調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 帝国データバンク

「帝国データバンク」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年3月22日帝国データバンク★★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度の雇用動向に関する企業の意識調査

2017/3/142017年度の雇用動向に関する企業の意識調査正社員採用、過去10年で最高水準〜 副業・兼業はモチベーション向上や人材確保・定着で効果的 〜はじめに2016年12月の有効求人倍率は1.43倍と、1991年7月以来25年5カ月ぶりの高水準となり、人手不足が深刻化している。また、新規学卒者の就職内定率は2016年12月時点で85.0%(大卒)と6年連続で上昇し過去最高となっている。さらに、政府は「働き方改革」をアベノミクス第三の矢の柱として、副業・兼業など柔軟な働き方を議論している。

2017年3月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

オランダ進出企業実態調査

2017/3/13オランダ進出企業実態調査オランダ進出企業は452社〜 進出はアムステルダム市(北ホラント州)近郊に集中 〜はじめに3月15日に投開票を迎えるオランダ下院選挙において、欧州連合(EU)離脱を主張する右派政党のPVV(自由党)の動向が注目される。同党が議席を伸ばし、第一党へ躍進する可能性は否定できないものの、戦後のオランダ政権は全て連立内閣であることから、国政におけるPVVの影響は今後も限定的とみられる。しかし、PVVの躍進はフランスやドイツなど、国政選挙を控える欧州主要各国のEU

2017年3月14日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年2月報

2017年 2月報倒産件数は664件、5カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1158億5500万円、3カ月連続の前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は664件で、前月比で12.4%の増加、前年同月比でも1.2%の微増となり、5カ月ぶりに前年同月を上回った。負債総額は1158億5500万円で、前月比で1.3%増加したものの、前年同月比では25.3%の減少となり、3カ月連続で前年同月を下回った■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同月を上回った。このうち、不動産業(29件、前年同月比45.0%増)

2017年3月9日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2017年2月調査

2017/3/3TDB景気動向調査 −2017年2月調査結果−2017年3月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。製造業の改善が国内景気押し上げる 〜海外リスク抱えながらも、緩やかに回復続く見込み〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年3月調査結果」の発表は、4月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@mail.td

2017年2月26日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査(2017年1月)

2017/2/21人手不足に対する企業の動向調査(2017年1月)企業の43.9%で正社員不足、過去10年で最高〜 「大企業」、「個人消費関連業種」で深刻な人手不足 〜はじめに人口減少と産業構造の変化にともない働き手の奪い合いが生じているなか、アベノミクスの成長戦略を進めていくうえで人手不足が大きなネックとなっている。有効求人倍率の上昇や失業率の低下など労働市場が逼迫することは、求職者には明るい材料となる一方、企業にとっては人手不足の長期化で人件費上昇などのコストアップとなる。そこで、帝国データ

2017年2月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内菓子メーカーの経営実態調査

2017/2/13国内菓子メーカーの経営実態調査菓子市場、インバウンドで売り上げ増加〜 新幹線効果で北陸・九州の増収目立つ 〜はじめに14日に控えたバレンタインデー目前に、小売業界では賑わいを見せている。今年は、バレンタインデーが3年ぶりの平日となることから、下火になりつつあった友達や上司、同僚への「義理チョコ」需要の増加が見込まれる。大手百貨店では、日本未上陸ブランドを含めた世界中の有名チョコレートブランドを特設会場に集め、女性自身が自分用に購入する「自分チョコ」需要や高級チョコレートの販売拡

2017年2月20日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2017/2/142017年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善、過去最高の51.2%が見込む〜 2017年度の従業員給与・賞与、改善効果で約3.5兆円増加と試算 〜はじめに2017年の景気は、「悪化」や「踊り場」局面になると考える企業が前年から減少したうえ、「分からない」が過去最高となるなど(「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」)、先行きが一段と見通しにくくなっている。その一方で、政府は官民対話等を通じて賃金の引き上げを要請している。そのため、雇用確保とともにベースアップや賞

2017年2月17日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2017年1月報

2017年 1月報倒産件数は591件、11年10カ月ぶりに500件台にとどまる 負債総額は1144億円、2カ月連続の前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は591件で、前月比で9.6%の減少、前年同月比でも12.8%の減少となり、4カ月連続の前年同月比減少。2005年3月(584件)以来、11年10カ月ぶりに500件台にとどまった■負債総額は1144億円で、前月比33.2%の減少、前年同月比でも14.0%の減少となり、2カ月連続で前年同月を下回った■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を下回

2017年2月14日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2017年1月調査結果-

2017/2/3TDB景気動向調査 −2017年1月調査結果−2017年2月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。トランプショックで回復傾向が足止め 〜米国の政策で世界経済に不透明感強まる〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年2月調査結果」の発表は、3月3日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki@mail.tdb.co

2017年2月12日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国社長分析(2017年)

2017/1/31全国社長分析(2017年)平均年齢59.3歳、過去最高を更新〜 団塊世代の社長、全体の1割 〜はじめに定年のない社長業。企業における経営者の平均年齢は高齢化の一途を辿り、後継者不在などで休廃業・解散を余儀なくされるケースが散見される。『平成28年版高齢社会白書』(内閣府発表)によると、65歳以上の高齢者人口は3392万人に達し、総人口の26.7%を占める。今後一層の高齢者増加・人口減少が見込まれるなか、企業の繁栄と存続に向け、トップの高齢化について考慮すべき問題は山積している。

2017年2月12日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

第9回:全国「休廃業・解散」動向調査

2017/1/31第9回:全国「休廃業・解散」動向調査2016年の「休廃業・解散」は2万5000件〜 前年比微増、促進政策道半ば 〜はじめに2016年の企業倒産件数(法的整理による倒産、負債1000万円以上)は8164件と7年連続で前年を下回り、2000年(6734件)以降で2番目の低水準となった。背景には、建設投資拡大の恩恵を受けて「建設業」の倒産が8年連続で前年比減少となったほか、中小企業金融円滑化法の終了後も引き続き返済猶予を受けている企業が多いことが挙げられる。一方で、中小・零細企業を中

2017年2月2日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

映画・映像関連企業の業績・倒産動向調査

2017/1/24映画・映像関連企業の業績・倒産動向調査業績好調も倒産は増加〜 『君の名は。』などヒットの影で中小制作は苦戦 〜はじめに『君の名は。』『シン・ゴジラ』など話題作が多かった2016年の映画業界。一般社団法人 日本映画製作者連盟によると、2014年以降連続で国内の映画興行収入は増加しており、好調が続く。その一方で、過去にヒットした映画の制作などに携わった企業の倒産も発生した。また、近年のメディア環境の激変や景気の低迷から、厳しい経営環境を余儀なくされている映像制作会社なども少なくない

2017年1月27日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

個人消費活性化に対する企業の意識調査

2017/1/19個人消費活性化に対する企業の意識調査現状の個人消費、企業の半数超が「悪い」と認識〜 早期回復を見込む企業は1割未満、消費活性化には8つの条件を1つ1つクリア 〜はじめに2016年11月実施のTDB景気動向調査の特別企画「2017年の景気見通しに対する企業の意識調査」において、景気回復に必要な政策として「個人消費拡大策」が5年連続でトップとなった。国内総生産(GDP)の約6割を占める個人消費の拡大は、本格的な景気回復に欠かせない要素となっている。そこで、帝国データバンクは、個人消

2017年1月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

「タカタ」グループの下請企業実態調査

2017/1/19「タカタ」グループの下請企業実態調査タカタ下請先、国内は570社にとどまる〜 一次下請先は 「滋賀県」がトップ 〜はじめにエアバッグの大規模リコール問題に揺れるタカタの経営再建問題が、大詰めを迎えている。包括的な再建計画の策定を目的に設置した外部専門家委員会が中心となり、現在、スポンサー企業の選定を進めている同社。会社側は私的整理による再建を目指しているが、一部報道によれば、有力スポンサー候補は法的整理での再建を提案しているとされる。再建シナリオはなお流動的ながら、仮に法的整理

2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年12月報

2016年 12月報倒産件数は654件、3カ月連続の前年同月比減少 負債総額は1713億2700万円、3カ月ぶりの前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は654件で、前月比で3.0%減少、前年同月比でも5.8%減少となった。前年同月比は3カ月連続で減少、減少幅は1ケタ台での推移が続いている■負債総額は1713億2700万円で、前月比70.6%の減少、前年同月比でも55.6%の減少となり、3カ月ぶりの前年同月比減少。なお、2016年では11月(5828億4200万円)に次いで2番目に大きい負債規模

2017年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年報

2016年報倒産件数は8164件、7年連続の前年比減少負債総額は1兆9916億8300万円、2年ぶりの前年比減少 主要ポイント■倒産件数は8164件(前年8517件、前年比4.1%減)と、7年連続で前年を下回り、2000年(6734件)に次ぐ低水準となった。四半期ベースでみると、第3四半期は2018件(前年同期1999件)と微増したものの、それ以外の四半期では前年同期を下回った■負債総額は1兆9916億8300万円と、前年を1.0%下回り、2年ぶりの前年比減少となった■件数、負債総額ともに200

2017年1月18日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査

2017/1/13医療機関・老人福祉事業者の倒産動向調査老人福祉事業者の倒産、2年連続で過去最悪〜 医療機関では病院の大型倒産が2年ぶりに発生 〜はじめに高齢者が増え続けることで医療・介護への需要・関心は年々高まっているが、現場を支えるスタッフの人員不足、報酬や保険料の改定などで収益が流動的となっている事業者は数多い。なかでも老人福祉事業者の倒産は増加の一途を辿っており、2018年度の診療報酬・介護報酬の同時改定が両業界にどのような影響を及ぼすのか注目される。帝国データバンクは、2000年〜20

2017年1月16日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2016年12月調査結果-

2017/1/11TDB景気動向調査 −2016年12月調査結果−2017年1月11日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気は幅広く改善、上向き傾向続く 〜今後の国内景気は個人消費の動向がカギ〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2017年1月調査結果」の発表は、2月3日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail:keiki@mail.tdb

2017年1月12日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査

2016/12/272016年度第2四半期 主要上場建設会社59社の受注・業績動向調査受注高9.1%増、2年ぶりにプラスへ〜 公共工事、再び増加に転じる 〜はじめに上場建設会社の2016年度第2四半期(中間)決算が出揃った。年に2回、6月と12月に行っている上場ゼネコンの“定点観測”だが、業界のトレンドは目まぐるしく変わっている。国内建設投資が92年度のピーク比半減となった2010年度が近年の受注高のボトム。その後、東日本大震災の復興需要、安倍政権下の補正予算、国土強靭化計画に基づくインフラ工事

2017年1月11日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

国内主要112行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査

2016/12/26国内主要112行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査中間期の預金増加、貸出金の7.3倍〜 貸出金増えず利ざや悪化 〜はじめに人口減少や人口動態などを踏まえ、将来における地方自治体の消滅や地域経済衰退などが懸念される なか、銀行の経営競争はより激しさを増し、近年、経営統合など再編のニュースが相次いでいる。さらに今後は、担保や取引実績に頼らない事業性評価による融資先の開拓など、より深く企業を理解・分析する能力が求められるとともに、そうした取り組みやそれぞれの営業エリア

2017年1月8日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

2016年の上場企業倒産の動向調査

2016/12/292016年の上場企業倒産の動向調査上場企業倒産、2016年は「ゼロ」に調査結果 2016年の上場企業倒産は12月29日17時時点で発生しておらず、このまま推移すれば、ゼロで終わる見通し。“上場企業倒産ゼロ”は、2014年以来2年ぶり 上場企業倒産は、リーマン・ショックの影響が広がった2008年(33件)をピークに以降は減少傾向が続いている。2015年はスカイマーク(株)、第一中央汽船(株)など3件だった 2016年の企業倒産全体では、金融機関が返済条件の変更に引き続き応じてい

2016年12月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

米国進出企業実態調査

2016/12/15米国進出企業実態調査米国進出の日本企業は6,814社〜 企業の多くが「カリフォルニア州」「ニューヨーク州」へ集中 〜はじめに11月9日(日本時間)に行われたアメリカ合衆国(以下「米国」)大統領選挙でのドナルド・トランプ候補勝利から、1カ月余りが経過した。同氏の「アメリカ第一主義」に基づく、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)離脱表明をはじめ保護貿易主義的な政策は、周辺各国との貿易・外交の軋轢が懸念されている。完成車、電機メーカーをはじめとする日本企業の中には、北米市場を重要

2016年12月24日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2017年の景気見通しに対する企業の意識調査

2016/12/142017年の景気見通しに対する企業の意識調査2017年の懸念材料、「米国経済」が急増〜 トランプノミクス、日本経済に「マイナス影響」が4割〜はじめに2016年12月8日に発表された7〜9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.3%増、年率換算で1.3%増と、3四半期連続のプラス成長となった。また、住宅着工戸数の増加や有効求人倍率の上昇が続くなど改善傾向を示す指標がある一方、個人消費は依然として足踏み傾向がみられており、業種や地域で景況感の格差が表れている。帝国

2016年12月18日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年11月報

2016年 11月報倒産件数は674件、2カ月連続の前年同月比減少 負債総額は5828億4200万円、今年最大を記録主要ポイント■倒産件数は674件で、前月比では4.3%の減少、前年同月比でも2.2%の減少となり、2カ月連続で前年同月を下回った。負債総額は5828億4200万円で、前月比398.6%の増加、前年同月比でも338.7%増加。2カ月連続で前年同月を上回り、今年最大を記録した■業種別に見ると、7業種中3業種で前年同月を下回った。建設業は2カ月連続で、製造業は2カ月ぶり、不動産業は4カ月

2016年12月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2016年11月調査結果-

2016/12/5TDB景気動向調査 −2016年11月調査結果−2016年12月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気は3カ月連続改善、上向き傾向 〜米大統領選ショックは短期間で反転、円安株高が好材料に〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2016年12月調査結果」の発表は、1月11日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail:keik

2016年12月12日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

ロシア進出企業実態調査

2016/12/1ロシア進出企業実態調査ロシア進出の日本企業は314社〜 進出地域は「モスクワ州」へ集中〜はじめに11月19日、ペルーで開催されたアジア太平洋経済協力会議(APEC)において日露両国首脳による会談が行われた。このなかで、日露両首脳は12月に山口県で再び首脳会談を行い、幅広い分野での協議が行われることを確認した。こうした安倍首相の「新しいアプローチ」による交渉とともに、2013年4月に発表された「日露パートナーシップの発展に関する共同声明」をはじめとする日露経済交流などを両政府がよ

2016年12月10日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

全国メーンバンク調査(2016年)

2016/11/30全国メーンバンク調査(2016年)8年連続で三菱東京UFJが首位〜 九州では福岡銀行が首位に 〜はじめに今年4月、東京TYフィナンシャルグループ(東京都民銀行・八千代銀行)が新銀行東京をグループに迎え、将来的な合併に向けた新体制を発足させた。一方、地方では2月、長崎県に基盤を持つ十八銀行とふくおかフィナンシャルグループ(福岡銀行・熊本銀行・親和銀行)が2017年4月をメドとする経営統合を発表、昨年10月に誕生した九州フィナンシャルグループ(肥後銀行・鹿児島銀行)に続き、九州エ

2016年12月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

出版関連業者の経営実態調査

2016/11/29出版関連業者の経営実態調査書店は増収、出版・取次は減収で明暗〜 大手書店は電子書籍、ネット販売が押し上げ 〜はじめに出版不況が続いている。今年は3月に出版取次中堅の太洋社が自己破産したことに始まり、以降は専門誌を扱う中小出版社の倒産が続いた。書店についても11月25日に「岩波ブックセンター」を経営する信山社が東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。雑誌販売はとくに低迷しており、『Anecan』が11月7日発売をもって休刊となるなど苦境が際立つ。一方で、文芸書でヒット作が続くな

2016年12月6日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

全国オーナー企業分析

2016/11/25全国オーナー企業分析7割が後継者不在〜 65歳以上では過半数、事業承継を模索〜はじめにこれまでの日本経済は、主にオーナー企業によって下支えされ、繁栄を続けてきた。カリスマ性を持つオーナーによる迅速な意思決定、一族の数世代にわたる長期的な視点での経営など多数のメリットを持つオーナー企業。一方で、散見される「お家騒動」報道でみられるような、オーナーの独断による判断ミスや誤った経営方針などが取りざたされた場合、企業価値の毀損が避けられず、企業存続の致命傷となる恐れも生じてくる。また

2016年11月30日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2017年「周年記念企業」実態調査

2016/11/212017年「周年記念企業」実態調査2017年の「周年記念企業」、全国に14万5103社〜 創業100周年企業は、ニコン、森永乳業、TOTOなど1011社判明〜はじめに今年も多くの企業が、創業から節目の年を迎えた。5月12日には、西川産業(東京都中央区)が創業450周年記念式典を開き、企業のトップやスポーツ選手などが多数出席した。こうした「周年記念」は、節目の年を祝うだけでなく、事業や商品の強みを改めて考える機会になり得る。帝国データバンクでは来る2017年に創業から節目の年を

2016年11月24日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

金融緩和政策に対する企業の意識調査

2016/11/15金融緩和政策に対する企業の意識調査金融緩和効果、企業の6割が「実感なし」〜 5年後の予想物価上昇率は平均1.29% 〜はじめに日本銀行は2013年4月に始めた金融緩和政策を継続しているが、9月21日には新たな政策枠組みとして「長短金利操作付き量的・質的金融緩和政策」を導入した。また、政府は事業規模28兆円の経済対策を8月に閣議決定し、10月11日には2016年度第2次補正予算が成立するなど、景気が低調に推移するなかで、景気対策の両輪となる金融・財政政策の投入・転換が行われてい

2016年11月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

「輸出企業」の実態調査

2016/11/10「輸出企業」の実態調査輸出企業は国内に3.5万社、半数が「減益」〜 トランプ大統領誕生による保護主義台頭、円高等の影響懸念 〜はじめにアメリカ大統領選挙でのトランプ氏の勝利を受け、世界経済全体の先行き不透明感が増している。日本経済も例外ではなく、円相場が短期間に乱高下を繰り返すなど、今後の企業業績への影響が懸念される。保護主義的な貿易政策を掲げるトランプ氏が勝利したことで、自動車、電機をはじめとする国内輸出企業への影響は避けられそうにない。帝国データバンクは、2016年11月

2016年11月15日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

国内企業22万社の融資等の保全状況実態調査

2016/11/9国内企業22万社の融資等の保全状況実態調査国内企業の3分の2が有担保での借入〜 無担保・無保証(信用)融資は約1割 〜はじめに10月21日、金融庁は「平成28事務年度 金融行政方針」を発表した。この中で、金融機関による企業への融資姿勢について、担保余力を有する顧客への取り組みが優先されてきたなかで、そうした余力が少ないながらも事業性や将来性を評価され資金を注入すべき先に対してのフォローができていないという、「日本型金融排除」の問題が取り上げられている。9月に発表された「金融仲介

2016年11月14日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年10月報

2016年 10月報倒産件数は704件、3カ月ぶりの前年同月比減少 負債総額は1169億400万円、2カ月ぶりの前年同月比増加主要ポイント■倒産件数は704件で、前月比では13.2%増加したものの、前年同月比では4.2%の減少となり、3カ月ぶりに前年同月を下回った。負債総額は1169億400万円で、前月比25.5%の増加、前年同月比でも23.9%の増加となり、2カ月ぶりに前年同月を上回った■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同月を下回った。なかでも、運輸・通信業(24件、前年同月比22.6%減

2016年11月10日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2016年10月調査結果-

2016/11/4TDB景気動向調査 −2016年10月調査結果−2016年11月4日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気は2カ月連続で改善 〜個人消費の伸び悩みが続くなか、建設や自動車生産がけん引〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2016年11月調査結果」の発表は、12月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL: 03-5775-3163E-mail:keiki@ma

2016年11月7日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

第6回 主要百貨店93社の経営実態調査(2015年度)

2016/10/31第6回 主要百貨店93社の経営実態調査(2015年度)消費増税の反動減から2年連続で売上減〜 地方百貨店の回復依然足踏み 〜はじめに10月6日、(株)セブン&アイ・ホールディングス(東証1部)とエイチ・ツー・オーリテイリング(株)(東証1部)が資本業務提携に関する基本合意書を締結し、セブン傘下の百貨店3店舗が譲渡される運びとなった。これは百貨店経営における両社の思惑が重なり実現したものだが、今後も消費者の購買行動が大きく変化するなかで、各社生き残りを懸けた経営施策を打ち出すこ

2016年11月4日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

1都3県・本社移転企業調査(2016年1月~9月)

2016/10/271都3県・本社移転企業調査(2016年1月〜9月)1都3県への転入超過、依然として続く〜 移転元・移転先ともに特定地域への集中進む 〜はじめに安倍内閣は2015年度を「地方創生元年」と位置づけ、人口急減・超高齢化という今後日本が直面する課題に対し各種施策を打ち出しはじめた。他方、本社の1都3県(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)への転入がいわゆる地方への転出を上回る傾向が続いている。帝国データバンクでは、1都3県から本店所在地の転出が判明した企業や1都3県への転入が判明した企

2016年10月22日帝国データバンク★フィードバック数:0キャリアとスキル

最低賃金改定に関する企業の意識調査

2016/10/17最低賃金改定に関する企業の意識調査『小売』の48.9%が給与体系を見直し〜 最低賃金改定、消費回復には不十分と認識 〜はじめに2016年10月1日から20日にかけて最低賃金が改定される。2016年度の最低賃金の改定は、政府の「ニッポン一億総活躍プラン」や「経済財政運営と改革の基本方針2016」(骨太の方針)、「日本再興戦略2016」などを踏まえ、最低賃金が時給で決まるようになった2002年度以降で最高額の引き上げとなり、すべての都道府県で700円を上回ることとなった。そのため

2016年10月21日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

第4回中国進出企業実態調査

2016/10/14第4回中国進出企業実態調査中国進出の日本企業は1万3,934社〜 前回調査から678社増加、「小売業」の構成比が高まる 〜はじめに安価な労働力の確保を目的に積極的な中国進出を図ってきた日本企業だが、近年は日中間の政治リスクや中国国内の景気減速、人件費の高騰などの「チャイナリスク」が意識されてきた。そのようななか、各社の中国への進出、撤退といった判断が引き続き注目されている。帝国データバンクは、自社データベース・信用調査報告書ファイル「CCR」(約170万社)をもとに抽出した企

2016年10月18日帝国データバンク★★フィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年度上半期

2016年度上半期報倒産件数は4059件、リーマン・ショック後で最少 負債総額は6756億200万円、2000年度以降最小を記録主要ポイント■2016年度上半期の倒産件数は4059件(前年同期4217件、前年同期比3.7%減)と、7年連続で前年同期を下回り、リーマン・ショック後最少を更新。負債総額は6756億200万円(前年同期8485億8700万円)と、半期ベースでは2000年度以降最小■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同期を下回った■「チャイナリスク関連倒産」は56件(前年同期41件)判

2016年10月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

全国企業倒産集計2016年9月報

2016年 9月報倒産件数は622件、2カ月連続の前年同月比増加 負債総額は931億4000万円、2000年以降最小を記録主要ポイント■倒産件数は622件で、前年同月比2.1%の増加となった。2カ月連続で前年同月を上回ったものの、前月比では3カ月連続して減少し、2016年では最少を記録した。負債総額は931億4000万円で、前月比で29.3%、前年同月比でも53.9%の大幅減少となった。3カ月ぶりの前年同月比減少となり、2000年以降最小を記録した■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回

2016年10月12日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2016年9月調査結果-

2016/10/5TDB景気動向調査 −2016年9月調査結果−2016年10月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。2カ月ぶりに全10地域で改善 〜国内景気は『建設』が下支え〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2016年10月調査結果」の発表は、11月4日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL:03-5775-3163 FAX:03-5775-3169 こんなご要望ありませんか

2016年10月7日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

レンタカー業者の経営実態調査

2016/9/30レンタカー業者の経営実態調査2015年度の総売上高は前年度比3.4%の増加 1兆円規模に迫る勢い〜 2015年度は約6割の企業が増収 〜はじめに近年、「若者のクルマ離れ」に代表される自動車の保有に対する消費者の価値観の変化などにより、レンタカーやカーシェアリングへの需要が高まっている。国土交通省によると、2015年3月末までに登録されたレンタカーは累計約60万台にのぼり、前年度から11.8%増加した。観光やレジャーなど必要な時に気軽に利用できるレンタカーは、自動車を保有しない個

2016年10月5日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

アパレル関連企業の経営実態調査

2016/9/28アパレル関連企業の経営実態調査「小売」ファストファッションが牽引 〜 大手アパレル不振で「卸」は減収 〜はじめに急激に進んだ円安がピークを迎えたのが2015年5月。その後、年末から2016年にかけて1ドル=100円程度まで円高が進んだものの、アパレル関連企業の2015年度決算に大きな影響を及ぼしたのは間違いない。海外生産の多いアパレル関連企業の倒産動向を見ても、2016年は8月までに205件が発生、前年同期比6.8%の増加となっており、厳しい経営状況が続いている。 帝国データバ

2016年9月21日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

イギリスのEU離脱に関する企業への影響調査

2016/9/14イギリスのEU離脱に関する企業への影響調査企業の51.3%が日本経済に「マイナス」〜 イギリスへの直接進出企業、移転先にアジアや北米・中南米も候補に 〜はじめに2016年6月24日(日本時間)、イギリスは国民投票で欧州連合(EU)からの離脱(Brexit)を選択した。Brexitの影響は、イギリスやEU域内に進出している企業にとどまらないとみられている。また、現在交渉が進む「日EU経済連携協定」についても、EUの混乱にともなう合意の遅れは避けられず、対EU貿易やEU市場参入など

2016年9月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2016年8月報

2016年 8月報倒産件数は688件、6カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1317億7700万円、2カ月連続の前年同月比増加主要ポイント■倒産件数は688件で、前月比では2.8%の減少、前年同月比では10.1%の増加となった。6カ月ぶりに前年同月を上回ったものの、依然として低水準が続いている。負債総額は1317億7700万円で、前月比3.0%の増加、前年同月比でも36.6%の増加となり、2カ月連続で前年同月を上回った■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。なかでも、機械器具卸売業

2016年9月12日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査 -2016年8月調査結果-

2016/9/5TDB景気動向調査 −2016年8月調査結果−2016年9月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気は足踏み、天候が各地の景況感に影響 〜海外情勢の不確実性高まるなか、国内の金融緩和政策の行方に注目〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2016年9月調査結果」の発表は、10月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク 産業調査部 情報企画課TEL:03-5775-3163 FAX:03-577

2016年9月6日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

有料老人ホーム・サ高住の経営企業実態調査

2016/8/31有料老人ホーム・サ高住の経営企業実態調査老人ホーム・サ高住専業は1500社超え 〜 収入は5年で15%増加 〜はじめに日本社会の高齢化の進展とともに注目されるのが、介護事業。なかでも、高齢者の終の棲家となり得る、老人福祉施設の需要は高まっている。地方公共団体などが経営し、費用負担の軽い特別養護老人ホームに人気が集まる中で、その他の選択肢として民間企業の参入が続いているのが、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)だ。今後も需要が期待される中で、両施設の経営業者

2016年9月2日帝国データバンク★★フィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査

2016/8/25人手不足に対する企業の動向調査企業の37.9%で正社員が不足〜 飲食関連を中心に『小売』や『サービス』の人手不足が深刻〜はじめに有効求人倍率の上昇や失業率の低下など労働市場の逼迫は求職者にとって明るい材料となる一方、企業においては人件費などのコスト負担が高まり、今後の景気回復の足かせともなりかねない。また、人口減少と産業構造の変化で人手不足が生じており、アベノミクスの成長戦略を進めていくなかで、人材の獲得競争が激しさを増している。そこで、帝国データバンクは人手不足に対する企業の

2016年9月1日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

「築地市場内企業」の倒産・廃業動向調査

2016/9/1「築地市場内企業」の倒産・廃業動向調査2003年以降で110社が消滅 〜 業歴30年以上の老舗業者が8割超 〜はじめに11月7日に予定されていた築地市場の豊洲新市場への移転について、東京都の小池知事は8月31日、当面延期することを表明した。水産関係を中心とする市場内企業の中には、長引く業績不振から経営的な余力に乏しい業者もあり、なかには倒産や廃業に追い込まれるケースも見られる。帝国データバンクは、集計可能な2003年1月から2016年8月までに倒産(負債1000万円以上、法的整理

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ