調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 大和証券投資信託委託

「大和証券投資信託委託」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

りそな ダイナミック・アロケーション・ファンド(愛称:攻守のチカラ) 最近の運用状況について

りそな ダイナミック・アロケーション・ファンド(愛称:攻守のチカラ) 最近の運用状況について

緊迫するギリシャ情勢の現状と今後の展望

緊迫するギリシャ情勢の現状と今後の展望2015年6月29日<ECBが緊急流動性支援の枠を据え置き>ギリシャが債権団との交渉を一方的に打ち切り、債権団から提示された緊縮策の是非を問う国民投票を7月5日(現地、以下同様)に実施することを決定しました。これにより、6月末を期限とするギリシャ向け第二次金融支援の延長や、同じく6月末を期限とするギリシャからIMF(国際通貨基金)への約15億ユーロの返済がほぼ不可能となったことから、ECB(欧州中央銀行)はギリシャの銀行への緊急流動性支援の枠を据え置く(拡大

『米REIT市場』足元の調整局面を考える

『米REIT市場』足元の調整局面を考えるは2010年から直近までのREIT指数の動きである。足元では今年1月末から調整局面にある。REITは昨年10月〜今年1月の4カ月で25%の急騰を演じた。相場に過熱感が出始めた時に、『利上げ観測』が高まり、調整のきっかけになったようだ。P/NAV(株価/純資産価値)は1月末の+10.8%から5月末には−3.5%と、割安の水準にまで調整が進んでいる。米国が年内に利上げとなると、2006年以来、9年ぶりの利上げになる。は前回の利上げ局面(2004年〜2006年)

豪経済に新たな原動力『LNG(液化天然ガス)』

豪経済に新たな原動力『LNG(液化天然ガス)』■ 『鉄鉱石』と『豪ドル』に底入れ感オーストラリアの輸出構成比率(2013年)のトップ3は『鉄鉱石26.5%』『石炭15.2%』『LNG6.0%』である。輸出全体の4分の1を占める鉄鉱石の価格変動は『豪ドル』相場に大きな影響を与える。昨年来、最大消費国である中国の景気減退から鉄鉱石価格が下落、『豪ドル』も連れ安となった。中国は昨年来、鉄鉱石の在庫削減に取り組んでいる。ブラジル鉱山会社ヴァーレ社CEOは6月10日の講演で『中国は深刻化す

底入れ時期を探る米国リート市場

底入れ時期を探る米国リート市場2015年6月19日<市場動向〜将来の利上げに対する警戒や長期国債利回りの上昇を嫌気>米国リート市場は、2015年1月に過去最高値を更新した後は、米国の景気回復の持続を受けた利上げ局面への転換が近いとの見方などを背景に長期国債利回りが上昇したことから、軟調な展開が続いています。リートは利回り資産として債券的な性格も有していることから利上げ開始時期をめぐる市場の思惑に左右される状態が続いています。例えば、「堅調な経済指標→早期利上げ観測の強まり→長期国債利回りの上昇(

ブラジルの財政政策の現状と見通し

ブラジルの財政政策の現状と見通し2015年6月10日<ルセフ政権について>2010年の大統領選挙で勝利したジルマ・ルセフ大統領は、第1期政権では生活扶助制度「ボルサ・ファミリア」などの拡張的な財政運営を行ったことから、財政収支の悪化を招きました。2014年の大統領選挙においても、低所得者層へ配慮した所得再分配を訴え「ボルサ・ファミリア」継続を公約に再選しました。しかし、財政・景気の悪化に歯止めが掛からず、金融市場ではブラジルの財政への懸念が高まりました。そこで2015年1月に発足した第2期ルセフ

トルコ:総選挙の結果を受けたトルコ市場の現状と今後の見通し

トルコ:総選挙の結果を受けたトルコ市場の現状と今後の見通し2015年6月9日<選挙結果を受けて、金融市場は下落>AKP(公正発展党)が、2002年の総選挙で政権を獲得して以来、初めて過半数を割り込んだとみられる総選挙結果(6月7日、現地、以下同様)を受けて一夜が明けた8日のトルコ金融市場は、下落して始まりました。トルコ・リラは一時対米ドルで2.80を記録するなど、過去最安値を更新し、その後2.75近辺で引けました。対円では、金曜日から約3%の下落(仲値ベース)となりました。株式市場も大きく下落し

2015年6月 JAPANウォッチ

2015年6月 JAPANウォッチ

2015年6月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料 "⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年6月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替レアルは中央銀⾏による為替介⼊規模縮⼩懸念、⽶国 利上げ観測の⾼まりなどから弱含み75 70 65 60 55 50 45 40 (円/ブラジル・レアル) (2007年1月末~2015年5月末) 円/ブラジル・レアル(左軸) 2年国債利回り(右軸) (%) 18 16 14 12 10 8 6 4 18 16 14 12 10 8 6 4 2物価

2015年6月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

6月の投資環境見通し世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場【日本株】 スピード調整の可能性に留意日経平均株価5月末20,563.15円前月末比5.34%【先月の回顧】5月の国内株式市場は、年初からの堅調地合を引き継ぎ、上昇しました。月初は、米国景気への懸念や、イエレンFRB(米国連邦準備制度理事会)議長の株式市場を割高視する発言などで下落して始まりましたが、英国総選挙での与党保守党の勝利や、安定した米国雇用統計などを受けて、株価は上昇に転じました。その後も、良好な株式需給関係が継続する中、

2015年6月 CANADAウォッチ

2015年6月 CANADAウォッチ

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.75%に引き上げ2015年6月4日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.75%に>ブラジル中央銀行は、6月3日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.75%としました。中央銀行は2014年10月に利上げを再開し、今回で6回目の政策金利引き上げとなります。利上げ幅の合計は2.75%になります。中央銀行は声明文において、「マク

インド準備銀行が追加利下げ

インド準備銀行が追加利下げ

『J-REIT』には長期的な支援材料が豊富

『J-REIT』には長期的な支援材料が豊富■ 1月からのスピード調整は最終局面を示唆今年1月からのJ-REITは、昨年の上昇相場から一転、上値の重い横バイの相場が続いている。昨年10月の日銀の追加金融緩和以降、J-REITは僅か3カ月で+25%の急騰を演じた。さすがに上昇ピッチが早く過熱感が強まり、スピード調整を必要としていた。今年に入ってJ-REITの資金調達の株式発行が増加、需給懸念が生じたことが調整のキッカケとなったようだ。その株式発行のブームも既にピーク・アウトしており、

ROEと「日本版スチュワードシップ・コード」

ROEと「日本版スチュワードシップ・コード」 ■ROEとは、株主の持分である自己資本に対する利益率を指し、どれだけ効率よく利益を上げているかを株主の目線で見た指標です。ROEは株式投資において以前からたびたび注目されていましたが、それでも「数ある株価指標の中の一つ」という感がぬぐえませんでした。 ■昨今のROE重視の動きは、政府による様々な働きかけを伴う点で、これまでとは大きく異なっています。例えば、政府は「日本版スチュワードシップ・コード」やコーポレートガバナンス・コードの導入など、さまざまな

米国REIT:『賃貸不動産』の市場動向

米国REIT:『賃貸不動産』の市場動向■ 『オフィス』『商業施設』賃料の上昇ピッチが加速金融危機以降のセクター別の賃料推移を比較すると、『集合住宅』は2009年に底入れし、2010年から上昇に転じ、セクターの中で最も早い回復を遂げた。『オフィス』賃料は2010年に底入れし、2011年から上昇に転じた。『商業施設』は2011年に底入れし、2012年から上昇に転じた。『オフィス』『商業施設』はやや遅れての回復であったが、足元の賃料は上昇ピッチを加速させている。景気の回復に伴って、不動産需要が広が

NISAとジュニアNISAの比較

NISAとジュニアNISAの比較【キーワード】NISA,ジュニアNISAポイント2016年より、NISAの年間購入枠が100万円から120万円に増額されるとともに、ジュニアNISA制度も始まります。非課税期間はいずれも最長5年ですが、ジュニアNISAではそれ以降も20歳になるまで非課税で保有し続けることが できます。長期的な非課税投資の方法ができたことは、ジュニアNISAのポイントの1つと考えられます。 (出所)内閣府「高齢者の経済生活に関する意識調査(平成23年度)」文部科学省「平成21年度

No.160 『トルコ・リラ』底入れのタイミングを探る

『トルコ・リラ』底入れのタイミングを探る■『新興国・資源国通貨』に底入れの兆し2014年後半から米国の利上げ観測が高まり、ドル高基調が強まった。『新興国・資源国通貨』は流入していた米国の緩和マネーが米国に回帰するとの懸念から弱含みの展開となった。今年1月以降、米経済統計で予想を下回る弱い指標の発表が相次いだことから、『利上げは通常よりも慎重なペースになる』との見方が広がった。3月には利上げに対する過剰反応が後退し、『新興国・資源国通貨』に底入れの兆しが表れた。■『トルコ・リラ』は6月総選挙

J-REIT市場の現状と今後の見通し

<足元の状況>2015年2月以降、10年国債利回りが国債入札の不調による需給悪化懸念の高まりにより上昇する局面が度々あり、不安定に推移したことや、3月に米国の早期利上げ懸念の強まりなどを受けて国内株式市況の上値が重くなったことなどを背景に、J-REIT市場は一進一退の相場展開が続きました。直近では、4月末の欧州における長期金利の急騰を受けて国内長期金利が上昇したため、J-REIT市場はやや乱高下する相場となりました。また、昨年後半から上昇基調が続いたことによる高値警戒感や、J-REIT各社による

英国総選挙後の英ポンドの見通しについて

英国総選挙後の英ポンドの見通しについて2015年5月11日<与党保守党が過半数を確保>5月7日(現地)に行われた英国の総選挙では、与党保守党が306から331へと議席数を上積みし、全650議席の過半数を制しました。大方の世論調査では保守党と労働党の支持が拮抗していましたが、結果的に保守党の大勝に終わり、保守党単独政権の下でキャメロン首相が続投することが確実となりました。<堅調な英国景気への高評価>保守党の勝利は英ポンド相場にポジティブと捉えられ、実際、選挙直後から英ポンドは対米ドル、対円、対ユー

2015年5月 CANADAウォッチ

2015年5月 CANADAウォッチ

2015年5月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料 "⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年5月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替レアルは政治的不透明感の後退などから上昇75 70 65 60 55 50 45 40 (円/ブラジル・レアル) (2007年1月末~2015年4月末) 円/ブラジル・レアル(左軸) 2年国債利回り(右軸) (%) 18 16 14 12 10 8 6 4 18 16 14 12 10 8 6 4 2物価インフレ率の上昇を受けて政策⾦利を15年4

2015年5月 JAPANウォッチ

2015年5月 JAPANウォッチ

豪州が政策金利を追加引き下げ

豪州が政策金利を追加引き下げ2015年5月7日<追加利下げ>5月5日、RBA(豪州準備銀行)は政策金利(銀行間翌日物金利の誘導目標)を0.25%ポイント引き下げ、過去最低の2.00%とすることを決定しました(5月6日適用)。大半のエコノミストは利下げを予想しており、おおむね市場予想通りの利下げでした。RBAは2015年2月に予想外の利下げを実施した後、3月と4月は政策金利を据え置く一方で、声明文では今後の会合で利下げを検討するとし、明確な緩和姿勢を示していました。今回の声明文では、今後の緩和を示

米国リート市場の動向と今後の見通し

米国リート市場の動向と今後の見通し

最近のインド株式市場の動向と今後の見通し

最近のインド株式市場の動向と今後の見通し2015年5月1日<市場動向〜モディ政権への期待をいったん織り込み>インド株式市場は、2014年5月の総選挙を前にモディ政権発足への期待から上昇局面に入りました。総選挙後も、モディ新首相が期待通りに成長重視の経済政策を打ち出したこと、原油価格の低下による貿易収支の改善とインフレ沈静化、それを受けたRBI(インド準備銀行)による緩和的な金融政策への期待などにより2014年末までは上昇を継続しました。しかし、2015年に入るとインド株式市場は横ばい状態になり、

No.159 米国リート 『1-3月期』の業績動向

米国リート 『1-3月期』の業績動向■集合住宅セクター≪エクイティ・レジデンシャル 〜全米最大の集合住宅リート 〜≫冒頭に『当社のビジネス環境は極めて良好であり、入居率・賃料水準とも当初計画を上回っている。2015年も好調な業績が期待できる』と報告があった。3月末の入居率は95.9%と好調であったが、4月に入って96.4%と更に上昇を見せている。1-3月期のテナントの契約更新率は56.1%に達しており、2008年1-3月期以来の高水準となった。≪アバロンベイ・コミュニティーズ 〜全米第2位の

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ

ブラジルが政策金利を13.25%に引き上げ2015年4月30日<ブラジル中央銀行:0.50%ポイントの利上げで政策金利は13.25%に>ブラジル中央銀行は、4月29日(現地、以下同様)に金融政策委員会(Copom)を開催し、政策金利(SelicTarget Rate)である翌日物金利の誘導目標を0.50%ポイント引き上げて13.25%としました。今回の利上げは2014年10月の利上げ再開以降、5回目となります。利上げ幅の合計は2.25%ポイントになります。中央銀行は声明文において、「マクロ経済シ

ペトロブラス社の決算発表について

ペトロブラス社の決算発表について2015年4月24日<ペトロブラス社が決算を発表>ペトロブラス社が4月22日(現地)の株式市場の引け後に2014年の決算を発表しました。同社は、汚職問題に絡む損失を特定できずに、監査済みの決算報告書の発表が遅れていましたが、新しいCEO(最高経営責任者)率いる経営陣のもと、ようやく監査済みの決算報告書の発表に至りました。同社は、2014年11月以降、決算報告の監査が認められずに、資金調達の道が狭まっていたことから、今回の発表は市場全体に安心感を与えるものとなりまし

カナダ・ドル相場の環境変化

カナダ・ドル相場の環境変化

No.158 『米国不動産市場』強気の見通し続く~賃料予想は上方修正~

『米国不動産市場』強気の見通し続く〜賃料予想は上方修正〜米国の不動産調査機関であるULI(Urban LandInstitute、非営利機関)は4月8日、『米国不動産市場の予測』を発行した。同レポートは著名アナリスト・エコノミスト46名の米不動産市場の予測を集計した調査結果である。以下は同レポートの要約である。商業不動産市場は好景気を背景に持続的成長が続くとの強気の見通しがなされている。2015年の米国の雇用増加数は年間で290万人と予想され、過去平均の120万人を大きく上回る。雇用の増加に

米国リート市場の動向と今後の見通し

米国リート市場の動向と今後の見通し

No.157 『日本株式』~企業収益が株価押上げ要因に~

No.157 『日本株式』~企業収益が株価押上げ要因に~

2015年4月 CANADAウォッチ

2015年4月 CANADAウォッチ

2015年4月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2015年4⽉)"⼤和投資信託”ツイッター @DaiwaAM〜主な指標をななめ読み〜経済・投資環境について情報発信しています。株価・為替物価・⾦利⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。消費者物価指数は国際商品市況の下落などから⾜元もこのトレンドは継続しています。上昇率が伸び悩んでいます。(2007年1月末~2015年3月末)(円)20,000(円/米ドル)日経平均株価(左軸)米ドル(対円)(右軸)18,0001302.51202.011014,0001000.512,0009

2015年4月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料"⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年4月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替物価レアルは不祥事による政局混乱や為替介⼊プログラム政策⾦利を15年3⽉に12.75%へ引き上げたものの、の終了決定などから続落(円/ブラジル・レアル)インフレ率は再び上昇(2007年1月末~2015年3月末)(%)18181616651414601255105084564404235'07/1 '08/1 '09/1 '10/120'07/175

最近の国内株式市場の動向について

最近の国内株式市場の動向について2015年4月3日<足元の上昇一服の背景>国内株式市場は昨年来大幅に上昇してきましたが、足元は上昇が一服した状態にあります。上昇一服の要因としては、年内の利上げ観測から米国株式市場がやや不安定になっていることや、中東情勢をはじめとする地政学リスクの高まりなどを挙げることができますが、単に大幅な上昇の反動という側面も大きいのではないかと思われます。日経平均株価は、1月中旬安値から2カ月強でほぼ3千円、2014年10月中旬安値からは5カ月強で5千円以上も上昇しているた

2015年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

2015年4月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

『ブラジル・レアル』の現状

『ブラジル・レアル』の現状はブラジル・レアルの為替相場である。レアルは1999年に変動相場制に移行したあと、2002年に最安値を記録した。当時のブラジルは債務返済危機の最中にあり、IMFからの金融支援を受けていた。足元のレアルは2014年以降、下げ足を早めており、2002年の安値水準に接近しつつある。3月20日にはザラ場で1米ドル=3.32レアルまで下落した。はブラジルの経済環境を『2002年』と『現在』で比較したものである。インフレ率を加味しても経済のファンダメンタルズは

ブラジルの諸問題への政策対応

ブラジルの諸問題への政策対応

利上げが意識されはじめた米国リート市場

利上げが意識されはじめた米国リート市場2015年3月9日<市場動向〜上昇に転じた長期国債利回りなどが足元のリート市場のマイナス要因>米国リート市場は、1月は過去最高値を更新する展開となりましたが、その後は反落しています。足元の下落の背景としては、�@米国の利上げが視野に入ってきたことで長期国債利回りが上昇に転じたこと、�A一部リートの2015年業績見通しが年初ということもあり市場予想に比べ慎重な内容となったこと、�B大手リートによる大型増資に応募するための資金手当て用の換金売りによる市場の需給悪

『豪ドル』底入れのタイミングを探る

『豪ドル』底入れのタイミングを探る『豪ドル』は、『鉄鉱石価格の下落』と『豪中銀の豪ドル高牽制発言』が昨年来、大きな下押し圧力になってきたが、今年2月以降は下値抵抗力を強めつつある。■『鉄鉱石価格の下落』鉄鉱石は豪州最大の輸出産品であり、輸出全体の26.5%を占め、その価格変動は『豪ドル』に大きく影響する。中国は金融危機以降、先進国に代わって鉄鉱石価格の実質的なプライス・リーダーになった。中国(青島港)の鉄鉱石(日次)輸入価格の算出が2009年5月から始まったが、それ以降、中国の鉄鉱

2015年3月 ブラジルウォッチ

〜主な指標をななめ読み〜情報提供資料 "⼤和投資信託”ツイッター@DaiwaAM(2015年3月)で経済・投資環境について情報発信しています。⾦利・為替⾜元では、1レアル42円前後、⾦利13%前後で推移75 70 65 60 55 50 45 40 35 '07/1 '08/1 '09/1 '10/1 '11/1 '12/1 '13/1 '14/1 '15/1 (円/ブラジル・レアル) (2007年1月末~2015年2月末) 円/ブラジル・レアル(左軸) 2年国債利回り(右軸) (%) 18 1

2015年3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場

3月の投資環境見通し 世界の株式、債券、為替、REIT市場株式市場 【日本株】 当面堅調、徐々に上昇一服日経平均株価 2月末 18,797.94円 前月末比 6.36%【先月の回顧】 2月の国内株式市場は、月を通じて堅調に推移しました。上旬は、ギリシャとユーロ圏との対立が懸念されましたが、ウクライナ情 勢の停戦に向けた動きや、良好な米国1月雇用統計などが評価されました。中旬は、米国金利上昇で為替が円安となる中、対ユ ーロ圏交渉でのギリシャの妥協期待や、12月機械受注や1月貿易統計など国内経済指標

インド準備銀行が臨時会合で追加利下げを決定

インド準備銀行が臨時会合で追加利下げを決定2015年3月4日<臨時利下げの背景>RBI(インド準備銀行)は3月4日(現地、以下同様)、臨時的に政策金利を0.25%ポイント引き下げ7.50%にしました。 利下げの理由は、声明文によると、インフレ率が鈍化しRBIの目標レンジ内での推移が確認されたこと、景気は回復基調にあるものの生産活動や貸出動向などはまだぜい弱さが残るため、インフレ鈍化見通しが優勢なこと、最後に2月28日に発表された来年度予算案で政府が財政構造の質的な改善に取り組むことが確認されたこ

No.34 女性の活躍と日本経済

女性の活躍と日本経済【キーワード】M字カーブポイント働く女性は増えているものの、キャリアの中断を余儀なくされるケースは今なお多いようです。「いまだ活用されていない資源の最たるものは女性の力」といわれる日本において、女性の力を業績向上にうまく結びつけた企業は、株式市場で評価されています。働く女性が増えて給与所得総額が増加すれば、消費の拡大などプラスの影響が考えられるため、女性が働きやすい環境整備が日本経済の課題となっています。 女性の雇用者は増え続けている●男性の雇用者数は1997年をピークにやや

2015年3月 JAPANウォッチ

情報提供資料(2015年3月)〜主な指標をななめ読み〜 株価・為替⽇経平均株価と⽶ドルには相関性がみられます。 ⾜元もこのトレンドは継続しています。20,000 18,000 16,000 14,000 12,000 10,000 8,000 6,000 '07/1 '08/1 '09/1 '10/1 '11/1 '12/1 '13/1 '14/1 '15/1 (円) (2007年1月末~2015年2月末) 日経平均株価(左軸) 米ドル(対円)(右軸) (円/米ドル) 130 120 110 1

2015年3月 CANADAウォッチ

2015年3月 CANADAウォッチ

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ