調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本ネットワークセキュリティ協会

「日本ネットワークセキュリティ協会」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2016年度 国内情報セキュリティ市場調査(速報値)

2016年度 国内情報セキュリティ市場調査(速報値) (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査について2004年以来継続実施している市場調査の2016年度版の速報値です。市場調査WGでの検討ポイント、2015,2016,2017年度の推定実績〜見込み、前回調査結果(「2015年度情報セキュリティ市場調査報告書」はこちら)からの変化等について、速報ベースで解説します。 2016年度調査報告書作成メンバー 木城 武康 (株式会社日立システムズ)菅野泰彦(アルプスシステムイ

JNSA 2016 セキュリティ十大ニュース

2016年12月26日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 IoTのセキュリティが今年のトップである。モノのインターネットの略であるが、その本質は世界のすべてのものがインターネットにつながるところにある。このIoTがBOTと化して攻撃に利用されることの危惧等にかねてから警鐘が鳴らされてきたところだ。さらに、ランサムウェアや標的型攻撃メールに代表されるサイバー攻撃は今や茶飯事となり、情報流出等の被害はとどまるところを知らない。サイバー空間はいたるところが攻撃対象とされる脅威遍在の

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書 (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査についてNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、2004年度以来継続して、日本国内の情報セキュリティ市場の調査を実施している。このうち、2009年度までは経済産業省委託事業として、以降はJNSA独自の事業として行っている。2015年度調査では、従来方式を一部簡略化し、個別推計調査、ワーキンググループメンバによる議論を踏まえて全体集計・推計作業を行い、2016年6月にと

2014年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏えい編~

2014年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書〜個人情報漏えい編〜 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ)「2014年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書〜個人情報漏えい編〜」 JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は、情報セキュリティ大学院大学原田研究室、廣松研究室の協力をいただいて実施している。本調査もこれまでの調査方法を踏襲し、2014年に新聞やインターネットニュースなどで報道さ

2015年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】

2015年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ) JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2015年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計し、分析を行ってまいりました。 その結果、一部ではありますが、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual In

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書(速報版)

2015年度 情報セキュリティ市場調査報告書 (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査についてNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、2004年度以来継続して、日本国内の情報セキュリティ市場の調査を実施している。このうち、2009年度までは経済産業省委託事業として、以降はJNSA独自の事業として行っている。2015年度調査では、従来方式を一部簡略化し、個別推計調査、ワーキンググループメンバによる議論を踏まえて全体集計・推計作業を行い、2016年6月にと

市場データです。

2014年度 情報セキュリティ市場調査報告書

2014年度 情報セキュリティ市場調査報告書 (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査についてNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、2004年度以来継続して、日本国内の情報セキュリティ市場の調査を実施している。このうち、2009年度までは経済産業省委託事業として、以降はJNSA独自の事業として行っている。2014年度調査では、従来方式を一部簡略化し、個別推計調査、ワーキンググループメンバによる議論を踏まえて全体集計・推計作業を行い、2015年5月にと

10大ニュースです。

2014セキュリティ十大ニュース

2016年12月26日セキュリティ十大ニュース選考委員会委員長 大木 榮二郎 IoTのセキュリティが今年のトップである。モノのインターネットの略であるが、その本質は世界のすべてのものがインターネットにつながるところにある。このIoTがBOTと化して攻撃に利用されることの危惧等にかねてから警鐘が鳴らされてきたところだ。さらに、ランサムウェアや標的型攻撃メールに代表されるサイバー攻撃は今や茶飯事となり、情報流出等の被害はとどまるところを知らない。サイバー空間はいたるところが攻撃対象とされる脅威遍在の

日本ネットワークセキュリティ協会の調査です。

2013年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書

2015年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ) JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2015年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計し、分析を行ってまいりました。 その結果、一部ではありますが、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual In

2012年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書 ~個人情報漏えい編~

2015年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書【速報版】 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ) JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2015年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデントの情報を集計し、分析を行ってまいりました。 その結果、一部ではありますが、漏えいした組織の業種、漏えい人数、漏えい原因、漏えい経路などの情報の分類、JOモデル(JNSA Damage Operation Model for Individual In

市場データです。

2013年度 情報セキュリティ市場調査報告書

2013年度 情報セキュリティ市場調査報告書 (セキュリティ市場調査ワーキンググループ) 情報セキュリティ市場調査についてNPO日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)では、2004年度以来継続して、日本国内の情報セキュリティ市場の調査を実施している。このうち、2009年度までは経済産業省委託事業として、以降はJNSA独自の事業として行っている。2013年度調査は、従来方式を一部簡略化し、個別推計調査、インタビュー調査、ワーキンググループメンバによる議論を踏まえて全体集計・推計作業を行い、2

個人情報漏えいについてのまとまったレポートです。

2011年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏えい編~

2011年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書〜個人情報漏えい編〜 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ)  JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は今回で10回目となる。JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループと情報セキュリティ大学院大学 原田研究室、廣松研究室では、2010年と同様に、これまでの調査方法を踏襲し、2011年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデ

JNSAによるセキュリティについての報告書です。

2010年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書~個人情報漏えい編~

2010年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書〜個人情報漏えい編〜(セキュリティ被害調査ワーキンググループ) JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は今回で9 回目となる。JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2009 年と同様に、これまでの調査方法を踏襲し、2010 年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個人情報漏えいインシデント(以下、インシデントという)の情報を集計し、分析

2008年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書

2008年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ) 報告書に関する合同セミナーを7/16(木)に開催しました 詳細はこちら 報告書「始めに」より抜粋JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は今回で7回目となる。2007年と同様に2008年も2003年に確立した調査方法を踏襲した。JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2007年と同様に、2008年に新聞

個人情報漏えい事件に関する調査です。

【速報版】2007年度 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書

2007年 情報セキュリティインシデントに関する調査報告書 (セキュリティ被害調査ワーキンググループ) 報告書「始めに」より抜粋 JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループによる個人情報漏えい事件・事故(以降「インシデント」という)の調査分析は今回で6回目となる。2006年と同様に2007年も2003年に確立した調査方法を踏襲した。JNSA セキュリティ被害調査ワーキンググループでは、2006年と同様に、これまでの調査方法を踏襲し、2007年に新聞やインターネットニュースなどで報道された個

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
 

お知らせ