「宣伝会議」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年12月8日宣伝会議フィードバック数:0社会/政治

2016年「ワースト不祥事」ランキング

2016年「ワースト不祥事」ランキング、上位は舛添・ベッキー・電通 — 月刊『広報会議』調べ 月刊『広報会議』編集部(宣伝会議発売、社会情報大学院大学出版部発行)は11月、2016年に発覚した企業・団体・個人の不祥事に関し、全国の20代~60代男女1000人を対象に「最もイメージダウンした出来事」について調査を実施した。2016年1月~10月に発生した企業・団体の不祥事20例のうち、最もイメージダウンした出来事を上位3例まで選択してもらったところ、1位は「舛添要一・前東京都知事政治資金問題」(3

2016年11月8日宣伝会議★★フィードバック数:0マーケティング

消費者300人アンケート「テレビCMを打っている会社」への信頼は健在か

消費者300人アンケート「テレビCMを打っている会社」への信頼は健在か テレビCMの出稿有無や多寡は、その企業に対する消費者の信頼に、どの程度関係があるのでしょうか。また、CMをやっていても「信頼するに値しない」という印象を与えてしまう要素とは?全国主要都市に暮らす消費者300人への調査からひもときます。 若年層を中心に「テレビ離れ」が叫ばれる中、テレビCMを出稿していることは、その企業の信頼度を高める上で、どれだけの効果を発揮するのか。また、消費者が企業に対する評価(信頼度・安心感)を定める

2016年11月3日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

「校閲ガール・河野悦子」のリアルな実態とは!?

[株式会社宣伝会議] ,ドラマ 編集 石原さとみ 校正 誤植 校閲ガール 校閲 編集会議 誤字 宮木あや子

2016年8月4日宣伝会議フィードバック数:0ビジネス

インナーコミュニケーション白書2016

「戦略的社内広報」で社員が変わり、会社が変わる。広報担当者123人に調査「インナーコミュニケーション白書2016」 従業員を対象としたインナーコミュニケーションを重視する企業が増えてきました。ある機関の調査によれば、広報活動における重要なステークホルダーとして「従業員とその家族」のスコアが上昇しているという結果も出ています*1。一方で、日本企業は海外に比べ、社員個人の職場への愛着や働きがい、組織への帰属意識という点では温度差があるという現実も。社内広報の活動が生産性の向上に寄与しているかという

2016年1月27日宣伝会議★フィードバック数:0マーケティング

広報効果測定の指標 「マーケティングへの貢献」導入している企業は11.7%

広報の仕事 大予測2016広報効果測定の指標 「マーケティングへの貢献」導入している企業は11.7%企業の広報・PR活動に関する調査 40.5%の企業が「この1年で効果測定の重要度が上がった」と回答しているほか、自由回答では前年に比べ「広告換算値」への疑問、「売上への貢献」への意欲について言及するコメントが目立っている。新たな測定の取り組み、課題を見ていこう。効果測定の実施状況 7割を超える企業が何らかの効果測定を実施しており、前回調査と比べ「実施している」が4.8ポイント増という結果に。新た

2016年1月26日宣伝会議★フィードバック数:0セキュリティ/ネットワーク

「危機管理マニュアルあり」は約半数 企業のリスク管理の実態とは?

広報の仕事 大予測2016「危機管理マニュアルあり」は約半数 企業のリスク管理の実態とは?企業の広報・PR活動に関する調査 相次ぐ企業不祥事やグローバルリスクの拡大による脅威を感じているものの、マニュアル作成やトレーニング・研修などが不十分と感じている企業が目立つ。この一年で変わったこと●担当者向けに初のトレーニング初めて広報をはじめとする担当者ベースのメディアトレーニングを実施し、外部専門会社によるマニュアルの整備に着手した(医療・介護)●マニュアルを作成した危機管理広報マニュアルを2015

2016年1月25日宣伝会議★フィードバック数:0マーケティング

広報業務の外部委託の実態 「取材協力費」求められた企業は12.6%

広報の仕事 大予測2016広報業務の外部委託の実態 「取材協力費」求められた企業は12.6%企業の広報・PR活動に関する調査 外部委託先に求める条件・能力として最も重視されるのは「企画提案力」という結果に。前年1位だった「メディアとのネットワーク」、2位だった「最終的な成果」を上回った。発注時の課題についての自由回答からは、専門性に対する期待度の高さがうかがえる。※最大3つまで、重要度の高いものから1位~3位の順位を付けて任意回答。 1位は3ポイント、2位は2ポイント、3位は1ポイントとして計

2016年1月20日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

「約3割がサイトリニューアル検討中」数字で読む、デジタルPRの実態

広報の仕事 大予測2016「約3割がサイトリニューアル検討中」数字で読む、デジタルPRの実態企業の広報・PR活動に関する調査 業界により導入状況や社内理解度が異なるウェブ・デジタルPRの業務。2016年は、広報として企業・事業のコンテンツ発信をいかに設計するかが課題に。どうなる?ソーシャルメディア●Facebookの影響力低下?Facebookの運用に関して、企業ページ増加とFacebookのアルゴリズム変更に伴いリーチ数が減った。また、そもそもFacebookへの関心の低下を感じる(IT・情

2016年1月18日宣伝会議★フィードバック数:0マーケティング

調査データから読む広報の仕事 全活動でデジタルシフトが加速

広報の仕事 大予測2016調査データから読む広報の仕事 全活動でデジタルシフトが加速 毎年恒例となった、編集部による「企業の広報・PR活動に関する調査」。2011年から実施しており、一部形式や内容の変更もあったが今回で6回目となる。まずはサマリーとして、2016年の調査結果のポイントを見ていこう。(※詳細は広報会議2月号電子ブックからご覧頂けます。)42.3%が「広告宣伝」も管轄前回調査からスタートした「わが社が注力したい広報活動ランキング」(各社に注力したい上位3つの活動を選んでもらい、1位

2015年12月7日宣伝会議★フィードバック数:0ビジネス

2015年「ワースト謝罪」ランキング

2015年「ワースト謝罪」ランキング、1位は傾きマンション問題——月刊『広報会議』調べ 月刊『広報会議』編集部(宣伝会議発行)は11月、2015年に発生した企業・団体の不祥事や謝罪会見に関し、全国の20代以上の男女500人を対象に、最も印象が悪かった事例についてインターネット調査を実施した。2015年1月~10月に発生した企業・団体の不祥事12事例のうち、最も印象が悪くなった出来事を上位3例まで選択してもらったところ、1位は「旭化成建材、三井不動産傾きマンション問題」(67.2%)となり、7割弱

2015年4月30日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

プロモーション予算増加は28.2%?販促担当者アンケート

プロモーション予算増加は28.2%—販促担当者アンケート 企業の販促担当部門は、いまどのような状況にあり、今後何に力を入れていくのか。月刊『販促会議』編集部では、小売・サービス、メーカーの販促担当者を対象にした調査を実施。2月20日~3月20日にメール、ウェブでの調査を行い、85名から回答を得た。プロモーション予算の増減状況についての質問では、「横ばい」が55.3%となり、半数以上が前期並みだった。「増加」「やや増加」の合計は28.2%となり、減少傾向の合計を上回っている。販促施策で活用したこと

2015年3月3日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

「ネット告発」実態調査

[株式会社宣伝会議] ,謝罪 広報 不二家 Twitter マクドナルド PR 告発 ブラック企業 異物混入 ぺヤング

2015年1月21日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

社内広報もデジタルシフト 7割が「イントラで発信」紙媒体を上回る

広報の仕事 大予測2016社内広報もデジタルシフト 7割が「イントラで発信」紙媒体を上回る企業の広報・PR活動に関する調査 リアルの場でのイベントのほか、デジタルシフトがいよいよ本格化しつつある。例年、「社内報制作」の悩みが多く寄せられている領域だが、様相が変わってきた。2015年の成果と手応えは?●PRコンテンツの水平展開PR用のコンテンツを広告や商品付属の素材などに活用いただけるようになってきた。さらに活用方法までを含めたコンテンツや、メディアから読み取れるトレンドなどの共有を図り、事業の

2014年12月4日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

ネットユーザーが選ぶ2014年の「ワースト謝罪会見」

[株式会社宣伝会議] ,メディア ランキング 記者 広報 企業 不祥事 リスク 会見 小保方 佐村河内

2014年12月2日宣伝会議★フィードバック数:0大型消費/投資

外国人対象の調査です。

「訪日外国人観光客」の買い物に関する調査

[株式会社宣伝会議] ,ショッピング 調査 外国人 販促 観光客 訪日 消費税 中国 免税 販促会議

2014年12月1日宣伝会議フィードバック数:0マーケティング

2014年人気広告ランキング

[株式会社宣伝会議] ,広告 CM ランキング 小栗旬 サントリー 味の素 ペプシ TUGBOAT

2013年4月1日宣伝会議フィードバック数:29マーケティング

95社の販促担当者アンケート

O2O施策をすでに実施・これから取り組む企業は68%以上―95社の販促担当者アンケート 円安や株高を背景に、景気回復への期待が広まる中で迎える2013年度。企業の販促担当部門は、何に力を入れていきたいと考えているのだろうか。月刊『トッププロモーションズ販促会議』編集部が実施した調査では、昨今注目の高まる「O2O(Online to Offline)」施策を「実施している」「これから取り組む」企業は68%以上にのぼることが、明らかになった。調査は、メーカーや流通・サービス業などを対象に2013年3

2011年10月11日宣伝会議★フィードバック数:18マーケティング

Facebookについての海外の調査データのまとめ記事です。

Facebook上でユーザーは何をしている? ~Facebookマーケターが知っておくべき10の事実~

404 Error404 Error お探しのページが見つかりませんでした。 誠に申し訳ございませんが、お探しの情報が見つかりませんでした。 お探しのページは一時的にアクセスできない状況にあるか、移動、もしくは削除された可能性があります。 宣伝会議からのお知らせこのサイトについて関連サイト

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ