調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本海事センター

「日本海事センター」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2015年6月21日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2015年5月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2015年5月の荷動きのポイント アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2015年5月の荷動きのポイント【往 航】 5月の往航荷動き量は131.2万TEUで対前年比5.6%増。5月の往航荷動き量は、前年比3ヶ月連続の増加となる5.6%増の131.2万TEUと2ヶ月ぶりの130万TEU台。5月の単月では過去最高を更新するとともに、1-5月の累計は前年同期比3.8%増の598.6万TEUと過去最高を更新。国・地域別では、日本積(前年比0.6%

2015年6月14日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要定期航路コンテナ貨物の荷動き動向(2015年6月12日分速報値)

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2015年4月の荷動きのポイント アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2015年4月の荷動きのポイント【往 航】 4月の往航荷動き量は124.7万TEUで対前年比4.5%増。4月の往航荷動き量は、前年比2ヶ月連続の増加となる4.5%増の124.7万TEU。4月の単月では過去最高を更新するとともに、1-4月の累計は前年同期比3.3%増の467.3万TEUと過去最高を更新。国・地域別では、中国積(前年比2.8%減)、香港積(同16.4%減)

2015年6月14日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(6月12日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(6月12日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(6月12日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しております

2015年6月11日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

日本・ASEAN間のコンテナ輸送動向

日本・ASEAN間のコンテナ輸送動向

2015年6月9日日本海事センターフィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

LNG海上輸送の動向

「LNG海上輸送の動向」について 「LNG海上輸送の動向」についてこの度、当センターは「LNG海上輸送の動向」を取りまとめましたので、お知らせ致します。本調査は、米国シェールガスの輸出や世界的な天然ガス需要の増加を背景に成長が見込まれるLNG輸送の動向を整理し、今後の展望について考察したものです。具体的には、各種統計を基に、LNG貿易の動向やLNG船市況、日本のLNG船隊の動向など、基礎的な情報を分かりやすく紹介するとともに、主要国における新たなLNG輸出プロジェクトの動向やLNGトレードの多様

2015年6月2日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2015年4月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2015年4月の荷動きのポイント アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2015年4月の荷動きのポイント【往 航】 4月の往航荷動き量は124.7万TEUで対前年比4.5%増。4月の往航荷動き量は、前年比2ヶ月連続の増加となる4.5%増の124.7万TEU。4月の単月では過去最高を更新するとともに、1-4月の累計は前年同期比3.3%増の467.3万TEUと過去最高を更新。国・地域別では、中国積(前年比2.8%減)、香港積(同16.4%減)

2015年5月19日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(5月13日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(5月13日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(5月13日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しております

2015年5月14日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要定期航路コンテナ貨物の荷動き動向(2015年5月13日分速報値)

主要定期航路コンテナ貨物の荷動き動向(2015年5月13日分速報値)

2015年5月6日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2015年3月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2015年3月の荷動きのポイント 【往 航】3月の往航荷動き量は133.7万TEUで対前年比28.1%増。3月の往航荷動き量は、前年比2ヶ月連続の増加となる28.1%増の133.7万TEU。3月の単月では過去最高を大幅に更新。3月の大幅な増加は米国西岸の港湾労使交渉の影響により、滞船、港湾荷役の遅延・混乱等をもたらしたが、遅延・混乱の解消が進展し正常化に向かったことによるもの。2月までの累計は前年同期比減少となっていたものの、1-3月の四半期別では

2015年4月21日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(4月15日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(4月15日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(4月15日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しております

2015年4月16日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2015年2月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2015年2月の荷動きのポイント 【往 航】 2月の往航荷動き量は101.1万TEUで対前年比0.4%増。2月の往航荷動き量は、前年比2ヶ月ぶりの増加となる0.4%増の101.1万TEU。国・地域別では、日本積(前年比29.5%減)、韓国積(同12.6%減)、ASEAN積(同4.5%減)などが前年比減少となったものの、台湾積(同27.0%増)、中国積(同2.8%増)、南アジア積(同9.4%増)などが前年比増加となった結果、微増ながら増加となった。品

2015年4月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

北米西岸労使協約改定の経緯とコンテナ物流への影響

北米西岸労使協約改定の経緯とコンテナ物流への影響

2015年4月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

各県別海事産業の経済学-山口県-

各県別海事産業の経済学-山口県-

2015年4月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年日本・アジア/米国間コンテナ荷動き・運賃の動向について

2014年日本・アジア/米国間コンテナ荷動き・運賃の動向について

2015年4月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

外航海運業の現状と課題

外航海運業の現状と課題

2015年4月3日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

海事クラスターの歴史分析:2014年度報告書

「海事クラスターの歴史分析:2014年度報告書」を発表しました。 このたび、当センターは「海事クラスターの歴史分析」を取りまとめましたので、お知らせします。今回発表する資料は、当センターが2012年度に行った「日本における海事クラスターの規模―産業連関表、国民経済計算、法人企業統計、経済センサスを利用した調査結果―」に引き続いて調査を行ったものです。2012年度調査においては、産業連関表を始め既存の経済統計を用いて計算を行い、2010年における海事クラスターの付加価値額は4.2兆円、2010年度

2015年3月18日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(3月13日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(3月13日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(3月13日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しております

2015年3月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2015年1月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2015年1月の荷動きのポイント 【往 航】 1月の往航荷動き量は107.6万TEUで対前年比14.6%減。1月の往航荷動き量は、前年比11ヶ月ぶりの減少となる14.6%減の107.6万TEU。この大幅な減少要因は、昨年秋からの長引く北米西岸港湾の労使協約改定をめぐる混乱の影響により、荷役の混雑・遅延が深刻化したことによる。2014年1月と2015年1月のLos Angels 及びLong Beachの2港を出港した主なコンテナ船の港内所要時間を比

2015年2月25日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2015年2月19日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(2月19日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(2月19日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しております

2015年2月20日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年12月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値(12月復航を追加)

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年12月の荷動きのポイント ※12月復航を追加しました。【往 航】 12月の往航荷動き量は117.6万TEUで対前年比6.4%増。12月の往航荷動き量は、12月単月では過去最高となるとともに、前年比10ヶ月連続の増加となる6.4%増の117.6万TEU。2014年の年計では前年比5.9%増の1,465.2万TEUと2007年以来7年ぶりに過去最高を更新。なお、10-12月の四半期別では6四半期連続の増加となる前年同期比6.8%増の372.0

2015年2月13日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

各県別海事産業の経済学-愛知県-

各県別海事産業の経済学-愛知県-

2015年2月13日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

日本・韓国間コンテナ航路の動向(2)船社別配船船腹別、港湾別輸送量

日本・韓国間コンテナ航路の動向(2)船社別配船船腹別、港湾別輸送量

2015年2月13日日本海事センターフィードバック数:0大型消費/投資

定期船市場の回顧と展望

定期船市場の回顧と展望

2015年2月1日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(1月26日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(1月26日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(1月26日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しております

2015年1月27日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年12月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年12月の荷動きのポイント 【往 航】 12月の往航荷動き量は117.6万TEUで対前年比6.4%増。12月の往航荷動き量は、12月単月では過去最高となるとともに、前年比10ヶ月連続の増加となる6.4%増の117.6万TEU。2014年の年計では前年比5.9%増の1,465.2万TEUと2007年以来7年ぶりに過去最高を更新。なお、10-12月の四半期別では6四半期連続の増加となる前年同期比6.8%増の372.0万TEU。国・地域別では、日

2015年1月15日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

日本・韓国間コンテナ航路の動向(1)概要

日本・韓国間コンテナ航路の動向(1)概要

2014年12月25日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2014年12月18日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(12月18日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(12月18日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しており

2014年12月19日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年11月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年11月の荷動きのポイント 【往 航】 11月の往航荷動き量は115.9万TEUで対前年比3.1%増。11月の往航荷動き量は、前年比9ヶ月連続の増加となる3.1%増の115.9万TEU。1-11月累計では前年同期比5.8%増の1,346.8万TEUと過去最高だった2007年を上回っている。12月の荷動きが94.4万TEU超となれば年計で過去最高を更新する見込み。国・地域別では、香港積(前年比6.2%減)などが前年比減少となったものの、日本積

2014年12月9日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

『海事レポート2014』による外航海運の現状

『海事レポート2014』による外航海運の現状

2014年12月7日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年10月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」往航速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年10月の荷動きのポイント アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年10月の荷動きのポイント【往 航】 10月の往航荷動き量は137.2万TEUで対前年比9.4%増。10月の往航荷動き量は、前年比8ヶ月連続の増加となる9.4%増の137.2万TEUと2ヶ月連続で過去最高を更新。また、3ヶ月連続の130万TEU超は月別集計開始以来初めてのこと。1-10月累計では前年同期比6.1%増の1,231.5万TEUと過去最高だった20

2014年12月3日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2014年11月28日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(11月28日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(11月28日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しており

2014年11月29日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年9月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」復航速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年9月の荷動きのポイント 【往 航】9月の往航荷動き量は135.3万TEUで対前年比7.4%増。9月の往航荷動き量は、前年比7ヶ月連続の増加となる7.4%増の135.3万TEUと過去最高を更新。また、2ヶ月連続の130万TEU超は2007年(8月-9月)以来7年ぶりのこと。1-9月累計では前年同期比5.7%増の1,094.9万TEUと過去最高だった2007年を上回っている。7-9月の四半期別でみると、5四半期連続の増加となる前年同期比6.3

2014年11月6日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

海上・航空輸送間シフト品目の特性分析(2)

海上・航空輸送間シフト品目の特性分析(2)

2014年11月6日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

各県別海事産業の経済学-北海道-

各県別海事産業の経済学-北海道-

2014年10月30日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2014年10月23日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(10月23日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(10月23日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しており

2014年10月24日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年9月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年9月の荷動きのポイント 【往 航】 9月の往航荷動き量は135.3万TEUで対前年比7.4%増。9月の往航荷動き量は、前年比7ヶ月連続の増加となる7.4%増の135.3万TEUと過去最高を更新。また、2ヶ月連続の130万TEU超は2007年(8月-9月)以来7年ぶりのこと。1-9月累計では前年同期比5.7%増の1,094.9万TEUと過去最高だった2007年を上回っている。7-9月の四半期別でみると、5四半期連続の増加となる前年同期比6.

2014年10月10日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

海上・航空輸送間シフト品目の特性分析(1)

海上・航空輸送間シフト品目の特性分析(1)

2014年9月23日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2014年9月17日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(9月17日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(9月17日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しております

2014年9月18日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年8月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年8月の荷動きのポイント 【往航】8月の往航荷動き量は132.5万TEUで対前年比5.0%増。8月の往航荷動き量は、前年比6ヶ月連続の増加となる5.0%増の132.5万TEU(過去3番目)と2007年9月以来6年11ヶ月ぶりの130万TEU超。1-8月累計では前年同期比5.6%増の960.4万TEUと過去最高であった2007年を上回っている。国別でみると、日本積(前年比4.2%増)、韓国積(同8.0%増)、中国積(同4.2%増)、台湾積(同

2014年9月10日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2013年全国輸出入コンテナ貨物流通調査と近年の傾向

2013年全国輸出入コンテナ貨物流通調査と近年の傾向

2014年9月10日日本海事センターフィードバック数:0社会/政治

東アジアを中心とした貿易・経済の長期的動向と国際物流の方向性

東アジアを中心とした貿易・経済の長期的動向と国際物流の方向性

2014年8月20日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2014年8月12日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(8月12日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(8月12日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しております

2014年8月13日日本海事センターフィードバック数:0社会/政治

2014年6月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年6月の荷動きのポイント アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年6月の荷動きのポイント【往 航】 6月の往航荷動き量は124.3万TEUで対前年比7.8%増。6月の往航荷動き量は、前年比4ヶ月連続の増加となる7.8%増の124.3万TEUと2ヶ月連続で120万TEU超。4-6月累計では4四半期連続の増加となる前年同期比6.8%増の367.9万TEU。1-6月累計では前年同期比5.7%増の699.2万TEU。国・地域別でみ

2014年7月16日日本海事センターフィードバック数:0大型消費/投資

国内旅客船事業の活性化について

国内旅客船事業の活性化について

2014年7月16日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年5月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年5月の荷動きのポイント 【往航】 5月の往航荷動き量は124.7万TEUで対前年比6.1%増。5月の往航荷動き量は、前年比3ヶ月連続の増加となる6.1%増の124.7万TEUと5月単月での過去最高を更新した。1-5月累計では前年同期比5.3%増の575.4万TEUとなった。国・地域別でみると、香港積(前年比2.7%減)、フィリピン積(同10.8%減)、インドネシア積(同1.9%減)、バングラデシュ積(同18.4%減)などが前年比減少となっ

2014年7月16日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2013年日本・中国間コンテナ荷動きの動向について

2013年日本・中国間コンテナ荷動きの動向について

2014年7月13日日本海事センター★フィードバック数:0社会/政治

海についての意識調査です。

海に関する国民意識調査2014

「海に関する国民意識調査2014」を実施しました。 ≪概要≫(公財)日本海事センターは、本年5月20日~6月5日の間、海に関する国民の意識の現状を把握し、今後の海事思想の普及に向けた方途を探るため、全国の男女1,000名を対象に、郵送による「海に関する国民意識調査2014」を実施しました。この調査は今回で7回目の調査となります(2008年から2011年まではインターネット調査、2012年からは郵送調査)。≪調査結果のポイント≫【海との関わり】・「海が好き」と回答した人は昨年から0.6ポイント上が

2014年6月20日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

主要ドライ貨物荷動き報告(2014年6月17日現在)

主要ドライ貨物荷動き報告(6月17日現在)を作成しました。 主要ドライ貨物荷動き報告(6月17日現在)を作成しました。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊以上の図書・定期刊行物を検索できます。 日本海事センターでは、海事関係団体等が行う公益事業に対し、補助金を交付しております

2014年6月18日日本海事センターフィードバック数:0ビジネス

2014年4月の「日本・アジア/米国間のコンテナ荷動き動向」速報値

アジア米国間・その他航路のコンテナ荷動き 速報 2014年4月の荷動きのポイント 【往航】4月の往航荷動き量は119.4万TEUで対前年比6.8%増。4月の往航荷動き量は、前年比2ヶ月連続の増加となる6.8%増の119.4万TEU。1-4月累計では前年同期比5.2%増の451.0万TEUとなった。国・地域別でみると、韓国積(前年比2.2%減)、香港積(同9.9%減)、カンボジア積(同15.8%減)、バングラデシュ積(同15.5%減)以外の国・地域は前年比増加となった。ちなみに前年比増加したのは、

2014年5月20日日本海事センター★フィードバック数:0ビジネス

以前に発表された見通しの検証です。

年末年初市況見通しと現状

「年末年初市況見通しと現状」を作成しました。 (公財)日本海事センターは、このたび2013年の年末から2014年の初頭にかけて業界紙などで示された今年の市況見通しを整理した「年末年初市況見通しと現状」を取りまとめましたのでお知らせいたします。 海運、物流、船員、造船、航行安全、環境関連など海運をとりまく各種課題に関する調査研究報告書・レポートなどを公開しています。 世界やアジア域内の海上輸送情報、海運情報誌の記事紹介など、海運情報を豊富にお届けするコンテンツです。 海事図書館所蔵の40,000冊

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
 

お知らせ