調査のチカラ TOP > 会社名一覧 > 日本航空宇宙工業会

「日本航空宇宙工業会」による調査データ一覧 | 調査のチカラ

Loading
会社名をGoogleカスタムで検索する
任意の項目でデータを絞り込む

市場データです。

平成27年度 航空機生産・輸出・受注額見通し

平成27年度 航空機生産・輸出・受注額見通し

航空機生産実績(平成27年3月)

航空機生産実績(平成27年3月)(単位:百万円)生産品目名製  造修  理製造(合計)機体 機体本体  固定翼機   ターボジェット機   ターボプロップ機  回転翼機(ヘリコプタ)  その他の航空機 機体部品・付属装置  機体部品  付属装置・室内装備エンジン エンジン本体  ターボジェットエンジン  ターボシャフトエンジン  その他エンジン エンジン用部品その他機器 補機(エンジンの付属品を含む) 航空計器・操縦訓練用設備航空機(計)その他航空機関連機器 海上・航空移動通信装置 レーダー装置

市場データです。

平成26年度 航空機生産実績(平成26年4月~平成27年3月)(速報値)

平成26年度 航空機生産実績(平成26年4月~平成27年3月)(速報値)

航空機生産実績(平成27年2月)

航空機生産実績(平成27年2月)(単位:百万円)生産品目名製  造修  理製造(合計)機体 機体本体  固定翼機   ターボジェット機   ターボプロップ機  回転翼機(ヘリコプタ)  その他の航空機 機体部品・付属装置  機体部品  付属装置・室内装備エンジン エンジン本体  ターボジェットエンジン  ターボシャフトエンジン  その他エンジン エンジン用部品その他機器 補機(エンジンの付属品を含む) 航空計器・操縦訓練用設備航空機(計)その他航空機関連機器 海上・航空移動通信装置 レーダー装置

漁業分野における宇宙利用の現状と今後の展望

漁業分野における宇宙利用の現状と今後の展望

宇宙保険の概要

宇宙保険の概要

航空機生産実績(平成27年1月)

航空機生産実績(平成27年1月)

米国2016会計年度予算教書(国防総省、NASA関係)

米国2016会計年度予算教書(国防総省、NASA関係)

平成26年度第五回SJAC講演会資料 US DOD Acquisition Management: What’s Working, What’s Not

平成26年度第五回SJAC講演会資料 US DOD Acquisition Management: What’s Working, What’s Not

市場データです。

平成26年航空機生産額は前年比2,300億円の増額

平成26年航空機生産額は前年比2,300億円の増額

平成26年航空機生産実績(平成26年1月~12月)(確報年計値)

平成26年航空機生産実績(平成26年1月-12月) (確報年計値)1.製造金額機体(単位:百万円)防衛向け(含、特需)163,742民間向け合計輸出(参考値)554,034697,633861,3751,88264,17348,85748,21664112,8042,512918695,751635,65560,096797,202722,73574,467553,116553,0902660,480343,807404,287268,457 エンジン本体   ターボジェットエンジン   ターボ

航空機生産実績(平成26年12月)

航空機生産実績(平成26年12月)(単位:百万円)生産品目名製  造修  理製造(合計)機体 機体本体  固定翼機   ターボジェット機   ターボプロップ機  回転翼機(ヘリコプタ)  その他の航空機 機体部品・付属装置  機体部品  付属装置・室内装備エンジン エンジン本体  ターボジェットエンジン  ターボシャフトエンジン  その他エンジン エンジン用部品その他機器 補機(エンジンの付属品を含む) 航空計器・操縦訓練用設備航空機(計)その他航空機関連機器 海上・航空移動通信装置 レーダー装

世界の宇宙産業動向(打上予測)

世界の宇宙産業動向(打上予測)

市場データです。

「平成25年度 宇宙機器産業実態調査報告書」概要

平成27年1月  第733号「平成25年度 宇宙機器産業実態調査報告書」概要当工業会では、毎年度、我が国の宇宙機器産業の実態を把握するため、「宇宙機器産業実態調査」を実施している。 本調査は、我が国の宇宙機器産業の実態を把握することができる唯一の調査であり、宇宙機器産業に携わる企業に対するアンケート調査によってとりまとめたものである。1.平成25年度宇宙機器産業実態調査総括(1)宇宙機器産業売上高我が国の平成25年度(2013年度)における宇宙機器関連企業の売上高の合計額は、2,825億円となっ

航空機生産実績(平成26年8月)

航空機生産実績(平成26年8月)

スペースデブリについてのレポートです。

スペースデブリ問題の現状と世界の取り組みについて

スペースデブリ問題の現状と世界の取り組みについて

防衛生産・技術基盤戦略及び防衛装備品取得の課題と今後の方向性

防衛生産・技術基盤戦略及び防衛装備品取得の課題と今後の方向性

市場データです。

平成26年度航空機生産・輸出・受注額(改訂)見通し

平成26年10月  第730号平成26年度 航空機生産・輸出・受注額(改訂)見通し(一社)日本機械工業連合会が実施する「平成26年度機械工業生産額(改訂)見通し調査」に関する調査依頼を受け、当工業会は会員企業25社の協力を得て「航空機生産・輸出・受注額見通し」の調査を実施した。21年度に1兆円を下回った生産額は、緩やかに回復した後に25年度に大幅な増加をみた。26年度の見通しは1.5兆円を上回ることが、今回の調査で確認された。その要因として、25年度、26年度ともにBoeing777や787等民

市場データです。

世界の宇宙産業動向

工業会活動世界の宇宙産業動向1.世界の宇宙産業売上高推移2013年の商業宇宙活動による売上高は、世世界の宇宙産業売上高推移に関しては、米界の宇宙産業売上高の約四分の三を占めた。国のスペース財団(Space Foundation)が発行情報通信、地球観測(EO)、測位、航行支援、している「Space Report」に報告されている。時刻同期サービスを含む「商業宇宙製品およSpace Reportで報告されている世界の宇宙産びサービス」部門は、世界の宇宙産業売上高業売上高は、商業宇宙活動と政府の宇宙

航空機生産実績(平成26年7月)

航空機生産実績(平成26年7月)

最近の地球観測衛星の動向

最近の地球観測衛星の動向

平成25年度 航空機生産額(速報値)

平成25年度 航空機生産額(速報値)

市場データです。

平成26年度 航空機生産・輸出・受注額見通し

平成26年度 航空機生産・輸出・受注額見通し

平成25年 航空機生産実績(平成25年1月~平成25年12月)(確定値)

平成25年 航空機生産実績(平成25年1月~平成25年12月)(確定値)

気象衛星の現状と今後の展望

気象衛星の現状と今後の展望

衛星通信・放送サービスの市場データです。

次世代宇宙プロジェクト調査事業報告

工業会活動次世代宇宙プロジェクト調査事業報告次世代宇宙プロジェクト調査事業では、宇宙利用の拡大・発展と我が国の宇宙機器産業の国際競争力強化を目的として、平成15年度から世界の宇宙利用計画や宇宙開発動向などの調査および我が国が目指すべき次世代宇宙プロジェクトについての検討を行ってきた。古くは「成層圏飛行船」「再使用型飛行システム」「宇宙ロボット」「宇宙太陽光発電」であり、最近では「有人宇宙」「スペースデブリ対策」などの調査検討を行っている。一方、平成25年1月25日に宇宙開発戦略本部が決定した「宇

航空機生産実績 平成25年(確報年計値)

航空機生産実績 平成25年(確報年計値)

市場データです。

平成25年航空機生産額は前年比3,040億円の増額

平成25年航空機生産額は前年比3,040億円の増額

航空機生産実績(平成25年12月)

航空機生産実績(平成25年12月)(単位:百万円)生産品目名製  造修  理製造(合計)機体 機体本体  固定翼機   ターボジェット機   ターボプロップ機  回転翼機(ヘリコプタ)  その他の航空機 機体部品・付属装置  機体部品  付属装置・室内装備エンジン エンジン本体  ターボジェットエンジン  ターボシャフトエンジン  その他エンジン エンジン用部品その他機器 補機(エンジンの付属品を含む) 航空計器・操縦訓練用設備航空機(計)その他航空機関連機器 海上・航空移動通信装置 レーダー装

市場データです。

平成24年度 宇宙機器産業実態調査報告書

工業会活動「平成24年度 宇宙機器産業実態調査報告書」概要当工業会では、毎年度、我が国の宇宙機器産業の実態を把握するため、「宇宙機器産業実態調査」を実施している。本調査は、我が国の宇宙機器産業の実態を把握することができる唯一の調査であり、宇宙機器産業に携わる企業に対するアンケート調査によってとりまとめたものである。1.平成24年度宇宙機器産業実態調査総括(1)宇宙機器産業売上高の輸出高(c)、及び商社の輸出高(d)を含ん で い る(表 2:(a)+(b)+(c)+(d))。ま た、我が国の平成

市場データです。

平成25年度 航空機生産・輸出・受注額(改訂)見通し

平成25年度 航空機生産・輸出・受注額(改訂)見通し

市場データです。

世界の宇宙産業動向

平成25年8月  第716号世界の宇宙産業動向1.世界の宇宙産業売上高推移2012年の商業宇宙活動による売上高は、世世界の宇宙産業売上高推移に関しては、米界の宇宙産業売上高の約四分の三を占めた。国のスペース財団(Space Foundation)が発行放送、通信、地球観測を含む「商業宇宙製品している「Space Report」に報告されている。およびサービス」部門は、世界の宇宙産業売Space Reportで報告されている世界の宇宙産上高への最大の貢献部門となっている。「商業売上高は、商業宇宙活

航空機についての市場データです。

平成24年度 航空機生産額(速報値)

平成25年6月  第714号平成24年度 航空機生産額(速報値)経済産業省が5月16日までに公表した機械統計月報に基づき、当工業会は平成24年度の航空機生産額(速報値)を集計した。その結果、航空機生産額の総額は前年比1,400億円(約13.6%)増の1兆1,673億円で、前年度から大幅増額となった。内訳は、防衛向けが前年度比96億円増の4,271億円、民間向けが同1,304億円増の7,402億円となっている。生産額を機体、エンジン及びその他機器のまた、全体額に占める防需と民需の比率はカテゴリー別

航空機についての市場データです。

平成25年度 航空機生産・輸出・受注額見通し

平成25年6月  第714号平成25年度 航空機生産・輸出・受注額見通し(一社)日本機械工業連合会が実施する「平成25年度機械工業生産額見通し調査」に関する調査依頼を受け、当工業会は会員企業25社の協力を得て「航空機生産・輸出・受注額見通し」の調査を実施した。21年度に1兆円を下回った生産額は、今回の調査で増加傾向がより確かなものとなっていることが確認された。その要因としては、24年度及び25年度ともBoeing777や787等民間機向けの生産増等が挙げられる。両年度の生産額は、ピークとなった1

任意の項目でデータを絞り込む

キーワード検索

このページをシェア

  • mixiチェック

「調査のチカラ」は無料で閲覧できる、たくさんの調査データのリンク集です。検索機能も備えていますので、調査データが他のどこよりも簡単に探せます。
インターネットの発展によって、多くの企業が貴重なデータをオンラインに公開してくれるようになりました。それらの”調査のチカラ”を皆さんに活用していただくことで、データを公開してくれている企業にももっと光が当たるようになればうれしいです。
※ご紹介しているデータの利用許諾や購入については提供元ごとに対応が異なります。是非とも各リンク先にてご相談ください。
もう少し詳しい自己紹介ページはこちら
RSS Facebook Twitter メルマガ

日付で探す

新着・日付一覧へ
  2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

お知らせ