調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本医師会総合政策研究機構

「日本医師会総合政策研究機構」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

「国際的潮流」と「我が国の国民皆保険等」を踏まえた グローバルヘルス戦略の研究-国連・世界銀行等と協調した「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」推進と 世界の模範である「我が国の国民皆保険」の持続性確保を-

「国際的潮流」と「我が国の国民皆保険等」を踏まえた グローバルヘルス戦略の研究-国連・世界銀行等と協調した「ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ」推進と 世界の模範である「我が国の国民皆保険」の持続性確保を-畑仲卓司、江口成美、出口真弓、矢澤真奈美 現在我が国政府においては、ビジネスの視点を中心とした国際的な「健康・医療成長戦略」を展開しているが、このような戦略は、相手国の国民からみれば、ビジネスに偏った一部の階層のための国際協力とも受け取られかねない問題も内包している。2015年以後のポストMDG

医療費推計です。

将来の人口動態等に基づく医療費推計:5つのシミュレーションから

将来の人口動態等に基づく医療費推計:5つのシミュレーションから 本ワーキングペーパーでは、年齢階級別の1人当たり医療費の伸び率を加味しながら人口動態の推移予測を反映させる手法で、5つのパターン別に将来の医療費推計(2015-2040年)を行った。同じく5つのパターン別に、推計の対象とした25年間において、どの程度の国費が節減可能かの推計を行った。 現状の1人当たり医療費の伸びのトレンドが継続した場合、2040年の推計医療費は53.3兆円である。2015年以降、20歳以上のすべての年齢階層の1人

医学生対象の調査です。

医学生のキャリア意識に関する調査

医学生たちの診療科の選択を含めた現時点でのキャリア意識の実態把握を目的とし、医学部医学科の学生を対象にアンケート調査を行った(n=1,309)。 医学部での学習と将来のキャリアについては、大部分の医学生が肯定的に捉えている。気になる点としては、医学部における授業・実習の内容へ満足している割合が比較的低いことである。 自分自身の視野・世界が狭いと感じている医学生の割合は、全体の3分の2弱、また、医学・医療系以外の友人・知人との交流や医学・医療系以外の読書の機会をそれなりに持っている医学生はともに約

雇用についてのレポートです。

最近の雇用情勢および格差と医療・介護分野の関係について

最近の雇用情勢および格差と医療・介護分野の関係について 景気、雇用に回復の兆しはあるものの、若年層を取り巻く情勢はまだま だ厳しく、世代内格差が拡大している。健康保険料が支払えない世帯、 低所得ゆえに納税できない世帯、病気が重症化、慢性化しているとみら れるケースもある。高齢者は働く意欲はあるものの、労働力としてはそ れほど期待されていない。 貧困層が増えると公的社会支出が増加する。たとえば医療では生活保護 の医療扶助(支出)が増加する。その一方で、健康保険料の収納率(収 入)は低下する。国民健

医療費動向です。

2014年度診療報酬改定後の医療費の動向―2014年度上半期医療費の対前年同期比-

2014 年度診療報酬改定後の医療費の動向 —2014 年度上半期医療費の対前年同期比- 診療報酬改定率(全体)を除いた医療費の対前年同期比は継続して縮小 傾向にあり、2014 年度上半期の伸びは、ここ最近ではもっとも小さい。 高齢化が人口減に打ち消されて、「自然増」はなくなってきている。 2014 年度上半期の医療費は、病院では微増であったが、診療所では低迷 している。診療所の伸びは、薬価マイナス改定があった保険薬局よりも 小さい。ただし、保険薬局は施設数の増加により 1 施設当たり医療費の

医療保険についてのレポートです。

民間医療保険・がん保険の現状について

民間の医療保険・がん保険が普及している。生命保険会社が不当な利益を得ているという見方もあるが、民間保険は公的医療保険とは異なる点を理解してその経営実態を冷静に判断する必要がある。ただ、生命保険会社は、当然に営利を追求する。利益の一部は株主への配当に回され、外資系企業では利益の一部を本店に送金する。生命保険会社の保険料は広告宣伝費などにも使われる。将来の給付に備えた準備金は外国債の購入を通じて海外にも流出している。そして、民間第三分野の保険料(年換算)は、公的医療保険の被保険者のそれの半分近くの多

日本医師会総合政策研究機構のレポートです。

第5回 日本の医療に関する意識調査

超高齢社会の中、安心して医療を受けられ、健康で長寿を全うできる地域社会の構築が求められている。本調査は、医療の受け手である国民の意識やニーズを把握し、基礎資料を作成することを目的としている。調査の結果、以下の点が明らかになった。 1. 医療満足度と医師患者関係の全般的な向上2. 最重点課題は長期入院できる施設の整備(56.4%)3. 医療に関する不安に地域格差4. 「医師の説明」が受けた医療の満足度に最も大きく影響5. 高齢者も自身の治療方針への積極的な関与を希望6. かかりつけ医など決まった医

日本医師会総合政策研究機構のレポートです。

2012年・2013年 (2011年度・2012年度) 民間医療機関全体(診療所及び病院)における 地球温暖化対策フォローアップと電力供給等に関する研究

2012 年・2013 年 (2011 年度・2012 年度) 民間医療機関全体(診療所及び病院)における 地球温暖化対策フォローアップと電力供給等に関する研究−2015年COP21に向け厚生労働省所管の 「環境自主行動計画フォローアップ会議」等の抜本的見直しを− 本研究は、民間の病院と診療所を合わせた民間医療機関全体での地球温暖化対策のフォローアップや、世界及び我が国における地球温暖化対策の動向についての整理・検討及び、「電力料金や都市ガス料金高騰」「再生可能エネルギー固定価格買取制度」の問題

診療所調査です。

2014年度診療報酬改定に係る診療所調査

2014 年度診療報酬改定に係る診療所調査結果-かかりつけ医機能と在宅医療を中心に- 2014 年度診療報酬改定の影響を把握するため、2014 年 10 月~11 月に診療所開設者・管理者にアンケート調査を実施した。回答数は 1,519人(回答率 44.5%)である。かかりつけ医機能かかりつけ医にとって、あるいはかかりつけ医機能として、健康相談・管理、介護保険との関わりが重視されている。なお、診療科によって重視している項目が異なっており、すべての患者に対して必要なかかりつけ医機能のほか、患者特性

薬局等でのセルフメディケーションの現状と課題について -自己採血検査を中心に-

薬局等でのセルフメディケーションの現状と課題について-自己採血検査を中心にー 政府の成長戦略の下、セルフメディケーションの推進にむけた動きが加速している。そのひとつが自己採血検査である。 今回、薬局等で自己採血検査を体験してみたが、あちこちに血液が付着してしまい(あくまで筆者の例)、安全性対策がやや不十分ではないかと思われた。また、それほど簡便でも手軽でもなかったが、今後拡大する可能性はある。 薬剤師や薬局が増加しており、さらには薬局との提携を進めているコンビニが新たな市場を必要としているから

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
 

お知らせ