「岩手県」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2016年10月19日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客(平成28年1月から3月)、スキー客(平成28年シーズン)の入込動向について

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客(平成28年1月から3月)、スキー客(平成28年シーズン)の入込動向について「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客(平成年月から月)、スキー客(平成年シーズン)の入込動向を取りまとめました。(平成年月日から公開)教育旅行客の入込動向平成年月から3月に本県を訪れた教育旅行客の入込は、学校数が延べ校、児童生徒数が万人回となっています。学校数は前年比で6校(%)増加、児童生徒数は前年比で人回(%)減少となりました。外国人観光客の入込動向平成年月から3月

2016年9月12日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成27年1月から12月)について

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成27年1月から12月)について「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成年月から月)を取りまとめました。(平成年月日から公開)教育旅行客の入込動向平成年に本県を訪れた教育旅行客の入込は、学校数が延べ校、児童生徒数が万人回となっています。学校数は前年比で2校(%)増、児童生徒数は前年比で人回(%)増となりました。児童生徒数については、東日本大震災津波発災前(平成年)の入込数を上回った平成年以降は万人台を維持しています。校

2016年2月3日岩手県フィードバック数:0社会/政治

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成27年1月~6月・暫定値)

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成27年1月~6月・暫定値)について「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成27年1月から6月・暫定値)を取りまとめました。詳細は添付ファイルをご覧ください。(平成28年1月29日から公開)教育旅行の入込動向平成27年1月から6月(上半期)に本県を訪れた教育旅行客は、学校数が延べ1,783校、児童生徒数が12万418人回となっています。学校数は前年比で21校(1.2%)増加、児童生徒数は前年比で4,511人回(3.6%

2016年1月27日岩手県フィードバック数:0社会/政治

平成27年度「子どもの読書状況調査」

平成27年度「子どもの読書状況調査」の結果について 本調査は、県内の児童生徒の読書状況を調査し、年度毎の変化を把握することで、子どもの読書活動の推進に係る県教育委員会の今後の施策展開の資料とするため実施しているものです。 県内の全ての公立小・中・高等学校において、小学5年生、中学2年生、高校2年生の1学級を抽出し、一定期間(1か月間)における児童生徒の読書量(冊数)等を調査しました。今後の読書活動の推進にご活用ください。【今年度の傾向】○ 平均読書冊数は、概ね堅調な増加傾向にあります。○ 読書者

2015年5月28日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年ゴールデンウィーク期間中の県内主要観光地における観光客入込状況

平成27年ゴールデンウィーク期間中の県内主要観光地における観光客入込状況について入込数(12日間)926,478人回比較平成27年4月25日(土)~5月6日(水/祝)926,478人回平成26年4月26日(土)~5月6日(火/祝)976,469人回対前年(26年)比▲49,991人回、5.1%減今年の特徴県内有数の観光客入込がある北上展勝地において、入込が前年を下回ったことから、GW期間中の全体としての入込は対前年比で減少したものの、GW期間中は好天に恵まれたことから、その他ほぼ全ての主要観光地

2015年5月28日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

平成27年シーズンのスキー客入込状況について

平成27年シーズンのスキー客入込状況について入込数991,241人回(平成26年:1,003,131人回)比較対前年(26年)比▲11,890人回、1.2%の減少今シーズンの特徴1 今シーズンは、シーズン前半は積雪に恵まれ、12月は、ほぼ全てのスキー場において昨シーズン以上の入込となりましたが、シーズン後半については、例年よりも気温の高い日が続き、雨が降るなど天候に恵まれなかったことから、入込数が伸び悩みました。2 全体としては、昨シーズン並みの入込となったものの、昨シーズンから引き続き達成を目

2015年4月30日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

震災復興についての調査です。

平成27年「岩手県の東日本大震災津波からの復興に関する意識調査」結果(速報)

平成27年「岩手県の東日本大震災津波からの復興に関する意識調査」結果(速報)について1 目的復興計画に基づいて県が行う施策・事業の実施状況や進捗に関し、県民がどの程度”重要”だと感じ、どの程度復旧・復興を”実感”しているか等を、毎年継続的に把握することで、計画の実効性を高め、長期にわたる復興に向けた取組の着実な推進を図るもの。2 平成27年調査の実施状況調査対象県内に調査時期 平成27年1月~2月回収状況回収率 67.1%(3,355人/5,000人)3 今後の予定平成27年7月下旬頃にデータ編

2015年4月21日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

「いわての観光統計」教育旅行・外国人観光客の入込動向(平成26年1月から9月)

「いわての観光統計」教育旅行・外国人観光客の入込動向(平成26年1月から9月)について「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成26年1月から9月)を取りまとめました。(平成27年4月21日から公開)教育旅行客の入込動向平成年1月から9月に本県を訪れた教育旅行客の入込は、学校数が延べ校、児童生徒数が万人回となりました。学校数は前年比で90校(3.3%)減少、児童生徒数は前年比で5,277人回(2.9%)減少となりました。校種別入込割合は、多い順に、中学校が54.9%、小学校が2

2015年3月29日岩手県フィードバック数:0社会/政治

岩手県の人口

岩手県の人口岩手県の人口について 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、本県の総人口は2040年には93万8,104人になると見込まれており、2010年の133万147人と比較してマイナス29.5%と大幅な減少が見込まれています。 岩手県では、以前から人口減少問題を重要な政策課題と捉え、「いわて県民計画」アクションプランにおいて人口の社会減を減らす取組を進めてきました。 今後も、定住や少子化対策、子育て支援などの施策について、全庁を挙げて取り組んでいくこととしています。岩手県の人口

2015年3月23日岩手県フィードバック数:0キャリアとスキル

岩手県労働委員会年報(平成23年版)

岩手県労働委員会年報(平成27年版)[労働委員会制度創設70周年記念特別号] 労働委員会制度は、平成27年度(平成28年3月)をもって、創設70周年を迎えることとなりました。 本誌は、例年発刊しております本県労働委員会の年報と70周年記念特別号の合併号として編集いたしました。第1部を記念特集として過去10年間における活動状況を収録し、第2部を平成27年1月から12月までの1年間の活動状況を取りまとめた年報としております。 この冊子が、日頃、労働関係の業務に携わっておられる方々をはじめとする皆様に

2015年3月23日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年度7月から9月期(第2四半期)「いわての観光統計」

平成26年度7月から9月期(第2四半期)「いわての観光統計」について平成26年度7月から9月期(第2四半期)「いわての観光統計」を取りまとめました。(平成27年3月23日から公開)観光庁は、平成21年12月、観光入込客に関する調査を全国共通に実施するべく「観光入込客統計に関する共通基準」(以下、「共通基準」という。)を策定しました。これを受けて、平成22年4月より順次、各都道府県において共通基準による調査を実施しています。本県は平成22年4月より導入しました。平成24年度分から、これまでの「年1

2015年3月17日岩手県フィードバック数:0社会/政治

地方債統計資料

平成 25 年度地方債統計資料平成 27 年 3 月岩手県政策地域部市町村課目次利用上の注意 ---------------------------------------------------------- 1概況 ------------------------------------------------------------------ 1A表起債区分別発行状況 -------------------------------------------- 2B表資金区分別発行状況 --

2015年3月16日岩手県フィードバック数:0キャリアとスキル

障がい者就労支援事業所への官公需(ハート購入)の状況(H27.3.13更新)

障がい者就労支援事業所への官公需(ハート購入)の状況(29.7.10更新)ハート購入の趣旨障がい者就労支援事業所における工賃水準の向上については、本県における障がい者福祉の重要課題の一つであり、平成27年10月に新しい「岩手県障がい者工賃向上計画」を策定するなど、各般の施策を講じているところです。県では、障がい者就労支援事業所への官公需(以下「ハート購入」という)を率先し、障がい者の工賃水準の向上を支援しています。ハート購入の対象施設生活介護、就労移行支援及び就労継続支援(A型、B型)事業を行う

2015年3月6日岩手県フィードバック数:0社会/政治

障がい者就労支援事業所への官公需(ハート購入)の状況(H27.3.3更新)

障がい者就労支援事業所への官公需(ハート購入)の状況(29.6.14更新)ハート購入の趣旨障がい者就労支援事業所における工賃水準の向上については、本県における障がい者福祉の重要課題の一つであり、平成27年10月に新しい「岩手県障がい者工賃向上計画」を策定するなど、各般の施策を講じているところです。県では、障がい者就労支援事業所への官公需(以下「ハート購入」という)を率先し、障がい者の工賃水準の向上を支援しています。ハート購入の対象施設生活介護、就労移行支援及び就労継続支援(A型、B型)事業を行う

2015年3月5日岩手県★フィードバック数:0ライフスタイル

岩手県のまとめです。

平成25年度版「岩手県農業の指標」

平成25年度版「岩手県農業の指標」構成農業経済農業構造(1)農家構成(2)農家人口と農家の就業(3)農地(4)資本装備(5)農業経営農業生産と流通加工(1)作物別生産と流通(2)水田農業経営確立対策(3)農産物市場(4)農産加工(5)試験研究(6)農業生産環境農家生活と生活水準(1)農家生活と生活水準(2)農村女性(3)農村生活環境中山間地域農業農業団体(1)農業協同組合(2)農業共済組合(3)農業委員会(4)農業会議(5)土地改良区(6)たばこ耕作組合(7)ホップ農業協同組合農業金融その他 添

2015年3月5日岩手県フィードバック数:0社会/政治

平成27年火災概況(速報値)(平成27年2月28日現在)

平成29年火災概況(速報値)(平成29年3月31日現在)出火件数・焼損面積平成29年1月1日から4月30日までの総出火件数は184件で、前年同期の207件に比べ23件減少となっています。また、建物火災の焼損床面積は11,516平方メートルで、前年同期の11,438平方メートルに比べ78平方メートル増加しており、林野火災の焼損面積は731アールで、前年同期の788アールに比べ57アール減少しています。過去10年間とは平成19年から平成28年の期間である。(平成28年は速報値で集計)焼死者平成29年

2015年3月5日岩手県フィードバック数:0ビジネス

港湾統計(平成21年から平成25年)

港湾統計(平成21年から平成27年)久慈港宮古港釜石港大船渡港八木港小本港合計添付ファイルPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。 このページに関するお問い合わせ 港湾担当 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1 電話番号:019-629-5913 ファクス番号:019-629-9130 お問い合わせは専用フォームをご利用ください。 岩手県庁 〒020-8570 岩手県盛岡

2015年2月25日岩手県フィードバック数:0社会/政治

障がい者就労支援事業所への官公需(ハート購入)の状況

障がい者就労支援事業所への官公需(ハート購入)の状況ハート購入の趣旨障がい者就労支援事業所における工賃水準の向上については、本県における障がい者福祉の重要課題の一つであり、平成27年10月に新しい「岩手県障がい者工賃向上計画」を策定するなど、各般の施策を講じているところです。県では、障がい者就労支援事業所への官公需(以下「ハート購入」という)を率先し、障がい者の工賃水準の向上を支援しています。ハート購入の対象施設生活介護、就労移行支援及び就労継続支援(A型、B型)事業を行う障害福祉サービス事業所

2015年2月20日岩手県フィードバック数:0社会/政治

平成26年 住民基本台帳ネットワークシステムの利用及び提供の状況

平成26年 住民基本台帳ネットワークシステムの利用及び提供の状況について住民基本台帳法施行条例(平成14年岩手県条例第49号。以下「条例」という。)第8条の規定により、平成26年における本人確認情報の利用及び提供の状況について次のとおり公表する。平成27年2月19日PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。 このページに関するお問い合わせ 行政担当 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1

2015年2月18日岩手県★フィードバック数:0キャリアとスキル

岩手県のレポートです。

平成25年度 岩手県教育年報

平成25年度 岩手県教育年報全体のダウンロード各章ごとのダウンロード表紙・目次・序第1章 東日本大震災津波からの復興に向けた取組第2章 教育行財政第1節 教育行政第2節 教育財政第3章 教育施策の推進状況第1節 社会の変化に対応する教育の推進第2節 確かな学力を育む教育の推進第3節 豊かな人間性や社会性を育む教育の推進第4節 健やかな体をはぐくむ教育の推進第5節 「共に学び、共に育つ」教育の推進第6節 学校教育を支える教育環境の充実第7節 教育振興運動を基盤とした地域ぐるみで取り組む教育の推進第

2015年2月11日岩手県フィードバック数:0社会/政治

岩手県の人口

岩手県の人口岩手県の人口について 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、本県の総人口は2040年には93万8,104人になると見込まれており、2010年の133万147人と比較してマイナス29.5%と大幅な減少が見込まれています。 岩手県では、以前から人口減少問題を重要な政策課題と捉え、「いわて県民計画」アクションプランにおいて人口の社会減を減らす取組を進めてきました。 今後も、定住や少子化対策、子育て支援などの施策について、全庁を挙げて取り組んでいくこととしています。岩手県の人口

2015年1月30日岩手県フィードバック数:0社会/政治

県土整備年報

県土整備年報県土整備部の予算推移や職員数、県道等の施設管理延長などをまとめた統計資料等を掲載しています。内容行政組織関係予算決算関係 道路関係港湾関係 空港関係 河川・ダム関係 砂防・災害関係 海岸関係 都市計画関係 景観関係 下水道関係 住宅関係 許認可等主要事務関係 添付ファイルPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。 このページに関するお問い合わせ 企画担当 〒020-8570 岩手県

2014年12月28日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年度4月から6月期(第1四半期)「いわての観光統計」

平成26年度4月から6月期(第1四半期)「いわての観光統計」について平成26年度4月から6月期(第1四半期)「いわての観光統計」を取りまとめました。(平成26年12月26日から公開)観光庁は、平成21年12月、観光入込客に関する調査を全国共通に実施するべく「観光入込客統計に関する共通基準」(以下、「共通基準」という。)を策定しました。これを受けて、平成22年4月より順次、各都道府県において共通基準による調査を実施しています。本県は平成22年4月より導入しました。平成24年度分から、これまでの「年

2014年12月5日岩手県フィードバック数:0社会/政治

平成26年火災概況(速報値)(平成26年11月30日現在)

平成29年火災概況(速報値)(平成29年5月31日現在)出火件数・焼損面積平成29年1月1日から5月31日までの総出火件数は249件で、前年同期の251件に比べ2件減少となっています。また、建物火災の焼損床面積は14,838平方メートルで、前年同期の14,953平方メートルに比べ115平方メートル減少しており、林野火災の焼損面積は1,121アールで、前年同期の869アールに比べ252アール増加しています。過去10年間とは平成19年から平成28年の期間である。(平成28年は速報値で集計)焼死者平成

2014年11月5日岩手県フィードバック数:0社会/政治

ツキノワグマによる人身被害状況・出没状況

ツキノワグマによる人身被害状況・出没状況についてツキノワグマによる人身被害に注意しましょう 平成29年4月1日から7月4日までに、県内において10件10名の方がツキノワグマの被害に遭われています。 県では、昨年度(平成28年度)のツキノワグマの大量出没を受け、注意報等発表要領を制定した平成18年以降で初となる「ツキノワグマに関する警報」を平成28年6月23日に発表しましたが、平成28年度は17件19名の方が被害に遭われています。 今年度も春先には子連れクマが多く出没することが予想されており、母グ

2014年10月22日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成26年1月から6月)

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成26年1月から6月)について「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客の入込動向(平成26年1月から6月)を取りまとめました。(平成26年10月21日から公開)教育旅行客の入込動向平成26年1月から6月(上半期)に本県を訪れた教育旅行客の入込は、学校数が延べ1,701校、児童生徒数が11万4,990人回となっています。学校数は前年比で71校(4.0%)減少、児童生徒数は前年比で1万1,578人回(9.1%)減少となりました。校種別入込

2014年9月29日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

岩手県の調査です。

平成26年度「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」

平成26年度「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」結果県では、東日本大震災津波により被災し、沿岸地区を離れ県外・内陸地区へ移動している被災者について、今後の居住場所の意向、情報ニーズ等を把握し、県・市町村が実施している被災者支援の充実を図るため、一昨年度より年1回のアンケート調査を実施しています。調査概要調査対象県外へ移動している812世帯及び県内内陸地区へ移動している1607世帯※ 県からの情報提供を希望している全世帯調査方法郵送法(郵送による発送、返信用封筒による返送)調

2014年9月29日岩手県フィードバック数:0社会/政治

岩手県の人口

岩手県の人口岩手県の人口について 国立社会保障・人口問題研究所の将来推計人口によると、本県の総人口は2040年には93万8,104人になると見込まれており、2010年の133万147人と比較してマイナス29.5%と大幅な減少が見込まれています。 岩手県では、以前から人口減少問題を重要な政策課題と捉え、「いわて県民計画」アクションプランにおいて人口の社会減を減らす取組を進めてきました。 今後も、定住や少子化対策、子育て支援などの施策について、全庁を挙げて取り組んでいくこととしています。岩手県の人口

2014年9月4日岩手県★フィードバック数:0大型消費/投資

年間のまとめです。

平成25年度版岩手県観光統計概要

平成25年度版岩手県観光統計概要について「平成25年度版岩手県観光統計概要」を取りまとめました。(平成26年9月3日より公開)平成22年度より国の共通基準を導入観光庁は、平成21年12月、観光入込客に関する調査を全国共通に実施するべく「観光入込客統計に関する共通基準」(以下、「共通基準」という。)を策定しました。これを受けて、平成22年4月より順次、各都道府県において共通基準による調査を実施しています。本県は平成22年4月より導入しました。各都道府県の観光入込客数については、これまで、各都道府県

2014年9月4日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年度1月から3月期(第4四半期)「いわての観光統計」

平成25年度1月から3月期(第4四半期)「いわての観光統計」について平成25年度1月から3月期(第4四半期)「いわての観光統計」を取りまとめました。(平成26年9月3日より公開)観光庁は、平成21年12月、観光入込客に関する調査を全国共通に実施するべく「観光入込客統計に関する共通基準」(以下、「共通基準」という。)を策定しました。これを受けて、平成22年4月より順次、各都道府県において共通基準による調査を実施しています。本県は平成22年4月より導入しました。平成24年度分から、これまでの「年1回

2014年8月6日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客(平成26年1月から3月)、スキー客(平成26年シーズン)の入込動向

「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客(平成26年1月から3月)、スキー客(平成26年シーズン)の入込動向「いわての観光統計」教育旅行客・外国人観光客(平成26年1月から3月)、スキー客(平成26年シーズン)の入込動向を取りまとめました。(平成26年8月5日から公開)教育旅行の入込動向平成26年1月から3月に本県を訪れた教育旅行客の入込は、学校数が延べ156校、児童生徒数が1万1,684人回となっています。学校数は前年比で2校(1.3%)増加、児童生徒数は前年比で3,235人回(21.7%

2014年7月31日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

岩手県のレポートです。

震災復興平成26年度岩手県東日本大震災津波復興計画の取組状況等に関する報告書(いわて復興レポート2014)

平成26年度岩手県東日本大震災津波復興計画の取組状況等に関する報告書(いわて復興レポート2014)目的平成23 年度から平成25 年度までの「基盤復興期間」に実施した事業進捗の状況を報告するとともに、復興の現状やその推移を示す「復興インデックス」や「被災事業所復興状況調査」、そして県民の皆様の「復興に関する意識調査」といった調査結果等に基づき、本県の復興の現状と課題、今後の方向性を明らかにするもの。本年3 月には、沿岸地域の大動脈となる三陸沿岸道路の尾肝要道路と高田道路の供用開始、4 月には三陸

2014年7月31日岩手県★★フィードバック数:0社会/政治

岩手県の調査です。

平成26年「岩手県の東日本大震災津波からの復興に関する意識調査」結果(データ編)について

平成26年「岩手県の東日本大震災津波からの復興に関する意識調査」結果(データ編)について「岩手県の東日本大震災津波からの復興に関する意識調査」について岩手県では、東日本大震災津波からの復興を進めるため、平成23年8月に「岩手県東日本大震災津波復興計画」を策定し、復興に向けた取組を進めています。復興計画の推進に当たっては、計画のマネジメントサイクルに基づき、県等が行う施策、事業の実施状況や進捗について明らかにし、計画の実効性を高め、その着実な推進を図るとともに、今後の取組につなげていくことにより、

2014年7月2日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

平成25年度10月から12月期(第3四半期)「いわての観光統計」

平成25年度10月から12月期(第3四半期)「いわての観光統計」について平成25年度10月から12月期(第3四半期)「いわての観光統計」を取りまとめました。(平成26年7月1日より公開)観光庁は、平成21年12月、観光入込客に関する調査を全国共通に実施するべく「観光入込客統計に関する共通基準」(以下、「共通基準」という。)を策定しました。これを受けて、平成22年4月より順次、各都道府県において共通基準による調査を実施しています。本県は平成22年4月より導入しました。平成24年度分から、これまでの

2014年5月22日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成26年度小・中学校児童生徒数及び学級数(平成26年5月1日現在)

平成29年度小・中学校児童生徒数及び学級数平成29年度小・中学校児童生徒数及び学級数は、以下の添付ファイルをダウンロードしてご覧ください。PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。 このページに関するお問い合わせ 〒020-0023 岩手県盛岡市内丸11-1 電話番号:019-629-6742 ファクス番号:019-629-6754 お問い合わせは専用フォームをご利用ください。 岩

2014年5月16日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

平成26年ゴールデンウィーク期間中の県内主要観光地における観光客入込状況について

平成26年ゴールデンウィーク期間中の県内主要観光地における観光客入込状況について入込数(11日間)比較平成26年4月26日(土)~5月6日(祝)976,469人回平成25年4月27日(土)~5月6日(祝) 1,063,531人回今年の特徴桜の開花時期が早く、GW前半に観光客入込のピークさくらまつり期間中(~)は前年比人回増の人回になるなど、全体として順調な入込となりました。は、天候に恵まれアスピーテライン終日通行止めが日間のみで、添付ファイルPDFファイルをご覧いただくには、Adobe Read

2014年5月13日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

岩手県の調査です。

平成24年度「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」

平成24年度「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」結果県では、東日本大震災津波により被災し、沿岸地区を離れ県外・内陸地区へ移動している被災者の、移動理由、今後の居住場所、情報ニーズ等を把握し、県・市町村が実施している被災者支援の充実を図るため、「県外及び内陸地区へ移動している被災者へのアンケート調査」を実施しました。調査概要調査対象県外へ移動している300世帯及び内陸地区へ移動している300世帯を抽出調査方法郵送法(郵送による発送、返信用封筒による返送)調査期間平成24年10

2014年5月9日岩手県フィードバック数:0大型消費/投資

沿岸市町村の地価動向等について

沿岸地域の地価動向等(平成23年度第3四半期短期地価動向調査結果)平成23年3月11日に発生した東日本大震災津波で被災した沿岸地域において、地価上昇や投機目的の買占め等が懸念されております。県では、短期地価動向等調査を実施して価格や土地取引動向を注視し、国土利用計画法の規定に基づく監視区域の指定について検討するとともに、調査結果等を公表してまいりますので、沿岸地域における土地取引の指標としてご活用ください。短期地価動向調査の概要調査主体:岩手県調査対象:沿岸12市町村25地点(住宅地21地点、商

2014年4月30日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成24年度一般廃棄物の排出及び処理状況等(平成24年度実績)

一般廃棄物の排出状況等について県内の一般廃棄物(ごみ・し尿)処理状況等についてお知らせします 岩手県では、毎年環境省が実施している「一般廃棄物処理事業実態調査」の調査結果を基に、県内の一般廃棄物の排出・処理状況等をとりまとめて公表しています。一般廃棄物処理事業実態調査は、県内の市町村、一部事務組合及び広域連合に対して実施しているもので、各年度ごとに、ごみとし尿の排出状況や処理状況、事業経費、一般廃棄物処理施設の整備状況について調査を行い、その結果についてお知らせしています。平成27年度一般廃棄物

2014年4月30日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成23年度における県内のごみ排出量(速報値)年間実績

平成23年度における県内のごみ排出量(速報値)年間実績について平成23年度における県内のごみ排出量(速報値)年間実績のお知らせ岩手県では、平成21年4月から、毎月県内の市町村のごみ排出量(速報値)を調査しホームページ上において公表する取組を行っています。このたび、平成23年4月から平成24年3月までの調査結果に基づき、平成23年度における年間実績の集計を行いましたので、その結果についてお知らせいたします。なお、各市町村ごとの詳細なデータは、添付した資料をご覧ください。平成23年度ごみ排出量(速報

2014年4月4日岩手県フィードバック数:0社会/政治

平成23年 農林水産業気象災害年報

平成23年 農林水産業気象災害年報平成23年(1月から12月)における農林水産業の気象災害と対策を年報としてまとめたものです。PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。 このページに関するお問い合わせ 企画担当 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1 電話番号:019-629-5622 ファクス番号:019-629-5769 お問い合わせは専用フォームをご利用ください。 岩手

2014年4月2日岩手県★フィードバック数:0社会/政治

四半期ごとの調査です。

いわて復興ウォッチャー調査

いわて復興ウォッチャー調査について県では、東日本大震災津波からの復興状況を定期的に把握するため、被災地域に居住又は就労している方々を対象に、復興感に関する調査(いわて復興ウォッチャー調査)を実施しています。調査は、被災地域において復興の動きを観察できる立場にある方々の協力を得て、半年(6ヶ月)に一度、継続して実施していくこととしています。調査方法調査地区沿岸12市町村調査対象150名程度対象者被災地域に居住又は就労している方々(対象者は、既に承諾を得て決定済みです。)調査時期(予定)毎年1月、7

2014年3月31日岩手県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成23年度版「岩手県林業の指標」

平成23年度版「岩手県林業の指標」構成本県林業の地位(全国対比)森林づくり(1)森林計画(2)造林(3)間伐(4)育種(5)公有林等(6)県有林(7)市町村、財産区、一部管理組合(8)林道(9)保安林(10)治山(11)林地保全(12)森林保護(13)流域管理(14)国有林野林産物(1)素材生産量(2)外材入荷量(3)木材需要(4)木材産業(5)特用林産物林業事業体等(1)林業事業体(2)林業従事者(3)林業機械(4)林業経営(5)入会林野林業金融その他 添付ファイルPDFファイルをご覧いただく

2014年3月31日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成25年度版「岩手県水産業の指標」

平成25年度版「岩手県水産業の指標」構成主要指標漁業生産の動向漁業経営体生産手段水産物流通加工水産業協同組合の概況水産金融・共済事業等参考 PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。 このページに関するお問い合わせ 企画担当 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1 電話番号:019-629-5622 ファクス番号:019-629-5769 お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

2014年3月31日岩手県フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

平成24年度版「岩手県林業の指標」

平成24年度版「岩手県林業の指標」構成本県林業の地位(全国対比)森林づくり(1)森林計画(2)造林(3)間伐(4)育種(5)公有林等(6)県有林(7)市町村、財産区、一部管理組合(8)林道(9)保安林(10)治山(11)林地保全(12)森林保護(13)流域管理(14)国有林野林産物(1)素材生産量(2)外材入荷量(3)木材需要(4)木材産業(5)特用林産物林業事業体等(1)林業事業体(2)林業従事者(3)林業機械(4)林業経営(5)入会林野林業金融その他添付ファイルPDFファイルをご覧いただくに

2014年3月31日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成24年度版「岩手県水産業の指標」

平成24年度版「岩手県水産業の指標」構成主要指標漁業生産の動向漁業経営体生産手段水産物流通加工水産業協同組合の概況水産金融・共済事業等参考 PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。 このページに関するお問い合わせ 企画担当 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1 電話番号:019-629-5622 ファクス番号:019-629-5769 お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

2014年3月31日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成24年度版「農業の指標」

平成24年度版「岩手県農業の指標」構成農業経済農業構造(1)農家構成(2)農家人口と農家の就業(3)農地(4)資本装備(5)農業経営農業生産と流通加工(1)作物別生産と流通(2)水田農業経営確立対策(3)農産物市場(4)農産加工(5)試験研究(6)農業生産環境農家生活と生活水準(1)農家生活と生活水準(2)農村女性(3)農村生活環境中山間地域農業農業団体(1)農業協同組合(2)農業共済組合(3)農業委員会(4)農業会議(5)土地改良区(6)たばこ耕作組合(7)ホップ農業協同組合農業金融その他 添

2014年3月31日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

岩手県内における食中毒発生状況

岩手県内における食中毒発生状況岩手県内における食中毒発生状況(平成29年4 月12日現在)事件数5件(前年同期4件)患者数 56人(前年同期75人) 月別発生状況病因物質別発生状況平成20年4月からは他の食品衛生業務と同じく、岩手県と盛岡市は別々に食中毒事件処理を行っておりますが、下表においては盛岡市分を含め統計処理しております。備考 表中の動物性自然毒は「ふぐ」このページに関するお問い合わせ 食の安全安心担当 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1 電話番号:019-629-5322 フ

2014年3月31日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成23年度版「岩手県水産業の指標」

平成23年度版「岩手県水産業の指標」構成主要指標漁業生産の動向漁業経営体生産手段水産物流通加工水産業協同組合の概況水産金融・共済事業等参考 PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。 お持ちでない方は、Adobeのサイトからダウンロードしてください。 このページに関するお問い合わせ 企画担当 〒020-8570 岩手県盛岡市内丸10-1 電話番号:019-629-5622 ファクス番号:019-629-5769 お問い合わせは専用フォームをご利用ください。

2014年3月31日岩手県フィードバック数:0ライフスタイル

平成23年度版「農業の指標」

平成23年度版「岩手県農業の指標」構成農業経済農業構造(1)農家構成(2)農家人口と農家の就業(3)農地(4)資本装備(5)農業経営農業生産と流通加工(1)作物別生産と流通(2)水田農業経営確立対策(3)農産物市場(4)農産加工(5)試験研究(6)農業生産環境農家生活と生活水準(1)農家生活と生活水準(2)農村女性(3)農村生活環境中山間地域農業農業団体(1)農業協同組合(2)農業共済組合(3)農業委員会(4)農業会議(5)土地改良区(6)たばこ耕作組合(7)ホップ農業協同組合農業金融その他 添

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
 

お知らせ