調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 帝国データバンク

「帝国データバンク」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2019年3月20日帝国データバンク★フィードバック数:0社会/政治

改元に関する企業の意識調査

2019/3/19改元に関する企業の意識調査4割以上の企業が自社に影響ありと認識〜 消費マインドの改善を期待する反面、大型連休による営業日数の減少を懸念 〜はじめに2019年5月1日の改元に先立ち、4月1日に新元号が発表となる。今回の改元は明治以降では初めてとなる譲位による皇位継承で行われ、昭和から平成への改元とは異なる影響が表れる可能性も指摘されている。また、改元に際して2019年に限り5月1日が祝日となることで10日間におよぶ大型連休が控えており、個人消費の拡大が期待されるほか、消費マインド

2019年3月13日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)

2019/3/1「トヨタ自動車グループ」下請企業調査(2019年)「トヨタ自動車グループ」下請企業、全国に3万8663社〜 業種別では一次・二次とも「非製造業」が初のトップ 〜はじめにトヨタ自動車(東証1部)が2月6日に発表した、2018年4〜12月期(第3四半期累計)連結決算によれば、同社グループ世界販売台数が約800万台、売上高は最高を記録した。国内では、フラグシップセダン「クラウン」のフルモデルチェンジや「カローラスポーツ」の投入など、積極的な市場戦略を展開。同社の高級車ブランド「レクサス

2019年3月4日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)

2019/2/21人手不足に対する企業の動向調査(2019年1月)正社員、非正社員ともに1月の過去最高を更新〜 「飲食店」は正社員、非正社員ともに前年から不足感が上昇 〜はじめに2018年の人手不足倒産の件数は153件(前年比44.3%増)となり、調査を開始した2013年以降で最多を更新し、人手不足が企業活動に与える影響は一段と強まっている(帝国データバンク「『人手不足倒産』の動向調査(2013〜18年)」)。また、2018年の有効求人倍率は45年ぶりの高水準で推移し、労働需給はひっ迫度を増して

2019年2月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年度の賃金動向に関する企業の意識調査

2019/2/142019年度の賃金動向に関する企業の意識調査賃金改善理由、「労働力の定着・確保」が初の80%台に上昇〜 2019年度の従業員給与・賞与、約4.1兆円増加と試算 〜はじめに2018年の景気は「回復局面」とする企業が2年ぶりに1割台に低下した一方、「悪化局面」は2ケタ台に上昇し、回復傾向から一転して、厳しさの増した一年となった(帝国データバンク「2019年の景気見通しに対する企業の意識調査」)。また、2019年10月には消費税率引き上げを控えているほか、人手不足が深刻化するなかで賃

2019年2月22日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内菓子メーカー522社の経営実態調査

2019/2/12国内菓子メーカー522社の経営実態調査増収企業比率は九州がトップ〜 インバウンド需要と安定した販路で好調 〜はじめに2月14日のバレンタインデーを控え、チョコレートを扱う菓子メーカー各社は一大商戦を迎えている。菓子の需要は近年増加基調にあり、なかでもチョコレート、アイスクリームの市場は拡大している(全日本菓子協会、日本アイスクリーム協会)。一方で、ネット通販への対応、職人などの人材不足や技術継承、安定した販路の確保、運送費や原材料価格の高騰など様々な課題を抱えている。帝国データ

2019年2月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計1月報

2019年 1月報倒産件数は694件、2カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1723億5600万円、3カ月ぶりの前年同月比増加 主要ポイント■倒産件数は694件と、2カ月ぶりに前年同月を上回り、2017年10月(前年同月比10.1%増)以来、1年3カ月ぶりの前年同月比2ケタ増■負債総額は、負債100億円以上の倒産が2件発生したことなどを受け、前年同月比71.5%増の1723億5600万円■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。小売業(158件、前年同月比17.9%増)は2カ月ぶり、

2019年2月18日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2019年1月調査

2019/2/5TDB景気動向調査 −2019年1月調査結果−2019年2月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気、後退局面入りの兆し 〜 米中貿易摩擦を背景に、中国向けなど輸出の減速が響く 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2019年2月調査結果」の発表は、2019年3月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-m

2019年2月7日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国社長年齢分析(2019年)

2019/1/29全国社長年齢分析(2019年)社長の平均年齢、59.7歳〜 昭和生まれ社長は建設業、平成生まれ社長はサービス業に多い 〜はじめに日本で“高齢化”が叫ばれるようになって久しい。「平成30年版高齢社会白書」(内閣府)によると、65歳以上の高齢者人口は3515万人で、2065年には約2.6人に1人が65歳以上、約3.9人に1人が75歳以上になることが推計されている。高齢化による様々な影響が懸念されているが、企業においても経営者の平均年齢は年々上昇傾向で推移しており、円滑な事業承継が求

2019年1月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計12月報

2018年 12月報倒産件数は627件、2カ月ぶりの前年同月比減少 負債総額は757億3800万円、2000年以降最小 主要ポイント■倒産件数は627件で、前年同月比9.9%の減少となり、2カ月ぶりに前年同月を下回った。負債総額は757億3800万円、前年同月比51.6%の減少と、2カ月連続で前年同月を下回り、2000年以降最小となった■業種別に見ると、7業種中4業種で前年同月を下回った。このうち、建設業(100件、前年同月比17.4%減)は6カ月連続、卸売業(93件、同19.8%減)は3カ月連

2019年1月28日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計2018年報

2018年報倒産件数は8063件、2年ぶりの前年比減少負債総額は1兆6255億5200万円、2000年以降最小〈注〉2017年の負債総額は、タカタ(株)の負債額を1兆823億8400万円(確定再生債権等の総額)として集計(2018年6月報より適用)主要ポイント■2018年の倒産件数は8063件(前年8376件、前年比3.7%減)と、2年ぶりに前年を下回った。月別では12カ月中9カ月で前年同月を下回った■負債総額は1兆6255億5200万円(前年2兆4548億8400万円、前年比33.8%減)と、

2019年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

TDB景気動向調査 -2018年12月調査結果-

2019/1/10TDB景気動向調査 −2018年12月調査結果−2019年1月10日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。国内景気、弱含み傾向続く 〜 輸出減速が響き、製造業が悪化 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2019年1月調査結果」の発表は、2019年2月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-mail: keiki

2019年1月23日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

国内主要111行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査

2018/12/27国内主要111行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査中間期の預金26兆4861億円増加〜 大手銀と地銀、第二地銀の利ざや二極化続く 〜はじめに2018年は5月に「きらぼし銀行」が発足した一方、一部の地方銀行で利益確保の柱として積極的に進められてきた投資用不動産融資でのトラブルが大きな社会問題となり、金融機関としての資質・姿勢が問われた。引き続き、低金利下における地方銀行、第二地方銀行を中心とする金融再編や各行の地域特性を収益にどう繋げていくかなど金融機関の動向に注

2019年1月18日帝国データバンクフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2018年度第2四半期主要上場建設会社57社の受注・業績動向調査

2018/12/212018年度第2四半期 主要上場建設会社57社の受注・業績動向調査受注高合計、前年同期比5%減〜 売上総利益率0.5pt減で、利幅が低下 〜はじめに主要上場建設会社の2018年度第2四半期(中間期)決算が出揃った。2017年度の通期決算では受注の伸びが鈍化し、東京五輪等による建設需要はピークアウト感が出始めていた。こうしたなか、今期に入り2025年の万博開催地が大阪に決定し、都市インフラの整備、開発に対する期待が高まるなど、ポスト五輪を牽引する要素も見られる。しかしながら、近

2019年1月15日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2019年の景気見通しに対する企業の意識調査

2018/12/132019年の景気見通しに対する企業の意識調査2019年景気、「悪化」局面を見込む企業が29.4%に急増〜 「消費税制」が最大の懸念材料に 〜はじめに2018年12月10日に発表された7〜9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4〜6月期)比0.6%減(年率換算2.5%減)と、2四半期ぶりのマイナス成長となった。人手不足の深刻化に加えて、台風や地震など自然災害も重なり個人消費や輸出、設備投資などが悪化した。一方、有効求人倍率の上昇など雇用・所得環境の改善傾向を示す指標もあり、

2019年1月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業倒産集計11月報

2018年 11月報倒産件数は706件、3カ月ぶりの前年同月比増加 負債総額は1238億6600万円、4カ月ぶりの前年同月比減少 主要ポイント■倒産件数は706件(前年同月比9.3%増)と、3カ月ぶりに前年同月を上回った。負債総額は1238億6600万円(同8.2%減)と、4カ月ぶりに前年同月を下回った■業種別に見ると、7業種中5業種で前年同月を上回った。このうち、製造業(81件、前年同月比19.1%増)は8カ月ぶりの前年同月比増加。また、サービス業(173件)は前年同月比21.8%の大幅増とな

2019年1月9日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

玩具関連企業2515社の経営実態調査

2018/12/7玩具関連企業2515社の経営実態調査任天堂好調、ヒット商品が牽引〜 製造・卸・小売ともに売上高合計増加 〜はじめに12月に入りクリスマスに向けて、子供たちへのプレゼント用をはじめ、各種おもちゃの購買意欲が高まる。また、近年では大人でも楽しめるハイテク玩具なども増えるなか、消費者の年齢の枠も広がっており、購買層にも変化がみられている。そうしたなか、2017年9月には米・トイザらスが経営破綻、今年6月までにアメリカ国内の全店舗を閉鎖し、大きな話題となった。帝国データバンクでは、企業

2019年1月7日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査(全国)2018年11月調査

2018/12/5TDB景気動向調査 −2018年11月調査結果−2018年12月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気DIは4カ月ぶりに改善 〜 災害復旧・復興や建築需要が関連業種に波及 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2018年12月調査結果」の発表は、2019年1月10日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-ma

2018年12月27日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

上場企業の監査法人異動調査(2018年1月~10月)

2018/11/29上場企業の監査法人異動調査 (2018年1月〜10月)2018年は10月までに160社が異動を発表〜 太陽有限責任監査法人の合併で前年比41.6%増 〜はじめに近時、注目上場企業の業績悪化が相次いで発表され話題になっている。業績確定に至っては各社の会計監査人(監査法人)の監査を経ているが、問題を抱える企業は意見対立などから異動回数が多い傾向がみられ、動向を占ううえで、監査法人との関係は重要視されている。帝国データバンクは2018年(1月〜10月)に会計監査人の異動に関する適時

2018年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0エンタテインメント

パチンコホール経営業者の経営実態調査

2018/11/26パチンコホール経営業者の経営実態調査増収企業は1割未満で、売上高合計も減少〜 倒産件数は2年連続で増加の見込み 〜はじめに「依存症問題」に端を発し、規制強化が進むパチンコ・パチスロ業界。今年8月には6段階設定搭載パチンコ機が発売されたほか、2019年2月以降は6号機と呼ばれるパチスロ機の検定基準変更が控えるなどルールの厳格化が進んでいる。こうした規制強化による射幸性の低下は、依存症問題の解決策と目される一方、“遊技者離れ”を引き起こす可能性が指摘されており、パチンコホール経営

2018年12月26日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)

2018/11/21人手不足に対する企業の動向調査(2018年10月)企業の52.5%が正社員不足、過去最高を更新〜 正社員は3業種が7割超の企業で不足、非正社員は「飲食店」で高水準が続く 〜はじめに9月の有効求人倍率は依然として高水準で推移し、労働需給はひっ迫度を増している。人手不足が深刻さを増すなか、人件費上昇は企業収益にも悪影響を及ぼし始めており、各社は生産性の向上などによるコスト削減に追われている。人手不足倒産の件数も2018年度上半期(4〜9月期)は年度通期で100件を超えた2017年

2018年12月25日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

2019年「周年記念企業」調査

2018/11/272019年「周年記念企業」調査2019年の「周年記念企業」、全国に14万1550社〜 創業100周年企業は、川崎汽船、オリンパスなど1686社判明 〜はじめに来る2019年は平成最後の年。平成元年に創業した企業は30周年の節目を迎えることとなる。また、東名高速道路が全線開通した1969年(昭和44年)に創業した企業は50周年を、第一次世界大戦終結から間もない1919年(大正8年)に創業した企業は100周年を、それぞれ迎える。帝国データバンクでは2019年に創業から節目の年を迎

2018年12月20日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

全国企業財務分析調査(2018年)

2018/12/11全国企業財務分析調査(2018年)売上高経常利益率、リーマン・ショック後最高〜 自己資本比率は26.4%、7年連続で積み増し続く 〜はじめに2017年度の企業決算は、景気の緩やかな回復による設備投資の増加や消費者購買意欲の高付加価値製品シフト、訪日外国人観光客の増加によるインバウンド消費の拡大などで、総じて増収増益傾向で推移。一部では過去最高利益を計上した企業も見られた。他方、国内では深刻化する人手不足に加え、最低賃金の改訂も加わって人件費負担が増加。ガソリンなど燃料価格のほ

2018年12月13日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

TDB景気動向調査2018年10月

2018/11/5TDB景気動向調査 −2018年10月調査結果−2018年11月5日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気DIが2カ月連続で悪化、国内景気は弱含み 〜 原油高と人手不足でコスト負担が増大 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2018年11月調査結果」の発表は、12月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-m

2018年11月19日帝国データバンクフィードバック数:0キャリアとスキル

最低賃金改定に関する企業の意識調査(2018年)

2018/10/15最低賃金改定に関する企業の意識調査(2018年)採用時の最低時給は975円、最低賃金を101円上回る〜 企業の8割で賃上げ実施に加え、4割超で給与体系見直し 〜はじめに2018年10月1日〜中旬にかけて、最低賃金が改定される。2018年度の最低賃金の改定は、政府が「未来投資戦略2018」(成長戦略)や「経済財政運営と改革の基本方針2018」(骨太の方針)などで、年率3%を目途として、全国加重平均1,000円を目指すなかで、最低賃金が時給で決まるようになった2002年度以降で最

2018年10月31日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

TDB景気動向調査-2018年9月調査結果-

2018/10/3TDB景気動向調査 −2018年9月調査結果−2018年10月3日、帝国データバンクでは「TDB景気動向調査」のプレスリリースを行いました。景気DIは0.1ポイント減、足踏み状態続く 〜 災害相次ぎ『北海道』『近畿』が悪化 〜詳細はPDFをご確認ください※次回発表予定「TDB景気動向調査2018年10月調査結果」の発表は、11月5日を予定しています。 お問い合わせ先株式会社帝国データバンク データソリューション企画部 産業データ分析課TEL: 03-5775-3163E-mai

2018年6月2日帝国データバンク★★フィードバック数:0ビジネス

女性社長比率調査(2018年)

2018/5/22女性社長比率調査(2018年)企業の女性社長比率は7.8%〜 都道府県別では、青森県が10.6%でトップ 〜はじめに女性活躍推進法が2016年4月に施行されてから2年あまりが経過した。政府の「すべての女性が輝く社会づくり本部」が掲げる「女性活躍加速のための重点方針2017」では、女性の起業支援の強化が盛り込まれ、「女性起業家等支援ネットワーク」を通じた支援環境の整備などが進む。また、今年1月には女性起業家支援の優良事例を表彰する「女性起業家支援コンテスト(ジョキコン)」が経済産

2018年6月2日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

2018年度の設備投資に関する企業の意識調査

2018/5/162018年度の設備投資に関する企業の意識調査2018年度、企業の62.4%で設備投資計画〜 投資内容、「設備の代替」が4割超でトップ、「省力化・合理化」は28.2% 〜はじめに国内景気は、人手不足の深刻化や原材料価格の上昇などマイナス材料が目立ちはじめてきた一方、輸出が好調を続けているなか、企業業績の改善にともない設備投資が増加している。また、政府は2018年度予算において中小企業向け投資促進税制を拡充するなど、生産性向上に対する政策が進められている。そこで、帝国データバンクは

2018年6月2日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

老舗企業倒産・休廃業・解散の動向調査

2018/5/10老舗企業倒産・休廃業・解散の動向調査業歴100年以上の倒産・休廃業・解散、2017年度が461件で最多〜 「酒店」「洋品店」などB to C業種の老舗企業で増加 〜はじめに日本は世界有数の“企業長寿大国”として知られている。100年に1度と言われるリーマン・ショック後の大不況、1000年に1度と言われる東日本大震災を経てなお事業を継続させ、業歴100年以上に達した老舗企業は全国で約2万8千社に達する。事業環境の変化や数多の経営危機を乗り越え、長年の経験に裏打ちされた有形・無形の

2018年6月2日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

私立大学を運営する498法人の経営実態調査

2018/4/26私立大学を運営する498法人の経営実態調査私立大学法人の約4割が赤字経営〜 3期連続減収は17.5% 〜はじめに文部科学省によると、私立大学で入学定員充足率が100%以上の大学数の割合は、1996年度には96.2%を占めたが、少子化を背景に2017年度には60.6%へと大きく落ち込んでいる。私立大学では、収入の77%∗を学生納付金が占め、国立大学の12%∗を大きく上回っており、学生数の減少が「収入高」や「損益」へ大きな影響を及ぼす。少子化により厳しい経営環境に置かれている私立大

2018年6月2日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

ゴルフ場経営業者951社の経営実態調査

2018/5/18ゴルフ場経営業者951社の経営実態調査収入高合計は前年比0.3%減、回復続かず〜 リーマン以降最多のペースで倒産発生 〜はじめにスポーツというジャンルのなかでも、根強い人気を誇るゴルフ。同業界はレジャー産業の一角として存在感を示しており、業界動向に注目が集まる場面は少なくない。一方、近時は競技人口の減少や高齢化が進むなか、若年層の取り込みや女性プレーヤーの獲得が喫緊の課題となっている。このほか、多くのゴルフ場が預託金の償還問題を抱えているなど、経営課題は山積している。帝国データ

2018年6月2日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

人手不足に対する企業の動向調査(2018年4月)

2018/5/24人手不足に対する企業の動向調査(2018年4月)企業の49.2%が正社員不足、4月では過去最高〜 「飲食店」の人手不足は正社員・非正社員とも高水準 〜はじめに2017年度の有効求人倍率が44年ぶりの高水準を記録するなど、労働需給はひっ迫度を増している。こうしたなか、企業においては人件費の上昇などを通じて、収益環境への影響も表れはじめた。また、優秀な人材の確保が難しくなっていることに加え、人手不足にともなう供給制約が日本経済の成長に対する懸念材料となってきた。一方、労働環境は求職

2018年1月26日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

人手不足に対する山梨県内企業の動向調査(2017年10月)

2017/12/29人手不足に対する山梨県内企業の動向調査(2017年10月)正社員不足、過去最高の41.0%に上昇〜 大企業の不足感が大幅増 〜はじめに有効求人倍率の上昇や失業率の低下など労働市場が逼迫するなかで、求職者側では明るい材料となっている。一方で、企業にとって人手不足の状態が続くことで人件費上昇などコスト負担の高まりに直面し、今後の景気回復に足かせともなりかねない。こうしたなか、人口減少と産業構造の変化で、働き手の奪い合いが生じており、アベノミクスの成長戦略を進めていくなかで、人手不

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年の「周年企業」と「長寿企業」の実態調査(九州・沖縄地区)

2017/12/282018年の「周年企業」と「長寿企業」の実態調査(九州・沖縄地区)2018年に「100周年」は113社〜 「50周年」は2590社、「長寿」企業は2698社に 〜はじめに2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。NHK大河ドラマが西郷隆盛の生涯を描く「西郷(せご)どん」に決まったこともあり、とりわけ鹿児島県内では観光客増大への期待が膨らんでいる。金融業界では、佐賀共栄銀行(佐賀市)と南日本銀行(鹿児島市)が、高知・山口両県の地銀や信用金庫と「薩長土肥包括連携協定

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0ビジネス

九州・沖縄地区の外食産業売上高ランキング(2016年度)

2017/12/28九州・沖縄地区の外食産業売上高ランキング(2016年度)上位50社の合計売上高、3.1%増で2年ぶりに増加〜 売上高伸び率は「アペックスコーポレーション」がトップ 〜はじめに一般社団法人日本フードサービス協会が2017年7月に発表した2016年(平成28年)の外食産業市場規模(料理品小売業を含む広義)は32兆4214億円と、前年に比べて1.3%増加した。居酒屋などの料飲主体の業態はやや伸び悩んだものの、持ち帰り弁当店や総菜店などの「料理品小売業」(弁当給食を除く)の伸び率が5

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年の景気見通しに対する近畿地区企業の意識調査

2017/12/272018年の景気見通しに対する近畿地区企業の意識調査2018年の懸念材料、「人手不足」が急増〜 回復局面を見込む企業は4年ぶりに2割超す 〜はじめに2017年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と、7四半期連続のプラス成長となった。また、近畿地区では輸出が11月まで10カ月連続で前年同月比増となったほか、11月の有効求人倍率が43年5カ月ぶりの高水準となるなど改善傾向を示す指標も相次いで発表されている

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0大型消費/投資

国内主要112行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査

2017/12/27国内主要112行の第2四半期決算(中間期)預金・貸出金等実態調査中間期の預金35兆3251億円増加〜 地銀、第二地銀の利ざや悪化続く 〜はじめに11月に金融庁が公表した金融行政方針では地域金融機関に対して持続可能なビジネスモデルの構築を求められたほか、他の監督官庁からは、地銀による同一県内シェアが大きく高まる統合の動きに対するけん制はもちろん、利用者へのメリット、他の手法の検討なども考慮すべき旨の意見なども聞かれ、再編に向けた取り組み、将来に向けた課題は複雑化している。帝国デ

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

京都府内企業のメーンバンク実態調査(2017年)

2017/12/26京都府内企業のメーンバンク実態調査(2017年)8年連続で京都銀行が首位〜 京都市内、「不動産」では京都中央信金が首位 〜はじめに2017年も引き続き、地方銀行の大型再編が注目された1年だった。2月には三重県を経営基盤とする第三銀行と三重銀行が経営統合を発表。3月には近畿で関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行が、4月には北陸で第四銀行と北越銀行の2行がそれぞれ経営統合することを発表した。北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心に

2018年1月25日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年の景気見通しに対する東海4県企業の意識調査

2017/12/262018年の景気見通しに対する東海4県企業の意識調査2018年の「回復」見通し19.4%、前年の2倍超〜 景気への懸念材料は「人手不足」が最多 〜はじめに2017年12月8日に発表された7-9月期の実質GDP成長率2次速報は前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と7四半期連続のプラス成長となった。また、輸出の増加や有効求人倍率の上昇など改善傾向を示す指標も相次いで発表されている。一方で、個人消費は天候不順など一部で足踏み状態がみられているほか、業種や地域では景況

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年の景気見通しに対する千葉県内企業の意識調査

2017/12/252018年の景気見通しに対する千葉県内企業の意識調査2018年の景気、「人手不足」が最大の懸念材料〜 回復局面を見込む企業が4年ぶりに20%超す 〜はじめに2017年12月8日に発表された7〜9月期の実質GDP成長率2次速報は、前期(4〜6月期)比0.6%増、年率換算で2.5%増と、7四半期連続のプラス成長となった。また、輸出の増加や有効求人倍率の上昇など、改善傾向を示す指標も相次いで発表されている。一方で、個人消費は天候不順など、一部で足踏み状態が見られるほか、業種や地域で

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

第6回 秋田県内企業のメーンバンク実態調査

2017/12/25第6回 秋田県内企業のメーンバンク実態調査秋田銀行、シェア5割でトップ〜 秋田銀行、北都銀行の上位2行シェア8割 〜はじめに2017 年も引き続き、地方銀行の大型再編が注目された1年だった。2月には三重県を経営地盤とする第三銀行と三重銀行が経営統合を発表。3月には近畿で関西アーバン銀行・近畿大阪銀行・みなと銀行の3行が、4月には北陸で第四銀行と北越銀行の2行がそれぞれ経営統合することを発表した。北海道拓殖銀行の経営破たん以降、金融機関同士の経営統合・再編は大手銀行が中心になっ

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年度第2四半期 主要上場建設会社58社の受注・業績動向調査

2017/12/252017年度第2四半期 主要上場建設会社58社の受注・業績動向調査受注高4.8%減で2期ぶりの減少〜 粗利率では大手と中堅以下で格差 〜はじめに上場建設会社の2017年度第2四半期(中間期)決算が出揃った。リニア中央新幹線建設工事をめぐるスーパーゼネコンの談合問題に揺れる建設業界。除染工事に絡んだ下請け業者との癒着や、死亡事故につながる現場管理体制の不備など、企業コンプライアンスの面からも、このところ話題が多くなっている。それでも、首都圏を中心に再開発や五輪関連の需要に加え、

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2018年「北陸3県周年記念企業」実態調査

2017/12/222018年「北陸3県周年記念企業」実態調査2018年の「周年記念企業」北陸3県に4374社〜 創業100周年企業は、冨木医療器、前田工繊など57社 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するき

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)

2017/12/22事業承継に関する山梨県内企業の意識調査(2017年)事業承継、企業の83.5%が「経営上の問題」と認識〜 事業承継実施、企業の4割で5年後の業績にプラス影響 〜はじめに中小企業庁は、7月に今後5年程度を事業承継支援の集中実施期間とする「事業承継5ヶ年計画」を策定した。日本経済が継続的に発展を続けていくためには、永続的に企業を存続・発展させ、雇用や技術、暖簾(のれん)を後の世代に伝えていくことが必要不可欠といわれる。一方で、経営者の高齢化や後継者難が問題となる場合もしばしば指摘

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

茨城県内の2018年(平成30年)周年記念企業調査

2017/12/22茨城県内の2018年(平成30年)周年記念企業調査2018年の「周年記念企業」、茨城県内に2758社〜 創業100周年企業は、鈴縫工業など25社 〜はじめに来る2018年(平成30年)は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 山口県 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/222017年 山口県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率76.4%、全国で2番目に高く〜 社長年齢60歳以上で853社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の山口県の後継者問題はどのようになっているのだろうか。

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

大分県の2018年「周年記念企業」調査

2017/12/22大分県の2018年「周年記念企業」調査大分県内で「周年記念」を迎える企業は1495社〜 「創業100周年」は12社 〜はじめに来る2018年は明治維新から数えて150年を迎える節目の年。政府や地方自治体は、明治以降の日本の歩みを改めて整理し日本の強みを再認識するため、「大政奉還150周年」や「明治150周年」と銘打って様々な記念事業計画を進めている。企業においても節目の年を迎えることは、創業から現在までの歩みを振り返り、魅力や強みを再認識するきっかけとなるだろう。帝国データバ

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 島根県 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/222017年 島根県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率72.4%、全国で7番目に高く〜 社長年齢60歳以上で390社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の島根県の後継者問題はどのようになっているのだろうか。

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 岡山県 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/222017年 岡山県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率62.5%、改善進まず〜 社長年齢60歳以上で1025社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の岡山県の後継者問題はどのようになっているのだろうか。帝国デ

2018年1月24日帝国データバンクフィードバック数:0社会/政治

2017年 鳥取県 後継者問題に関する企業の実態調査

2017/12/222017年 鳥取県 後継者問題に関する企業の実態調査後継者不在率72.6%、全国で6番目に高く〜 社長年齢60歳以上で301社、事業承継急がれる 〜はじめに高齢化社会が加速度的に進み、企業が経営を継続するうえで、円滑な事業承継がこれまで以上に大きな課題となっている。これまでに培ってきた技術・ノウハウの次世代への伝承が地方経済の発展に不可欠とされる中で、M&Aやビジネスマッチングなど様々な取り組みが拡がりをみせているが、現状の鳥取県の後継者問題はどのようになっているのだろうか。

2018年1月24日帝国データバンク★フィードバック数:0ビジネス

「老舗企業」の実態調査(2019年)

2019/1/8「老舗企業」の実態調査(2019年)業歴100年以上の「老舗企業」、全国に約3万3000社〜 「貸事務所」、「清酒製造」などが上位に 〜はじめに“企業長寿大国”である日本。世界と比べて、日本には業歴の長い企業が多く存在し、毎年1000社以上の企業が創業100周年を迎えている。第二次世界大戦といった“戦争”、バブル崩壊やリーマン・ショックなどの“金融・経済危機”、阪神淡路大震災・東日本大震災といった“災害”など、老舗企業には幾多の困難を乗り越えてきた強さがあり、企業理念や経営方針、

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
 

お知らせ