「埼玉県」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月22日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度埼玉青少年の意識と行動調査

ここから本文です。「平成28年度埼玉青少年の意識と行動調査」の調査結果について 部局名:県民生活部課所名:青少年課担当名:総務・企画担当担当者名:高山・田中  埼玉県が実施した青少年に関する調査の結果がまとまりました。 この調査は、青少年の意識と行動の変化を把握し、今後の青少年施策に生かすことを目的に5年に1度実施しているものです。 今回は、青少年層へのスマートフォンの急速な普及を踏まえ、携帯電話やインターネットに関する質問を見直しました。 調査結果の詳細は、県ホームページを御覧ください。 調

2017年3月14日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

統計ア・ラ・カルト第115号「埼玉県への転入超過数が96,000人~移動人口の男女・年齢等集計結果から~」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第115号「埼玉県への転入超過数が96,000人~移動人口の男女・年齢等集計結果から~」平成27年10月1日現在で実施した「平成27年国勢調査 移動人口の男女・年齢等集計結果」が平成29年1月27日に総務省から公表されました。これは、平成22年国勢調査時の常住地(5年前の常住地)と平成27年国勢調査時の常住地を比較することにより、人口の転出入状況について、男女・年齢別等に集計したものです。◇移動人口(5年前の常住地と現住所が異なる者)の割合20.6%(全国第2

2017年2月17日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第114号「増税前駆け込み需要の反動(平成26年度埼玉県県民経済計算)」県では毎年度、県のGDPにあたる県内総生産などを推計した「県民経済計算」を公表しています。県民経済計算は、県内における1年間の経済活動を生産、分配及び支出の三面から明らかにし、県経済の実態を総合的、計量的に把握したものです。平成26年4月1日に消費税率が5%から8%に変更となりました。消費税増税が埼玉県経済に与えた影響を県民経済計算から見てみましょう。 平成26年度の県経済は、県内総生産(

2017年2月12日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

県政サポーターアンケート 埼玉県産農産物について

ここから本文です。県政サポーターアンケートの結果について-地場産農産物に求めるものは「新鮮」「安全」「安価」- 部局名:農林部課所名:農業ビジネス支援課担当名:販売対策担当担当者名:畑・青木 埼玉県産農産物をテーマとして実施した第54回県政サポーターアンケートの結果がまとまりました。  今回のアンケートでは、「農産物を購入するときに埼玉県産であることを意識している人」は54.6%、「県産農産物サポート店を利用したい人」は69.5%、「地場産農産物に求めるもの」は新鮮さが第1位といった結果となり

2017年1月14日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県四半期経営動向調査(平成28年10~12月期)

ここから本文です。埼玉県四半期経営動向調査(平成28年10~12月期)Excel形式 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

2017年1月13日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県四半期経営動向調査(平成28年10~12月期)

ここから本文です。埼玉県四半期経営動向調査(平成28年10~12月期)Excel形式 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

2016年12月13日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

県政サポーターアンケート結果 埼玉県の生涯学習及び社会意識について

ここから本文です。県政サポーターアンケート結果 埼玉県の生涯学習及び社会意識について 部局名:教育局課所名:生涯学習文化財課担当名:生涯学習・社会教育担当担当者名:伊藤  第53回県政サポーターアンケート「埼玉県の生涯学習及び社会意識について」の結果がまとまりました。 このアンケートでは、生涯学習活動の経験の有無や満足度等の生涯学習活動に関する意識について調査しました。1 主な調査結果(1)過去1年間に取り組んだ「生涯学習活動」について →経験した生涯学習活動の内容は、「趣味に関するもの」(3

2016年10月3日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成28年度埼玉県政世論調査(中間報告・速報)

ここから本文です。平成28年度県政世論調査平成28年度埼玉県政世論調査(中間報告・速報)について県では、平成28年7月8日(金曜日)から31日(日曜日)までの間、県内にお住まいの満18歳以上の男女3,000人を対象に、県政世論調査を実施しました。このたび、今年度の定期調査項目のうち、「生活意識」及び「県政への要望」についての調査概要がまとまりましたので、中間報告として速報でお知らせします。定期調査のほか、課題調査として「スポーツ振興」「認知症」「水道の利用」の3テーマについても同時に調査を行いま

2016年9月24日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

都市と農山村の交流に関する意識調査

ここから本文です。県政サポーターアンケート結果について-都市と農山村の交流に関する意識調査- 部局名:農林部課所名:農業ビジネス支援課担当名:農地活用担当担当者名:岡本・柿元  県では、農山村地域の活性化のための重要な取組として、地域資源を生かした「都市と農山村の交流」いわゆる「グリーン・ツーリズム」を推進しています。 グリーン・ツーリズムに関する意識や意向を把握し、今後の施策の基礎資料として役立てるため、第52回県政サポーターアンケートを実施し、結果がまとまりました。 今後、グリーン・ツーリ

2016年9月8日埼玉県フィードバック数:0ビジネス

平成27年埼玉県サービス業県外売上額調査

ここから本文です。平成27年埼玉県サービス業県外売上額調査この調査は、埼玉県経済の分析や経済波及効果の測定に使用されている「埼玉県産業連関表」の平成27年版を作成するための基礎資料として、統計法に基づき行う調査です。おおむね5年に一度(前回調査は、平成24年)調査しています。調査の対象となった事業所におかれましては、業務御多忙のところ誠に恐縮ですが、当調査に御協力いただきますようお願い申し上げます。調査の対象 県内の「G 情報通信業」「K 不動産業、物品賃貸業」「L 学術研究、専門・技術サービス

2016年7月15日埼玉県フィードバック数:0ビジネス

埼玉県四半期経営動向調査(平成28年4~6月期)

ここから本文です。埼玉県四半期経営動向調査(平成28年4~6月期)結果について 部局名:産業労働部課所名:産業労働政策課担当名:産業・雇用企画調査担当担当者名:関根・藤波 埼玉県は、県内中小企業2、200社を対象に四半期経営動向調査を実施しています。平成28年4~6月期の調査結果を発表します。 調査結果のポイント<県内中小企業の経営状況> ○ 県内中小企業の経営状況は、緩やかな持ち直しの動きにやや足踏み感がみられる。 先行きには不透明感がみられる。<景況感> ○ 4~6月期の自社業界の景気につ

2016年7月8日埼玉県フィードバック数:0ビジネス

統計ア・ラ・カルト第106号「2015年農林業センサス農林業経営体調査の結果について」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第106号「2015年農林業センサス農林業経営体調査の結果について」 農林業センサスは、農林業及び農山村の基本構造の実態とその動向を総合的に把握し、各種農林業施策の検討、各種農林統計調査の母集団整備のためのデータを得ることを目的とした調査で、昭和25年から5年ごとに実施されています。 1 農林業経営体数は減少農林業経営体数(平成27年2月1日現在)は37,602経営体で、5年前に比べて17.1%減少しました。このうち、農業経営体数は37,484経営体、林業経営

2016年5月18日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県は医薬品製剤の出荷額が日本一

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第103号「埼玉県は医薬品製剤の出荷額が日本一」 風邪をひいて市販の薬を飲んだり、病気で入院して治療の投薬を受けたり、私たちが健康な生活を送る上で、薬を利用する機会は少なくありません。埼玉県は、この医薬品製剤の出荷額が全国第1位となっています。1 県内製造業において重要な地位を占める医薬品製剤 平成26年の工業統計調査の結果(品目編、従業者4人以上の事業所)によれば、埼玉県の製造品目別の出荷額で上位を占めているのは、表1のとおり第1位「医薬品製剤(医薬部外品製

2016年5月14日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県外国人住民意識調査

ここから本文です。埼玉県外国人住民意識調査の結果を発表します ―約9割が埼玉県の住みやすさを実感― 部局名:県民生活部課所名:国際課担当名:多文化共生・NGO担当担当者名:田中、松浦  平成27年度埼玉県外国人住民意識調査の集計結果がまとまりましたので発表します。「保健医療機関の多言語化」、「警察の仕事」、「県産農産物」について外国人住民の御意見を伺いました。また、回答者の「生活」に係る質問では、約9割の方が埼玉県は「住みやすい」、「やや住みやすい」と回答しました。 県では、外国人住民の支援を

2016年5月2日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

魅力ある職場創出基礎調査

ここから本文です。「魅力ある職場創出基礎調査」の結果について―企業が考える「働きやすい職場環境」は 労働者の「理想」とギャップ― 部局名:産業労働部課所名:勤労者福祉課担当名:総務・労働団体担当担当者名:小林、神田  県では、平成27年10月に「魅力ある職場創出基礎調査」を実施し、県内の中小企業には「現在の職場環境」について、労働者と就労希望者には「働きやすい理想の職場」についてアンケート調査を行いました。 企業、労働者、就労希望者の「職場環境」について意識の差などを把握し、官民で魅力ある職場

2016年4月9日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度男女共同参画に関する意識・実態調査

ここから本文です。「平成27年度男女共同参画に関する意識・実態調査」の調査結果について 部局名:県民生活部課所名:男女共同参画課担当名:総務・推進担当担当者名:菅原、新井  埼玉県が平成27年9月に実施した男女共同参画に関する意識・実態調査の結果がまとまりましたので発表します。 この調査は県内にお住まいの満20歳以上の男女3、000人を対象に、男女の地位の平等感や女性に対する暴力の実態などを把握するために行っているものです。昭和52年度からほぼ3年に1度行い、前回は平成24年度に実施しました。

2016年4月7日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度「県政情報センター来庁者アンケート」

ここから本文です。平成27年度「県政情報センター来庁者アンケート」の実施結果について 県政情報センターで取り組んでいる県民サービスについて、サービスを受ける側の県民の方から客観的な評価を受けることにより、課題や問題点を把握し、更なる県民サービス向上への取組へとつなげようとするために「県政情報センター来庁者アンケート」を実施しました。  結果は次のとおりです。 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください 埼玉県庁 〒330-9301 埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁

2016年3月9日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

統計ア・ラ・カルト第101号「平成27年国勢調査速報結果を公表しました!」

ここから本文です。統計ア・ラ・カルト第101号「平成27年国勢調査速報結果を公表しました!」平成27年国勢調査速報結果を公表しました!埼玉県の人口は726万1,271人~平成22年調査に比べ6万6,715人(0.9%)増加~県では、平成27年10月1日現在で実施された平成27年国勢調査の速報結果を公表しました。国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査で、国内の人口や世帯の実態を明らかにするため、統計法に基づいて5年に一度実施されます。大正9年に調査が始まり、

2016年3月7日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

市町村税の統計資料(市町村税の概要 平成27年度版)

ここから本文です。市町村税の統計資料(市町村税の概要 平成27年度版)統計資料一覧市町村税の概要 市町村税の課税 市町村税の納税 その他市町村税収の状況税率市町村民税固定資産税都市計画税軽自動車税事業所税納期限徴収実績・納税率滞納整理の状況税務職員数徴税費 PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

2016年2月3日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県産農産物をテーマとして実施した第50回県政サポーターアンケート

ここから本文です。県政サポーターアンケートの結果について -地場産農産物に求めるものは「新鮮」「安全」「安価」- 部局名:農林部課所名:農業ビジネス支援課担当名:販売対策担当担当者名:遠藤・青木  埼玉県産農産物をテーマとして実施した第50回県政サポーターアンケートの結果がまとまりました。 今回のアンケートでは、「農産物を購入するときに埼玉県産であることを意識している人」は53.6%、「県産農産物サポート店を利用したい人」は66.9%、「地場産農産物に求めるもの」は新鮮さが第1位といった結果と

2015年11月25日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉大学と共同した住民意識調査結果 ― 人口減少に対応した地域づくり ―

ここから本文です。埼玉大学と共同した住民意識調査結果 ― 人口減少に対応した地域づくり ― 部局名:企画財政部課所名:計画調整課担当名:評価担当担当者名:廣田  県では埼玉大学と共同し、人口減少社会における政策形成に資するデータを得るための住民意識調査を実施しました。 調査の結果がまとまりましたので公表いたします。調査について1 調査の概要(1)対象 県内7市町の各500人(合計3,500人) (川越市、秩父市、本庄市、戸田市、幸手市、小川町、鳩山町) (2)抽出方法 各市町の選挙人名簿から無

2015年11月15日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成26年度版 森林・林業と統計

ここから本文です。平成26年度版 森林・林業と統計 見たい資料をクリックしてください。1 森林・林業行政の組織2 森林・林業施策の概要3 森林の状況4 森林計画5 造林6 森林保護及び保険7 木材8 特用林産物の生産状況9 林業産出額及び生産林業所得の推移10 林業機械・器具の保有状況11 県営林及び公社営林 12 治山及び保安林13 森林管理道14 林業・木材産業構造改革事業実績15 林業労働16 造林及び素材生産業者数17 林業関係団体18 森林組合の現況19 本多静六博士育英事業の運営状況

2015年9月28日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度埼玉県政世論調査結果(中間報告・速報)

ここから本文です。平成27年度埼玉県政世論調査結果(中間報告・速報)―県民の生活意識は改善傾向を示す― 部局名:県民生活部課所名:広聴広報課担当名:広聴・知事への提言担当担当者名:清水、春田  県では、生活意識や県民の要望などを把握し、県政推進の資料とするため、「県政世論調査」を昭和43年(1968年)から毎年実施しています。このたび、今年度の定期調査項目のうち、「生活意識」及び「県政への要望」についての調査概要がまとまりましたので、中間報告として速報でお知らせします。今回の調査では、「生活全

2015年7月24日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

県政サポーターアンケートの結果を発表―「埼玉県5か年計画」の取組に対する県民満足度―

ここから本文です。県政サポーターアンケートの結果を発表―「埼玉県5か年計画」の取組に対する県民満足度― 部局名:企画財政部課所名:計画調整課担当名:評価担当担当者名:廣田、杉江 内線電話番号:2414、2193直通電話番号:048-830-2413Email:a2130-03@pref.saitama.lg.jp  「埼玉県5か年計画 安心・成長・自立自尊の埼玉へ」に基づいた県の取組について、県民の満足度を調査した「県政サポーターアンケート」の結果がまとまりました。県では、県政にご意見を継続的

2015年6月30日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年6月29日現在―大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年6月29日現在―大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:野口・後藤  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が着実に進められています。県では、被災した農業用ハウス等の一日も早い復旧と、農業者の営農再開を支援しています。再建率*4が90%を超えたことから、今後詳細な再建状況の把握に努め、発表については6月1日以降、隔週火曜日といたします。被災施設の再建状況 

2015年6月30日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成27年6月の期末・勤勉手当の支給状況

ここから本文です。平成27年6月の期末・勤勉手当の支給状況 部局名:総務部課所名:人事課担当名:給与担当担当者名:関根 梅村 1 支給日 平成27年6月30日(火曜日)(国及び他の都道府県と同じ。)2 支給月数(教員、警察官を含む一般職) 課所長級以上副課長級以下 期末手当 1.025月分1.225月分 勤勉手当 0.95月分(平均)0.75月分(平均) 合計 1.975月分1.975月分※勤勉手当については、勤務成績等に応じて支給月数が異なるため、「(平均)」と表記した。※再任用職員を除く。

2015年6月30日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県の推計人口(平成27年6月1日現在)

ここから本文です。埼玉県の推計人口(平成27年6月1日現在)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村、新井、山本  埼玉県では、このほど平成27年6月1日現在の推計人口を取りまとめました。 平成27年6月1日現在の埼玉県の推計人口は、7,250,286人で、前月に比べ999人(0.01%)の増加となり、3か月連続で最多を更新しました。前月からの人口増減の内訳は、自然増減が72人の減少、社会増減が1,071人の増加です。 市町村別では、5月中に人口が最も増加したの

2015年6月18日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年6月15日現在)―大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年6月15日現在)―大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:小林・後藤  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が着実に進められています。県では、被災した農業用ハウス等の一日も早い復旧と、農業者の営農再開を支援しています。 再建率*4が90%を超えたことから、今後詳細な再建状況の把握に努め、発表については6月1日以降、隔週火曜日といたします。被災施設の再建状

2015年6月2日埼玉県フィードバック数:0ライフスタイル

埼玉農業の再出発(平成27年6月1日現在― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年6月1日現在― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:野口・後藤  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が着実に進められています。県では、被災した農業用ハウス等の一日も早い復旧と、農業者の営農再開を支援しています。再建率*4が90%を超えたことから、今後詳細な再建状況の把握に努め、発表については6月1日以降、隔週火曜日といたします。被災施設の再建状況 

2015年5月29日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

ハローワーク浦和・就業支援サテライト平成26年度の実績 ~利用者、紹介就職件数、就職率等全ての項目で目標を達成~

ここから本文です。ハローワーク浦和・就業支援サテライト平成26年度の実績~利用者、紹介就職件数、就職率等全ての項目で目標を達成~ 部局名:産業労働部課所名:就業支援課担当名:中高年者支援・ハローワーク特区担当担当者名:田中・宮原  平成24年10月にハローワーク特区を活用して開設した「ハローワーク浦和・就業支援サテライト」の平成26年度の実績がまとまりました。ハローワーク浦和・就業支援サテライトの平成26年度実績利用者数は目標を大きく上回り、延べ59,159人の方がサテライトを利用しました。ま

2015年5月29日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県の推計人口(平成27年5月1日現在)

ここから本文です。埼玉県の推計人口(平成27年5月1日現在)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村、新井、山本  埼玉県では、このほど平成27年5月1日現在の推計人口を取りまとめました。 平成27年5月1日現在の埼玉県の推計人口は、7,249,287人で、前月に比べ6,845人(0.09%)の増加となり、2か月連続で最多を更新しました。前月からの人口増減の内訳は、自然増減が547人の減少、社会増減が7,392人の増加です。 市町村別では、4月中に人口が最も増加

2015年5月28日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2013年度の県内の温室効果ガス排出量(需要側)

ここから本文です。2013年度の県内の温室効果ガス排出量(需要側)は、3,912万トン ~基準年度より8.9%削減~ 部局名:環境部課所名:温暖化対策課担当名:埼玉ナビゲーション担当担当者名:鈴木、加藤  埼玉県では、2014年度に「ストップ温暖化・埼玉ナビゲーション2050(埼玉県地球温暖化対策実行計画)」の中間見直しを行い、計画を改訂しました。 改訂した計画により、2020年における埼玉県の温室効果ガス排出量(需要側)※を2005年比21%削減することを目標として、温室効果ガス排出量削減に

2015年5月19日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年5月18日)― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年5月18日)― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:小林・後藤  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。被災施設の再建状況 5月18日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建92.9%、再建完了※79.7%です。 撤去

2015年5月15日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度の労働相談状況について ―相談件数は約4,600件で、パワハラなど「職場の人間関係」に関する相談が増加―

ここから本文です。平成26年度の労働相談状況について ―相談件数は約4,600件で、パワハラなど「職場の人間関係」に関する相談が増加― 部局名:産業労働部課所名:勤労者福祉課担当名:労働相談担当担当者名:佐藤、関根  埼玉県では、労働に関する課題や疑問を抱える労働者や使用者に、状況に応じた適切なアドバイスを行う労働相談を実施しています。平成26年度の相談状況を取りまとめましたので公表します。解雇、賃金不払いなど深刻な事案の相談が数多く寄せられるとともに、近年「職場の人間関係」に関する相談が増加

2015年4月30日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県の推計人口(平成27年4月1日現在)

ここから本文です。埼玉県の推計人口(平成27年4月1日現在)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村、新井、山本  埼玉県では、このほど平成27年4月1日現在の推計人口を取りまとめました。 平成27年4月1日現在の埼玉県の推計人口は、7,242,442人で、前月に比べ4,051人(0.06%)の増加となり、過去最高となりました。前月からの人口増減の内訳は、自然増減が764人の減少、社会増減が4,815人の増加です。 市町村別では、3月中に人口が最も増加したのは「

2015年4月27日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年4月27日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年4月27日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:小林・後藤  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。被災施設の再建状況 4月27日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建91.9%、再建完了※77.5%です。 撤

2015年4月20日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年4月20日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年4月20日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:野口・小林  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。被災施設の再建状況 4月20日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建90.9%、再建完了※76.3%です。 撤

2015年4月13日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年4月13日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年4月13日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:野口・後藤  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。 被災施設の再建状況 4月13日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建90.2%、再建完了※74.8%です。 

2015年4月6日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年4月6日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年4月6日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:小林・後藤  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。● 被災施設の再建状況 4月6日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建89.7%、再建完了※73.6%です。 撤

2015年3月30日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年3月30日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年3月30日) ― 大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:小林・坂上  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。 被災施設の再建状況 3月30日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建89.1%、再建完了※72.2%です。 

2015年3月29日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県の推計人口(平成27年3月1日現在)

ここから本文です。埼玉県の推計人口(平成27年3月1日現在)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村、佐藤、山本  埼玉県では、このほど平成27年3月1日現在の推計人口を取りまとめました。 平成27年3月1日現在の埼玉県の推計人口は、7,238,391人で、前月に比べ681人(0.01%)の減少となり、3か月連続で減少となりました。 前月からの人口増減の内訳は、自然増減が1,100人の減少、社会増減が419人の増加です。 市町村別では、2月中に人口が最も増加した

2015年3月29日埼玉県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成26年 工場立地動向調査結果(速報)

ここから本文です。平成26年 工場立地動向調査結果(速報)について 部局名:産業労働部課所名:企業立地課担当名:総務・立地窓口担当担当者名:山﨑・石川  本日、経済産業省から平成26年(1月~12月)工場立地動向調査結果(速報)が公表されました。 本県の立地件数(電気業を除く)は、49件で、全国第4位となりました。平成24年の調査以降、一部の地域で大規模なメガソーラーの立地が進んだため、メガソーラーなどの電気業を含めた立地件数は全国第16位となっています。 1 調査結果(1)立地件数(電気業を

2015年3月23日埼玉県フィードバック数:0キャリアとスキル

平成26年度埼玉県就労実態調査

ここから本文です。平成26年度埼玉県就労実態調査結果について ― 県内中小企業の正社員の割合69.5%で前年比1.6ポイント増 ― 部局名:産業労働部課所名:勤労者福祉課担当名:労働福祉担当担当者名:碓井、景山  県では、このたび、平成26年7月31日現在の県内事業所における就労実態に関する調査結果を取りまとめました。この調査は、県内中小企業の就労状況を把握することを目的に実施しているものです。調査結果の主な特徴 「正社員」の割合は69.5%(前年比1.6ポイント増)で、大企業の56.6%より

2015年3月23日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年3月23日)―大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年3月23日)―大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況 ― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:川岸・坂上  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。 被災施設の再建状況 3月23日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建87.2%、再建完了※70.6%です。撤去に

2015年3月20日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成24年度埼玉の市町村民経済計算

ここから本文です。平成24年度埼玉の市町村民経済計算の結果について~市町村内総生産は、33市町村で対前年度増加率がプラス~ 部局名:総務部課所名:統計課担当名:経済分析担当担当者名:飯田・谷山  埼玉県は、このほど、平成24年度埼玉の市町村民経済計算を取りまとめました。これは、市町村における経済活動を生産、分配の二面から推計したもので、市町村経済の規模、経済構造、経済成長率などを明らかにし、市町村経済の実態をとらえることができる総合的な経済指標です。報告の概要1 市町村内総生産 市町村内総生産

2015年3月19日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県町(丁)字別人口調査結果(平成27年1月1日現在)

ここから本文です。埼玉県町(丁)字別人口調査結果(平成27年1月1日現在)について 部局名:総務部課所名:統計課担当名:人口統計担当担当者名:木村、佐藤、山本  埼玉県では、このほど埼玉県町(丁)字別人口調査結果(平成27年1月1日現在)を取りまとめました。 この調査は、埼玉県の年齢別男女別人口及び平均年齢、町(丁)字別の男女別人口を、住民基本台帳法に基づく住民票から、毎年1月1日現在で集計しているもので、昭和54年から実施しています。1 県内人口○ 平成27年1月1日現在の人口は、7,304

2015年3月18日埼玉県★フィードバック数:0キャリアとスキル

埼玉県の調査です。

埼玉県雇用創出基礎調査

ここから本文です。「埼玉県雇用創出基礎調査」の結果について―県内の中小企業の60.8%で従業員が不足し、今後、54.1%の企業で従業員を増やす意向― 部局名:産業労働部課所名:勤労者福祉課担当名:総務・労働団体担当担当者名:稲葉、脇谷 県では、今年度、埼玉県内の雇用の実態や動向を把握するとともに、経営動向と関連付けた分析を行う「埼玉県雇用創出基礎調査」を実施しました。この調査は、県内の雇用創出につながる施策検討の基礎資料とするため、県内の中小企業2,500社を対象に行ったものです。●調査結果

2015年3月18日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

平成25年度の一般廃棄物(ごみ)の排出及び処理状況等

ここから本文です。平成25年度の一般廃棄物(ごみ)の排出及び処理状況等について―ごみの総排出量は2年連続で減少― 部局名:環境部課所名:資源循環推進課担当名:総務・企画調整担当担当者名:滝田・江原  埼玉県内の一般廃棄物(ごみ)の排出及び処理状況等(平成25年度)について、調査結果を取りまとめたので公表します。この調査は、環境省の「一般廃棄物処理事業実態調査(平成25年度実績)」に基づき収集したデータを取りまとめたものです。 ごみの排出・処理状況(概要)1 ごみの排出状況 ~ごみの総排出量は2

2015年3月16日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉農業の再出発(平成27年3月16日―大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況―

ここから本文です。埼玉農業の再出発(平成27年3月16日―大雪被害からの農業用ハウス等の復旧状況― 部局名:農林部課所名:農業支援課担当名:普及活動担当担当者名:川岸・坂上  平成26年2月14日の大雪被害を受けた地域では、現在復旧に向けた取組が急ピッチで進められています。県では、埼玉農業の再出発に向け、被災した農業用ハウス等の一日も早い再建と、農業者の営農再開を支援しています。 被災施設の再建状況 3月16日(月曜日)現在の状況は、県全体で再建86.2%、再建完了※68.9%です。撤去につい

2015年3月16日埼玉県フィードバック数:0社会/政治

埼玉県外国人住民意識調査

ここから本文です。埼玉県外国人住民意識調査の結果を発表します ― 2020年東京では外国人住民も日本人といっしょにおもてなし― 部局名:県民生活部課所名:国際課担当名:多文化共生・NGO担当担当者名:田中・伊藤  平成26年度埼玉県外国人住民意識調査の集計結果がまとまりましたので発表します。 「外国人の人権」と「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会におけるボランティアなど」について外国人住民の御意見を伺いました。「外国人の人権」では、一部の国籍の方への差別をなくすために必要なこと

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ