調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 情報通信ネットワーク産業協会

「情報通信ネットワーク産業協会」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

通信機器生産・輸出入統計(各月、累計) 2016年6月分

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

通信機器生産・輸出入統計(各月、累計) 2015年10月分

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

通信機器生産・輸出入統計(各月、累計) 2015年8月分

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

国内通信機器受注・出荷 2015年6月分

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

機械統計(情報通信関連の生産・出荷・在庫統計) 2015年5月分

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

通信機器生産・輸出入統計(各月、累計) 2015年5月分

生産統計エクセルファイル ※2015年1月~2016年3月統計にわたり事後修正を行いました。 輸出統計エクセルファイル※2015年2月~2015年12月統計にわたり事後修正を行いました。 輸入統計エクセルファイル ※2015年1月~2015年11月統計にわたり事後修正を行いました。 Comments ClosedComments are closed. You will not be able to post a comment in this post. © 2010 一般社団法人 情報通

法人向け携帯電話端末ビジネスのニーズ掘り起しに関する調査研究

ホーム > プレスリリース > プレスリリース 2015 > 「法人向け携帯電話端末ビジネスのニーズ掘り起しに関する調査研究」プロジェクトの成果発表~モバイル端末の法人ユーザ開拓のポイントは3つ~ CIAJでは2014年度に「法人向け携帯電話端末ビジネスのニーズ掘り起しに関する調査研究」プロジェクトを発足し、国内端末メーカが法人市場を獲得するためのポイントは何かを明らかにするために調査研究を実施し、この度その結果を6月9日のCIAJプロジェクト成果発表会で報告致します。(1)調査の概要モバイル端

ICTのトレンドです。

技術ナビゲーション2015

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)技術企画部会では、CIAJ会員企業また我が国のICT産業全体の振興を目指して、グローバルな技術・市場トレンドを俯瞰し、ICT産業の向かうべき方向を検討しています。 昨年の「技術ナビゲーション2014」では、ICT市場構造・技術の変化を踏まえ、特に、社会インフラのパラダイムシフトをもたらす「ネットワーク仮想化」、「M2M」、「クラウド」の3つのキーワードに着眼して、社会構造・産業へのインパクトを分析致しました。 「技術ナビゲーション2015」で

通信機器生産・輸出入統計(各月、累計) 2015年2月分

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

通信機器に対する耐震評価基準に関する調査報告

CIAJ装置実装委員会では、この度、2014年度の活動として、通信機器に対する耐震評価基準をまとめましたので公開いたします。国内で採用されている耐震試験規格には、複数種類の要求条件があり、耐震試験条件が異なる装置を同じ局舎を活用し運用する場面もあることから、今後の標準化を見据え、試験内容が比較できるようにまとめました。1.背景神戸の震災をベースに耐震試験の基準が見直しされ、既に10年を超えてきましたが、2011年に発生した東北の震災においては、各キャリアで設定した耐震試験規格が活用され効果を出し

家庭用固定電話機等の停電対応状況調査

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

市場データです。

2014年度 上半期(4-9月)通信機器 生産・輸出入概況

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は、この度、2014年度 上半期(4-9月) 通信機器生産・輸出入の概況をまとめました。2014年度の日本経済は、政府による経済政策や金融政策により緩やかな景気回復基調にあるものの、消費税率引き上げに伴う反動減が長引き、先日発表の実質GDP見通しがマイナスに転じました。国内通信機器市場は、円安の影響から輸出が好調であるものの、生産が海外へシフトしているため国内生産は大幅に減少し輸入が引き続き高位を維持する状況にあります。加えて、国内市場に海外

保護者のICT教育認識調査

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)は、ICT産業の活性化につながる政策提言・意見発信などの取組を行っており、教育分野においてもICTの利活用により、種々の課題解決に貢献できると考えております。この度CIAJでは、ICT教育の促進に向けた取組に役立てることを目的として、小学生・中学生の子供を持つ保護者を対象とした調査を実施し、保護者のICT教育に対する認知、意識、期待・要望、不安などを測定しました。調査結果からは、ICT教育は全国的にまだ広く認知されておらず、保護者の半数が日本

携帯、スマホ利用についての調査です。

2014年度 携帯電話の利用実態調査

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

技術ナビゲーション2014

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)技術企画部会では、ICT産業の事業構造やネットワーク技術の変化を踏まえ、新しい市場・技術トレンドを、通信事業者、ベンダー、利用者の視点から検討を進め、将来のICT技術を見通すことを目指しております。当技術企画部会は、CIAJ技術系委員会を取りまとめる組織として、必要に応じ、技術系委員会の事業活動を支援するための助言・指導を行い、関係する部会との連携を図り、事業活動を推進しております。2012年度は、ICT関連の次世代のキーワードリストの作成、

市場データです。

通信機器中期需要予測[2013-2018年度]

一般社団法人 情報通信ネットワーク産業協会(以下、CIAJ)は、この度、我が国の通信機器市場(輸出を含む)に関する中期需要予測[2013年度~2018年度]を取りまとめ発刊致します。(12月13日発刊予定)本年もCIAJで実施する通信機器受注・出荷の統計情報や海外メーカーのヒアリング情報に基づき国内通信機器市場を2018年度まで予測致しました。また、世界主要地域の通信機器市場動向をGartner社予測等より引用し解説致しました。1.概要 日本経済は、2013年度に入り円安効果による輸出の持ち直し

2013年度(4-6月) 通信機械生産・輸出入概況

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

スマートフォンとフューチャーフォンを対比しています。

2013年度 携帯電話の利用実態調査

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

生産、輸出、輸入の市場データです。

2012年度 上半期(4-9月)通信機器 生産・輸出入概況

CIAJ webサイトはリニューアル致しました。5秒後に新しいwebサイトへジャンプします。

CIAJによるスマートフォン、携帯についての調査結果です。

2011年度 携帯電話の利用実態調査

CIAJは、この度「2011年度 携帯電話の利用実態調査」を実施し、報告書としてとりまとめました。今回はスマートフォンに関する項目を拡充。スマートフォンへの買い替え意向、購入者の不満点等を明らかにしました。ユーザーのスマートフォン購入意向は高く、今後市場の牽引役として、市場を活性化することを予測させる結果となっています。概 要 本調査は、国内携帯電話・PHS利用実態を把握することを目的に、1998年より毎年実施しています。調査の対象は、関東、関西在住の携帯電話利用者1200人※(19歳以下男女各

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ