調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 山梨総合研究所

「山梨総合研究所」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月2日山梨総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

山梨県の自治体を対象としたレポートです。

自治体の合併効果を探る

自治体の合併効果を探る

2015年5月14日山梨総合研究所フィードバック数:0ビジネス

「日本の農産品を香港へ」商流づくりの現場より

Vol.201-1【平成 27 年 5 月 1 日発行】テーマ1「日本の農産品を香港へ」商流づくりの現場より【高寶創意有限公司 Global Recipes Co., Ltd.(香港) 日本支店マネージャー 本田 純】1.はじめに弊社(グローバルレシピズ)では日本から香港、及びその近郊に進出した日系企業様(主に飲 食チェーン)に対する資材と食材の供給と新たに進出を検討している企業様への開業支援を行っ ています。 直近 5~6 年は円高局面が続いたため、多くの商材は日本以外からの調達が中心となって

2015年5月14日山梨総合研究所フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

再生可能エネルギーの導入拡大に向けて

再生可能エネルギーの導入拡大に向けて

2015年4月5日山梨総合研究所★フィードバック数:0キャリアとスキル

山梨県の大学進学についての分析です。

News Letter Vol.200 “サクラサク”の向こう側

Vol.200-2【平成 27 年 4 月 1 日発行】テーマ2“サクラサク”の向こう側【山梨総合研究所研究員渡辺たま緒】はじめに桜咲く春。大学進学が決まり、新生活に心躍らせている学生と、ホッと一息つきながらも引っ越しや新生活の準備に忙しい保護者も多いのではないだろうか。「大学全入時代」の到来が叫ばれて久しいが、近年の山梨県内の大学進学にまつわるデータをいくつか紹介しながら、大学側の生き残り戦略について考察する。1.18 歳人口の推移国勢調査によると、18 歳人口は平成 7 年には 175 万

2014年12月3日山梨総合研究所★フィードバック数:0社会/政治

山梨県を中心としたレポートです。

高齢化社会

高齢化社会

2014年12月3日山梨総合研究所フィードバック数:0キャリアとスキル

高齢者労働力の活用方策を探る(1)

高齢者労働力の活用方策を探る(1)

2014年12月3日山梨総合研究所フィードバック数:0ビジネス

山梨県内企業の海外展開について

山梨県内企業の海外展開について

2014年10月2日山梨総合研究所フィードバック数:0社会/政治

人口減少社会(2)

Vol.194-2【平成 26 年 9 月 30 日発行】テーマ2人口減少社会(2)【山梨総合研究所 主任研究員1進藤聡】はじめに前回(1)で今後どのように人口が推移していくのか、そして少子化となった要因としてどのようなことが考えられるのかについて述べた。今回は日本創成会議が示した推計の考え方や、そこから考えられる対応策について考察を行う。2消滅可能性都市~日本創成会議による推計の考え方~5 月に増田寛也元総務大臣(元岩手県知事)が座長を務める日本創成会議が「ストップ少子化・地方元気戦略」を発表

2014年10月2日山梨総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

訪日外国人観光客の推移と現状

訪日外国人観光客の推移と現状

2014年4月4日山梨総合研究所フィードバック数:0社会/政治

公共施設白書の公表状況と必要性、今後の展望について

公共施設白書の公表状況と必要性、今後の展望について

2014年4月3日山梨総合研究所フィードバック数:0社会/政治

市町村総合計画の動向に関する 調査結果報告書

市町村総合計画の動向に関する 調査結果報告書

2014年2月9日山梨総合研究所フィードバック数:0ライフスタイル

認知症高齢者の在宅介護における負担の現状

Vol.186-2【平成 26 年 1 月 28 日発行】テーマⅡ認知症高齢者の在宅介護における負担の現状【山梨総合研究所 主任研究員 河住 圭彦】1 はじめに少子高齢化は確実に進展しており、日本は過去に類を見ない高齢化社会に向かって突き進んでいる。医学の進歩により平均寿命(誕生から死まで)と健康寿命(日常生活に制限のない期間)はともに伸びているものの、その差である「日常生活に制限のある『不健康な期間』」は、※1男性の平均寿命は 79.55 歳、健康寿命は 70.42縮まってはいない。平成 22

2014年2月9日山梨総合研究所フィードバック数:0大型消費/投資

統計からみた甲府の観光産業の現状と課題

Vol.185-2【平成 25 年 12 月 26 日発行】テーマⅡ統計からみた甲府の観光産業の現状と課題【山梨総合研究所 主任研究員 中村 直樹】1 はじめに観光産業は裾野が広く、交通機関の利用や宿泊にとどまらず、地元の飲食・小売へと波及することで地方に所得機会や雇用機会を生みだす。農業や製造業を取り巻く環境が厳しさを増しつつある中、21 世紀のリーディング産業としての観光への期待は大きい。一方、観光の推進にあたる自治体においては、施策の成果がシビアに要求され、地域の実情に即した効果的な施策を

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
 

お知らせ