調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本経済団体連合会

「日本経済団体連合会」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む
2017年5月6日日本経済団体連合会★フィードバック数:0キャリアとスキル

2017年春季労使交渉・大手企業業種別回答状況[第1回集計][了承・妥結含](加重平均)

2017年春季労使交渉・大手企業業種別回答状況[了承・妥結含](加重平均)2017年4月25日[第1回集計]業(一社)日本経済団体連合会2017年種社 数5,7041.805,6591.79食品67,5682.397,3202.33繊維156,4702.166,5662.20プ55,3671.785,5501.84印刷1――――化学26,5001.946,6552.00鉄鋼104,7911.605,1681.70属26,5732.196,8852.32機1――――車88,5552.468,200

2016年度新卒採用に関するアンケート調査

トップPolicy(提言・報告書)労働政策、労使関係、人事賃金2016年度新卒採用に関するアンケート調査結果 Policy(提言・報告書) 労働政策、労使関係、人事賃金2016年度新卒採用に関するアンケート調査結果 2016年11月15日一般社団法人 日本経済団体連合会【概要】【調査実施要領】 1.2016年4月入社対象の採用選考活動について 2.2017年4月入社対象の採用選考活動について 3.2017年入社対象の採用選考スケジュールの変更に伴う影響や評価について 4.新卒採用の基本的な考

2015年度福利厚生費調査

2015年度福利厚生費調査

2016年3月卒「新規学卒者決定初任給調査

2016 年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」2016 年 10 月 13 日 (一社)日本経済団体連合会 (一社)東京経営者協会 Ⅰ.調査の基本事項 調査目的:新規学卒者の初任給の実態と動向を把握し、今後の初任給対策の参考と するために 1952 年より毎年実施(東京経営者協会との共同調査) 調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,918 社 調査時期:2016 年 6 月 7 日~7 月 1 日 回答状況:集計企業数 493 社(有効回答率 25.7%) (製造業 51

2015年度 社会貢献活動実績調査

トップPolicy(提言・報告書)CSR、消費者、防災、教育、女性2015年度 社会貢献活動実績調査結果 Policy(提言・報告書) CSR、消費者、防災、教育、女性 2016年10月18日一般社団法人 日本経済団体連合会1%(ワンパーセント)クラブ「2015年度 社会貢献活動実績調査結果」の概要2015年度 社会貢献活動実績調査結果社会貢献活動支出調査結果 社会貢献活動支出額 指標毎に見る社会貢献活動支出額 要素別・種類別の社会貢献活動実施状況 2015年度災害被災地支援に関する支出額の内

2016ワーク・ライフ・バランスへの取組み状況

トップPolicy(提言・報告書)労働政策、労使関係、人事賃金2016ワーク・ライフ・バランスへの取組み状況 Policy(提言・報告書) 労働政策、労使関係、人事賃金2016ワーク・ライフ・バランスへの取組み状況 2016年9月20日一般社団法人 日本経済団体連合会(PDF形式/目次は以下のとおり)Ⅰ.実施概要Ⅱ.調査結果1.働き方・休み方改革に向けた意識啓発・取組み 2.長時間労働の削減、年次有給休暇の取得促進 3.仕事と介護の両立支援 Ⅲ.掲載企業一覧 【 事例集 】掲載企業一覧(社名の

2016年9月9日日本経済団体連合会フィードバック数:0ビジネス

ロシアのビジネス環境等に関するアンケート(2016年度)

トップPolicy(提言・報告書)地域別・国別ロシア・NISロシアのビジネス環境等に関するアンケート(2016年度)結果 ロシアのビジネス環境等に関するアンケート(2016年度)結果 2016年9月2日一般社団法人 日本経済団体連合会日本ロシア経済委員会 (PDF形式/本文の目次は以下のとおり)【アンケートについて】Ⅰ.ロシア・ビジネスの実態と可能性についてロシア・ビジネスの有無および業種 ロシア・ビジネスへの見方 ロシア・ビジネスの今後の展開 有望と思われる分野・地域 (1)有望分野 (2)

2016年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結

2016年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結

2015年度新卒採用に関するアンケート調査

トップPolicy(提言・報告書)労働政策、労使関係、人事賃金2015年度新卒採用に関するアンケート調査結果 Policy(提言・報告書) 労働政策、労使関係、人事賃金2015年度新卒採用に関するアンケート調査結果 2016年2月16日一般社団法人 日本経済団体連合会【概要】【調査要領】 1.2016年4月入社対象の採用選考活動について 2.採用選考スケジュールの変更に伴う影響や評価について 3.2015年4月入社対象の採用選考活動について【調査結果】 Copyright © 1995-2

2015年6月4日日本経済団体連合会フィードバック数:0キャリアとスキル

2015年春季労使交渉・中小企業業種別回答状況

2015年春季労使交渉・中小企業業種別回答状況

経団連のまとめです。

2015年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況

2015年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況

経団連のレポートです。

2014年度 日本の国際競争力調査

トップPolicy(提言・報告書)産業政策、行革、運輸流通、農業2014年度 日本の国際競争力調査結果 Policy(提言・報告書) 産業政策、行革、運輸流通、農業 2015年5月19日一般社団法人 日本経済団体連合会(PDF形式/本文の目次は以下のとおり)調査の総括1.調査の概要2.日本企業の国際競争力2-1 競合企業の国籍 2-2 競争力の現状と見通し 2-3 自社の強みと弱み 2-4 競争力強化に向けた今後の取組み3.日本のビジネス環境に関する評価3-1 ベンチマーク国 3-2 日本のビ

経団連の調査です。

2014年9月度 退職金・年金に関する実態調査

「2014 年9月度 退職金・年金に関する実態調査結果」2015 年4月 28 日(一社)日本経済団体連合会東京経営者協会Ⅰ.調査の基本事項調査目的:退職金・年金の実態および退職金水準の動向を把握し、退職金制度の見直し等の参考とするために 1973 年より隔年で実施(東京経営者協会との共同調査)調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,910 社調査対象時期:2014 年9月末現在(前回は 2012 年9月末)回答状況:回答企業数 257 社(回答率 13.5%)(製造業 55.

経団連の提言です。

人口減少への対応は待ったなし

トップPolicy(提言・報告書)経済政策、財政・金融、社会保障人口減少への対応は待ったなし Policy(提言・報告書) 経済政策、財政・金融、社会保障 2015年4月14日一般社団法人 日本経済団体連合会(PDF形式)(PDF形式/本文の目次は以下のとおり)Ⅰ.はじめにⅡ.人口問題に関する諸分析1.なぜ日本で人口が減少しているか (1)主因は未婚率の上昇 (2)なぜ未婚化が進んだか (3)晩婚化・晩産化により有配偶出生率も低下のおそれ (4)出産・子育て支援に対する不十分な資源配分 2.

2015年4月3日日本経済団体連合会★フィードバック数:0製造業/エレクトロニクス

経団連の調査です。

エネルギー問題に関する緊急アンケート

エネルギー問題に関する緊急アンケート

経団連の調査です。

2014年 夏季・冬季 賞与・一時金調査

「2014 年 夏季・冬季 賞与・一時金調査結果」2015 年3月 27 日(一社)日本経済団体連合会東京経営者協会Ⅰ.調査の基本事項調査目的:企業における賞与・一時金の支給実態を把握し、今後の対策の参考とするため、1953 年から毎年実施(東京経営者協会との共同調査)調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,910 社対象時期:夏季賞与 2014 年6月、7月支給分冬季賞与 2014 年 11 月、12 月支給分回答状況:集計企業数 290 社(有効回答率 15.2%)(製造業

環境自主行動計画〔循環型社会形成編〕-2014年度フォローアップ調査結果-

トップPolicy(提言・報告書)環境、エネルギー環境自主行動計画〔循環型社会形成編〕 2015年3月17日一般社団法人 日本経済団体連合会概要1.産業界全体の産業廃棄物最終処分量削減に係る目標 2.2013年度の取組みの結果 3.今後に向けて 総括1.2013年度の取組み結果 2.これまでの取組みによる最終処分量削減の推移と今後の課題 別表参考資料1.環境自主行動計画〔循環型社会形成編〕の経緯 2.2011年度以降の環境自主行動計画〔循環型社会形成編〕(2010年12月14日) 3.2014

経団連の調査です。

第58回 福利厚生費調査

Copyright © 1995-2016. Keidanren. All Rights Reserved.

2015年2月1日日本経済団体連合会フィードバック数:0キャリアとスキル

2014年6月度 定期賃金調査

「2014 年6月度 定期賃金調査結果」2015 年1月 30 日(一社)日本経済団体連合会東京経営者協会Ⅰ.調査の基本事項調査目的:従業員の定期給与(月例賃金)の実態と動向を把握し、今後の賃金対策の参考とするために、1953 年から毎年実施(東京経営者協会との共同調査)調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,912 社調査時期:2014 年7月 31 日~8月 29 日回答状況:集計企業数 397 社(有効回答率 20.8%)(製造業 49.9%、非製造業 50.1% 従業員

経団連の調査です。

2014年1~6月実施分 昇給、ベースアップ実施状況調査

2014年1~6月実施分 昇給、ベースアップ実施状況調査

経団連のまとめです。

2014年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果

2014年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果

経団連のレポートです。

低炭素社会実行計画2014年度フォローアップ結果 総括編

トップPolicy(提言・報告書)環境、エネルギー低炭素社会実行計画 2014年度フォローアップ結果 低炭素社会実行計画 2014年度フォローアップ結果 2014年12月16日 (2015年4月15日改訂)一般社団法人 日本経済団体連合会総括編(本文) 低炭素社会実行計画2014年度フォローアップ結果 総括編<2013年度実績>はじめに~「低炭素社会実行計画」の目的と方針 1.国内の事業活動における排出削減 (1) 産業部門 (2) エネルギー転換部門 (3) 業務部門 (4) 運輸部門 2

経団連の調査です。

2013年度(第58回)福利厚生費調査結果の概要

2013年度(第58回)福利厚生費調査結果の概要

経団連のまとめです。

2014年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況

2014年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況

経団連の調査です。

2014年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」

2014 年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」2014 年 10 月 31 日(一社)日本経済団体連合会東京経営者協会Ⅰ.調査の基本事項調査目的:新規学卒者の初任給の実態と動向を把握し、今後の初任給対策の参考とするために 1952 年より毎年実施(東京経営者協会との共同調査)調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,909 社調査時期:2014 年6月 18 日~7月 11 日回答状況:集計企業数 515 社(有効回答率 27.0%)(製造業 48.5%、非製造業 51.5%

企業のロシア進出についての調査です。

ロシアのビジネス環境等に関するアンケート(2014年度)

ロシアのビジネス環境等に関するアンケート(2014年度)

経団連の調査です。

2013年度 社会貢献活動実績調査

トップPolicy(提言・報告書)CSR、消費者、防災、教育、女性2013年度 社会貢献活動実績調査結果 Policy(提言・報告書) CSR、消費者、防災、教育、女性 2014年10月14日一般社団法人 日本経済団体連合会1%(ワンパーセント)クラブ「2013年度 社会貢献活動実績調査結果」の概要2013年度 社会貢献活動実績調査結果社会貢献活動支出調査 社会貢献活動特別調査(東日本大震災からの復興の取り組みに関する調査) 別冊参考 Copyright © 1995-2017. Keida

エネルギーコスト負担の軽減に向けた取組みに関するアンケート

別紙2 エネルギーコスト負担の軽減に向けた取組みに関するアンケート結果 Ⅰ.実施趣旨・要領 東日本大震災後の原子力発電所の停止や近年の円高調整等により、 わが国では電 力料金の上昇が大きな問題となっている。経団連では、安全の確認された原発の 再稼働を求めてきたが、稼働が本格化する見通しは立っていない。 そこで、 今後の取組みの参考とするため、 エネルギーコストの軽減に資する省 エネ・創エネ設備の導入等を促進するために有効な政策について、 アンケートを 実施した。 (1) 調査対象: 会長・副会長

経団連の調査です。

新卒採用(2014年4月入社対象)に関するアンケート調査

トップPolicy(提言・報告書)労働政策、労使関係、人事賃金新卒採用(2014年4月入社対象)に関するアンケート調査結果の概要 Policy(提言・報告書) 労働政策、労使関係、人事賃金新卒採用(2014年4月入社対象)に関するアンケート調査結果の概要 2014年9月29日一般社団法人 日本経済団体連合会(PDF形式/目次は以下のとおり)1.調査要領2.調査結果の概要(1) 採用実施企業割合は2年連続増加 (2) 「売り手市場(学生側が有利)であった」という傾向が強まる (3) 採用選考時

2014年8月1日日本経済団体連合会★フィードバック数:0キャリアとスキル

経団連のまとめです。

2014年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果

2014年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果

2014年8月1日日本経済団体連合会★フィードバック数:0キャリアとスキル

経団連のまとめです。

2014年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果

2014年春季労使交渉・中小企業業種別妥結結果(加重平均)2014年7月31日(一社)日本経済団体連合会[最終集計]2014年業     種社 数鉄 鋼 ・ 非 鉄 金 属製アップ率5,451 円2.16 %社 数14 社妥結額アップ率4,371 円1.73 %機械金属1164,5921.791084,3131.68電気機器274,8621.94274,2201.67器134,7901.93104,2691.72学405,1391.93365,4622.00プ153,9551.60133,766

PPP/PFIの推進に向けたアンケート調査

トップPolicy(提言・報告書)都市住宅、地域活性化、観光PPP/PFIの推進に向けたアンケート調査報告 Policy(提言・報告書) 都市住宅、地域活性化、観光PPP/PFIの推進に向けたアンケート調査報告 2014年6月17日一般社団法人 日本経済団体連合会都市・地域政策委員会 PPP推進部会 わが国経済が民間主導の成長軌道を描いていくためには、担い手である民間企業の力を最大限引き出すことが不可欠であり、これを喚起する施策のひとつとしてPPP/PFIのさらなる活用が求められている。また

2014年6月8日日本経済団体連合会フィードバック数:0キャリアとスキル

2013年 夏季・冬季 賞与・一時金調査

「2013 年 夏季・冬季 賞与・一時金調査結果」2014 年6月6日(一社)日本経済団体連合会東京経営者協会調査要領調査目的:企業における賞与・一時金の支給実態を把握し、今後の対策の参考とするため、1953 年から毎年実施調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,911 社対象時期:夏季賞与2013 年 6月、7月支給分冬季賞与2013 年 11 月、12 月支給分回答状況:集計企業数 326 社(有効回答率 17.1%)(製造業 55.2%、非製造業 44.8% 従業員 50

電力コストに関する緊急アンケート

電力コストに関する緊急アンケート

夏のボーナスです。

2014年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況

2014年夏季賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況

2014年春季労使交渉・中小企業業種別回答状況

2014年春季労使交渉・中小企業業種別回答状況[了承・妥結含](加重平均)2014年5月29日(一社)日本経済団体連合会[第1回集計]業     種社 数鉄 鋼 ・ 非 鉄 金 属製2.18 %7 社(了承・妥結含)アップ率4,655 円1.82 %属544,7301.90464,6251.73電気機器174,5751.88144,0631.66器64,2511.7744,2711.71学235,0281.87215,8272.14プ53,7341.5943,6051.54窯業93,4461.3

2014年5月7日日本経済団体連合会★フィードバック数:0キャリアとスキル

経団連の調査です。

2013年6月度 定期賃金調査

2013年6月度 定期賃金調査

経団連の調査です。

日本の国際競争力調査 プレ調査

トップPolicy(提言・報告書)産業政策、行革、運輸流通、農業日本の国際競争力調査 Policy(提言・報告書) 産業政策、行革、運輸流通、農業 2014年4月15日一般社団法人 日本経済団体連合会(PDF形式/本文の目次は以下のとおり)1. 調査の概要1-1 調査の概要 1-2 調査の総括 2. 日本企業の競争力2-1 競合企業の国籍(ベンチマーク国) 2-2 グローバル市場での競争力の評価 2-3 自社および競合企業の強み 3. 日本のビジネス環境3-1 日本のビジネス環境の全体評価 3

2014年春季労使交渉・大手企業業種別回答状況

2014年春季労使交渉・大手企業業種別回答状況[了承・妥結含](加重平均)2014年4月16日[第1回集計](一社)日本経済団体連合会2014年業社 数%円%6,3982.074,8811.59食品35,0121.685,1301.74繊維177,0232.335,6921.94プ45,2551.704,9181.59ム24,7521.595,1731.75属29,5983.336,3492.21機1車3商業1(従)--(従)--私鉄2(従)--(従)--通運1----パ金アップ率5・・円妥結額

2014年4月1日日本経済団体連合会フィードバック数:0キャリアとスキル

企業のワーク・ライフ・バランスへの取組み状況

トップPolicy(提言・報告書)労働政策、労使関係、人事賃金企業のワーク・ライフ・バランスへの取組み状況 Policy(提言・報告書) 労働政策、労使関係、人事賃金企業のワーク・ライフ・バランスへの取組み状況 -ワーク・ライフ・バランス施策の推進に関する企業事例集- 2014年3月31日一般社団法人 日本経済団体連合会(PDF形式)(PDF形式/掲載企業等は以下のとおり)旭化成株式会社 旭硝子株式会社 朝日生命保険相互会社 アサヒビール株式会社 味の素株式会社 株式会社アルテ サロン ホー

経団連の調査です。

第57回 福利厚生費調査結果報告

Copyright © 1995-2016. Keidanren. All Rights Reserved.

経団連の調査です。

新卒採用(2013年4月入社対象)に関するアンケート調査

トップPolicy(提言・報告書)労働政策、労使関係、人事賃金新卒採用(2013年4月入社対象)に関するアンケート調査結果の概要 Policy(提言・報告書) 労働政策、労使関係、人事賃金新卒採用(2013年4月入社対象)に関するアンケート調査結果の概要 2014年1月9日一般社団法人 日本経済団体連合会(PDF形式/目次は以下のとおり)1.調査要領2.調査結果の概要(1) 採用実施企業割合は2年ぶりに増加 (2) 就職採用市場に関する評価 (3) 学事日程の尊重への対応策 (4) 採用選考

2013年1~6月実施分 昇給、ベースアップ実施状況調査

2013 年 1~6 月実施分 昇給、ベースアップ実施状況調査結果2013 年 12 月 27 日(一社)日本経済団体連合会東京経営者協会Ⅰ.調査の基本事項調査目的:賃金引上げの実態と動向を把握し、今後の賃金対策の参考とするために 1953年より毎年実施している調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業 1,909 社調査時期:2013 年5月 29 日~6月 28 日回答状況:集計企業数 472 社(有効回答率 24.7%)(製造業 51.9%、非製造業 48.1% 従業員 500

冬のボーナスです。

2013年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果

2013年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果(加重平均)2013年12月26日(一社)日本経済団体連合会[ 最終集計 ]業種社 数2013年 年 末妥 結 額増 減 率社円社 数%2012年 年 末妥 結 額増 減 率社円%非 鉄 ・ 金 属11715,5014.6713683,573△ 3.88食品10791,439△ 9.9011878,421△ 2.85繊維17718,178△ 1.2316727,131△ 6.80紙 ・ パ ル プ6629,532△ 5.026662,781△ 1

2012年度 福利厚生費調査結果(第57回)

「2012 年度 福利厚生費調査結果(第 57 回)」の概要2013 年 12 月 17 日一般社団法人 日本経済団体連合会1.2012 年度に企業が従業員1人1ヵ月当たりに負担した福利厚生費(法定福利費と法定外福利費の合計)は 104,243 円。前年度比 0.9%の増加となった。2.法定福利費は社会保険料の負担の増加等により、前年度比 1.5%増加し、78,948 円。3. 法定外福利費は抑制傾向が続き、前年度比 1.0%減少の 25,296 円となった。昨年度に引き続き、文化・体育・レクリ

経団連のまとめです。

環境自主行動計画〔温暖化対策編〕 2013年度フォローアップ結果

トップPolicy(提言・報告書)環境、エネルギー環境自主行動計画〔温暖化対策編〕 2013年度フォローアップ結果 環境自主行動計画〔温暖化対策編〕 2013年度フォローアップ結果 2013年11月19日一般社団法人 日本経済団体連合会概要版(本文) 環境自主行動計画〔温暖化対策編〕2013年度フォローアップ結果 概要版<2012年度実績>1.京都議定書約束期間(2008年度~2012年度)における目標達成方針 2.産業・エネルギー転換部門の2012年度のCO2排出量 3.業種別の動向 4.自

2013年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況

2013年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結状況(加重平均)2013年11月13日[ 第1回集計 ](一社)日本経済団体連合会業種2013年 年末社 数妥結額鉄・金食紙・パル化妥増 減 率社非2012年 年末円結額%円属10708,7490.83702,943品5775,7683.12752,330プ6626,875△ 5.42662,781学14743,855△ 4.43778,368[化学][9 ][ 761,436 ][ △ 3.94 ][ 792,654 ][硫安][5 ][ 702,

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
 

お知らせ