調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本建設機械工業会

「日本建設機械工業会」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

2015年1月度建設機械出荷金額統計

平成27年2月27日一般社団法人 日本建設機械工業会統計調査部会 2015年1月度建設機械出荷金額統計まとまる  1月の建設機械出荷金額は、内需は3.3%減少の740億円、外需は6.8%増加の1,100億円、総合計では2.5%増加の1,840億円となりました。その結果、内需は2カ月連続の減少、外需は7カ月連続の増加となりました。総合計では18カ月連続の増加となりました。内需について機種別に見ると、ミニショベル23.4%増加の82億円、建設用 クレーン5.8%増加の161億円、道路機械5.2%増加

建設業界の業況は堅調、一方当業界は一部機種に反動減が見られる

平成27年2月19日一般社団法人日本建設機械工業会統計調査部会 建設業界の業況は堅調、一方当業界は一部機種に反動減が見られる 2014年度の出荷金額は、2兆1,205億円(前年比2%増加) と見込。2015年度の出荷金額は、2兆925億円(前年比1%減少)と予測。 国内出荷:2014年度下期は、震災復興による需要や安定した官民の建設投資により8機種が増加するものの、油圧ショベルで2011年次排ガス規制の生産猶予期限終了に伴う旧型機需要の反動減があり、下期計では、4,710億円(前年同期比7%減少

2014年11月度建設機械出荷金額統計

平成26年12月26日一般社団法人 日本建設機械工業会統計調査部会 2014年11月度建設機械出荷金額統計まとまる 11月の建設機械出荷金額は、内需は0.6%増加の949億円、外需は9.1%増加の1,177億円、総合計では5.2%増加の2,125億円となりました。その結果、 内需は2カ月振りの増加、外需は5カ月連続の増加となりました。総合計では 16カ月連続の増加となりました。内需について機種別に見ると、トラクタ4.3%増加の181億円、ミニショベル 9.6%増加の92億円、建設用クレーン20.

2014年10月度建設機械出荷金額統計

平成26年11月27日一般社団法人 日本建設機械工業会統計調査部会 2014年10月度建設機械出荷金額統計まとまる 10月の建設機械出荷金額は、内需は61%減少の917億円、外需は124%増加の1175億円、総合計では35%増加の2092億円となりました。その結果、内需は5カ月振りの減少、外需は4カ月連続の増加となりました。総合計では内需について機種別に見ると、ミニショベル142%増加の94億円、建設用クレーン06%増加の104億円、道路機械75%増加の40億円、コンクリート機械521%増加の3

2014年9月度建設機械出荷金額統計

平成26年10月30日一般社団法人 日本建設機械工業会統計調査部会 2014年9月度建設機械出荷金額統計まとまる  9月の建設機械出荷金額は、内需は4.3%増加の1,178億円、外需は16.7%増加の1,297億円、総合計では10.5%増加の2,476億円となりました。その結果、内需は4カ月連続の増加、外需は3カ月連続の増加となりました。総合計では14カ月連続の増加となりました。内需について機種別に見ると、ミニショベル32.4%増加の120億円、建設用クレーン19.6%増加の246億円、道路機械

市場データです。

日本建設機械工業会 需要予測

平成26年8月27日一般社団法人日本建設機械工業会統計調査部会 一部機種で反動減があるものの、全体としては好調を維持 2014年度の出荷金額は、2兆1,050億円(前年比2%増加) と予測。2015年度の出荷金額は、2兆1,329億円(前年比1%増加) と予測。 国内出荷:2014年度は、震災復興による需要や安定した官民の建設投資により9機種が増加するものの、油圧ショベルで昨年度の2011年次排ガス規制の生産猶予期限終了に伴う旧型機需要の反動減が想定され、上期計では、3,828億円(前年同期比2

2014年3月2日日本建設機械工業会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

来年度の見通しです。

2014年度需要予測

平成26年2月28日一般社団法人日本建設機械工業会統計調査部会 機種毎にバラツキがあり、消費増税の影響もあるものの、全体としては好調を維持 2013年度の出荷金額は、2兆275億円(前年比7%増加)と見込。2014年度の出荷金額は、2兆650億円(前年比2%増加)と予測。 国内出荷:2013年度下期は、公共・民間投資の増大、震災復興による需要、主力機種が含まれるエンジン定格出力D3・D4クラスの2011年次排ガス規制の生産猶予期限終了に伴う旧型機の需要が見込まれ、全10機種が増加すると予測し、下

2014年3月2日日本建設機械工業会フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

2014年1月度建設機械出荷金額統計

平成26年2月28日一般社団法人 日本建設機械工業会統計調査部会 2014年1月度建設機械出荷金額統計まとまる 1月の建設機械出荷金額は、内需は38.2%増加の766億円、外需は25.2%増加の1,030億円、総合計では30.4%増加の1,796億円となりました。その結果、内需は34カ月連続の増加、外需は4カ月連続の増加となりました。総合計では6カ月連続の増加となりました。内需について機種別に見ると、トラクタ1.7%増加の69億円、油圧ショベル44.3%増加の235億円、ミニショベル43.9%増

2013年8月度建設機械出荷金額統計

平成25年9月27日一般社団法人 日本建設機械工業会統計調査部会 2013年8月度建設機械出荷金額統計まとまる  8月の建設機械出荷金額は、内需は18.6%増加の705億円、外需は5.0%減少の1,002億円、総合計では3.5%増加の1,707億円となりました。その結果、内需は29カ月連続の増加、外需は15カ月連続の減少となりました。総合計では13カ月振りの増加となりました。内需について機種別に見ると、トラクタ33.3%増加の62億円、油圧ショベル40.2%増加の267億円、ミニショベル14.7

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ