成27年5月号

今月の不動産経済 平成27年5月号

2015年4月2日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 27年4月号

今月の不動産経済 27年4月号

2015年3月1日土地総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

人口移動についてのレポートです。

都道府県間の人口移動について~住民基本台帳移動報告をみて~

リサーチ・メモ月都道府県間の人口移動について~住民基本台帳移動報告をみて~2015 年 2 月 27 日総務省(統計局)から、本年 2 月 5 日に、2014 年(平成 26 年)の 1 年間の「住民基本台帳移動報告(2014 年結果)」の結果が公表された1。その概要・分析やデータは同省の HP(日本の統計の中核機関とされる統計局のページ)に掲載されている。その概要等の中から当方の関心を持った点をピックアップすると、「都道府県移動者数は 225 万 9,688 人で、前年に比べ 4 万 2,20

2015年3月1日土地総合研究所★フィードバック数:0大型消費/投資

宅地建物取引業界のレポートです。

深められるべき宅地建物取引業の産業組織分析

リサーチ・メモ深められるべき宅地建物取引業の産業組織分析2015 年 2 月 27 日宅地建物取引企業の免許事業者数はここ 10 年間若干の増減はあるものの、全体としてはほぼ横ばい傾向で推移しているが、ここでその内訳を資本金ランク別の企業数の純増減数で見てみよう。特徴的なことは、資本金が 1000 万円未満の企業が趨勢的に増加する一方、資本金 1000 万円~5000 万円規模の企業は減少を続け、資本金 5000 万円~10 億円の企業は微増、資本金 10 億円以上の大規模企業は横ばいであること

2015年2月27日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 27年3月号

今月の不動産経済 27年3月号

2015年2月27日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

土地総合研究 第23巻第1号(2015年冬)

中川 雅章 (国土交通省 国土政策局 総合計画課 国土管理企画室長) 小林 重敬 (東京都市大学 教授、 横浜国立大学 名誉教授) 大西 隆 (豊橋技術科学大学 学長、 日本学術会議 会長) 中村 隆司 (東京都市大学 工学部 都市工学科 准教授) ● 連載 日仏の地区詳細計画の意義と実態【 第4回 】 荒井 俊行 (一般財団法人 土地総合研究所 専務理事) 小林 敏樹 (一般財団法人 土地総合研究所 研究員) 大越 利之 (一般財団法人 土地総合研究所 研究員) グローバル・アクセス・アドバイ

2015年2月19日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年1月分不動産業業況等調査

不動産業業況等調査結果(平成27年1月)平成27年2月18日一般財団法人 土地総合研究所Ⅰ.不動産業の経営状況不動産業を営む企業を対象としたアンケート調査をもとに、平成27年1月1日現在の経営状況および3ヶ月後の経営の見通しについて、「住宅・宅地分譲業」「不動産流通業(住宅地)」「ビル賃貸業」の3業種毎に不動産業業況指数を算定した(-100~+100、0が判断の分かれ目)。「住宅・宅地分譲業」の現在の経営状況は、前回の調査時点から 2.1ポイント悪化し、4.0ポイントとなった。8期連続でのプ

2015年2月1日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

空家等対策の推進に関する特別措置法について

リサーチ・メモ空家等対策の推進に関する特別措置法について2015 年 1 月 30 日(1)概要「空家等対策の推進に関する特別措置法」(平成 26 年 11 月 27 日、法律第 127 号)が 2014 年 11 月19 日に成立し、11 月 27 日に公布された。附則により、9 条 2 項から 5 項まで(立入調査)、14 条(特定空家等に関する措置)及び 16 条(過料)は公布から 6 月以内に、それ以外は公布から 3 か月以内に施行されるので、それぞれ、今年 5 月末以降、2 月末以降に

2015年2月1日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ミニバブル期の状況を振り返って

ミニバブル期の状況を振り返って

2015年2月1日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

ミニバブル期前後の状況を振り返って(2)

ミニバブル期前後の状況を振り返って(2)

2015年2月1日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

経済指標と景気の実感

リサーチ・メモ経済指標と景気の実感2015 年 1 月 5 日最近の「月例経済報告」(11月)(内閣府)を見ると、「景気は個人消費などに弱さが見られるが、緩やかな回復基調が続いている。先行きについては、当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善傾向が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかに回復していくことが期待される。ただし、消費者マインドの低下や海外景気の下振れなど、我が国の景気を下押しするリスクに留意する必要がある」という総括であり、景気判断はそれほど悪くはないという印象を抱かせる。と

2015年2月1日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 27年2月号

今月の不動産経済 27年2月号

2014年11月29日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

森林面積の長期的変遷

森林面積の長期的変遷

2014年11月29日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

土地総合研究 第22巻第4号(2014年秋)

山下 一仁 (キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹) 九鬼 康彰 (岡山大学大学院 環境生命科学研究科 准教授) 柴田 祐 (熊本県立大学 環境共生学部 准教授) 西野 寿章 (高崎経済大学 地域政策学部 教授) 清水 千弘 (麗澤大学大学院 経済学研究科 教授) 升田 純 (中央大学法科大学院 教授・弁護士) ● 連載 日仏の地区詳細計画の意義と実態【 第3回 】 荒井 俊行 (一般財団法人 土地総合研究所 専務理事) 荒井 俊行 (一般財団法人 土地総合研究所 専務理事)

2014年11月29日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

土地の資産額と県内総生産等の関係について

リサーチ・メモ月土地の資産額と県内総生産等の関係について2014 年 11月28日毎年、内閣府から国民経済計算と県民経済計算のデータが発表されている。これらの重要な経済統計の中には、世間の注目が高い国内総生産などのフローの統計の他に、資産額などを示すストックの統計も含まれている。ここでは、国民経済計算の結果に基づき、(付加価値)生産活動の状況と資産ストックの価額の動きの関係をみてみたい。また、各都道府県レベルでも同様の状況について確認してみたい。もちろん、生産活動は労働など様々な要素の投入によっ

2014年11月29日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治海外

中国市場の動向について

中国市場の動向について

2014年11月29日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 26年12月号

今月の不動産経済 26年12月号

2014年11月23日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年10月分不動産業業況等調査

平成26年10月分不動産業業況等調査

2014年11月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

26年都道府県地価調査の結果について ~地価、バラツキが拡大?~

リサーチ・メモ月26 年都道府県地価調査の結果について~地価、バラツキが拡大?2014 年 10 月 31 日毎年、全国 47 都道府県が実施している都道府県地価調査の結果が 9 月に公表された。国土交通省が全国集計し、取りまとめの結果を公表すると共に、各都道府県でも管内の状況を中心に取りまとめ公表したものである。都道府県地価調査は、各年の 7 月 1 日現在の各基準地の「正常な価格」を判定するものであり、国土交通省の土地鑑定委員会が実施している地価公示とは半年分の時間差を持つものでもあり、両者

2014年11月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 26年11月号

今月の不動産経済 26年11月号

2014年10月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 2014年10月号

今月の不動産経済 2014年10月号

2014年10月3日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

国際収支表について

リサーチ・メモ国際収支表について2014 年 10 月 2 日財務省が 7 月 24 日に公表した 1 月~6 月までの貿易統計速報(通関ベース)によると、貿易収支は 7兆 5983 億円の赤字で、赤字額は前年同期比 57.9%増となった。ここで今後、為替レートや発行国債の消化等の問題を巡り、これからも繰り返し議論になるであろう貿易収支を含む国際収支について、その統計の構造をここで正確に理解できるようここで確認しておこう。なお、国際収支統計は、2014 年 1 月分より、新しい基準に基づいて発表

2014年10月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

農山漁村への都市住民の定住願望について

リサーチ・メモ農⼭漁村への都市住⺠の定住願望について2014 年 10 月 2 日内閣府では、毎年度、様々な社会的テーマを選定して、世論調査を実施している。8 月には、本年 6月に行った「農山漁村に関する世論調査」の結果が公表されている。「都市」と「農山漁村」とを明確に分離することには難しい面もあろうが、ここでは、いわゆる「都市」に居住する住民のいわゆる「農山漁村」への定住願望を中心に、本調査の内容をご紹介する。その際、過去に行われた同種又は類似の調査の結果も併せてご紹介し、時代の変遷に伴っての

2014年8月31日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

26年度経済財政白書に見る人口減少・高齢化問題

26年度経済財政白書に見る人口減少・高齢化問題

2014年8月31日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

企業向けサービス価格指数の動向について

リサーチ・メモ企業向けサービス価格指数の動向について2014 年 8 月 29 日日本銀行では、毎月、企業向けサービス価格指数を公表している。これは、平成 3 年(1991 年)1 月に 1985 年基準指数を公表したことに始まる。経済構造のサービス化に対応して企業間で取引されるサービスの価格変動を捕捉する必要性の高まりに伴う取組みとされている。その後、5 年に1度の基準改定を行いながら、現在(本年 6 月より)、2010 年基準の指数が作成され、公表されている。消費者物価指数や企業物価指数と並

2014年8月29日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

土地総合研究 第22巻第3号(2014年夏)

水口 俊典 (芝浦工業大学 名誉教授 ・土地利用計画制度研究会) 鈴木 浩 (明治大学 客員教授 ・福島大学 名誉教授) 松川 寿也 (長岡技術科学大学 環境・建設系 助教) 赤城 威志 (JLL リサーチ事業部長)佐藤 健太郎 (JLL インターナショナルプロパティセールス シニアマネジャー) ● 連載 日仏の地区詳細計画の意義と実態【 第2回 】 荒井 俊行 (一般財団法人 土地総合研究所 専務理事) 大越 利之 (一般財団法人 土地総合研究所 研究員) 明海大学 不動産学部 客員教授 森島

2014年8月29日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 26年9月号

C O N T E N T S『今 月 の 不 動 産 経 済』(データ集)概 観·········································································· 1A.不 動 産 取 引1.新築マンション分譲市場(首都圏・近畿圏) ·································· 3A12.中古マンション流通市場(首都圏・近畿圏) ·································· 7A2

2014年8月20日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年7月分不動産業業況等調査

平成26年7月分不動産業業況等調査

2014年8月1日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

土地問題に関する国民の意識調査

土地問題に関する国民の意識調査

2014年8月1日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 26年8月号

今月の不動産経済 26年8月号

2014年7月4日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年地価公示にみる地価動向2

リサーチ・メモ平成 26 年地価公示にみる地価動向22014 年5月 30 日今回は、前回に引き続き、平成 26 年の地価公示をもとに、大都市圏の地価動向を概括したい。まずは、三大都市圏の全体の状況を概括し、各圏域ごとにみてみる。1.三大都市圏の状況三大都市圏全体の地価の平均変動率は、住宅地・商業地ともに 6 年振りにプラスに転じた。特に、商業地では、各圏域毎にみても、変動率はプラスとなっている(住宅地では、大阪圏のみ△0.1%と若干のマイナスにはなっている)。平成 20 年のいわゆるリーマン・

2014年7月4日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年地価公示にみる地価動向1

平成26年地価公示にみる地価動向1

2014年7月4日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

26年土地白書に見る我が国不動産市場における海外投資家の動向について

26年土地白書に見る我が国不動産市場における海外投資家の動向について

2014年7月4日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年地価公示にみる地価動向3

リサーチ・メモ平成 26 年地価公示にみる地価動向 32014 年 7 月 2 日今回は、前回に引き続き、平成 26 年の地価公示をもとに、地方圏の地価動向を概括したい。地方圏の中の地方ブロックの中心都市であるいわゆる「札仙広福」を含む各都県の状況、来春に北陸新幹線の開業が予定される北陸地方の各県の状況などを順次見てみたい。また、東日本大震災の被災地の状況にも触れてみたい。まずは、「地方圏」全体の状況を概括したい。1.「地方圏」の状況三大都市圏を除く「地方圏」の平均変動率は、住宅地で△1.5%(

2014年7月1日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 26年7月号

今月の不動産経済 26年7月号

2014年6月3日土地総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

就業地別の有効求人倍率の公表

就業地別の有効求人倍率の公表

2014年5月25日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年4月分不動産業業況等調査

平成26年4月分不動産業業況等調査

2014年4月9日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

中所得国の罠

リサーチ・メモ中所得国の罠2014 年 4 月 3 日■ 中所得国の罠とは 東アジア諸国は今後の世界の経済成長の中心をなす地域であり、 「アジアの世紀」とも呼ばれる中心 的な存在として次第にプレゼンスを高め、各方面からさまざまな期待が寄せられているが、最近、 「中 所得国の罠」 というテーマがしばしば話題になるので、これについて簡単に紹介する。 「中所得国の罠」 とは、世界銀行が 2007 年の「東アジアのルネサンス」という報告書の中で警鐘を鳴らしたことが嚆矢 となって話題にされている経済発展に

2014年2月25日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

土地総合研究 第22巻第1号(2014年冬)

● 特集 モビリティデザインとまちづくりの戦略 森本 章倫 (宇都宮大学大学院工学研究科 教授)大沢 昌玄 (日本大学理工学部土木工学科 准教授)古倉 宗治 (株式会社三井住友トラスト 基礎研究所)大森 宣暁 (東京大学大学院 工学系研究科都市工学専攻 准教授)堀田 典裕 (名古屋大学大学院工学研究科 社会基盤工学専攻)荒井 俊行 (一般財団法人 土地総合研究所 専務理事)清水 丞自 (一般財団法人 土地総合研究所 研究理事)小林 敏樹 (一般財団法人 土地総合研究所 研究員)みずほ証券株式会社

2014年2月21日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年1月分不動産業業況等調査

平成26年1月分不動産業業況等調査

2014年1月7日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 2014年1月号

今月の不動産経済 2014年1月号

2013年12月17日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

土地総合研究 第21巻第4号(2013年秋)

瀬田 史彦 (東京大学大学院工学系研究科 准教授)高見沢 実 (横浜国立大学大学院 都市イノベーション研究院教授)柴田 建 (九州大学大学院 人間環境学研究院助教)勝又 済 (国土交通省 国土技術政策総合研究所主任研究官)秋元 孝夫 (有限会社秋元建築研究所 ・NPO多摩ニュータウン ・まちづくり専門家会議)曽田 忠宏 (NPO高蔵寺ニュータウン 再生市民会議理事長)山本 茂 (特定非営利活動法人 千里・住まいの学校代表)荒井 俊行 (一般財団法人 土地総合研究所 専務理事)

2013年11月20日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年10月分不動産業業況等調査

不動産業業況等調査結果(平成25年10月)平成25年11月19日一般財団法人 土地総合研究所Ⅰ.不動産業の経営状況不動産業を営む企業を対象としたアンケート調査をもとに、平成 25 年 10 月 1 日現在の経営状況および3ヶ月後の経営の見通しについて、「住宅・宅地分譲業」「不動産流通業(住宅地)」「ビル賃貸業」の3業種毎に不動産業業況指数を算定した。「住宅・宅地分譲業」の現在の経営状況は、前回と横ばいの 21.9 ポイントとなった。3 期連続20 ポイント台で推移している。「不動産流通業(住

2013年9月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

地価変動と住宅投資-VARによる実証分析-

土地総合研究 2013 年夏号71研究ノート研究ノート地価変動と住宅投資-VAR による実証分析-地価変動と住宅投資-VAR による実証分析-大越 利之大越 利之こうした背景から、地価と経済の関係について1.はじめに戦後の日本の地価は、高度経済成長期における工1.はじめに業地地価を中心とした騰貴、1970 年代の「日本列島戦後の日本の地価は、高度経済成長期における工改造論」を背景とした住宅地地価の高騰を経て、理論と実証の両面から様々な研究が行われてきた。こうした背景から、地価と経済の関係について

2013年9月3日土地総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

今月の不動産経済 2013年分9月号

C O N T E N T S『今月の不動産 経 済 』 (データ集)A1 A2 A3 A4 A5 A6 A7 A8 A9 A 10B1 B2 B3 B4 B5 B6 B7C1 C2 C3 C4D1 D2 D3今月の不動産経済  SEP,20131今月の不動産経済  SEP,20132A1今月の不動産経済  SEP,20133A1今月の不動産経済  SEP,20134A1今月の不動産経済  SEP,20135A1今月の不動産経済  SEP,20136A2今月の不動産経済  SEP,20137A2

2013年9月3日土地総合研究所フィードバック数:0社会/政治

最近の経済動向と不動産経済を巡る概観(2013年7月末現在)

最近の経済動向と不動産経済を巡る概観(2013年7月末現在)

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ